2013-04-08 22:12

知らざあ言って聞かせましょう

 

 

知らざあ言って聞かせやしょう 

浜の真砂(まさご)と五右衛門が

歌に残せし盗人(ぬすびと)の、

種は尽きねえ七里ヶ浜、

その白浪(しらなみ)の夜働き、

以前を言やあ江ノ島で、

年季勤めの稚児ヶ淵(ちごがふち)、

百味講(ひゃくみ)で散らす蒔銭(まきせん)を

当(あて)に小皿(こざら)の一文字(いちもんこ)、

百が二百と賽銭の,

くすね銭せえ段々に、

悪事はのぼる上(かみ)の宮(みや)、

岩本院(いわもといん)で講中(こうじゅう)の、

枕捜(まくらさが)しも度重(たびかさなり)なり、

お手長講(てながこう)と札付きに、

とうとう島を追い出され、

それから若衆の美人局(つつもたせ)、

ここやかしこの寺島で、

小耳に聞いた爺さんの、

似ぬ声色で

こゆすりたかり名せえゆかりの

弁天小僧菊之助たぁ俺がことだぁ!

-------------------------------

日本では泥棒も教養がある。

基地周辺で脱糞などは、いたしません。

スポンサーサイト
  1. 祖国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する