-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2016-03-31 09:53

消費税の計算方法:意外と消費者はご存知無い

消費税というのは、消費者がお店で商品を買って、商品代と同時に店に預ける。
店は、その預かった消費税を記帳して、1年間溜めておいて、決算の後に収める。
そのように、しているのだと思っている人が意外に多くて驚くのです。
この記帳するというのは軽減税率法案と同時に決まったインボイス方式ですね。
完全導入は2021年とオリンピックの後だわ。

今までは、どうであったのか?

簡易課税方式というのでやってきたんです。
消費税は、それまで商品によって20%ぐらいあった物品税を止めて「全商品に薄く広く掛ける」という約束で始まったので、
3%程度なら、その事務のコストを考えたら、簡易方式で良いという判断は、それで良かった。
消費税率を上げると、このイイカゲンな計算方式では、まずかんべ…となったのです。

簡易課税方式では、消費税の納付税額は、通常は次のように計算します。
最初に当社は簡易課税方式を使うだよ・・と申告するのですが、ややこしい手続きを省くと。

基本は売上高ですわ。
消費税の掛からない商品を省いて売上高を出すのは面倒なので、
中小零細企業などは売上高=課税売上高でやってます。
例として、売上が3000万円の会社があったとすると・・・

売上高×5%  3000万円×5%=150万円
これが、8%になると・・・
3000万円×8%=240万円
この240万円を納税していると思ってる消費者も多いんです。

違います。
この額から、課税仕入れ等に係る消費税額を引けるのです。
仕入れにも課税仕入れと、税金の掛からない仕入れがあるのですが、これを仕分けるのは大変。
そこで、引ける額・・・払わない額ですねを「エイヤ」と出すのが簡易課税方式なんです。

どれぐらい引けるのか?
これが業種によって違うのです。

みなし仕入率
第一種事業(卸売業)90%
第二種事業(小売業)80%
第三種事業(製造業等)70%
第四種事業(その他の事業)60%
第五種事業(サービス業等)50%
第六種事業(不動産業)40%

わかりますか?
先に計算した売上高3000万円の会社の8%消費税額は240万円。
この会社がサービス業・・・・美容院とか自動車整備工場とかだったら、50%がみなし仕入れとして引けるのです。
240万円-50%=120万円です。
ところが、この会社が小売業でしたら80%引ける。
ですから240万円-80%=48万円なのです。
町の商店街に美容院とスーパーが並んでいて売り上げが同じなら、
一方が120万円で一方が48万円なのです。
そして、その不幸な美容院の二階に卸売り業の事務所があり、売り上げが同じなら・・・。
不幸な美容院は120万円、卸売り業者は90%引けるので24万円ということになります。
こんなので消費税が20%になったら、えらいことですわ。

本来「浅く広く」の約束で始めた消費税を、海外が20%だと・・・・日本も物品税時代は20%でした・・・と、
そのシステムが違うのにあわせようというのは無理がある。
財務省も劣化したものです。
スポンサーサイト
  1. 消費税は悪魔の税制
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-03-30 19:37

弥生が怒るす



今日の青山はんの話を聞いて、軽減税率を減税に利用という話はわからんでも無いです。
軽減税率対応の話はもうスタートしてまして、当社もマイナンバー制度と軽減税率対応で予算を取ってあります。
全部、やんめこんめ・・・となると弥生会計を初めとする会計ソフトメーカ-が怒る、
そこで、減税に使えるなら売れる。

044.jpg

インボイス方式採用は本来、最初にやるべきことだったのに、2021年には・・・ようやくやるみたいですね。
  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2016-03-30 11:16

在庫が減らない

イメージ269

2016年2月の鉱工業生産指数が発表されたが、低調な数字だった。
でも、生産が低調なのは出荷が伸びないから。
出荷が延びなければ在庫は溜まりまくります。
過去6ヶ月、在庫は全く減りません。
これは異常な事態です。

日本経済はもう成長しないので、
いつも、こんな感じではと思う人が居るかも知れませんが、違います。
生産と出荷と在庫は綺麗に3本線が併走して続くものです。
こんなに、出荷と在庫の間隔が空くのは、普通ではありません。
その要因は消費税増税時期を間違えたという事です。

間違いは修正しなければなりません。
-----------------------------------------
金輪際、こいつらの言うことは信用しないぞ・リスト

