2016-05-30 11:22

素朴な顧客との対話

需要より供給の多い市場において、販売価格は「顧客の買える値段」ということになる。
価格を決めるのは、店ではなく、顧客なのである。
顧客の給料が上がらない限り「買える値段」は上がらない。
・・であるから消費税率は上昇しているが、販売価格を上げることは出来ない。
上げれば顧客は他の店で買うだけである。

消費税率が5%から8%に変更された時、一応は価格に転嫁した店もあったが、
顧客が他店に逃げたので、直ぐに戻した。
消費税分は店が被るしかないが、この我慢比べに負けて廃業する零細店もあるので、
その店の顧客が廻って来るので、一息つけるかも知れない。
それは2年目であろう・・・と予測したら、その通りになった。
しかし、多少の顧客が増えたところで、本質的な問題が解決したわけではない。
これからは中堅が苦しくなるだろう。

先日、顧客と話しをした。
ごく普通の素朴な顧客である。
「消費税率が上がったようだが、店で売ってる値段は上がってないね」
「そうですね」
「全部、店が被っているんじゃないの?」
「その通りです」
「一部に高級化を図って値上げした店もあるが、わしらには合わないので、ここに来るようになったら、だんだん値段も下がっている気がするんじゃが」
「できるだけ頑張りますので、今後ともよろしくお願いします」

店も顧客もわかっているのです。
わからないのは東大出身の財務官僚と、その支配下にいるエコノミスト。及び新聞記者。
スポンサーサイト
  1. 消費税は悪魔の税制
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2016-05-22 20:57

マイナス金利、銀行員を走らす・・というより走ったふりする。

マイナス金利になってから銀行員がやたらと来る。
地元の銀行は来ないが隣町の銀行から新規開拓ということで、飛び込み営業の嵐である。
過去50年、一度も来た事がない銀行ばかりである。

で・・・名詞を見ると・・・特別融資推進課・・・・これ、なんじゃと聞くと。
支店は、あいかわらず「やる気のないコアラ」の状態で、
本部にマイナス金利対応の特別部隊を作り、各支店に1週間あたり短期出向。
この精鋭部隊と、コアラ一族より地区の融資課員が同行する。
この同行者は、宇奈月部隊で、本部精鋭社員の後ろでうなづくだけ。

しかし、本部からやってきても、やはり同じである事は最初からわかっているのである。
金融監査マニュアルが存在して、これを無視した融資が出来ないのですから駄目に決まってます。
ようするに「我々は努力した」という証拠が残れば、それで良いのです。
銀行は本来の融資の仕事を熱心にやってないではないかと批判する人がおりますから。

大昔は融資は支店の営業マンが経営者から話を聞いて、経営者の人物を確認してから
支店の稟議に掛けて決定していたのです。
その後、金融危機というのがありました。
この原因は大蔵省の役人が書いた不動産取引の総量規制という1枚の通達だったのですが、
悪いのは、融資を判断した現場の営業マンということになり、
銀行の融資担当が二度とミスを犯さないようにと大蔵省が金融監査マニュアルを作り厳しく査定。
その結果、赤字会社は融資できず、黒字会社でもバランスシートが悪いと融資できずとなり、
融資できるバランスシートが優良な黒字会社は、十分な資金があるので、融資を必要とせず、
その結果として「我々は金を貸すところがないんですよ」となっているわけですから。
銀行の支店には融資先を評価する権限もないし、実力もないのです。
本部は、優良企業に融資する権限はあるが、そうでない会社は保証会社がOKなら融資ということで、完全に丸投げです。
そして、保証会社は優良企業でないと保証しませんので、結論は同じことなんです。

ですので、マイナス金利対応儀式とパフォーマンスが終われば、元に戻るでしょう。

それにマイナス金利と言っても、日本銀行の当座に預金している金額が全てマイナス金利になるのではなく、
今までのは、ちゃんと金利を払いますが、新たに追加して預金したらマイナスですよ・・・
もう、持ってこないでね・・・というだけなんですから。
預けておけば利子で儲かる世界は何も変わってないのです。
マイナス金利だから・・・という話はネタに過ぎないのです。

イメージ389_edited-2



http://www.boj.or.jp/statistics/boj/other/cabs/

この数字は是非、見ておいてくださいね。


  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2016-05-22 20:20

シャルル・トレネ

シャルル・トレネは 1913年生まれで、 2001年に没。
1930年頃からシャンソンを歌っている古いタイプの芸人、歌手、作詞家、作曲家。
歌う狂人(道化師)と称された。
ラ・メール 、詩人の魂 (L'âme des poètes)などが代表作。
私は、この古いタイプの歌い方と声が好き。


  1. フランス
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-05-18 00:38

シャルル・トレネ  街角



アンドレ・ブルトンに「歌う狂人」と言われシャルル・トレネであるが、この声は味がある。
作詞・作曲して歌うという吟遊詩人。
代表作の「ラ・メール」も、渋く歌っているし「詩人の魂」も良いです。

