2015-04-19 20:16

オベロン序曲 

 

ウェーバーは、1826年、ロンドンのコヴェント・ガーデン歌劇場の依頼により、英語によるオペラ『オベロン』を作曲する。

 

そのとき彼は結核を患っていたが、家族を養うため病苦を押して渡英し(家族には病状を隠していた)、自ら指揮棒を振り大成功を収めた。

 

しかしその後病状が悪化、同年の6月5日にロンドンで客死した。39歳没。

その遺骨は、18年のちの1844年、彼の音楽的な遺志をつぐこととなったヴァーグナーの力添えにより、息子マックスに見守られながらロンドンからドレスデンに帰還した。
 

 

 

オベロンは「真夏の夜の夢」に出てくる妖精の王である。

スポンサーサイト
  1. オペラ
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

No title

オベロンというと天王星の衛星を考えてしまいます。
まだ修行が足りませんね。後世に生きる人間は辛いところです。
  1. 2012-12-19 22:04
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

ウェーバーつて昔から好きだったのです。
しかし、18年もhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E8%258B%25B1%25E5%259B%25BD/" class="keyword">英国に遺骨を放置とは貧しかったのですかね。
  1. 2012-12-19 23:06
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する