2014-04-24 00:07

幸せな愛はない  Georges Brassens

ジョルジュ・ブラッサンスは1921年に生まれ、1981年に没したフランスで最も愛されたシャンソン歌手である。
フランスでは超有名な歌手で、パリにはジョルジュ・ブラッサンス公園まであるが、世界的な知名度は低い。

ギリシャで生まれ、パリで活躍したムスタキは世界でも売れるが、南仏の港町生まれのブラッサンスの旦那は、余りにフランス臭くて、世界では売れない。
フランスの北島三郎か、三波春夫のような存在なのだろう。

この旦那の音楽の伴奏は自分で弾くギターと、奇妙な手ラッパのみ。手ラッパというのは、手をラッパのように丸めて口に当てて吹く、子供のやるプップクプーである。

そして、音楽は単調で曲よりも歌詞にこだわっている。

しかし、聞きなれると味が出てきて、病み付きになる。

以下は代表作の「幸せな愛はない」である。




スポンサーサイト
  1. フランス
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

ブランション通りが懐かしいですね。ジョルジュ・ブラッサンス公園は時計塔のある大きな公園で隣接して昔は馬の競りが行われた古い建物の中で週末古本市がありました。ここでhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%2589%25E5%25B3%25B6%25E7%2594%25B1%25E7%25B4%2580%25E5%25A4%25AB/" class="keyword">三島由紀夫の「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%2587%2591%25E9%2596%25A3%25E5%25AF%25BA/" class="keyword">金閣寺」日本語古本が売っていて思わず買ってしまいました。日本語に飢えていた。
yuyuuさんの守備範囲は広いですね。恥ずかしながら、この旦那の歌は余り聞いた事なかったですが、今聞いてみると吟遊詩人の趣でいいですね。
Il n'y a pas d'Amourと来て、すこし開けて Heureuxと言うところがhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2581%259F%25E3%2581%25BE/" class="keyword">たまらんです。
  1. 2009-10-14 09:50
  2. URL
  3. sonoraone #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sonoraoneさん
>ブランション通りが懐かしいですね。ジョルジュ・ブラッサンス公園は時計塔のある大きな公園で隣接して昔は馬の競りが行われた古い建物の中で週末古本市がありました。ここでhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%2589%25E5%25B3%25B6%25E7%2594%25B1%25E7%25B4%2580%25E5%25A4%25AB/" class="keyword">三島由紀夫の「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%2587%2591%25E9%2596%25A3%25E5%25AF%25BA/" class="keyword">金閣寺」日本語古本が売っていて思わず買ってしまいました。日本語に飢えていた。

フランスでhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%2587%2591%25E9%2596%25A3%25E5%25AF%25BA/" class="keyword">金閣寺の古本、それも日本版を誰が売ったのでしょうね。
買う古本屋もえらい。

>yuyuuさんの守備範囲は広いですね。恥ずかしながら、この旦那の歌は余り聞いた事なかったですが、今聞いてみると吟遊詩人の趣でいいですね。
>Il n'y a pas d'Amourと来て、すこし開けて Heureuxと言うところがhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2581%259F%25E3%2581%25BE/" class="keyword">たまらんです。

吟遊詩人の伝統を引きついでます。
ヴィヨンの末裔ですね。

彼の歌は、聴きなれると病み付きになります。
  1. 2009-10-14 10:49
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

>フランスでhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%2587%2591%25E9%2596%25A3%25E5%25AF%25BA/" class="keyword">金閣寺の古本、それも日本版を誰が売ったのでしょうね。
買う古本屋もえらい。

恐らく日本人の留学生、でもパリのセーヌ河畔の古本屋といい。結構日本語の本は見かけました。パリには日本人が多いと言う事もあるのかも知れません。

>彼の歌は、聴きなれると病み付きになります。

本当にそうですね。今迄知らなかった「レンジ」の狭さを感じました。
やはりここは勉強になる。


  1. 2009-10-14 12:15
  2. URL
  3. sonoraone #79D/WHSg
  4. 編集

これは再録ですね♪

この旦那、ほかならぬムスタキの唄にでてくるので知りました。LPも二三枚買いましたがそれほど好きになれませんでした。ちょうどそのころ、わたしめは仏語仏文を諦めシナ語シナ文へと転向したのでありまする。茫々42年前のことであります・・・・と、遠くを見る目・・・

それにつけてもJean社長よ今何処?凹凸
  1. 2014-04-24 04:18
  2. URL
  3. 丸山光三 #S/NbrHps
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する