  1. フランス
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-05-17 10:32

Coin de rue 街角

 

シャルル・トレネが1954年にカフェのテーブルで15分で作曲し、グレコに捧げた曲。

「オリンピア劇場に出るんだってね。この曲、あげるから歌ってね」

「素敵」

  1. フランス
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-05-16 20:15

東京は二重行政なのは、これ常識

何回か書いているが東京は二重行政なのである。
これは普通に都内に生活していれば分かる。

中小企業向けの融資でも区の融資制度の他に都の融資制度があり、それぞれ勝手にやっている。

都のやつね。

http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/chushou/kinyu/yuushi/

区のやつね。

http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000019400/hpg000019324.htm

申し訳ないが、区で話が済んでしまうので、都の制度はいらない。
それに、区の方が条件が良い。
ただし、貧乏区や貧乏市の場合は、都の方が条件が良いかもしれないが、私のとこは財政優良区ですので、しらぬ。

研修制度なども区の研修だけでも大変なのに、都の研修がある。
区の研修は現場に近いのか講師も実践的だが、都の研修は、役に立たない学者先生の原則論ばかりである。

この他、様々な場面で、無駄な二重行政が見受けられる。

しかし、東京は、伊豆諸島と小笠原を持っているので、東京都は必要と思う。
この、とてつもなく広大な領土を守るために、東京都という二重行政組織があっても良いだろう。
区民の税金を小笠原や沖ノ鳥島の保全に使って欲しい。
それが帝都を守るために必要だと思うから。
一方で、大阪にはこのような海洋領土がないし、都構想で二重行政にする必要があるとは思えない。

tokyo01.png

・・・と思っていたのだが、小笠原の赤珊瑚が中国人に略奪されてしまった。
韓国を越えるGDPを持つ東京都がなんとも情けない。

石原知事なら、こんな無残なことにはならなかっただろうが、
2014年の選挙で舛添知事が就任したら、この有様。
自衛隊の出動を求めずに見殺しにした。




  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-05-16 10:16

sings Sous le ciel de Paris

 

この時代のジュリエット・グレコは実に良い。

大学時代に良く通ったバーのママさんが、こんな感じ。

いつも黒づくめの服装で、カウンターの中で一人でせっせと注文品を作っていた。焼き饂飩もカレーもジンライムも、ジントニックもマティニもチンザノも、ブルーハワイもブラッディ・マリーも器用に作った。

 

手が空くと煙草を一服。

常に寡黙で、お客と話は殆どしないのだが、

お客は皆、彼女のファンだった。

しかし、お客と親しくなることはなく、私生活は分からなかったが、おそらく旦那が居るに違いないと思われていた。

しかし、店には、その男の影もなかった。

 

ある日、一番で店に入ると、彼女は椅子をどけて空間を作り、回し蹴りの練習をしていた。

細身であるが、空手をやっていたようだ。

「ストレス解消に時々、ジュークボュクスを肩の上まで持ち上げてるのよ」と言っていた。

 

「今度、見せてね」

「気が向いたら見せてあげるわ」

・・・てな話をした。

 

彼女はまだ、お店をやっているだろうか?

 

 

 

  1. フランス
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2016-05-15 16:25

Juliette Grecoのロマンス

 

1949年にシャンソン歌手としてデビューしたグレコは、

1951年に、ドーヴィルのシャンソン・コンクールに出場し、エディット・ピアフ賞を獲得する。

この時に歌ったのは「私は日曜日が嫌い」である。

そして1952年に、この「ロマンス」によりACCディスク大賞を受賞した。

 

 

 


Ces mots charge de romance
"Comme un printemps qui sourit
C'est un amour qui commence
Dans le printemps de Paris"

Paris qui n'est a personne
Est a toi si tu le veux
Mon ami, je te le donne
Ce cadeau c'est pour nous deux

Ces mots charge de romance
"Comme un printemps qui sourit
C'est un amour qui commence
Dans le printemps de Paris”

Veux-tu les rues de ma ville
Trainant au tour des cafes
Ou la vie passe tranquille
Et les filles decoiffees

Ces mots charge de romance
"Comme un printemps qui sourit
C'est un amour qui commence
Dans le printemps de Paris

Des amoureux se promenent
Ils se regardent ravis
Mon ami, c'est toi que j'aime
Le bonheur, c'est pour la vie
  1. フランス
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-05-14 12:02

消費税は蔵出税に戻せ 2012年5月の記事の再録

日本には、物品税と言う消費税があった。1937年に特別税として創設され、1940年に恒久法となった。

これは1989年の消費税導入に伴い廃止された。

 

この物品税の特徴は2つある。

1つは選択的な間接税であること。

以下のWIKIの記述で、ほぼ正しい。

 

間接税についての伝統的な考え方は、生活必需品に対しては課税を差し控え、贅沢品には担税力が認められるからこれを重く課税するというものである。

戦後の混乱期から高度経済成長を迎える日本においても、前述の考え方は一般的に肯定されていた。

具体的には、宝石、毛皮、電化製品、乗用車あるいはゴルフクラブといったものが物品税の対象とされていた。

日本の「物品別間接税」は世界に先駆けて導入され、現在欧米で導入されている間接税の物品別軽減税率は日本のこの間接税システムを真似したものである

 

物品税は低所得者でも購入せざるをえない生活必需品などが非課税になっており、かわりに高所得者が購入する贅沢品に課税されるという税制であるため、一億総中流社会の原動力になったシステムといえる。

 

消費税導入の時、「黒猫のタンゴ」は非課税か?

