2016-02-02 12:18

Czernyのピアノ協奏曲

 

ピアノを習うと、嫌でもやらされる Czernyの練習曲。

この Czernyという人は、なんとベートーヴェンの弟子なのだ。

9歳でベートーヴェンの弟子となり、ピアノ演奏の基礎から学びなおされた・・・というが、べトの旦那も煩いやっちゃな。

Czernyは、べトーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」のウィーン初演の時に、ピアノを弾いたらしい。

 

当時のベートーヴェンは

ピアノ演奏法との本を書きたいと語っており、

ツェルニーの練習曲も、べトの旦那の受け売りかも知れぬ。

 

Czernyは天涯孤独で、やたらと多作だった。

交響曲もピアノ協奏曲も作曲している。

 

でも、残ったのは下のような単純な練習曲集のみ。

 

フランツ・リストは Czernyの弟子らしい。

 なるほど「超絶技巧練習曲」は Czernyへの当て付けか? 

 

スポンサーサイト
  1. ピアノフォルテ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する