-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2014-04-06 16:48

ゴジラ2000ミレニアム




「ゴジラ2000 ミレニアム」は、1999年12月に公開されたゴジラシリーズの第23作。
第3期ゴジラシリーズの第1作。
背びれが大きく鋭く強調され斬新なデザインに一新されたゴジラが登場。
内閣官房副長官が率いる危機管理情報局 (CCI) に加え、
ゴジラ予知ネットワーク(GPN)という民間団体が登場する。
1998年に公開されたハリウッド版『GODZILLA』は、従来のゴジラのイメージとは大幅に異なるものであった。
ハリウッド版に対する日本のファンの反応を察知した東宝は、同作の公開直後に日本版ゴジラの再開を企画し本作の製作に至った。観客動員数は200万人。

鹿島灘沖の日本海溝で強い磁力を帯びた岩塊が発見された。
新しいエネルギー資源の可能性を見いだした危機管理情報局(CCI)の宮坂四郎は、局長の片桐光男に引き上げを進言する。しかし岩塊は、引き上げ作業中に自力で浮上してしまった。最深部で6千万から7千万年前のものと推定される岩塊の内部には地球外生命体が存在するものと推測された。

このUFOとゴジラの対決がメイン。
自衛隊はゴジラにもUFOにも何の打撃も与えなかった。
UFOの宇宙人が自分たちに適する用に地球環境を変え始めたので、無敵のゴジラは地球の守り神となってしまった。

最終的にUFOも宇宙人もゴジラにより殲滅された。





 

 

 

 

 

 

 

 



スポンサーサイト
  1. ゴジラ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。