米倉弘昌
日本経済団体連合会会長、住友化学株式会社代表取締役会長
予定どおり消費税率を引き上げないと、日本の財政再建に対する信認が瞬く間に失われるおそれがある

伊藤隆敏
東京大学大学院経済学研究科教授
経済状況は悪くない。消費税を引き上げても腰折れとか、デフレ脱却に失敗することはない

熊谷亮丸
大和総研チーフエコノミスト
経済状況から見ると増税が可能な状態

武田洋子
三菱総合研究所チーフエコノミスト
財政の信認を維持することで、結果的にデフレ脱却と財政再建が両立する

中空麻奈
BNPパリバ証券投資調査本部長
公約でもあり、法律で決まっている

井伊雅子
一橋大学国際・公共政策大学院教授
医療費の心配がない安心感があることが増税への理解につながる

石黒生子
UAゼンセン副書記長
消費税を社会保障の充実に使うという前提で

永井良三
自治医科大学学長
世代間の公平感の観点からも引き上げるべき

宮本太郎
中央大学法学部教授
社会保障改革のため早急に着手すべき

横倉義武
日本医師会会長
時期については当初予定通りとすべきだとの

吉川萬里子
全国消費生活相談員協会理事長
社会保障制度をしっかり作り上げいく必要があり、そのための消費税の増税はやむをえない

岩沙弘道
不動産協会会長、三井不動産株式会社代表取締役会長
増税されても大きな悪影響はなく、乗り切れる

岡村 正
日本商工会議所会頭、株式会社東芝相談役
国民は増税に理解があり、引き上げのチャンス

岡本圀衞
経済同友会副代表幹事、日本生命保険相互会社代表取締役会長
増税を先送りした場合には、国の信用が落ちて国債が暴落し、金利が大幅上昇して国の社会や経済の基盤が破綻してしまう

小松万希子
小松ばね工業株式会社取締役社長
一時的な痛みを伴うことを覚悟で賛成だ

清水信次 日本チェーンストア協会会長、株式会社ライフコーポレーション代表取締役会長兼CEO
10%までの引き上げに協力するのは国民や業界の責任であり、義務

樋口武男
住宅生産団体連合会会長、大和ハウス工業株式会社代表取締役会長兼CEO
住宅の購入者に対してローン減税の拡大や給付措置などによって、実質的な負担がかからないような措置をしてもらっているので賛成

青柳 剛 群馬県建設業協会会長、沼田土建株式会社取締役社長
すでに決まっていることだから

阿部 眞一
岩村田本町商店街振興組合理事長
一気に10%に増税を

坂井信也
日本民営鉄道協会会長、阪神電気鉄道株式会社代表取締役会長
毎年1%ずつ引き上げる案は困難

谷正明
全国地方銀行協会会長、福岡銀行頭取
地方に大きな影響はないのではないか

古川康
佐賀県知事
引き上げても、自治体として、人の移動や旅行などの需要を喚起することで、景気の衰退を防ぐことができる

青山理恵子
日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会副会長
粛々と実施すべき。

岡﨑誠也
国民健康保険中央会会長、高知市長
社会保障の財源は限界に近づいているので、消費税率の引き上げはやむをえない

奥山千鶴子
特定非営利活動法人子育てひろば全国連絡協議会理事長、特定非営利活動法人びーのびーの理事長
ここで消費税率を引き上げなければ子育て支援の充実は図れない

清家篤
慶應義塾長、社会保障制度改革国民会議会長
消費税率の引き上げ分を使って、社会保障を充実することが景気対策につながる

馬袋秀男
「民間事業者の質を高める」全国介護事業者協議会理事長
社会保障がしっかりしていないといけないが、安定財源として消費税が必要

菅野雅明
JPモルガン証券チーフエコノミスト
見送るようなことがあれば、海外の投資家は日本から資金を引き揚げ、株価は急落

國部毅
全国銀行協会会長、三井住友銀行頭取
財政の健全化という中長期的な課題に対応するために

高田創
みずほ総合研究所常務執行役員チーフエコノミスト
現在の景気の状況では、増税を見直す理由はどこにもない

土居丈朗
慶應義塾大学経済学部教授
デフレ脱却論者で増税反対は自己矛盾

西岡純子
アール・ビー・エス証券会社東京支店チーフエコノミスト
増税による景気の押下げ効果<増税回避による市場の混乱

吉川洋
東京大学大学院経済学研究科教授
現在のリスクは財政赤字(株価の下落、長期金利の急騰)

