-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2013-07-14 22:04

メカゴジラの逆襲 1975年

メカゴジラの逆襲』は1975年3月に公開された「ゴジラシリーズ」第15作。上映時間は83分。観客動員数は97万人。1954年から始まる昭和ゴジラシリーズ最期の作品である。ゴジラ映画はその後、10年間は製作されなかった。

 

最期の作品ではあるが異色の作品でもある。

大人向きの初期のゴジラシリーズの雰囲気の復活を目指し怪奇、浪漫、猟奇なドラマが展開する。

第一作の本多猪四郎監督が復帰し、音楽も伊福部昭が復帰した。

本作は本多が監督した最後の映画作品となり、これ以降は本多は朋友・黒澤明監督に請われ、黒澤作品の演出補佐を務めた。

 

特撮面では、予算不足から前作ではほとんど描かれなかった都市破壊シーンが復活し、本多監督の巨大怪獣映画では必ずと言っていいほど見られる、群衆の避難シーンも描写された。自衛隊の出動、怪獣との交戦シーンも復活したが、メーサー光線車などのいわゆる「超兵器」の類はほとんど登場しない。

 

 

しかし、力作ではあったが、観客動員数は伸びずに、これにてゴジラシリーズは終結となった。

 

ところで、この映画で登場するチタノザウルスは、米国での人気が高いという。

 

 

 

タツノオトシゴみたいな奴である。

 

 

この尻尾には・・・・思い出がある。

 

 

赤塚先生の「うなぎ犬」に似ているのである。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
  1. ゴジラ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。