2012-12-08 10:27

ようやくインフラの老朽化を報道しはじめたか

笹子トンネルの事故で、中央自動車道は未だに不通となっている。

私は以前、月に何回も大月の得意先に通っていたわけで、あのトンネルも日常的に通っていた。

事故に合う確率が高かったわけだ。

それだけではなく、中央自動車道が不通では物流への影響は極めて大きい。首都圏に荷物が迅速に運べないことで、多くの企業が困っているだろう、レンホーを恨みながら。

 

しかし、この事故で、マスコミはようやく道路や橋の老朽化について報道を始めた。

 

ずっと前から指摘されていたことだが、どこも報道しなかった。報道管制があったとしか思えない。

------------------------------------------------------------

インフラの老朽化が緊急の安全課題として浮上しています。
フジテレビ系(FNN) 12月8日(土)

 

中央自動車道のトンネル事故は、安心して使えるインフラというわたしたちの安全神話に警鐘を鳴らしました。
7日も大きな地震がありましたが、巨大地震への不安が消えない中、インフラの老朽化は、緊急の安全課題として浮上しています。

 

中央自動車道笹子トンネルの天井崩落事故をめぐっては、NEXCO中日本が老朽化の可能性を指摘している。

全国の橋では今、老朽化などにより、通行止めや通行規制の数が急増しているといいます。  

そして、最も危険性が高いとの指摘もあるのが橋の老朽化。現在、老朽化などの理由で通行止めや通行規制となっている橋は、2012年4月の時点で、全国に1,379本。4年前の1.7倍に増えている。

さらに、老朽化の目安とされる建築後50年を超える橋は、2030年度には半分以上にのぼっている。

--------------------------------------

この普代村の事例のマスコミの報道姿勢から、少し、変化が出てきたようだ。

 

http://yuyuu.iza.ne.jp/blog/entry/2707077/

 

スポンサーサイト
  1. マスコミの構造
  2. TB(0)
  3. CM(1)

コメント

No title

建築や維持管理を業としている者にとっては、建築物等が完成した直後から維持管理が必要なのは分かっています。当然ですが、何か事故が起きてから皆さん騒ぎます。
維持管理はできて当たり前なので、普段は顧みられることはありませんで。
ただ、老朽化とそれに対する手当は必ず必要だと報道してくれるのはいいことだと思います。
  1. 2012-12-11 21:03
  2. URL
  3. koguma #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する