-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2013-06-04 07:45

非食用バイオマス

川崎重工は、農林水産省の「ソフトセルロース利活用プロジェクト」において取り組んできた、稲わらを原料とするバイオエタノール製造実証試験を完了し、非食用バイオマスである稲わらから低コストなバイオエタノールを製造する技術を確立しました。

 

本プロジェクトは、農林水産省の公募事業で、非食用の未利用資源である稲わら等のソフトセルロースからバイオ燃料を製造する技術の確立を目的としたものです。

 

当社は、2008年度から2012年度の5年間にわたり、秋田県の全面的な支援のもとで、(社)秋田県農業公社とともに本プロジェクトに取り組んできました。

 

今回の実証試験では、稲わらの糖化工程において当社新技術である「熱水式バイオエタノール製造技術」を採用しています。

 

来の技術では、糖化工程に硫酸や酵素を使用する必要があり高コストとなる問題がありましたが、当社の技術は熱水のみで糖化処理を行うことができるため、環境性・経済性に優れています

 

また、熱水の条件を変更することによって、稲わら以外のソフトセルロースの糖化処理も可能です。

 

 

当社は、2009年11月、秋田県潟上市に日産200リットルの生産能力を持つ製造実証プラントを設計・建設し、2010年10月には秋田県の大潟村ソーラースポーツラインで、本プラントで製造したバイオエタノールを使用した自動車の走行実証試験に成功しました。

 

その後も、稲わらの前処理、糖化、発酵、蒸留および無水化まで一貫した実証プラントを連続稼動させ、JIS(※)に適合したバイオエタノールを安定して製造可能であることを確認し、商業規模で1リットルあたり40円の製造コストを実現するバイオエタノールの製造技術を確立しました。

 

化石燃料を代替するクリーンエネルギーとして注目されるバイオエタノールは、穀物やでんぷんなど食用バイオマスから製造する技術が先行して普及していますが、世界的な食糧不足が懸念される現在、稲わらなどの非食用バイオマスからバイオエタノールを製造する技術の確立が喫緊の課題となっています。

 

当社は、今後もバイオマスや風力、太陽光などの再生可能エネルギーの有効利用を促進する最新技術の開発や拡販を通じて、温室効果ガス排出量削減や資源の有効利用による循環型社会構築に貢献していきます。

 

※JIS : 自動車ガソリン用として使用される燃料用エタノールについて、品質項目と試験方法を規定したもの。

 

----------------------------------------------

バイオは液体燃料であり、現在のエンジンをそのまま活用できる。

 

世界的には米国ブラジルバイオ生産大国であるが、いずれも食料となる食物が材料。

 

非食の食物や、稲わらなどの廃物利用は、バイオの領域をさらに拡大させる。

 

2003年以降、ブラジルで販売される車はフレックス車となっている。フレックス車(FFV:Flex Fuel Vehicle)とは、ガソリンとエタノールが混合可能な車である。

ドライバーは、双方の配分量を双方の価格比に応じて柔軟に変えることが可能である。

ブラジルでは1930年代からサトウキビを原料とするエタノール生産を政府主導で行う。当時、ブラジル政府によりガソリンへ5%のエタノール混合が義務付けられていた。

1980年代半ばには乗用車の4分の3、自動車全体の3分の2がアルコール車で占められた。

2003年に、あらゆるエタノールの混合比率のガソリンにも対応したフレックス車が始めて導入された。フレックス車は、(1)2003年以降のガソリン価格の上昇、(2)政府の優遇税制、(3)1975年以降、30年以上にわたるエタノール利用の歴史の中で、給油インフラが整備されていた(全てのガソリンスタンドでエタノール用のポンプとタンクが備わっている)、などの理由から急速に普及した。

 

