2017-09-24 19:46

お墓が草ぼうぼうの巻

秋分の日は、彼岸法要である。
お盆には実に多くの檀家衆が集まったが、秋の彼岸はその半分程度である。
玄関で受付して帰ってしまう人も多く、本堂にあがり、一緒にお経を唱えたのは100人程度となる。

その前には、お墓参りを済ませておくものだが、なんと、我が家のお墓は草ぼうぼうであった。
茫々というべきか?

今まで祖母の葬儀、父の葬儀の後も茫々にはならなかったので、油断していた。
なぜに茫々なのか?
7月のお盆の時に、少し草が生えていたので、処理したのであるが、その時に異変は感じていた。

結論から言うと、納骨式の時に、石屋の頼んで、墓を開ける。
納骨してから墓を閉じるのだが、その後に、墓石の裏側に法名と命日を彫るのであるが、
この一連の作業で、お墓に敷き詰めてあった砂利が大分、散逸したようなのだ。
かなり減っていた。そのため夏草が伸びて茫々となったのだ。

今までお願いしていた石屋は、継ぐ人がいなくて廃業。
その結果、遠方の石屋を見つけて依頼したが、相当、多忙らしく、連絡がとりにくくて不安はあったのだが。

しかし、石屋を継ぐ人が少ないのは、わからないでもない。
この際、しっかり草取りして、自分で玉砂利を購入して撒くことにした。





スポンサーサイト
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(1)

2017-09-19 09:37

武力攻撃対処に関する平素の備え

3連休は町会の避難マニュアルを作成していた。
仕事が詰まっており、それどころでは無いのであるが、
もう、3年前から他の地区は、とっくに作ったぞ。お前ら遅れているぞ・・・と言われながらも、
さらに多忙じゃ多忙じゃと放置して、
いよいよミサイルが飛んできて、検討せざるを得なくなったという次第。
区の国民保護計画は平成19年頃から町会に来るようになり、その分厚さに当初は驚き
「ホントに邪魔なんですけど」と思いながら、その表題ゆえに「捨てるわけにもいかず」・・放置。
合わせて首都直下型地震の資料も分厚いが、何とか読了した。
今からレジュメをつくる。

IMG_7289.jpg

IMG_7362.jpg
  1. 大震災と復興
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2017-09-13 03:01

神酒所

東京は今、秋祭りの季節である。
わが町内の祭礼は終了した。
祭りの前日に商店街に神輿安置所と神酒所を設置する。
当然、昼間は商売していますので、午後6時から始めて、9時ぐらいに終わり、その後はちょっと一杯。
人数を集めて仕事を分担して一気にやらないと終わらない。
神輿安置所は紅白の幕を設置してから、神輿を蔵から出して組み立てる。

実はそれから2週間前に、もう祭りは動き始めている。
まずは先立つものを集めないと始まらないのである。
祭りが始まると神酒所が奉納の場所となるが、その前に奉納受付所を設置する。

東北大震災後の2011年頃から祭りの参加者と見学者は増えているが、
奉納受付所にいち早く「先立つもの」を届ける人達が、高齢化により激減しているのである。
奉納金掲示板の「空白」がどんどん拡大しつつあるのが、悲しくも危機的な状況である。



  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)