2015-12-29 13:17

日韓両外相共同記者発表 (外務省ホームページより) 追記あり

日韓両外相共同記者発表 平成27年12月28日

1 岸田外務大臣
 日韓間の慰安婦問題については,これまで,両国局長協議等において,集中的に協議を行ってきた。その結果に基づき,日本政府として,以下を申し述べる。
(1)慰安婦問題は,当時の軍の関与の下に,多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり,かかる観点から,日本政府は責任を痛感している。
 安倍内閣総理大臣は,日本国の内閣総理大臣として改めて,慰安婦として数多の苦痛を経験され,心身にわたり癒しがたい傷を負われた全ての方々に対し,心からおわびと反省の気持ちを表明する。
(2)日本政府は,これまでも本問題に真摯に取り組んできたところ,その経験に立って,今般,日本政府の予算により,全ての元慰安婦の方々の心の傷を癒やす措置を講じる。具体的には,韓国政府が,元慰安婦の方々の支援を目的とした財団を設立し,これに日本政府の予算で資金を一括で拠出し,日韓両政府が協力し,全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復,心の傷の癒やしのための事業を行うこととする。
(3)日本政府は上記を表明するとともに,上記(2)の措置を着実に実施するとの前提で,今回の発表により,この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。
 あわせて,日本政府は,韓国政府と共に,今後,国連等国際社会において,本問題について互いに非難・批判することは控える。

2 尹(ユン)外交部長官
 韓日間の日本軍慰安婦被害者問題については,これまで,両国局長協議等において,集中的に協議を行ってきた。その結果に基づき,韓国政府として,以下を申し述べる。
(1)韓国政府は,日本政府の表明と今回の発表に至るまでの取組を評価し,日本政府が上記1.(2)で表明した措置が着実に実施されるとの前提で,今回の発表により,日本政府と共に,この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。韓国政府は,日本政府の実施する措置に協力する。
(2)韓国政府は,日本政府が在韓国日本大使館前の少女像に対し,公館の安寧・威厳の維持の観点から懸念していることを認知し,韓国政府としても,可能な対応方向について関連団体との協議を行う等を通じて,適切に解決されるよう努力する。
(3)韓国政府は,今般日本政府の表明した措置が着実に実施されるとの前提で,日本政府と共に,今後,国連等国際社会において,本問題について互いに非難・批判することは控える。
----------------------------------------------
Announcement by Foreign Ministers of Japan and the Republic of Korea at the Joint Press Occasion
December 28, 2015

1. Foreign Minister Kishida
The Government of Japan and the Government of the Republic of Korea (ROK) have intensively discussed the issue of comfort women between Japan and the ROK at bilateral meetings including the Director-General consultations. Based on the result of such discussions, I, on behalf of the Government of Japan, state the following:

(1) The issue of comfort women, with an involvement of the Japanese military authorities at that time, was a grave affront to the honor and dignity of large numbers of women, and the Government of Japan is painfully aware of responsibilities from this perspective. As Prime Minister of Japan, Prime Minister Abe expresses anew his most sincere apologies and remorse to all the women who underwent immeasurable and painful experiences and suffered incurable physical and psychological wounds as comfort women.
(2) The Government of Japan has been sincerely dealing with this issue. Building on such experience, the Government of Japan will now take measures to heal psychological wounds of all former comfort women through its budget. To be more specific, it has been decided that the Government of the ROK establish a foundation for the purpose of providing support for the former comfort women, that its funds be contributed by the Government of Japan as a one-time contribution through its budget, and that projects for recovering the honor and dignity and healing the psychological wounds of all former comfort women be carried out under the cooperation between the Government of Japan and the Government of the ROK.
(3) While stating the above, the Government of Japan confirms that this issue is resolved finally and irreversibly with this announcement, on the premise that the Government will steadily implement the measures specified in (2) above. In addition, together with the Government of the ROK, the Government of Japan will refrain from accusing or criticizing each other regarding this issue in the international community, including at the United Nations.

