2012-11-14 11:56

日本企業の中国への進出(1)

「 中国から撤退して、他のアジアの国に投資すべきだ。

日本を歓迎してくれるアジアの国は沢山ある」

 

・・・・・お馬鹿な保守派の学者が、このような事を書くので困る。(私は保守派ではなく守旧派)

日本のマスコミが中国への日本企業の進出ばかりを大きな記事にして、他のアジア諸国への進出の記事は全く書かないからこうなるのだが、学者がマスコミに騙されてどうする?

 

日本企業が最初に進出したのは東南アジアの国であり、

中国は、ここ10年の話である。

1960年から日本企業はインドネシア、タイ、シンガポール、マレーシア、フィリピンに進出している。

 

日本を歓迎してくれる国は沢山ある・・・その通りで、どこでも歓迎してくれた。

中国への進出は2000年以降の話で、まだ10年程度しか過ぎていない。 

東南アジアへの進出は50年の歴史があり、米国も50年、中国はわずか10年だ。

 

東南アジアへの進出は、各国の独立戦争まで遡る。

1960年以前の前史がある。

 

インドネシアの独立の主体となったのは、日本が育成した義勇兵であり、敗戦後も一部の日本兵はインドネシア独立のために戦った。

日本軍の占領時代に、日本は将来のインドネシア独立を見越して、インドネシア人の若者からなる祖国独立義勇軍(PETA)を組織し、日本軍式の軍事教練を施した。

このPETAが、独立戦争の中心戦力となり、後のインドネシア国軍の母体となった。

 

戦後、日本が最も多くのODAを投下したのはインドネシアである。第二位は中国、その次はタイ、フィリピンである。

 

円借款で見ると

インドネシア4.5兆円

中国3兆円

タイ2.1兆円

フィリピン2.1兆円

ベトナム1.5兆円である・・最初から現在までの累計金額。

 

中国と東南アジアの各国の人口・面積から比較すれば、欧州全域と同様の広さを持つ中国へのODA支援は、実はたいした事はないのである。

さらに、円借款は低金利融資であり、中小企業支援と同じ。要するに借金は返却されるのであり、現に返却されている。

 

ODAの無償資金協力を見ると、以下も過去から現在までの累計であるが、

 

インドネシア:2654億円

フィルピン:2539億円

ビルマ:1865億円

タイ:1604億円

中国:1543億円

 

 

ODAの技術協力・・・これも無償援助である。

 

インドネシア:3035億円

タイ:2099億円

フィリピン:1935億円

中国:1704億円

マレーシア:1096億円

 

以上の3つの合計がODAである。

中国は3兆3247億円だが中国ODA6兆円の闇」の著者は、国際協力銀行のローンを加えている。

これも、金を貸しただけである。

返さなかったら日本国内にある資産の差し押さえれば良いのだ。 

 

日本企業の海外進出については経済産業省が毎年、調査しているが、あのデータが全てを網羅しているとは思えない。海外の日本法人会に加入している企業のみ把握されている。

このデータで見ても、中国はこの10年で新規に加わったものであり、未だに?の付く地域のため別枠である。

何故、別格か?と言えば、資本関係が他の地域と異なるからだ。

東南アジアでは日本企業の独資が基本

銭の足りない場合は「日本企業資本+日本の大手商社資本」

 

この2パターンが圧倒的である。

 

中国の場合は、

「日本企業資本+中国国営企業資本」

これが最初の形態で、自動車メーカーの工場は殆どこれ。

次が「日本企業資本+中国民間企業資本」

 

中国政府が独資を許可しなかったからである。

そして、最近になり、以下の2つが可能となった。

「日本企業の独資」

日本企業資本+日本の大手商社資本」

 

だから海外進出企業と言っても、中国は別枠で、意味が違うのである。

 

もちろん、企業側からすれば合弁など「まっぴら御免」である。嫌々ながら合弁で進出させられたのは政治的な背景がある。「日中親善」という政治的な背景が。                               

 

