2012-08-15 11:42

やるべき規制緩和、やるべきでない規制緩和

オリックスの宮内会長が座長になり、えんえんと続いた規制緩和の最大の問題は、やるべき規制緩和を行なわず、やるべきでない規制緩和だけを行なったことである。

 

1996年に橋本内閣が始め無残な失敗に終わった金融ビックバンの話を別にすると、実業の世界で行なわれた規制緩和は、レベルの低い商品、事業者の参入を許すことはあっても、レベルの高い商品及び事業者の参入は相変わらず拒否してきた。

レベルの低い事業者の参入を許したことで、多くの死ななくても良い人が死んだり、財産を失った。

その事例は数々あるが、観光バス業者の規制緩和が一番、分かりやすい例である。

 

一方、明らかに諸外国に先進技術があり、それを生かした商品を導入することで、多くの人が助かり、財産を守れるような分野は、規制は緩和されない。

その事例は数々ある。前に紹介した放射線遮断素材なども、日本の規制を通らないので公的な工事では使えない。

大規模な火事に有効な消化剤も、諸外国に素晴らしい技術があるのに、日本の規制を通らないので、公的には使えない(私企業が自社の消防施設に使うのは可能)。

 

性能の高いものは価格も高価となるので参入させても大きな影響は無いが、これは行なわず、性能レベルの低いものは参入させて、日本の中級品、高級品市場(及び参入メーカー)を破壊する。

これが規制緩和の正体なのである。

スポンサーサイト
  1. インドシナ
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

 http://www.iza.ne.jp/izaword/word/AI/" class="keyword">AIJ事件もやるべきでなかった規制緩和の結果だと思います。

 年金の運用担当者の多くが、厚生省の役人の天下りなど、投資どころか公務員として給与を保障されて自分がリスクを取って何かするという事さへなく初老になった人達で占められているのに、年金の運用会社を届け出制にするなどと言うのは問題外でした。

 こんな事をすれば詐欺の餌食になるとは、あの酒販組合年金詐欺事件の時に明らかではありませんか?

 今まで無事に済んだのは、年金の運用は、生保や信託銀行にしか許可しなかったからです。
 
 それを唯「私、年金の運用会社作ります」と届けるだけで、誰でもできるような登録制にするなんて無茶苦茶でした。
  1. 2012-08-15 17:50
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 規制緩和というものは規制を緩めることにより第三者の参入を増やし供給不足を解消するものでしょう。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2587%25E3%2583%2595%25E3%2583%25AC/" class="keyword">デフレは根本的に需要不足なのだからhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2599%25AF%25E6%25B0%2597/" class="keyword">景気対策になるわけはなかったのですよね。

 そして規制緩和はどうでもいいところばかり行い、ほんとうに必要な部分を行わなかった、とのご指摘そのとおりだと思います。
おそらく業界団体の政治献金の量で内容が決まったのでしょう。

 考えてみれば宮内のような異様なhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E8%25B2%25A1%25E7%2595%258C/" class="keyword">財界人に規制緩和を任せたことが可怪しかったのでしょう。犯罪者に刑法改正をやらすようなものでしょうか。ああ、これは日本の法律改正そのものでありました。

  1. 2012-08-15 23:54
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To よもぎねこ♪さん
> http://www.iza.ne.jp/izaword/word/AI/" class="keyword">AIJ事件もやるべきでなかった規制緩和の結果だと思います。
>
> 年金の運用担当者の多くが、厚生省の役人の天下りなど、投資どころか公務員として給与を保障されて自分がリスクを取って何かするという事さへなく初老になった人達で占められているのに、年金の運用会社を届け出制にするなどと言うのは問題外でした。
>
> こんな事をすれば詐欺の餌食になるとは、あの酒販組合年金詐欺事件の時に明らかではありませんか?
>
> 今まで無事に済んだのは、年金の運用は、生保や信託銀行にしか許可しなかったからです。
> 
> それを唯「私、年金の運用会社作ります」と届けるだけで、誰でもできるような登録制にするなんて無茶苦茶でした。

ハゲタカの餌食にするため規制緩和したとしか思えません。

  1. 2012-08-16 15:21
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
> 規制緩和というものは規制を緩めることにより第三者の参入を増やし供給不足を解消するものでしょう。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2587%25E3%2583%2595%25E3%2583%25AC/" class="keyword">デフレは根本的に需要不足なのだからhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2599%25AF%25E6%25B0%2597/" class="keyword">景気対策になるわけはなかったのですよね。
>
> そして規制緩和はどうでもいいところばかり行い、ほんとうに必要な部分を行わなかった、とのご指摘そのとおりだと思います。
>おそらく業界団体の政治献金の量で内容が決まったのでしょう。
>
> 考えてみれば宮内のような異様なhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E8%25B2%25A1%25E7%2595%258C/" class="keyword">財界人に規制緩和を任せたことが可怪しかったのでしょう。犯罪者に刑法改正をやらすようなものでしょうか。ああ、これは日本の法律改正そのものでありました。

規制緩和は古きよきアメリカを崩壊させた無残な政策ですが、
これを日本に導入したのは「日本市場に多くの参入制限がある」との米国の主張です。
これは日本で仕事をしていた米国企業の主張がベースになってまして、この連中は日本市場の事を良くわかっており、それほど強欲な主張をしていたわけではない。話せば分かるし、彼らの意見に聞くべきことは多かった。
日本政府はこの段階で話をまとめるべきでした。

この連中のささやかな主張を日米の政治家と怪しい連中が利用したのです。
この怪しい連中は業界団体の外にいる秩序破壊派なのです。

そして、当初のささやかな規制緩和の要求は何一つ実現せずに、誰も望んでいない規制緩和が着々と大規模に行なわれた。
本当に必要な規制緩和を毎年、少しずつ進めておけば、TPPも必要なかったはず。



  1. 2012-08-16 15:40
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する