2. Foreign Minister Yun
The Government of the Republic of Korea (ROK) and the Government of Japan have intensively discussed the issue of comfort women between the ROK and Japan at bilateral meetings including the Director-General consultations. Based on the result of such discussions, I, on behalf of the Government of the ROK, state the following:

(1) The Government of the ROK values the GOJ’s announcement and efforts made by the Government of Japan in the lead-up to the issuance of the announcement and confirms, together with the GOJ, that the issue is resolved finally and irreversibly with this announcement, on the premise that the Government of Japan will steadily implement the measures specified in 1. (2) above. The Government of the ROK will cooperate in the implementation of the Government of Japan’s measures.
(2) The Government of the ROK acknowledges the fact that the Government of Japan is concerned about the statue built in front of the Embassy of Japan in Seoul from the viewpoint of preventing any disturbance of the peace of the mission or impairment of its dignity, and will strive to solve this issue in an appropriate manner through taking measures such as consulting with related organizations about possible ways of addressing this issue.
(3) The Government of the ROK, together with the Government of Japan, will refrain from accusing or criticizing each other regarding this issue in the international community, including at the United Nations, on the premise that the Government of Japan will steadily implement the measures it announced.

IMG_9047.jpg

まずは、この方の見解。



この話の前日談というのが、これ。



今までなら、こうした反応であっただろう。
しかし、今回は「そうだ、そうだ」とは即座にいかない何かがある。
私の親しいブロガーのところを覗いてみても、この件については脊髄反射していないようである。
何故か?






11月に入って日本近海波高しの事態が急速に進んでいることから韓国に改めて、どちらに付くのかを聞く必要があった。
慰安婦問題は、実は北朝鮮を使った中国の工作ではなかったのか?
慰安婦を言い立てることは、韓国にとって不名誉な話であるのに何故?という疑問がこれで解ける。

延坪島砲撃事件の追悼式で李明博が泣いていたのは、日本への軍事攻撃を中国・北朝鮮に邪魔されたからか?
「日本への軍事攻撃は我々がやる、お前は出しゃばるな」との意思表示に泣くしかなかったのか?

事態は急速に変化している。
いよいよ「私達は日本国のためになにが出来るのか」を真剣に考えねばならないときがやってきた。
スポンサーサイト
  1. 半島
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2015-12-28 02:23

東京都GDP(名目)は低迷

IM9042.jpg

MG_9042.jpg

12月21日に平成27年度東京都のGDP:都内総生産(名目)が発表された。
見込みであるが92兆9千億円で、•実質経済成長率 0.6%減である。
正直なところ、極めて我々の実感に近い数値である。
平成26年度の減少は消費増税によるものであり、平成27年度も、その影響が続いている。
その結果、平成25年度に1.6%増であった実質経済成長率は、平成26年度は2.8%減、平成27年度は0.6%減となると見込まれる。

全国の数値(国の発表するGDP)より、都内GDPの方が低調という結果になった。
経済活動別の都内GDPのデータを見ると、都内の場合は製造業の寄与度が少なく、
サービス業の寄与度が最大、続いて卸売り・小売業という消費都市であるため、消費税率アップの影響が大きいのである。

愛知県を中心にした中京・東海地区は、東京より景気が良いのではなかろうか?
消費都市でもなく、生産都市でもない、その他の地区は、どうなっているのであろうか?
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015-12-22 22:56

今日から町内パトロール

今日から年末までの長期イベント、町内パトロールが始まった。
「火の用心、カチカチ」という例のやつである。
我が町内だけではない、周辺の町会も一斉に始めるので、相当な活気である。
本日も十字路でと北隣町会と南隣町会、我が町会が接近遭遇し、エールの交換。

