2016-06-23 23:02

サン・サーンス「水族館」とグラス・ハーモニカ

 

 

 

我が愛する皮肉屋のサン・サーンスが、グラス・ハーモニカのために作曲した「水族館」。

 

組曲「動物の謝肉祭」の中の一曲。

 

浅田真央ちゃん素敵。

 

これがグラス・ハーモニカ。

ベンジャミン・フランクリンの発明らしい。

 

 

 

これがグラス・ハーモニカの演奏。モスラではないのだ。 

曲はチャイコフスキーの「胡桃割り人形」ですな。

 

 

 

スポンサーサイト
  1. フランス
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

水族館や金平糖の踊りは普通チェレスタ使いますよね。
こんなめんどくさいもの持ちだすのかなと思います。

確か中に水入れてチューニングするんでしょう?よくやるわ。小生、基本古楽が正しいと思ってますが、この手の新参者の楽器は音色が同じならば使い勝手の良い方を使っていいと思います。

古楽はこの音世界が決定的に違ってるところが問題なのですから…
  1. 2016-06-25 01:38
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 水族館や金平糖の踊りは普通チェレスタ使いますよね。
> こんなめんどくさいもの持ちだすのかなと思います。
>
> 確か中に水入れてチューニングするんでしょう?よくやるわ。小生、基本古楽が正しいと思ってますが、この手の新参者の楽器は音色が同じならば使い勝手の良い方を使っていいと思います。
>
> 古楽はこの音世界が決定的に違ってるところが問題なのですから…


一応、「動物の謝肉祭」はグラス・ハーモニカが指定のようですが、ややこしいのでチェレスタやグロッケンシュピールで代用することが多いとのこと。
サン・サーンスの洒落でしょう。

くるみ割り人形はチェレスタでして、グラス・ハーモニカの愛好家協会にとっては、演奏できる数少ない曲なのでは?
  1. 2016-06-25 09:47
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する