岩田一政
日本経済研究センター理事長
増税延期なら市場に政権不信・1%小刻みも有力

加藤淳子
東京大学大学院法学政治学研究科教授
非常に苦痛を伴うのでためらいはある

増田寛也
東京大学公共政策大学院客員教授、前岩手県知事
(消費増税なしでは)社会保障の充実に必要な財源を確保することが困難

  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-03-29 00:22

わかっているではないですか。

事業報告も事業計画も収支予算案も書き上げて、最終チエックです。
事業報告の最初の部分。この後は、具体的な数字が続く。
------------------------------------------------------
平成27年(暦年)の日本経済は、消費税の税率アップ2年目を迎え、国内の消費マインドがさらに冷え込み、その影響が深刻となる中で、年央には中国株式の大暴落が始まり、急速な成長で世界経済を牽引していた中国経済の失速が明確になりました。
その結果、原油安、資源安が進み、新興国経済の景気が減速、輸出が弱含みで推移しています。
-------------------------------------------------------
消費税の影響は、だんだんキツクなる一方で、勝栄二郎への恨みの思いは激しくなる一方です。
消費税が導入されたのは、1989年、バブル景気の真っ只中です。
この時代に対応できたからと言って、現在のようなデフレの真っ只中で対応できるわけがない。

中小企業庁から「消費税が転嫁できたか?」というアンケートが来るのですが、
その最後の設問に答えが書いてある。
転嫁できない理由は?○は2つまで・・・。

1、景気が回復しておらず、消費者の財布の紐が固いため。
2、競争が厳しく、価格を上げると他社製品に乗り換えられてしまうから。
3....・・・・・・
4、・・・・・・・
5.・・・・・・・

答えは上の2つでしょう。
その通りなんですわ。分かっているではないですか?

消費者への販売ばかるではなく、企業間取引でも同様です。
「転嫁拒否」とか「消費税分、マケロ」などとは言うわけが無い。
黙って他社に乗り換えです。
そこら中の流通倉庫の中は「在庫だらけ」なんですから。
今日は某業者が在庫負担に耐えかねて放出、
明日は某業者が廃業にて放出。
以前からの取引先に「消費税分をまけろ」といわないでも、それより安く手に入るのです。
経済産業省の「鉱工業生産指数」を見れば、在庫の水準が高い上に、全く減らないですからねえ。
  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2016-03-26 13:26

シューベルトのセレナード  



歌曲集「白鳥の歌」は、「冬の旅」「美しき水車小屋の乙女」とともにシューベルトの3大歌曲集なんですが、

シューベルトが名付けたのではないんですな。

 

シューベルトの死後に残された歌曲を、遺作集としてまとめ、その表題を出版者が「白鳥の歌」としたのです。

 

白鳥は死の直前だけ美しい声で歌うという伝説があるからです。

ここに収められた歌曲は、シューベルトの最晩年の作品。

最晩年と言っても31歳ですけど。

有名なシューベルトのセレナーデは、この歌曲集に収められているのです。

 

セレナーデは、恋人の家の庭に忍び込み、窓の下で愛を訴える歌なのです。

 

忍び込むのは夜中ですな。

ナイチンゲール(夜鳴鶯) も鳴きまする。

 

歌はクレタ島生まれの「奈々・ムスクーリ」です。

  1. フランツ・シューベルト
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2016-03-25 01:51

桑の実、あけび、サルナシ

今日は寒かったので、家族でタラチリを食べた。
「タラがチリチリとちじむ音がするんだよ」と娘が言う。
確かに鍋の底から猫の鳴き声が聞こえる。

娘は母親の方針で豊なる田舎で育てたいと小学校から山村留学した。

山の畑の、桑(くわ)の実を
小籠( こかご)に摘んだは、まぼろしか

・・・幻ではなく、しっかり覚えているという。
桑の実は美味しい。
桑は低木で、どこにでもあるので、桑の実は女の子でも採れる。
学校帰りの道でも、桑の実を食べながら通った。

でも、あけび・・・とか、サルナシは高いところにあるので、男の子が一緒だと、するすると木に登って取ってくれた。
男の子が居ないと、諦めるしかなかった。

あけび・・・・は、熟れてパッと開いた時が美味しい。
都会の果物屋にあるものは、熟れる前に取っていつので、美味しくない。
あけび・・は鳥と競争で食べる。
人間が食べなければ、鳥が食べてしまう。

一方、サルナシは鳥は食べないが、熊の大好物である。
熊と競争というのは怖いけど、美味しいのだから仕方ない。

あどけない、田舎の里の果実の話である。

これが、桑の実です。



  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2016-03-23 02:59

事業報告の前文の最初の部分

去年の・・・・

平成26年度の我が国経済は、予想を上回る円安の進行の影響等により過去最高益となった大手グローバル企業が続出する中で、国内の景気は4月からの消費税の増税の影響もあり、低調に推移しました。平成26年(暦年)の国内総生産(GDP)の実質成長率は前年比0.03%減で、マイナス成長は東日本大震災の発生した平成23年以来3年ぶりとなりました。
日経平均株価は2008年のリーマン・ショック前の水準を超えるまでに回復しましたが、勤労者の実質賃金指数(現金給与総額に消費者物価の変動を加味したもの)は年間を通してマイナスで推移しました(厚生労働省「毎月勤労統計調査」)。