本日は初日であるので町内の細い街路の奥まで巡回したが、
やはり街灯の電球が切れているのを複数発見。
近所の住民が区役所に通報すれば良いのに「誰かがやるだろう」とそのままにしている。、
暗い夜道は痴漢、引ったくり、放火の原因となる。
街灯番号を控えたので、私が役所に連絡して、即座に対応して頂くことにした。

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015-12-21 19:22

ディーン・マーチンのSWAY

ディーン・マーチンは1917年、ピッツバーグに程近い小都市ステューベンヴィルで生まれのイタリア系のアメリカ人。
高校を中退し、ヤミ酒場(禁酒法時代)で密造酒などの運び役。バーの用心棒や違法ルーレットカジノのディーラーや元締めなど、極めて品行非方正な生い立ちで、20代を過ぎたことから酒場で歌手をやっていた。
その後、運良く映画出演の仕事も決まり、歌手兼者となる、
1965年から1974までNBCで「ディーン・マーチン・ショー」が放映された。
日本では1969年からNHKで放送された。
ディーン・マーチンのSWAY。退廃的な声に痺れる。

  1. 素敵なヒットソング
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015-12-19 00:25

根生姜を冷蔵庫に入れてはいけない

根生姜の旬は秋である。
先月の中旬に友人より少量の根生姜が届いたので、
その日に生姜飯にしてみたら、えらく旨かった。
生姜の千切りを米に入れて炊き上げただけである。
味付けは本味醂と醤油だけのシンプルなものだが、
新米にマッチして、香りが素晴らしく、味もまろやかであった。
家族の評判も良く、爺は料理の天才と煽てられたのであった・・・。

d92543edb335c42cf120d63800489eb03f8b7fd3_95_2_3_2.jpg

ところは「今度、また作るからね」と冷蔵庫に残りの生姜を入れたのが間違いであった。
先日、もう一度、作ろうと冷蔵庫から出してみると・・・・・
なんと、友人直送の生姜が、スーパーで売ってる生姜と化していた。
まずは・・・色がまるで変わっていた。
白つぽかったのが、黄色くなっていた。
「あちゃあ」と思ったが遅かった。

それでも作って見たが。
念のため鶏肉、舞茸、油揚げと合わせた炊き込みご飯としてみたが、
結果は生姜が辛くて、硬くて、美味しくなかった。

旬のものは、一瞬に食べてしまわないと駄目なのだ。
野菜も冷蔵庫に入れずに紙に包んで冷暗所に保存する。
これが正解であった。
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2015-12-18 23:42

瘋癲老人日記

小林秀雄の編集による「現代日本文学館」が文芸春秋より発刊されたのは1965年のことである。
書店から営業の方が我が家を訪問して、どうですか?と母に勧めた。
「小林秀雄の選なら、いいわよねお父さん」と母が父に聞いた。
「彼がどんな作品を選ぶのか興味があるね」と父が応えて、
こうして毎月、一冊ずつ小林秀雄が厳選した現在の日本文学が我が家に届くことになった。
私は当時は中学生であったが、両親の話を聞いて「小林秀雄というのは、権威があるなあ。凄い人だろうな」と思った。
大学に入って彼の処女評論とも言える「様々なる意匠」を読み、やはり凄いやつだったと悟った。

さて、その小林秀雄の選だが、彼も、その当時は老人なので、やたらと老人物の小説が選ばれており、
川端康成の「眠れる美女」など、とても中学生向けとは思えない作品を、私は読むことになった。
もちろん「伊豆の踊り子」「雪国」「山の音」も選ばれていたが、断然、「眠れる美女」の方がエロティックである。
小林は谷崎潤一郎をえらく評価していたらしく、谷崎は3巻もあった。
最初の配本は「瘋癲老人日記」であった。
これは、谷崎の最晩年の作品で、1960年頃に書かれたもの。
カタカナで歴史的仮名遣いで書かれた日記形態の小説である。
私は「瘋癲老人日記」という題名をえらく気に入ってしまった。
こんなものを読んでいる中学生は居ないだろう。
夏休みの読書感想文に取り上げようと思ったが、父に止められた。
それでは、「痴人の愛」ではどうか?
「それも、やめれ」とのことであった。

