2016-02-15 02:34

今夜はセザール・フランク

セザール=オーギュスト=ジャン=ギヨーム=ユベール・フランク(1822年・1890年)はベルギーで生まれ、フランスで活躍した作曲家である。

ただし、その人生の殆どは演奏家、音楽の教師として費やされた(1872年からパリ音楽院教授)。ところが、60歳を過ぎた最晩年に、代表作の多くを集中的に作曲した。それは、1885年から1890年の5年間であった。


セザール・フランクの作曲した曲で、最初に聞いたのが「前奏曲、コラールとフーガ」である。
内省的なピアノ曲だが、何度も聞くうちに、どんどん惹かれていく不思議な魅力を持っている。

以下の2曲は特にお気に入り。
あとはバイオリン・ソナタが好き。
残念ながらフランクのCDは日本では少ない。


">


">


">

スポンサーサイト
  1. ピアノフォルテ
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

No title

これも僕は余り知らない作曲家ですがいいですね。
最後のバイオリンの奴もいい。
  1. 2010-01-27 16:36
  2. URL
  3. sonoraone #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sonoraoneさん
>これも僕は余り知らない作曲家ですがいいですね。
>最後のバイオリンの奴もいい。

魂に響くでしょ。
  1. 2010-01-27 17:48
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する