-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2017-04-08 05:52

甘き死よ来たれ

「甘き死よ来たれ」というフレーズは、少年時代に読んだ西洋の書物によく出て来たものであった。
あれは何の本であったかとネットで調べても分らない。
検索するとバッハの教会カンタータと、エヴァンゲリオンが出てくるばかりである。

3月下旬より母の容態が急変して、最後を看取ることになった。
父の場合は、朝食を食べに部屋から出てこないので、見に行くと死んでいたというもので、
朝起きてから読書をしていた後もあったし、メモも残っていた。
ですので「看取る」ということはなかった。

母の場合は年齢から老衰に近いものだったと思う。
「眠るように息を引き取りました」とは美しい言葉であるが、実態は少し違う。
まず、心臓から一番、遠い部分が数日前から冷たくなっていく。
足のつま先から冷たくなり、徐々にふくらはぎが冷たくなり・・・・。
しかし、手はいつもより暖かい。
心臓が最後の炎を燃やしている。
そして、やがて呼吸が短期的に止まる。
しかし、暫くすると大きく呼吸を始める。

「呼吸が止まったら、脈を診てください」と看護婦に言われる。
呼吸は頻繁に止まる。

この時期が長く続き、やがて急に呼吸が激しくなる。
肺も最後の炎を燃やしている。
・・・・がやがて普通の呼吸に戻る。

それから、さらに一昼夜が過ぎて・・・。
容態が急変する。

最後は決して「眠るように」ではない。
心臓は生きていたいと願い、口は最後の空気を吸い込もうとする。

そして、やがて停止する。

死は孤独との戦いである。
周囲の人間は祈ることしか出来ない。
ですから、ただただ祈り続けました。




スポンサーサイト
  1. バッハ
  2. TB(0)
  3. CM(8)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。