それから50年、私も老人のなったので、瘋癲老人日記を付けることにする。
今まで「悠々なる生活」というシリーズで日記のようなものを書いていたが
老人性金欠病であまり悠々ではなくなったのである。
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(1)

2015-12-17 22:23

中国出張・忙中閑有

tyuugokuhiroi.jpg


私は20歳代の頃からビジネスで国内各地に出張しており、もはや殆どの主要都市は行き尽くしている。
北は稚内から南は石垣市となる。
国内出張の合間に海外にも出張するようになった。

中国については巨大な国だと言われていたので、最初は「ドエリャー広い」と思っていたが、
最初の上海出張で驚いたのは、飛行機が九州を離れて、五島列島の上を過ぎると早くも降下を開始したことだ。
まるで池を飛び越すようではないか・・・余りにも近すぎるぞ。

その後、分かったのであるが、東京が上海だとしたら、北京は札幌あたりの位置であり、その程度の距離なのだ。
そして、広州・香港は奄美大島あたりである。
西安なんてのも長崎あたりだし、一番、遠い主要都市の成都で、ようやく石垣あたりではなかろうか?
ウルムチあたりまで行けば、それは遠いですけど、
主要な人口集中都市は、ほぼ「国内出張・忙中閑有」の延長で終わってしまう。
そして、驚くべきことは、それ程、離れていないのに、言葉が通じないとうことだ。
上海の松江あたりの工場で働く労働者は北京語など通じないし、聞こうともしない。
「我々が上海語をしゃべらないと言って笑ってるのよ」
と北京出身の社長の奥様は「ここは、嫌なところだ」と怒っていた。

ニューヨークからサンフランシスコまでは確かに遠い。
米国は「どえらく広い」と思うが、中国は、そんな感じではない。


  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2015-12-15 13:57

北京の青空 万里の長城を添えて

blog_import_524f8deb55c54.jpg

これが、私が始めて北京を訪問した時に撮影した北京の青空です。
それにしても、いい車、転がしてるじゃないのさ。

blog_import_524f8de96fd61.jpg

そして、これが昨日、訪問した北京の空。
大気汚染最悪レベルの北京市、ついに「首都圏機能」移転を決定
緑豊かな通州区に「副都心」建設へ

いやあ、酷いですねえ。
最悪ですねえ。
住民の皆さん、ガスマスクの状態ですねえ。

.・・・・・・・というのは冗談です。
この2つの写真は2008年の3月の下旬のある日と翌日に撮影したものです。
一夜にして環境が悪化した・・・とは思わなかったが、翌日はまた綺麗な青空でしたよ。

昨年、北京を訪問した旅行者のホームページを見て下さい。

http://www.abaxjp.com/china1405-00/china1405-16sora.html

http://www.abaxjp.com/china1411-29sora/china1411-29sora.html

特に思想的にどうのこうの・・という所もない、単なる旅行者の素朴な疑問というところです。
けっこう、晴れの日に恵まれたようで、運が良いですな。

北京というところは、砂漠に近いので、一日にして空が激変するのです。
それは1990年代の末もそうでしたし、2008年頃もそうだし、現在もそうなんでしょう。

ここ数年、意図的に「北京の公害」のニュースが流されているのですが、
要するに「金呉れ金呉れ」コールではないかと思っているんですけどねえ。
-------------------------------------------------------------
北京郊外の万里の長城  