最期にアジアにおける日本メーカーの4輪車生産工場数を見てみよう。

全体では97工場有り、その26%の25工場が中国にある。

タイには13工場あり、フィリピンには10工場ある。インドネシアに9工場有り、マレーシアに8工場ある。

インドにも8工場あり、台湾にも8工場ある。

ベトナムに7工場あり、パキスタンに6工場あり、バングラディッシュに3工場ある。

韓国にはゼロ、ラオスもゼロカンボジアゼロである。

 

中国の面積は欧州とほぼ等しく、人口は世界最大。

それを考えれば25工場は特に多いというわけではないのである。

 

 

 

 

スポンサーサイト
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

No title

全く同感です。
私の場合、海外進出に当たりhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2582%25BB%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25B3/" class="keyword">アセアンもhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国も検討しました。
最初に落としたのがhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国。
ホントにhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国に行かなくて良かったと思っています。
最終的にタイとhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2589%25E3%2583%258D%25E3%2582%25B7%25E3%2582%25A2/" class="keyword">インドネシアに決め、色々あって私はタイに行きました。

タイについて言えば、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25BF%25E3%2582%25AF%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25B3/" class="keyword">タクシンのようにとんでもない奴がいますが、それで反日になるなど今では決して考えられません。
タイ人一人一人の中に日本に対する信頼が深く根付いています。

マスゴミは全く事実を見ませんので、タイに関する報道でもまるっきりアテになりません。
yuyuuさんのように一つずつ事実を積み重ねていく、そうすれば真実が見えるのですが、マスゴミはそんな事はしません。
腐った連中は倒産させて寒空に裸で放り出すのがいいのではないでしょうか。
  1. 2012-11-14 18:06
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

わたしは、安倍総理のお嫌いな中道派ですが、安倍総理はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2584/" class="keyword">ドイツ的概念においては中道派と見なしているので断固支持します。
それはさておき、「お馬鹿な保守派の学者」がいう、「他のアジアの国」、というのはたしかに変です。そのあたり友遊社長のご指摘の通りです。しかしまあ重点は、シナから撤退せよ、ということですから、それはそれで善哉とするのであります。
シナ支配から脱却中の「民主化」のミャンマーや反シナのヴィエトナムへ転戦せよ、という善意の意にとっておこうではありまへんか~♪
  1. 2012-11-14 18:35
  2. URL
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

目下「日中関係史 1972--2012・経済」(東京大学出版会)をチビチビと読んでいますが、この流れを見ていると日本政府(又は日本政府に「教唆」された企業)の前のめり状態が窺えます。

例えばそれまで続いていたソ連・東欧とのプラント契約が70年代から日本等へと移行し、その結果70年代末にシナ政府の外貨支払い能力を超える契約を結び、結果として日本への延期・キャンセルが続出しました。

この杜撰ともいえる結果は、日支間の契約に「契約はそれぞれの政府の認可を受けて発効するという」条項があって、これをシナ側に使われたからです。しかも同様の条項は欧米諸国に対してはない。
日本側はこの間「日中友好」の精神を無条件に信じていたのではないかと疑問を持ちました。

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2589%25E3%2583%258D%25E3%2582%25B7%25E3%2582%25A2/" class="keyword">インドネシアについて私は素朴な疑問があって、日本はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2589%25E3%2583%258D%25E3%2582%25B7%25E3%2582%25A2/" class="keyword">インドネシア独立の片棒を担いだ仲であるにも拘わらず、戦時賠償を支払わされています。「迷惑料」ならオランダに請求すべきなのに支払われていない。

逆にオランダ女王が1991年来日して宮中晩さん会で、日本はオランダ兵を捕虜にして賠償をしていない、と場違いな発言さえしています。
日本人はおかしいのか?竹村健一の「日本の常識は世界の非常識」に通じるのか、不愉快な思いです。
  1. 2012-11-14 20:08
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 短足おじさんさん
>全く同感です。
>私の場合、海外進出に当たりhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2582%25BB%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25B3/" class="keyword">アセアンもhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国も検討しました。
>最初に落としたのがhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国。
>ホントにhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国に行かなくて良かったと思っています。
>最終的にタイとhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2589%25E3%2583%258D%25E3%2582%25B7%25E3%2582%25A2/" class="keyword">インドネシアに決め、色々あって私はタイに行きました。
>
>タイについて言えば、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25BF%25E3%2582%25AF%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25B3/" class="keyword">タクシンのようにとんでもない奴がいますが、それで反日になるなど今では決して考えられません。
>タイ人一人一人の中に日本に対する信頼が深く根付いています。
>
>マスゴミは全く事実を見ませんので、タイに関する報道でもまるっきりアテになりません。
>yuyuuさんのように一つずつ事実を積み重ねていく、そうすれば真実が見えるのですが、マスゴミはそんな事はしません。
>腐った連中は倒産させて寒空に裸で放り出すのがいいのではないでしょうか。

