-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2012-12-02 15:25

コンクリートから人殺しへ  トンネル崩壊し橋は落ちる

日午前8時ごろ、山梨県大月市と甲州市にまたがる中央自動車道の笹子トンネル内の上り線で崩落事故があった。山梨県警や総務省消防庁などによると、約50~60メートルにわたり、厚さ約20センチの天井部分が崩れ落ちた。通行中の車2台が下敷きになった。

7人が取り残されている可能性がある。女性2人が負傷した。

トンネル内で車両が燃えて火災が発生。

救急車やポンプ車などが出動し、救出活動などをした。東山梨消防本部によると、二次災害の危険があるため、午後0時50分に活動を中断。

東山梨消防本部によると、自力で脱出した20代女性は「6人が乗った車から脱出した」と話している。

----------------------------------------------------

私は1980年代の米国市場で仕事をしていた関係で、国土強靭化が言われるようになる前から、日本もそろそろヤバイですよ・・・と思っていた。

 

1980年代の米国の道路。

高速道路にあちこち大穴が開き、危険。

橋・・・時々落ちる。

トンネル・・・時々、落盤。

 

なぜか?

 

米国は1930年代の大恐慌の時に、ニューディール政策で公共投資をやった。

それが50年で老朽化し、一挙に崩れだした。

ところが1980年代は米国は不況の時代で、予防のために道路を整備する予算がなかった。

 

だから・・・・ 

橋・・・時々落ちる。

トンネル・・・時々、落盤。

 

となる。

 

それで日本はどうか?

1960年の東京オリンピックを契機に大規模な公共投資が開始された。

それから50年過ぎているから、そろそろヤバイのだ。

ところが小泉構造改革以降、公共投資は半分以下に削減されている。

 

道路公団も民営化されたので、国家的視野で考えるのではなく、私企業の経営の視点でしか考えない。

 

「道路整備費用」と「事故が起きた場合の補償金」を天秤に掛けて判断する。これが新自由主義者の推奨する「無駄の無い経営」と言うわけである。

 

コンクリートから人殺しへ。 

今後もトンネル崩壊し橋は落ちる。

 

 

 

スポンサーサイト
  1. 大震災と復興
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

>「道路整備費用」と「事故が起きた場合の補償金」を天秤に掛けて判断する

人が何人以上死ぬと損益分岐点を割ると計算出来ますね。人命はコストだ(?)。
この事故で観光バスが巻き込まれていたら7人の死者ではすまなかった。

「コンクリートから人へ」の美しい慣用句は、美女のハニートラップでしかありません。まさに民死党!
  1. 2012-12-03 13:06
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>>「道路整備費用」と「事故が起きた場合の補償金」を天秤に掛けて判断する
>
>人が何人以上死ぬと損益分岐点を割ると計算出来ますね。人命はコストだ(?)。
>この事故で観光バスが巻き込まれていたら7人の死者ではすまなかった。
>
>「コンクリートから人へ」の美しい慣用句は、美女のハニートラップでしかありません。まさに民死党!

民営化、規制緩和、そして原価割れでhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%2585%25A5%25E6%259C%25AD/" class="keyword">入札しないと勝てないhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%2585%25A5%25E6%259C%25AD/" class="keyword">入札制度。
その結果は人の命で購うべし。竹中屁三 屋山太郎
  1. 2012-12-03 15:11
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

70年代くらいの建築物はコンクリートの強度が相当に早くガタが来るはずです。今回の崩落もその真因はそのあたりと見てます。60年代70年代にイケイケイドンドンで作ったものがどんどん劣化しています。普通は寿命60年だとか100年なんて言われるのがコンクリートなんですが(本来なら30年目くらいまで強度はむしろ増します)これらのメンテが大問題になるはずです。

最大の問題はメンテの方法自体をまともに考えていなかっただろうということです。おそらくスクラップアンドビルトでダメになったら作り替えくらいの気分だったはずです。大規模メンテはそれを設計の時から予定し考えねば出来ないはずなんです。ヘタするとこれから作り替えに近いカネがかかるはずです。

下手な民営化はその意味では大変な結果を招きかねないはずですが、どうするつもりなんでしょうか。公団の頃も今も本来はやるべきことはもっとたくさんあったはずなのですが…
安全はどうでもいいんでしょうね。損益分岐点の問題にすぎないのですから。
  1. 2012-12-04 00:09
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

この事故の原因は不適切な設計です。
コンクリートの天井にボルトを埋め込み、それで大荷重の天井板を釣っている。
 1)引っ張り力の掛るボルトをコンクリートに埋め込んでいる。
   ⇒コンクリートは圧縮力が掛るように使用するもの。
 2)撓みの掛る天井板に重いコンクリート板を用いている。
   ⇒ もっと軽い材料例えば鋼鉄か軽金属を使用すべき。
 3)天井板を溶接して結合していた。
   ⇒ 釣り具は接合しておくものだが、荷重は分けておくべき。
  1. 2012-12-04 21:26
  2. URL
  3. 無駄話 #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。