2014-03-11 00:47

ボロディンとグルジア

ボロディンはグルジアの皇太子の私生児であった。

グルジアはカス海の西、黒海の畔の小国だ。

グルジアの地は東西の交差点であり、

・ぺルシア

・ローマ帝国

・東ローマ帝国

モンゴル帝国

・オスマントルコ

ロシア帝国

・ソビエト連邦

 

これ等大国の支配を受けてきた。  

ソ連時代はスターリンの出身地でもあり、長く、ソビエト連邦の一部であったが、1991年に至りソ連から独立した。

その後、国内の内戦が続き、2008年に南オセチアを巡りロシアと戦争している。

 

 

グルジア国歌。子供達の将来を守る軍事力と、祖先から受け継ぐ重厚な文明。 

 

そして、東洋的な旋律が美しい、ボロディンの「中央アジアに平原にて」 

 

スポンサーサイト
  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する