-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2012-09-09 22:34

「007は二度死ぬ」よりトヨタ2000GT

 

007シリーズの第5作。「007は二度死ぬ」1967年の公開。

これは異色作ですね。

丹波哲郎が日本の情報機関のボスとしてほぼ全編にわたって登場。

日本人ボンドガールとして若林映子と浜美枝が登場。

なぜかヌードも大胆なSEXシーンなし。

日本女性は「これはビジネスである」と拒否。

 

そして、第50代横綱佐田の山が本人役で登場。

なんと、佐田の山が英語を使う。

公安所属の特殊部隊が忍者というのは素晴らしい。

なお、訓練場所は姫路城

 

姫路城の白壁に手裏剣を刺した・・・と日本では大ニュースになり、私は怒っていたのだが、監督の証言によると、城は神聖な場所であり、大切に撮影した。

本物の白壁の上にセットの白壁を置いて、そこに手裏剣を刺した。撮影見学に来た新聞記者が確認せずに憶測で記事を書いた・・・とのこと。

 

なお、若林映子の運転するトヨタ2000GT。

素晴らしい。


 

スポンサーサイト
  1. 007は殺しの番号
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

お久しぶりです。

2000GT今見ても本当にかっこいいですね。しかもこれ日本人が手がけたんですからね。

歴代の日本車の中でもトップクラスでしょう。

あとトヨタの中でいえばヨタハチなんかもかっこよかったですよね。
  1. 2012-09-10 00:43
  2. URL
  3. tom-h #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To tom-hさん
>お久しぶりです。
>
>2000GT今見ても本当にかっこいいですね。しかもこれ日本人が手がけたんですからね。
>
>歴代の日本車の中でもトップクラスでしょう。
>
>あとトヨタの中でいえばヨタハチなんかもかっこよかったですよね。

解説を書こうとしたらアクセスできなくて・・・
今、ようやく書きました。
この車こそ、もう一度、出して欲しいです。・
  1. 2012-09-10 09:12
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

2000GT懐かしい車ですねえ。
いろんな思い出がいっぱいあるのですが、一番の思い出は2000GTには乗れなかったけれど、2000GTの部品を買ってきて自分の車に取り付けて走っていました。

ワイパーブレードです。
当時の車は結構部品の互換性があったので、ワイパーアームはトヨタ1600GT用、ワイパーブレードは2000GT用をつけて走っていました。
車は初期のhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25A9/" class="keyword">カローラだったんですが気分だけはGT並(笑)

今ではそんな事など絶対できません、古き良き時代でした。
  1. 2012-09-10 18:26
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 短足おじさんさん
>2000GT懐かしい車ですねえ。
>いろんな思い出がいっぱいあるのですが、一番の思い出は2000GTには乗れなかったけれど、2000GTの部品を買ってきて自分の車に取り付けて走っていました。
>
>ワイパーブレードです。
>当時の車は結構部品の互換性があったので、ワイパーアームはトヨタ1600GT用、ワイパーブレードは2000GT用をつけて走っていました。
>車は初期のhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25A9/" class="keyword">カローラだったんですが気分だけはGT並(笑)
>
>今ではそんな事など絶対できません、古き良き時代でした。


当時の2000GTの価格は238万円で、トヨタ自動車の高級車であるhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25A6%25E3%2583%25B3/" class="keyword">クラウンが2台、大衆車のhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25A9/" class="keyword">カローラが6台買える程に高価であった。
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/1967/" class="keyword">1967年当時の日本における大卒者の初任給がおおむね2万6,000円前後であったから一般の人々にとっては想像を絶する超高額車であった。
それでも生産に手間がかかり過ぎてコスト面で引き合わない価格設定であり、全生産期間を通じて常に赤字計上での販売であった。

それでも「いつかhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25A6%25E3%2583%25B3/" class="keyword">クラウンに・・」の時代は、夢がありました。
  1. 2012-09-11 12:07
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。