2013-04-07 14:16

流浪の民

 

ぶなの森の 葉がくれに 宴ほがい賑わしや

松明あかく照らしつつ 木の葉敷きて倨居する
これぞ流浪の人の群れ 眼ひかり 髪清ら

ニイルの水に浸されて 煌ら煌ら輝けり


燃ゆる火を 囲みつつ~

燃ゆる赤き 焔 焚火
強く猛き男 息ろう
め ぐ り男 息ろう 息ろう
女立ちて 忙しく 酒を酌みて さしめぐる
歌い騒ぐそが中に 南の邦 恋うるあり
厄難払う 祈言を 語り告ぐる 嫗あり


愛し少女 舞い出でつ

松明あかく 照り遍る

管絃の響き 賑わしく
連れ立ちて 舞い遊ぶ

すでに歌い労れてや 眠りを誘う 夜の風

なれし故郷を 放たれて
夢に楽土求めたり

なれし故郷を放たれて

夢に楽土求めたり
東空の 白みては

ねぐら離れ 鳥鳴けば

何処往くか 流浪の民
何処往くか 流浪の民

何処往くか 流浪の民
流浪の民~~

 

---------------------------------------

 

ロベルト・シューマンの作曲。

日本語の歌詞は趣味人、石倉正三郎。

 

なお、ニイルの水とは・・・・

 

gesäugt an des Niles geheiligter Flut

 

原詩はこれだからニイルではなくナイルなのです。

ジプシーは出エジプトの流浪人といわれるので、ナイルが出てくる。

 

スポンサーサイト
  1. クラシック音楽
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

ナイルですが、ドイツ語では、Nilをそのまま二イルと発音してています。
ちなみに河馬はNilpferd(ナイル馬)といいます。
  1. 2013-04-07 20:23
  2. URL
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To YUYUUさん
To 丸山光三さん

ニイルの水とはナイルの事でしたか。
私が小学生の頃からの積年の疑問が解けました。
その頃、中学生になった姉や兄が歌っているのを聞いて不思議だったことだったです。
有難うございます。
  1. 2013-04-07 23:06
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 丸山光三さん
>ナイルですが、ドイツ語では、Nilをそのまま二イルと発音してています。
>ちなみに河馬はNilpferd(ナイル馬)といいます。


ほえええ石倉正三郎も単なる趣味人ではなかったか。
  1. 2013-04-07 23:39
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 短足おじさんさん
>To YUYUUさん
>To 丸山光三さん
>
>ニイルの水とはナイルの事でしたか。
>私が小学生の頃からの積年の疑問が解けました。
>その頃、中学生になった姉や兄が歌っているのを聞いて不思議だったことだったです。
>有難うございます。

私もニイルとはなんのこっちゃと思ってました。
  1. 2013-04-07 23:40
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する