-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2013-10-06 12:27

期限切れXP  何事の不思議なけれども

期限切れXP、自治体54%に20万台


読売新聞の記事だけど、他社も同じようなペイドパブが出ているな。
---------------------------------------------------------

国内のパソコンの3分の1に搭載されている米マイクロソフト社の基本ソフト(OS)「ウィンドウズXP」のサポート期間が来年4月に終了するが、その後も全国の半数以上の966自治体が20万台以上を使い続けることが読売新聞の調査でわかった。

サポート終了後はウイルス感染の危険が高まるなどサイバー攻撃に無防備になるが、「危険とは思わなかった」とする自治体もあり、専門家は「セキュリティー意識が甘すぎる」と危惧している。

アンケート調査は、47都道府県、20政令市、1722市区町村の全1789自治体を対象に実施。全自治体の保有パソコン計約176万台の更新状況を尋ねた。

その結果、来年4月までに「ビスタ」「7」「8」などの後継OSへの更新が完了しないのは17府県、10政令市、939市区町村で、全自治体の54%に上った。

香川県や東京都港区など203自治体では保有台数の半分以上が更新されない。更新が完了しないパソコンは全自治体の保有台数の11%にあたる20万台以上、更新に必要な予算は150億円以上と試算される。
---------------------------------------
役所だけでなく、企業だって大手はそのまま使い続けるはず。
OSが只の中国とは違うのよ。

企業はWINの98も長く使っていた。
経済産業省もWIN98を延々と使っていたではないですか。

セキュリティの問題はインターネットに接続しない。
メールは禁止でOKのはず。
最近は大手企業はメール禁止で、FAXが主体です。
資料はコピーしてヤマトメール便で発送。
そして電話は大代表以外は非通知扱い。
大手はほぼ100%非通知なので、電話に出るまでどこから掛かってきたか分からない。

効率よりも安全性重視なのです。
全てパソコン屋のウイルス商売が悪いのです。
あと日本が間諜天国なので、こうなります。
スポンサーサイト
  1. 社長太平記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。