2014-03-10 23:59

ボロディンの夜想曲

 

 

アレクサンドル・ポルフィーリエヴィチ・ボロディン( 1833年 - 1887)

ロシアの作曲家、化学者、医師。

 

サンクトペテルブルクにて、グルジア皇室の皇太子ルカ・ゲデヴァニシヴィリの非嫡出子として生まれる。

 

ゲデヴァニシヴィリはボロディンを実子として戸籍登録せず、農奴の一人の名を使った。

 

しかしながらボロディンは、ピアノの稽古を含めてすぐれた教育を受け、化学を専攻し、ペテルブルクの医学大学の薬学部に入る。

 

卒業後、陸軍病院に勤務。

24歳の時に医学の会議の出席のためにヨーロッパに長期出張、この頃、ムソルグスキーと知り合い、シューマンの曲を紹介され、興味を持つ。

 

26歳の時、ハイデルベルク大学(化学)入学。

元素理論を確立したメンデレーエフと知り合う。

卒業後はペテルブルクの医学大学の助教授、教授と進み、生涯有機化学の研究家として多大な業績を残した。

 

作曲は彼の趣味であり、化学の研究を重視し、日曜作曲家に徹した。そのため、作品数は少ない。

スポンサーサイト
  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

No title

こんにちは。
私は日常的にNHKFMを点けっぱなしだった長い時期があり
この曲は就寝前の儀式のようなものでした。

チャイコフスキーを生理的に受け付けず、むしろ
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%259C%25E3%2583%25AD/" class="keyword">ボロディンやコルサコフらhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%25AD%25E3%2582%25B7%25E3%2582%25A2/" class="keyword">ロシア五人組と称される作曲家の
曲を愛好しています。

http://www.weblio.jp/wkpja/content/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A25%E4%BA%BA%E7%B5%84_%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A25%E4%BA%BA%E7%B5%84%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81

ペテルブルク系とありますが。

なんとなく東欧アジア系の調べも好きです。
血の所為かどうかまではわかりませんが、郷愁を呼びます。
  1. 2011-12-08 10:48
  2. URL
  3. iza-0121kaolin #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25EF%25BD%2589%25EF%25BD%259A%25EF%25BD%2581/" class="keyword">iza-0121kaolinさん
>こんにちは。
>私は日常的にNHKFMを点けっぱなしだった長い時期があり
>この曲は就寝前の儀式のようなものでした。
>
>チャイコフスキーを生理的に受け付けず、むしろ
>http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%259C%25E3%2583%25AD/" class="keyword">ボロディンやコルサコフらhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%25AD%25E3%2582%25B7%25E3%2582%25A2/" class="keyword">ロシア五人組と称される作曲家の
>曲を愛好しています。
>
>http://www.weblio.jp/wkpja/content/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A25%E4%BA%BA%E7%B5%84_%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A25%E4%BA%BA%E7%B5%84%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81
>
>ペテルブルク系とありますが。
>
>なんとなく東欧アジア系の調べも好きです。
>血の所為かどうかまではわかりませんが、郷愁を呼びます。


http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%259C%25E3%2583%25AD/" class="keyword">ボロディンはグルジアの皇太子の私生児ですから黒海沿岸の東欧アジア系なのでしょう。「中央アジアの平原にて」も良いですね。
  1. 2011-12-08 20:30
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する