-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2014-07-19 23:21

エリック・ドルフィーのYou don't know what love is



エリック・ドルフィー(Eric Dolphy、1928年6月20日 - 1964年6月29日 )は、ジャズのバスクラリネット、アルト・サックス、フルート奏者。

 

30代の若さで死去。

その最後のアルバムに収められている曲である。

 

このアルバムの最後に、エリックの声が入っている。

風貌に似合わず、優しい声である。

 

"When you hear music, after it's over,

it's gone in the air.

You can never capture it again. "

音楽を聴き終った後、

それは空中に消えてしまい、

二度と捕まえることはできない。

 

 

しかし、最後のアルバムで、この言葉を残すとは。

彼は死を予感していたのであろうか?

 

スポンサーサイト
  1. JAZZ
  2. TB(0)
  3. CM(3)

コメント

No title

☆Happy Valentine☆
いつもyuyuuさんに素敵な曲を聴かせて頂くので心を込めて・・♪

お休みなさい☆
  1. 2012-02-14 00:13
  2. URL
  3. cocoro-ol1203 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To cocoro-ol1203さん
>☆Happy Valentine☆
>いつもyuyuuさんに素敵な曲を聴かせて頂くので心を込めて・・♪
>
>お休みなさい☆


愛のバレンタイン挨拶受取ました。
ありがとうございます。
  1. 2012-02-14 10:37
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

>"When you hear music, after it's over,

it's gone in the air.

You can never capture it again. "


音楽を聴き終った後、

それは空中に消えてしまい、

二度と捕まえることはできない。


本当暗示のようですね。
  1. 2012-02-14 22:52
  2. URL
  3. tom-h #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。