-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2012-09-26 12:21

Harry Nilsson をご存知ですか

 

 

 

 

ハリー・エドワード・ニルソン(1941年 - 1994年)

アメリカ合衆国のソングライター、歌手。

1960年代後半から1970年代にかけて、「ニルソン」名義で数多くのヒット曲を残した。

代表曲に「ウィザウト・ユー」(1972年全米No.1)

「うわさの男」「ワン」「ミスター・ボージャングル」

「孤独のニューヨーク」(アルバム『ハリーニルソンの肖像』に収録。1969年発表)などがある。

 

ニューヨーク市ブルックリンでスウェーデン系の両親の間に生まれる。

音楽好きな母親と叔父の影響を受けるが最初から音楽活動に入らず、銀行員となる。

1960年代初めから、勤務の間を縫って音楽活動を始め、リトル・リチャードフィル・スペクターやモンキーズなどのミュージシャンやプロデューサーに次第に認められる。

甘く哀愁のこもった歌声で、「七色の声を持つヴォーカリスト」と評された。

ジョン・レノンに高く評価され、一時はポール・マッカートニーの代わりにビートルズに加入するなどの噂が流れたりした。

映画「真夜中のカーボーイ」から「うわさの男」がヒット。

さらに、アルバム『ニルソン・シュミルソン』(1971年)に収録されたバッドフィンガーのカヴァー「ウィザウト・ユー」が1972年にはシングルとして全米・全英1位の大ヒットを記録した。

のちアルコールと薬に溺れ喉を痛めてからは往年の勢いは無かった。

 

ソングライターとしての評価も高く、スリー・ドッグ・ナイトの"One"などの作曲を手がけた。

これまで、2回グラミー賞を受賞している。

 

 

スポンサーサイト
  1. 素敵なヒットソング
  2. TB(0)
  3. CM(3)

コメント

No title

<Without You>は、心に沁みる大ヒットでありましたが、個人的にもっとも愛するのは
アルバム<Little Touch of Schmilsson in the Night>なのであります。♪
  1. 2012-09-26 16:45
  2. URL
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

こんにちは

Without youは、知っておりまする~
Mr.bojangles も歌って居たのですか??
NGDBの歌しか知りませぬ・・・

ようつべで聴いてみました。
優しい感じですね。
  1. 2012-09-26 19:39
  2. URL
  3. zuka1123 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%258B%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25BD%25E3%2583%25B3/" class="keyword">ニルソンのウィズアウト・ユーは、小生リアルタイムで聞いたのを覚えています。
聴いた時にはいい曲だと思ったものですが、こんなに名曲と言われるものだとは思ってませんでしたね。これ、たしかhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2590%25E3%2583%2583%25E3%2583%2589%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25AC%25E3%2583%25BC/" class="keyword">バッドフィンガーの曲の焼き直しじゃんとか思ったものです。

あおの頃の連中でもっと売れてた奴らがいたと思いますが、聴けば懐かしいのですがどうもそれだけです。残る曲というのはどうも何か時代を超えるものがあるような気がします。マライアキャリーがまた後から当てましたがみんなが知ってんのはこれなんでしょうね。アメリカンアイドルあたりでガキがよく歌ってますが、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%258B%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25BD%25E3%2583%25B3/" class="keyword">ニルソンのこと知ってんのかね、と思うものです。

年取ったのでしょうか。
  1. 2012-09-26 23:59
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。