P101100940.jpg

よくぞ、こんなものを作ったものだと思う。延々と地平の彼方まで続いている。

P100094441.jpg

城の上は、こんな感じ。
この日も晴天なのであるが、太陽に向かって写真を写せば、空は白くなる。

P104400939.jpg

----------------------------------------------------------------
<補遺>

英紙「フィナンシャル・タイムズ」の10日付記事では、アジア開発銀行は、北京の大気品質改善に3億ドルの貸付を提供する。

北京と天津の大気汚染の主要因になる河北省の石炭消費量の削減に当てられる。アジア開発銀行の専門家によると、中国が全力を尽くしているが、「汚染問題は相変わらずそこにある」。河北省の経済・産業構成が根本的な原因だ。中国で汚染が最も深刻な10都市のうち、7都市は河北省にある。
「フィナンシャル・タイムズ」によると、中国が海外からの融資を環境関連政策策定に盛り込んだあり方は異例だ。大気汚染というこの複雑な議題に対し、中国は政策対話に開放的だ。

----------
このような記事が黄砂の降る日の天安門前の写真(若者がマスクしている・・・ありふれた光景)と合わせて掲載されていました。

中国は海外投資がないと、どえらい事になってしまうので、今は酷い公害を演出して、金を借りまくる算段です。
VWの話が突然、9月にわざとらしく発覚したのもCOP対策。
COPが終われば・・・CO2削減のために、中国の石炭消費による大気汚染をなんとかしないとね・・ということで、早くもフィナンシャル・タイム誌が予定の記事をば掲載。先進国の環境対策企業殿、まだまだ、お仕事ありまっせ・・と告知。
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2015-12-13 12:39

現場知らずの学者、官僚、政治家にボロボロにされる日本経済

002 (6)_edited-1


もう、何回も書いたが、消費税対応で、この手の転嫁拒否に関する調査は本質から完全にズレている上に、
これで対策しましたから・・・と言い訳する材料にされたら、たまりません。

これが意味を持つのは「一物一価の法則」が競争法で定められている場合のみです。
欧米では、このような原則があり、その上での消費税導入です。
日本には、そのような法律は無いのですから。

日本でも戦時中の統制経済の時代には定価というものがありました。
JISの元のなる品質規格はこの時代に作られました。
統制経済への対応のためです。
この時代には商品は販売ではなく供給でした。
圧倒的な物不足の時代でしたから、商品を国民の平等に配給することが重要であったのです。
戦後、配給組合はGHQに解散させられましたが、
物不足はさらに激しくなったので、定価制度は続いておりました。
この時代は、欧米のような競争法の導入が無くても、結果として一物一価だったのです。

1989年、マスコミがバブル景気と呼ぶ景気沸騰の最中に消費税は導入されました。
この時期にも「結果としての一物一価」は残っていたのです。

しかし、その後、商品は供給過剰の時代を向かえました。
定価制度はメーカーの流通支配だから怪しからんと学者が書き、マスコミが「波紋を呼びそうだ」砲を撃ち、
公正取引委員会が流通ガイドラインを作り、私も全国説明会で説明を受けましたよ。
そして、海外からの低価格・低品質商品が流入して、価格破壊と大騒ぎ。

そして、現在は商品に定価など無いし、売れる値段で売るだけです。
売れる値段とは、お客様に買って頂ける値段です、
その値段は一応は消費税込みの値段ということになってます。
消費税無しで買えるなら良いが、
買えないのですから消費税込みとするしかない。、
消費税が幾らか?など本質的には何の関係ない。
買うか買わないかだけです。
転嫁拒否ではなく、買わないという選択です。
消費者に対して転嫁拒否とは言わないでしょう。
他の安い店で買うから良いわ・・・でしょう。
事業においても、同じ事です。
消費税分をマケロなど言わない。
他から買うから良い、それだけです。

ですから、このアンケートは意味が無いのです。
1989年の消費税導入の時期に、転嫁の問題もテーマになりましたが、今は全く環境が違うのです。
本当は現状の日本の消費税なら消費税額を表記する意味が無いし、必要も無いのです。
消費税の名称をやめて、企業に義務付けられた付加価値税にすべきです。