実際、ブラジルの自動車国産自動車販売に占める割合は、2003年3.7%、2004年21%、2005年53%、2006年70%と急増している。

これにより燃料用エタノール消費が急増した。日本メーカーも、ホンダが2006年中にシビックとフィットのフレックス車をブラジルで発売、トヨタも2007年からカローラのフレックス車を現地生産し販売している。

 

 

スポンサーサイト
  1. ピークオイルと新エネルギー
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2590%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25AA%25E3%2583%259E%25E3%2582%25B9/" class="keyword">バイオマスなんてのは基本農業の保護政策でしょう。トウモロコシに関しては収支が赤、サトウキビはこれが黒のはずです。それにしても砂糖価格が低迷してる時にはアルコール生産するというのがそもそもだったんでしょう。

本来アルコールなんて、自動車のパフォーマンスを落とすんですから本当はよろしくないはずです。ETBEはまだ良いでしょうがどうなんでしょうか。本来は陽の目を見るものじゃあないでしょう。

これは一種の神経症じゃないでしょうか。
  1. 2013-06-05 00:27
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

麦わら帽子に藁縄・・捨てる事なく再利用してきた日本人の面目躍如ですね。
実用化を目指して研究してた川重りっぱ!!


http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2590%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25AA%25E3%2583%259E%25E3%2582%25B9/" class="keyword">バイオマス、良い考えでオマス。
http://blogs.yahoo.co.jp/hideg_2k3/23952273.html
  1. 2013-06-05 06:21
  2. URL
  3. オメーが幽名 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2590%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25AA%25E3%2583%259E%25E3%2582%25B9/" class="keyword">バイオマスなんてのは基本農業の保護政策でしょう。トウモロコシに関しては収支が赤、サトウキビはこれが黒のはずです。それにしても砂糖価格が低迷してる時にはアルコール生産するというのがそもそもだったんでしょう。
>
>本来アルコールなんて、自動車のパフォーマンスを落とすんですから本当はよろしくないはずです。ETBEはまだ良いでしょうがどうなんでしょうか。本来は陽の目を見るものじゃあないでしょう。
>
>これは一種の神経症じゃないでしょうか。

全部http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2590%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25AA/" class="keyword">バイオにするという話ではないのです。
将来のエネルギーは多様化するでしょうが、移動体については液体燃料が最適なんです。それはエネルギー密度が高いからです。
石油が無くなるのは時間の問題ですから、これに変わる液体エネルギーはあるのでしょうか。現在の使用中の自動車がそのまま使える液体燃料があるのか?急に7500万台を次世代車にするわけにはいかないのですよ。

本来、アルコールは自動車のパフォーマンスを落とすから宜しくないのはその通りですが、ガソリンが無くなる、その前に価格が途方もなく高騰するという条件を考えた場合でも、それは許されないような下落でしょうか?
電気自動車やLPGや液化天然ガス車の方が、遙かに効率が悪いと思われます。

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2590%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25AA%25E7%2587%2583%25E6%2596%2599/" class="keyword">バイオ燃料は今後、日本でも静かに増えていくと思います。
  1. 2013-06-05 19:08
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

液体燃料の確保は実は焦眉の急です。自動車の前に飛行機が飛びません。自動車はまだ打つ手がありますが飛行機は完全に無理です。

だから、天然ガスの常温液化を行わなければいけないのです。電気はまだ原子力や石炭などで代替は可能ですが液体燃料はなかなか打つ手がありません。現実に石油はノーブルユースが言われていますが天然ガス自体もそう考えねばならぬ時が必ず来ます。

ナチスhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2584/" class="keyword">ドイツはFT法を中心とする人造石油技術で戦争を戦い抜きました。おそらくこれが液体燃料確保の最後の砦になるはずです。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2590%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25AA%25E3%2582%25A8%25E3%2582%25BF%25E3%2583%258E%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AB/" class="keyword">バイオエタノール自体量が捌けるものでは絶対にないし、化学工業の補完程度の意味しか無いんじゃなかろうかという気がします。
  1. 2013-06-05 22:04
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。