2012-12-01 12:55

007 リビング・デイライツ

 

007 リビング・デイライツ The Living Daylightsは1987年公開、ジョン・グレン監督。007シリーズ第15作。

シリーズ誕生25周年の記念作品。

 

還暦に近かったムーアの旦那がようやく引退し、ジェームズ・ボンドをティモシー・ダルトンが演じた初の作品。

 

ダリトンはストレートで、しなやか。変えてよかった。

 

主題歌は a-haだがジョン・バリーと喧嘩して、これを最期のジョン・バリーは007シリーズより降りる。

1987年の映画の世界興行成績で第3位。

 

ティモシー・ダルトンは、1971年にショーン・コネリーの後任としてボンド役を依頼されたが、ボンドを演じるには若すぎるという理由で辞退していた。

 

ボンドガールのダニエル・ダポは、女流のチェロ奏者を演じる、映画の中ではボロディンの弦楽カルテットを演奏していた。 

 

スポンサーサイト
  1. 007は殺しの番号
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する