-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2014-03-13 19:02

Ibrahim Ferrerキャラメル売りのオッサン  イブライム

1996年にブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブに参加するまでは、キャラメルを売ったり、靴磨きをして暮らしていた。

そのお金で休日にラム酒を飲むのを何よりも楽しみにしていたという。

 

ある日、アメリカのギタリストであるライ・クーダーのいるスタジオに連れて行かれ、ボレロを録音した。

 

ライ・クーダーキューバナット・キング・コールと賞賛した。

イブライムは「まさかこうやって歌い始めて、自分の国を代表するボレロ歌手になれるとは思わなかった」と懐述している。

 

それが1997年発売のアルバム「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」で、グラミー賞を獲得した。

 

1998年にはヨーロッパやニューヨークで公演を果たしている。その後、同名のドキュメンタリー映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」が制作され、日本を含む世界各国でキューバ音楽ブームを引き起こす。

その後も相次いでアルバムを発表し、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの一員として精力的に活躍していた。

 

ヨーロッパ公演から帰国直後の2005年8月6日、多臓器不全のため入院先のハバナの病院で死去した。以前から肺気腫を患っていたとされる。78歳。

 

 

 

そして、キエレメ・ムーチョ は絶品。

スポンサーサイト
  1. キューバ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。