2014-03-22 01:52

高齢者夫妻の別れの歌



べサメ・ムーチョは1941年に、メキシコのソングライター、コンスエロ・ベラスケスが作曲・作詞したもの。

 

Besame mucho の BESAはキスであり、

「いっぱいキスして」の意味である。

 

これが、若い女性が「いっぱいキスして」と言っているのではないのである。

 

死期を迎えた老人が、彼の妻に「べサメ・ムーチョ」とお願いしているのである。

 

コンスエロ・ベラスケスが、老夫婦の話を聞いて、感銘を受けて作曲したらしい。

 

だから、この曲は、しみじみと聞かねばならないのである。

スポンサーサイト
  1. メキシコ
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

No title

しみじみと聞きます。
  1. 2013-08-27 22:39
  2. URL
  3. ひまわり #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ひまわりさん
>しみじみと聞きます。
>
老いてますます仲が良くなる夫婦が良いですね。

  1. 2013-08-27 22:49
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する