東南アジアの日系企業、特にタイは成績が良く殆ど黒字。
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国は徐々に良くなり、特にここ数年は80%黒字です。

立派に、お国のために稼いでいるのです。

これがなかったら今の内需抹殺政権のもとでは大手企業はもっと多く倒産していたはずです。

  1. 2012-11-15 10:08
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 丸山光三さん
>わたしは、安倍総理のお嫌いな中道派ですが、安倍総理はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2584/" class="keyword">ドイツ的概念においては中道派と見なしているので断固支持します。
>それはさておき、「お馬鹿な保守派の学者」がいう、「他のアジアの国」、というのはたしかに変です。そのあたり友遊社長のご指摘の通りです。しかしまあ重点は、シナから撤退せよ、ということですから、それはそれで善哉とするのであります。
>シナ支配から脱却中の「民主化」のミャンマーや反シナのヴィエトナムへ転戦せよ、という善意の意にとっておこうではありまへんか~♪


うんにゃ。善意にとってもお馬鹿です。
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国が駄目だからビルマやhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2599%25E3%2583%2588%25E3%2583%258A%25E3%2583%25A0/" class="keyword">ベトナムにシフトしているのではないのですから。

この地域のビジネスが良くなったのはAFTAが発足したからであり、そのように仕向けた2000年以降の日本の努力の結果であります。
その背景があってhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%259F%25E3%2583%25A3%25E3%2583%25B3%25E3%2583%259E%25E3%2583%25BC/" class="keyword">ミャンマー、バングラあたりの商売が盛んになったのです。頑強なマレーシアを説得した中川大臣の功績など何も報道されてませんね。

  1. 2012-11-15 10:16
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>目下「日中関係史 1972--2012・経済」(東京大学出版会)をチビチビと読んでいますが、この流れを見ていると日本政府(又は日本政府に「教唆」された企業)の前のめり状態が窺えます。

背赤後家蜘蛛が相模家に向かったのに大丈夫ですか?

>例えばそれまで続いていたソ連・東欧とのプラント契約が70年代から日本等へと移行し、その結果70年代末にシナ政府の外貨支払い能力を超える契約を結び、結果として日本への延期・キャンセルが続出しました。
>
>この杜撰ともいえる結果は、日支間の契約に「契約はそれぞれの政府の認可を受けて発効するという」条項があって、これをシナ側に使われたからです。しかも同様の条項は欧米諸国に対してはない。
>日本側はこの間「日中友好」の精神を無条件に信じていたのではないかと疑問を持ちました。

信じたのではなく、田中派が欲に駆られたのです。
最悪ですよ。

>http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2589%25E3%2583%258D%25E3%2582%25B7%25E3%2582%25A2/" class="keyword">インドネシアについて私は素朴な疑問があって、日本はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2589%25E3%2583%258D%25E3%2582%25B7%25E3%2582%25A2/" class="keyword">インドネシア独立の片棒を担いだ仲であるにも拘わらず、戦時賠償を支払わされています。「迷惑料」ならオランダに請求すべきなのに支払われていない。
>
>逆にオランダ女王が1991年来日して宮中晩さん会で、日本はオランダ兵を捕虜にして賠償をしていない、と場違いな発言さえしています。
>日本人はおかしいのか?竹村健一の「日本の常識は世界の非常識」に通じるのか、不愉快な思いです。

日本のインドネシアの思い入れは石油資源。
たいして出ないのに、そのために戦時中から重視した。
でも、投資の割りに得るものは少なかった。
何故かは・・・行けば分かる。
そういう国なのです。

  1. 2012-11-15 10:32
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する