-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2017-05-26 09:33

死者の葬列

今年の3月の東京の火葬場事情が凄まじいことになっているのは知っていた。
3月の中旬に友人の妻が亡くなった。
看病に疲れ果てた彼を襲ったのは、死者が多くて「火葬場の釜が空かない」という事実。
今まで、友人・知人の訃報を見ると、死去から通夜までが1週間が当たりまえであったが、
まあ、そんなものだと思っていた。
ところが、死者の葬列が焼き場の竈の前で行列を作り、自分の番を待っていたとは知りませんでした。
そのため腐食が進まないようドライアイスで冷やして、1週間待っていたのであるが、
今年の3月は1週間ではなく10日間まで延びた。
何故、3月なのか?
何故、今年の3月はさらに多かったのか?
それは、考えても仕方のないことであるが・・・。
実は49日の法要と納骨式に前に、その凄まじさが分った。
49日の法要は、お世話になった人達を尋ねて地上を巡回していた「霊」が、
現世に別れを告げ、修行を積んで「仏」になる重要な法要である。
この時に通夜の時に使った白木の位牌を、黒塗りの位牌に交換する。
ところが近所の仏具店に依頼した位牌がなかなか届かない。
聞いてみると、注文が殺到して、納品が遅れ気味。
でも「必ず間に合わせますので安心せよ」とのこと。

今年の3月に多くの老人が東京を去った。
マスコミは「多死社会」などと分析しているが、老人は死ぬものである。
そして、今、旅立っているのは大正時代生まれの人達で、これから昭和一桁に移行する。
一方で、子供達は増えている。
ですから待機児童問題が発生するのである。

先日、区役所の担当者と話したら、以前は「人口の逆ピラミッド」「多死社会」「日本は滅ぶ」と騒がれていたが、
今は、もう区内は「逆ピラミッド」では無いとのことで、グラフを見せてもらった。
確かに団塊世代の人口が一番多いという状態ではなく、団塊ジュニアのさらに下の30代.40代の部分が分厚くなっていた。
これは、東京都内だけの話で、地方は人口が急速に減少しているのか?
どうも、そうでは無いようである。
地方は人口が少なく、人手不足は深刻であるが、都会からのUターンも多くて、子供達は増えている。
それは地方研修で、地方のPTAと懇談していて感じる話である。







スポンサーサイト
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2017-05-05 00:28

Old Maid

本日、都内の街路には人が少ない。
明日の夜にはかなりの人が帰ってくるであろう。
仕事が終わらないうちにGWが終わってしまうではないかと焦る。

でも、今日はグループ・ホームにボランティアで皿洗いに行く当番の日であった。
「食器を洗うのは一瞬の休息の時である」とは金井美恵子の小説の中にあった言葉である。
皿洗いは心が休まる。
ボランティアが終わった後、自宅に帰り、そのまま寝てしまった。久々に爆睡した。

皿洗いの前には、爺婆と「ババ抜き」をやった。
ゲームは楽しい。
人は年を取り過ぎると、偏屈になったりするので、あちこちで言い争いになる。
「ババ入っているのではないか?」
「無いわよ」
「教えないね」
「愚図ね。早く引きなさいよ」
「今、引くわよ。そんなに強く言わないでもいいじゃない」
・・・・と、こんな感じである。
それでも、ババは廻る。7人ぐらいでプレイして、終わるまでにババが2周半した。

ババ抜きのルーツはOld Maidというカード・ゲームである。
年取ったメイドではなく、結婚しないまま年を取った女性という意味。
近年、日本で増えている「行かず後家」である。
結婚してペアになる。
ペアにならないで、残るカード。それがババである。

このオールド・メイドをトランプゲームでやる時に、最初はクイーン1枚を抜いておく。
2枚のクイーンはペアになるが、1枚は相手が居ないのでババとなる。
その後、ジョーカーをババにするように変わったが、これで「行かず後家」はなくなった・・でも邪道じゃない?
最初に裏返しにしたカードを1枚を抜いておくジジ抜きというのもある。
これは、最後までジジがわからないので、ややこしい。


  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(1)

2017-05-03 21:05

痩せる

おそらく30代の後半から、太り続けておりました。
太る度に背広を新調しており、着れなくなった背広は「いつかダイエットしてやる。捨ててたまるか」と、
取っておいたのですが、50代を過ぎて諦めて大量に捨てました。
それ以降も、太ることはあっても、痩せることはありませんでした。

ところが・・・。

協同組合の総会に出席した時に「痩せましたね」と言われ驚きました。
久々に合う人達だから、いくらか痩せたのだろうと思ってました。

ところが、月に一度の某協議会に出席したら・・・・
「ええ、どうなさったんですか?」
「ほえ?」
「痩せましたね」
「ええ???」
「恋やつれですか?」
「そうでんねん」

どうも4月中に痩せたらしい。

日本のビジネスマンにとって一番、忙しい3月の後半に、仕事が出来なかったのを、
4月に入って大車輪でこなしたのが原因と思われる。

ゴールデン・ウイークに、もうひと頑張りすれば、いつもの忙しさに戻るであろう。
眠いけど、体調は極めて良い。


・・・というわけで、このブログは4月は殆ど更新できませんでしたが、そろそろ再稼動居たします。



  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。