2015-04-19 13:27

ソノシートで聞いた「トスカ」

 


私がクラシック音楽を聴き始めたのは中学生の時である。
しかし、中学生の「こずかい」など知れているので、とてもレコードは購入できない。
当時、レコードには物品税が掛っており、贅沢品であった。
税率は20%を超えて居ただろう。
これを続けて居れば日本も「欧米並みの消費税率」と言えただろうに・・。
欧州の消費税は日本の物品税を真似たものなのだから。
しかし・・・物品税が廃止されても日本のレコードは何故か安くならなかったのだが。

レコードが買えないのでどうしたか?
「ソノシート」という薄いビニール製の教材があった。
教材なので物品税は掛らなかった。
1枚100円程度ではなかったかと記憶する。
プッチーニのオペラ「トスカ」の中で、最も有名なアリア「星も光りぬ」は、このソノシートで購入した。
「トスカ」で注文したら・・・全曲入っていると期待したが「星も光りぬ」しか入ってなかった。
新世界交響曲を注文したら「第一楽章」しか入ってなかった。

録音は当然、良くなかった。
でも、耳を澄まして、録音レンジを超えた収録されない音を、心で聴く訓練にはなったのである。

 

スポンサーサイト
  1. オペラ
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

ソノシートってどれくらいの時間入りましたっけ。
一応LPサイズのものも安宅と思いますが、それだって片面のみで25分は入らなかったはずです。

それで長い曲が入るはずはないと思ってましたが…まあ音質は言わないことですよね。

確か小生が中1の頃ですか付録にEP盤がついたクラッシクの音楽雑誌が出まして(今のディゴスティーニのような感覚でしょうか)一番最初のものはハイドンの弦楽四重奏皇帝の全曲が入っていたのを見て驚いたことがあります。

でも考えてみたら音楽というのはずいぶん安くなったという気がします。
  1. 2015-04-19 21:49
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> ソノシートってどれくらいの時間入りましたっけ。
> 一応LPサイズのものも安宅と思いますが、それだって片面のみで25分は入らなかったはずです。

ベートーヴェンの第九は3楽章の途中で切れてしまい、
裏をひっくり返して、続きを聞かねばなりませんでした。

>
> それで長い曲が入るはずはないと思ってましたが…まあ音質は言わないことですよね。
>
> 確か小生が中1の頃ですか付録にEP盤がついたクラッシクの音楽雑誌が出まして(今のディゴスティーニのような感覚でしょうか)一番最初のものはハイドンの弦楽四重奏皇帝の全曲が入っていたのを見て驚いたことがあります。
>
> でも考えてみたら音楽というのはずいぶん安くなったという気がします。

河出書房がレコード付きの本を出してましたが、あれで倒産して、河出書房新社となりました。
小高製本が被害をうけましたね。
  1. 2015-04-20 13:19
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する