2012-08-05 14:09

J・K・ローリングに惚れた

 

ハリー・ポッターシリーズの作者であるJ.K. Rowlingは1965年7月生まれの英国の女流作家。現在、47歳である。

本名はジョアン・ローリング。

 ペンネーム J・K・ローリングは、本のターゲットとなる男の子が女性作家の作品だと知りたくないだろうと心配した出版社が、イニシャルを用いるように求めたため、そうなっているらしい。

私も女流作家だとは当初、知らなかった。

 

出身はイギリス南西部ブリストルの近郊。

本人が4歳の時に家族はグロスタシャーのウィンターボーンに移り、さらに9歳の時にタッツヒルへと引っ越した。

 

子ども時代から物語を書くことが好きであったが、読む方に熱心で完成には至らず、大学を出て就職する。

1990年に、マンチェスターからロンドンに向かう4時間遅れた列車の中で、魔法学校に通う少年ハリー・ポッター、そしてロンとハーマイオニー3人の着想が突然誕生し、自宅に帰り、その晩のうちに書き始めた。

 

1992年、ポルトガルに英語教師として赴任。

ここで結婚して長女のジェシカが生まれたが、夫との不和のため離婚し、1993年末にジェシカを連れて一文無しで帰国。妹が住むエディンバラに落ち着いた。

離婚後の生活苦と貧困でうつ病になり、「自殺も考えた」が、娘の存在に支えられながら数ヶ月をかけてうつ病を完治させ、貧しいシングルマザーとして生活保護を受けながら「ハリー・ポッターシリーズ」を完成させた。

 

1995年に完成した原稿は、エージェントを通じて12の出版社に提出されたが、あまりに長編で出版する会社は現れなかった。

その後、児童書のブルームズベリー出版社より出版が決まった。

この出版社では編集者が自分で読む前に、自分の子供に読ませて反応を見たのが評価にきっかけとなった。

2001年に再婚し、2003年に男の子、2005年には女の子を出産している。

ローリングがハリー・ポッターの本、映画、その他関連商品から手にした金額が560億円。この金額はエリザベス女王よりも多く、イギリス国内では上から122番目の富豪になるという。

 

 

1996年「ハリー・ポッターと賢者の石」出版
1998年「ハリー・ポッターと秘密の部屋」出版。
1999年「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」出版。
2000年「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」出版
2003年「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」出版。
2005年「ハリー・ポッターと謎のプリンス」出版。
2007年「ハリー・ポッターと死の秘宝」出版

 

ハリー・ポッターシリーズは全7冊であるが、書き始めた時点でラストまでのストーリィは全部出来ていた。

最終巻の「死の秘宝」は、早くから完成しており、ローリングは、これを金庫に入れて隠していたという。

 

 

動画の右下のCCを押すと日本語訳が表示されます。

 

スポンサーサイト
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する