-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2015-08-28 00:01

気分はアルマ・タデマ

今年の夏はとても暑かったが、今はもう秋。とても涼しい。
最近の東京の夏は、子供の頃に帰ったように、とても暑くて嬉しい。
昭和30年代の夏は、このように暑かった。
クラーなるものは、まだ普及しないで、電気冷蔵庫もまだ一般化してなかった。
氷屋に、氷を頼み、それを上段に入れる、電気ではない冷蔵庫はあった。、

明るい朝と灼熱の午後が、私は好きである。
こうした季節は、海も綺麗だろう。朝の散歩も最高だ。


・・・・・という訳で、今日は私が大好きな、
Sir Lawrence Alma-Tadema の絵を紹介する。



サー・ローレンス・アルマ=タデマ(1836-1912)はオランダに生まれ、後にイギリスに移住した画家。
以前、ラファエロ前派の絵を調べていて、偶然、見付けた画家である。
でも、ラファエロ前派とは、ちょっと違う気がする。
この画家は、新婚旅行で地中海を旅して、古代ローマ風の世界に魅せられ、明るく、写実的で、かつ官能的な絵を書くようになったという。
地中海的ナ世界が好きで、書いているだけのようだ。
建物、大理石、人々の服装、木々や花など、徹底的に写実的に描きながら、クールベのように暗くならない。
後世となり評価された天才画家ではなく、現世において画家として成功し、幸福な人生を送ったようである。




スポンサーサイト
  1. 絵画
  2. TB(0)
  3. CM(9)

2015-08-27 11:39

雑感(追記あり)



青山氏が既得権益でメタンハイドレードの開発が遅れて居ると言っていたのは、
この動画の話だと、経済産業省の審議会の座長が問題だったようですね。
「何度も邪魔された」「圧力が掛った」と言いながら「結局、一人なんですけど」と呟いてる。
よく分かります。
こういう教授居るのです。
そうした人が何故か審議会の座長になる。
役人が使いやすいので一度、座長に着けると、その後、増長してコントロール不能になる。

しかし「今まで通り中東から高い石油を買いたいという既得権益」というのは違うでしょう。
民主党時代の「エネルギー基本計画2010」だと、フランス並みに原子力発電を増やすという計画だし、去年4月の「エネルギー基本計画2014」では再生可能エネルギーがトップに出て、最終的には「水素社会」の実現になってますよ。
さらに、2014年6月には「水素・燃料電池ロードマップ」まで発表されていて、どんどん、あらぬ方向に突っ走りつつあります。
こうした報告書ではメタンハイドレードはエピソードの扱いですね。
早く実用化すべきと思うし「日本のベースロード電源を可及的速やかにメタンハイドレードとする」と書くべきだと思いますが、既に日中中間線に近い東シナ海の天然ガスを天津あたりで使用している中国の貪欲さが日本にはないのです。

しかし・・・
「日本のエネルギー自給率はわずか6%。大半を化石燃料に依存しており、CO2排出の削減は重要課題となっています。さらに、再生エネルギー利用拡大による系統不安定も早急に解決すべき課題。これらの脱化石燃料とエネルギーセキュリティー確保の2つの課題解決につながるのが、水素エネルギーだと考えています」

・・・これ東芝さんのですけど・・・・・青山はんの言う通り、日本に資源があるおなると、この文の第一行から書きなおさねばらず、2006年からやってきた、幾多のプロジェクトがお陀仏となる。

私は2006年の国家エネルギー戦略の制定と、この時期に策定された分野別戦略及びロードマップは、その前提になる認識に誤りがあったと思う。これは、日本が京都議定書という四の字固めを掛けられていたので、仕方が無い部分もあるが、そろそろ軌道修正をすべきである。そうしないと、日本の将来は暗い。
  1. ピークオイルと新エネルギー
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015-08-26 19:38

安保法制について



  1. 祖国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015-08-25 22:50

中国では常に化学工場が爆発する

偶然、続いたのです。
いや偶然ではなく、いつも爆発しているのです。

本当か?

-------------------------------------------------------
中国の遼寧省で8月13日21時(中国時間)ごろ、ボイラー工場で爆発事故が発生した。
中国では前日にも天津の工場で大爆発が起きており、ネット上は2日連続の事故に騒然としている。
遼寧省での事故の様子は、各メディアが写真付きで報告。
写真には、大きな火の手が上がり、炎が街を赤く照らしている様子が映っている。
現時点で怪我人は確認されていないという。
液体に引火した火災で爆発ではないとの報告もあり、天津のような被害はないとみられる。
とはいえ、2日連続で起きた中国での爆発事故。ネット上では「テロなんじゃ?」「またどっかで爆発すんじゃないの」「内戦とかクーデターのたぐいなんじゃないの」などと関連性を疑う声も出ている
------------------------------------------------
中国山東省の化学工場で爆発1人死亡 8月23日

