2013-08-15 12:08

昭和天皇「終戦の詔勅」昭和20年8月15日

昭和天皇「終戦の詔勅」昭和20年8月15日
 
※玉音放送 口語訳
 
世界の情勢と日本の現状をよくよく検討した結果、ありえないと思われる方法をあえてとることにより、この状況を収拾したい。常に私に忠実であるあなたがた臣民の皆さんに、今から私の決断を伝えよう。
 
私は日本政府担当者に米国英国、支那、ソビエト連邦の4カ国に対して、日本が(ポツダム)共同宣言を受け入れると伝えることを指示した。
そもそも私たち日本国民が穏やかで安心な暮らしができ、世界全体と繁栄の喜びを共有することは、歴代の天皇が代々受け継いで守ってきた教えであり、私自身もその教えを非常に大事なことと考えてきた。
最初に米英2カ国に宣戦布告した理由も、日本の自立とアジアの安定を願う想いからであり、ほかの国の主権を侵したり、その領土を侵したりすることが、私の目指すところであったわけではない。
しかれども、戦争はすでに4年も続いており、我らが陸海軍人たちの勇敢な戦いぶりや行政府の役人らの一心不乱の働きぶり、そして1億人の庶民の奉公、それぞれが最善を尽くしたにも拘わらず、戦況は必ずしも好転せず、世界の情勢を見るに、日本に有利とはとても言えない状況である。
 
その上、敵は残虐な新型爆弾を使用して多くの罪のない者たちを殺傷し、その被害の及ぶ範囲は、測ることもできないほどに広がっている。もしもこれ以上戦争を続ければ、最後には我が日本民族の滅亡にもつながりかねない状況であり、ひいては人類の文明すべてを破壊してしまいかねない。

そのようなことになれば、私は、どのようにして1億人の民を守り、歴代天皇の霊に顔向けすることができようか。これが私が政府担当者に対し、共同宣言に応じよと指示した理由である。
 
私は、アジアを(西欧列強から)解放するために日本に協力してくれた友好国にたいして大変申し訳なく思う。また、日本国民であって戦地で命を失った者、職場で命を落とし、悔しくも天命をまっとうできなかった者、そしてその遺族のことを考えると、心も体も引き裂かれんばかりの思いがする。戦争で傷つき、戦災被害にあって家や仕事を失った者たちの暮らしについても、非常に心配に思っている。
この後、日本が受けるであろう苦難は言うまでもなく尋常なものではないであろう。みなさん臣民の悔しい思いも、私はよくよくそれを分かっている。
しかれども、私は時代の運命の導きにそって、耐え難きを耐え、忍び難きを忍び、これからもずっと続いていく未来のために、平和への扉を開きたい。
 
私はこうやって日本の国の形を守ることができたのだから、忠誠心が高く善良な臣民の真心を信頼し、常にあなたがた臣民とともにある。
感情の激するがままに事件を起こしたり、もしくは仲間同士が争って世の中を乱したり、そのために道を誤って世界からの信頼を失うようなことは、最も戒めたいことである。
何とか国全体が一つとなり、子孫にまでその想いを伝え、神国日本の不滅を信じ、任務はとても重く、行く道は非常に遠いことを覚悟して、将来の建設に向けて総力を結集し、道義を守り、志と規律を強く保持して、日本の力を最大に発揮することを誓い、世界の先進国に遅れをとらずに進むのだという決意を持とうではないか。
私の臣民たちよ、ぜひともこの私の意思をよくよく理解してもらいたい。 
 
-------------------------------------
戦後に生まれた団塊の世代なら、小学校、中学校の先生から、この玉音放送の話を聞いていると思う。
 
切腹するつもりで皇居に出かけた先生が、この放送を聞き、泣き崩れ、神国日本の不滅を信じて、難きを耐え、忍び難きを忍び、生きる覚悟をしたのである。
 
重要なのは「最初に米英2カ国に宣戦布告した理由も、日本の自立とアジアの安定を願う想いからであり、ほかの国の主権を侵したり、その領土を侵したりすることが、私の目指すところであったわけではない」ということだ。
 
「日本は自立を守るために戦わざるを得なかったのだ。そしてアジアの開放なくして日本の自立は安堵されないのである」
 
日本が行なった戦争は防衛戦争であり、アジアを支配している欧米列強との戦いである。
このことは将来、必ず理解され、日本の誇りとなるだろう。
その日のために道義を守り、志と規律を強く保持して、日本の力を最大に発揮することを誓い、皆で頑張ろうと先生方は話して下さったのを覚えている。
 
戦後、60年を過ぎて、ようやく、その時代が訪れようとしているのである。
 

 

日本が受けるであろう苦難は言うまでもなく尋常なものではないであろう。みなさん臣民の悔しい思いも、私はよくよくそれを分かっている」
神国日本の不滅を信じ、任務はとても重く、行く道は非常に遠いことを覚悟して、将来の建設に向けて総力を結集し、道義を守り、志と規律を強く保持して、日本の力を最大に発揮することを誓い、世界の先進国に遅れをとらずに進むのだという決意を持とうではないか」
この思いが日本の迅速な復興を支えてきた。
しかし、皇居に切腹に行った先生方は徐々に教職を去り、1970年代以降は著しく偏向した「日本が悪い」という教育が外国からの工作により一般化したのである。

しかし、こうした工作がいつまでも有効なわけがないのである。
 
いよいよ日本を取り戻す秋がやってきた。
 
 

スポンサーサイト
  1. 祖国
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

No title

私は昭和28年生まれでございますが、全文を目にし、その意味を理解致しましたのは、初めてでございます。

感謝申し上げます。
  1. 2013-08-16 20:05
  2. URL
  3. ひまわり #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ひまわりさん
>私は昭和28年生まれでございますが、全文を目にし、その意味を理解致しましたのは、初めてでございます。
>
>感謝申し上げます。
>

様々な訳があるので、是非、原文と対比して見てください。


現在は死語となっている国体という言葉を、どう訳しているのかです。これは「日本らしさ」という意味です。
  1. 2013-08-17 10:23
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する