今年は・・・・今から書くの。

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-03-23 02:17

バランスシートを作りながら聞く曲

 

今日は朝から決算書類を作成していた。

財産目録が完成し、今は貸借対照表、

そして今晩中に損益計算書に入りたい。

 

バッハの平均律クラヴィーア曲集を聞きながら。

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2016-03-20 18:14

消費税以外は減税。でも消費税が重税過ぎて、どもならん。

二年連続の黒字なのである。
税額を計算して見ると減税されてます。
まんず、民主党の遺産である復興特別法人税ちゅうのが消えた。
平成26年度税制改正で復興特別法人税を1年前倒しで廃止することが決定された。
復興特別法人税額は基準法人税額に10%の税率を乗じて計算した金額なんだが、
これが廃止されて麻生さんのホッケの煮付けとホテルバー記者暗躍時代の税額に戻った感じだ。

そして・・地方法人税という名の国税が始まった。・
この話はややこしいが、私は事前に区役所で説明を聞いていたので、直ぐわかった。

消費税率がアップすると地方消費税もアップする。
東京なんて消費がビックですから、地方消費税がアップすると、どんどん税収が増えるのが怪しからん。
「国税が増えるのは良いが、ついでに都税事務所が税収になるのは許せない」(悪の枢軸・財務省)・・ということで、始まったわけですたい。
要するに、地方消費税で税収になる分は、財務省が一所懸命にマスコミ工作をやり、議員に脅迫まがいの「ご説明」を繰り返して、ようやく実現したものだから、お前らにはやらん。
・・・ということで、地方法人税という名前で企業から分捕る。
その代わり、お前らは地方法人特別税(都民税)は減税。法人都民税も減税するのだぞ。

区役所が言うには、これで、区の財政はかなり厳しくなるとのことだが、
まあ、連中もシミレーションして言ってるので、そんなものか?

その結果、当社の場合は、去年は当期税引前純利益金額の31%を納税していた(国税と地方税の合計)。
今年は29%となった。

嬉しい・・・・というわけにはいかない。
消費税が従来の1.6倍になっているから。
その額たるや、国税・地方税どころの騒ぎではないのです。

恨むは勝栄二郎。

IMG_9308.jpg

  1. 中小零細企業の実態
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-03-15 14:15

なぜか、狂ったような地球温暖化対策の嵐

50年に温暖化ガス80%削減目標 政府が対策計画案を了承

政府は15日、関係閣僚らによる地球温暖化対策推進本部(本部長、安倍晋三首相)を開き、
温暖化ガスを2050年に現在より80%削減する目標を盛り込んだ地球温暖化対策計画案を了承した。
計画案は一般からの意見を募った上で5月上旬にも閣議決定する。
計画案は短期は20年に05年比で3.8%以上減、中期は30年に13年比で26%減、長期は50年に現在よりも80%減と明記した。
安倍首相は会合で「イノベーションを促す、国際競争力を高める、国民に広く知恵を求めるという3つの原則にそって大幅な排出削減を目指し、世界の排出削減を主導していく」と述べた。国民運動を進め、低炭素型の商品やサービスの利用を拡大させるほか、省エネ性能の高い発光ダイオード(LED)照明の導入を加速させることなどを関係閣僚に指示した。
目標を達成するため、太陽光発電や燃料電池などで発電して実質的な光熱費をゼロにするゼロエネルギーのビルや住宅を20年ごろから本格的に普及させることなどを盛り込んだ。
------------------------------------------------------
誰もが怪しい話だと思い、もはや、こんな話を信じているのは
狂信的な環境オタクだけになっているCO2=と地球温暖化原因説を
またもや国家レベルで推進しようという勢力が暗躍しているようである。

2007:英国BBC「地球温暖化詐欺」(ドキュメント番組)を放送。
2009年11月:第1次クライムゲート事件(英国の地球温暖化説の総本山研究所よりメール1000通流出)
2011年秋:第2次クライムゲート事件(同研究所よりメール5000通流出)
これらのメールは地球温暖化説を立証するため、世界各地の観測所から地球が寒冷化しているデータを消去したと暴露。
その後、IPCC報告書を書いた4000名の学者の正体を調べた本が出版される。
世界的な学者は殆ど居ない上に環境NPO所属の大学院生が多かった。

日本では学術会議を開いて、上記の問題は無視することを決定。

その後、暫くは静かになったが・・・・昨年の新たな約束文書をCOPに提出してから再び発狂したようである。
もう、止めなくてはいけないのではないか?

2006年の頃とは状況が全く変わってしまっているのです。


  1. ピークオイルと新エネルギー
  2. TB(0)
  3. CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。