「およげ鯛焼き君」は非課税課と言った、馬鹿げた論争で消費者が騙され、区別するのは難しいということで、全商品に「広く浅く」掛けることになった。

 

レコードは全体が課税対象、でも童謡は非課税。

 

だから20%近くあった物品税が3%の消費税となり、

あるものは安くなったが、自動車については自動車税が残された。

 

消費税の導入が受け入れられた条件は「広く浅く」であり、3%なら納得。でも橋本内閣の5%は多かった。

これを10%、20%とするなら、もとの物品税に戻すべきである。

 

そして、もう一つ重要なのは徴集方法。

 

物品税は蔵出税なのである。

酒とかガソリンも蔵出税である(現状では酒、ガソリンは税金の上に消費税が掛かっているのだが・・・・)

 

消費税が蔵出税であるなら、我々のような流通事業者は税率を上げても影響は受けない。

 

メーカー出荷の段階で消費税が掛かるだけで、あとは流通に影響なく、そのまま流れる。

 

税を納めるのはメーカーとなる。

一次商社もプライベートブランドのメーカーである場合は納税義務が生じる。

 

消費者は値上で怒るだろうが、蔵出税の形式なら既存の流通業者は10%でも20%でも、どうぞ、ご勝手に・・・である。メーカーの値上とおなじであるからだ。

これなら、同じ条件で競争できる。

 

しかし、今の消費税は事業者に対する粗利税である。

この形態で10%、20%をやれば、中間流通は消え去る。

各流通段階で20%課税されれば、末端では商売は成り立たない。

その結果、メーカー直売、一次商社直売がメインとなるだろう。

消費税率向上で景気は悪くならないと言っている泉なんたらの場合は、お勤めが一次商社なので、それでもOK。この際勝負を付けてしまえと思っているのだろう。

それで消費者は特別の困らないと思うが、多くの失業者が発生する。

今、流通は製造業とほぼ同様の雇用を抱えている。

ここから発生する失業者は吸収する場所が無い。

(他で働けるなら、この業界には来ないよ)

そのため欧州のように失業率10%は最低でも覚悟しなければならない。

 

社内で効率化を推進するのは勝手だが、社会全体で推進すれば、大量の失業者が出るのである。

 

これを考えて最適に保つのが政治であるが、今の政治家には期待できない。


-------------------------------------------------------

2012年、IZA時代の記事であるが、悲しいことに当たってしまった。
中間流通の淘汰が発生して、そこから多くの失業者が出た。
失業しても、生きて行かなくてはならないのでパート、非正規社員として働いている。
パート、非正規社員も政府の労働力調査では勤労者ということになるので、失業率は上がってないけど、かつての社長、取締役、部長、課長も非正規雇用でなんとか生きている。
行方不明の社長はたいてい人手不足の零細企業で暗い顔して非正規として働いてますよ。
何と声を掛けて良いものか?と思いつつ無視してますけど。
相手も挨拶されても困るでしょう。

需要より供給が多い市場環境の中で、1円単位で値下競争が死に物狂いで発生している時代に、
1989年という景気の過熱期に導入した消費税の税率を上げればどうなるかは、販売現場に聞いて戴ければ直ぐに分かる話である。
しかし、政府は大学の先生や、金融系の経済分析家に聞くことがあっても現場に聞くことは無いのです。


  1. 消費税は悪魔の税制
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2016-05-14 01:15

ジュリエット・グレコ  Il n y a plus d après

若いころはJuliette grecoのレコードを良く聞いていた。

何回も何回も聞いたので、もうすっかり脳髄に染み付いてしまった。

 

その後、CDの時代になり、新たに購入したのだが「どうも違うぞ」と思った。

録音が新しかったのかも知れない。声がクリア過ぎるのだ。このCDは、ヤフーのオークションで売ってしまった。

 

古いグレコのレコードが好きである。

  



Il n'y a plus d'après
A Saint-Germain-des-Prés
Plus d'après-demain
Plus d'après-midi
Il n'y a qu'aujourd'hui
Quand je te reverrai
A Saint-Germain-des-Prés
Ce n'sera plus toi
Ce n'sera plus moi
Il n'y a plus d'autrefois

もう後は何もないのよ
サンジェルマン・デプレには
明日もないし
午後もないわ
あるのは今日だけ
サンジェルマン・デプレで
私があなたに再会するとき
それは昔のあなたじゃないし
昔の私でもない
もう昔のものは何もないの


  1. フランス
  2. TB(0)
  3. CM(0)