2013-08-24 14:01

ウナ・セラ・ディ東京

 

 

 

1963年にザ・ピーナッツが「東京たそがれ」として歌ったのが「ウナ・セラ・ディ東京」の始まりである。

しかし当時はあまりヒットしなかったが、翌年「カンツォーネの女王」として有名なイタリアの歌手ミルバが来日した際、本曲を歌った事を契機に一気にブームとなった(キングレコードのスタッフがミルバの歌唱力の高さを評価した上で本曲を歌わせる事を提案したとも言われる)。

 

ミルバの正確な日本語での歌唱も評判となった。

 

その後、ザ・ピーナッツの「東京たそがれ」も曲調をごく一部変更して、タイトルも「ウナ・セラ・ディ東京」に変更した(「ウナ・セラ・ディ東京」とはイタリア語で「東京のある一夜」(Una Sera di Tokio)と言う意味である)。

 

この頃から本曲がミルバの歌の影響からか、音楽界で再評価されることになり、遂にはザ・ピーナッツのヒット曲の一つとなっていった。

 

ほぼ同時期、和田弘とマヒナスターズ、坂本スミ子、西田佐知子も本曲を歌う様になり、日本でも4者競作となった。

(ウィキより引用)

---------------------------------------------------------

私は、この西田バージョンが一番、良いと思う

 

スポンサーサイト
  1. 日本の音楽
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

当時こっちも幼かったのでタイトルの意味を知りませんでした。
その後、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25A2/" class="keyword">イタリア語を齧るようになって、それが<Una Sera di Tokio>あることを知りました。あのころのいわゆる「ムード歌謡」の思わぬレヴェルの高さに愕然とする思いです。
  1. 2010-02-11 17:30
  2. URL
  3. アムゼルくん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To アムゼルくんさん
>当時こっちも幼かったのでタイトルの意味を知りませんでした。
>その後、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25A2/" class="keyword">イタリア語を齧るようになって、それが<Una Sera di Tokio>あることを知りました。あのころのいわゆる「ムード歌謡」の思わぬレヴェルの高さに愕然とする思いです。

レベル高いですね。
私も、この時代は中学生ぐらいと思うのですが・・・
「街はいつでも後ろ姿の幸せばかり」
この意味わかりか?
とか、ガキ同士で話していた記憶が有ります。



  1. 2010-02-11 23:26
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

懐かしい!!!

( ̄▽ ̄)~カナシイコトモ~~~ナイノニドウシテ~~~♪
  1. 2013-08-24 23:28
  2. URL
  3. ひまわり #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ひまわりさん
>懐かしい!!!
>
>( ̄▽ ̄)~カナシイコトモ~~~ナイノニドウシテ~~~♪
>

なぜ、後姿の幸せばかりなの・
  1. 2013-08-26 10:27
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する