業種により引ける率が違うというのもやめるべきです。
輸出品に対する消費税の戻しもやめるべきです。
これがあるのは、消費税であるからでしょう。
全事業者一律の付加価値税にするべきです。
  1. 消費税は悪魔の税制
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2015-12-12 13:45

実務で使えない大学卒(補遺あり)

連日の忘年会で、かなり疲れてきた。
原則、仕入先企業からの招待は断れないので、昨日も両国、錦糸町、新小岩界隈へ出撃。
なんとか終電で自宅に戻れました。

中小企業はどこも深刻な人手不足。
人材募集広告に大金を投入しながら(1回に30万円から50万円を数回は出します)。
中小企業なんて勤めたくないと人材が集まらない・・・・・

昔はそうでしたが、今はそうではないのです。
集まることは、集まるのだが・・・使えないのです。
特に大卒は余っているようで、応募は多いのだが、殆ど数ヶ月しか続かない。
別に重労働ではないのです。
飛び込み営業というような仕事でもない。
営業ノルマがあるわけでもない。
あるのは、極めて一般的な実務・業務なのですが、
この仕事がつまらない・・・と言って辞めるのではないのです。
おそらく、本人は「仕事がつまらないから辞めた」と周囲には話していると思いますが、
実態は「できません」と言って辞めるのです。

「何故辞めるの」
「できません」
事実、こういう理由で辞めていく例が多々ある。

現在、生き残ってる中小企業は、系列とか資本関係など全く無いなかで形成された「信頼のバリューチェーン」の中で、
必要な機能を担っております。ですから新規開拓とか、飛び込み営業などではなく、顧客からの注文に適切かつ問題なく対応できれば良いのです。これが実務です。

実務の世界は本当に面白いです。
ところが、残念ながら大学卒業生は、企業のトップに立つための教育を受けて来たようで、
下々がやるような商売の実務を安定的に、かつ、適切にこなして行くようには、訓練されてないのです。

昔の商業高校を卒業し、大原簿記あたりで複式簿記を学び、経理・総務部門に配属された女子は、
経理の実務だけではなく、バランスシートの分析で社長を言い負かすぐらいに熟練しています。
昔の工業高校を卒業して、直ぐに現場の工場に入り、鍛えられた技術者。
こういう人材が中小企業の現場を支配し、品質レベルを維持してきたのです。

大学に進学した人は、高度なマネジメントを学び、大企業に入って采配を振るうのが目的でしょう。
一時、中小企業の経営者の間で大卒を求めるブームがありましたが、
その結果は「やはり中小企業に、そんな立派な学歴の方は不要なので、
大企業に入社し采配を振るって貰った方が本人のためになるだろう」というものでした。
そこで、今は必死で高卒を探しています。
「手に技術を付ける」ためには職種によっては中卒の方が望ましいものもありますが、
もはや中卒は希少価値で、絶望的。
高卒を雇い、会社が学費を出して業界の専門学校に送り、そこで公的な免許を取得させるというのが一般的です。

給与は大企業の正社員のように年収1000万円というわけにはいきません。
でも、正社員で採用し厚生年金、健康保険は完備です。
正社員というのは会社が法定福利費として社員の健康保険料及び年金積立金の半額を出すということです。
その折半額は、法的に決められております。

「わし等が一番、心配してるのは、せっかく育てた人材が辞めてしまうこよなんだ。だから、給料も出来るだけ多くだすようにするし、
労働環境にも気を配っている。しかし、不思議なのは、大学を出ても、飛び込み営業をやっている若い社員が多いということだ。
この秋は、一流証券会社の社員が良く、飛び込みで来たけどねえ。あれは一時的な訓練かねえ。さらに不思議なのは、大学は出て、非正規社員、派遣社員をやっる人が多いみたいだねえ。それなら余程、高卒で中小企業の正社員の方が良いと思うのですけどね。」

062_edited-2.jpg
  1. 社長太平記
  2. TB(0)
  3. CM(3)