-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2016-01-05 22:53

Voi che sapete  フィガロの結婚

 

モーツアルトの「フィガロの結婚」のフィガロは「セビリアの理髪師」(ロッシーニ)の続きなのであるが、伯爵夫人の小間使いであるスザンナと相思相愛にて結婚することになる。

 

ところが伯爵は、伯爵夫人に飽きてしまい、スザンナを狙っているらしい。初夜権により、フィガロとスザンナとの初夜を奪おうと企んでいる。

 

そこに、ややこしいことに、伯爵の小姓であるケルビーノが伯爵夫人に惚れてしまう。

そこで、歌うのが「Voi che sapete」。恋とはどんなものかしら?

 

ケルビーノは男性なれど、女性が演じることになっている。メゾソプラノの歌だからしゃあないのだ。

この場面だけは宝塚歌劇団なのである。

スポンサーサイト
  1. オペラ
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

旦那

Radu Marian を御存知ですか。

http://www.youtube.com/watch?v=ZYKEqsxDnV8&feature=related

旦那ならばこれはキワモノじゃないと分かるでしょう。
メゾソプラノならばやれる奴はいるだろうと思うんですがなかなか出て来ませんね。

岡本知高だとか木村友一だとかそれなりの人材はいますが、この御仁が傑出してルト小生は思います。聴けば分かるでしょう。
  1. 2012-09-28 23:42
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

こんなのもあったな、Voi che sapete です。

http://www.youtube.com/watch?v=shJuobhnBkw

sopranistaは Francisco Freitas です。

正直ここまで出来れば… という世界です。ファルセットじゃない所が価値です。
  1. 2012-09-29 01:15
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>旦那
>
>Radu Marian を御存知ですか。
>
>http://www.youtube.com/watch?v=ZYKEqsxDnV8&feature=related
>
>旦那ならばこれはキワモノじゃないと分かるでしょう。
>メゾソプラノならばやれる奴はいるだろうと思うんですがなかなか出て来ませんね。
>
>岡本知高だとか木村友一だとかそれなりの人材はいますが、この御仁が傑出してルト小生は思います。聴けば分かるでしょう。



岡本知高、木村友一は声が細いです。
Radu Marianは本物で、声に力があり美しい。
  1. 2012-09-29 14:29
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>こんなのもあったな、Voi che sapete です。
>
>http://www.youtube.com/watch?v=shJuobhnBkw
>
>sopranistaは Francisco Freitas です。
>
>正直ここまで出来れば… という世界です。ファルセットじゃない所が価値です。

完全に声が出てますね。驚いた。
  1. 2012-09-29 14:30
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。