中国沿海部・山東省の化学工場で22日夜、大きな爆発と火災が起きて、これまでに工場従業員1人が死亡し、有毒な化学物質が爆発の原因とみられることから、工場から半径1キロの範囲に住む人たちが避難しています。
この爆発で工場から5キロほど離れた場所に住んでいる人が揺れを感じたほか、多くの住宅で窓ガラスが割れたということで、地元政府によりますと9人が病院に運ばれ手当てを受けているということで、その後工場従業員1人が死亡したことが確認されたということです。
消防によりますと、気化しやすく燃えやすい性質があるアクリロニトリルという有毒の化学物質が爆発の原因とみられるということで、警察は現場に通じる道路を封鎖し、工場から半径1キロの範囲に住む人たちが避難しています。
中国では今月12日、天津の港近くにある倉庫とその周辺で大規模な爆発が起き、22日までに121人が死亡、54人が行方不明となっていて、生産現場での安全管理が大きな課題となっています。

アクリロニトリルとは
アクリロニトリルは、アクリル繊維や合成樹脂などの原料として広く使われている引火性の高い猛毒の液体です。厚生労働省によりますと、皮膚に触れたり、吸い込んだりすると生命に危険を及ぼすほか、がんになるおそれもあり、保管する際は容器を密閉することや火や熱から遠ざけることが必要だということです。

爆発工場付近には日系企業56社
山東省を管轄する青島の日本総領事館によりますと、爆発があった工場のある※シ博では日本人32人が在留届を出しているほか、日系企業56社が進出しているということです。いまのところ、日本人が被害にあったという情報は入っていないということで、総領事館が情報収集にあたっています。



-------------------------------------------------------
中国:化学工場でまた大規模火災 河南省
毎日新聞 2015年08月24日 

河南省鄭州市の化学工場で24日、大規模な火災があった。
また江蘇省蘇州市の化学工場でも23日に大規模な火災が発生した。
いずれも負傷者が出たとの情報はない。
鄭州市の火災では大量の化学物質が燃え、周囲では一時異様なにおいが充満した。
------------------------------------------
さらに・・・中国山東省青島市黄島の経済開発区で16日夜 ゴムと木材を保管する倉庫

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015-08-25 19:02

裏切者、投降主義者「読売新聞」社説



問 投降主義をどのように克服されますか。
答 言論のうえでは投降主義の危険を指摘し、行動のうえでは投降運動をくいとめるよう人民大衆を組織することです。
投降主義は、民族敗北主義、すなわち民族悲観主義に根ざすもので、この悲観主義は、敗北をなめた中国にはもう日本に抵抗する力がないと考えています。
失敗こそ成功のもとであり、失敗の経験のなかから教訓をひきだすことが将来の勝利の基礎であることを知らないのです。
悲観主義は、抗戦中の失敗を見るだけで、抗戦中の成果を見ず、ことに失敗のなかに勝利の要素がふくまれており、敵側の勝利のなかには失敗の要素がふくまれていることを見ないのです。
われわれは、失敗と困難は一時的なものであり、どんな失敗にもくじけすにたたかいさえすれば、最後の勝利はかならずわれわれのものだということを人民大衆に理解させるよう、戦争の勝利の前途をさししめさなければなりません。
大衆的な基礎をうしなえば、投降主義者も細工を弄する余地がなくなり、抗日戦線は強化されてくるのです。
  1. マスコミの構造
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2015-08-22 08:57

GHQによる日本古代史の書き換え



戦後の占領軍総司令部GHQの検閲に沿って改竄

1、日本人は、混血でなければならない
2、日本人は外来種によって征服され成立したものでなければならない
3、日本には固有の文化はない

日本の古代から中世、近世、近現代へと続く歴史を、資料に基づいて研究していた歴史学者たちを大学から追放。
在野の歴史家の書籍は焚書・・・国会図書館にも入ってない。
特に日本書紀を研究し、神代からの天皇の歴史をまともに研究する教授は追放したので、
大学に残りたい教授達は戦前までの日本史を頭から否定する学説を発表

その結果、大学にはマルクス主義の経済学者と歴史学者しか居なくなった。
GHQ内部には多くのマルクス主義者が紛れ込んでいたのだから当然の結果である。



  1. 祖国
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2015-08-21 12:20

町内パトロールと場末と悪場所

私は町内に貧困者・困窮者が居たら報告する役目を負わされている。
年に1回、リストを提出しなくてはならず、該当者がいない場合は「無し」と報告する必要がある。
報告を怠ると、なんで報告せんの?と電話が掛かって来る。
ところで貧困者の概念は?
これは大宝律令から、家族で面倒が見れない、共同体でも面倒が見れない、公的な援助を必要とする者という概念だ。
これは、我が国の伝統的な相互扶助の伝統によるものだが、戦後の復興の中でも有効に作用した。
終戦直後に約200万人居た生活保護受給者は、どんどん減少して80万人程度まで減少したのである。
(その後、再び200万人に戻るのは1970年レジームでの人権派の活躍による)
終戦から1960年代までは大家族制度が残っていた。
大家族というのは、一軒の家屋の中に一族郎党が居住することを意味しない。
子供達が家を出て独立したとしても、全体として「大家族」の意識があり、そのように行動すると言う意味である。
これは日本では大正時代から、そのような状態であった。
当然、家族に貧困者が出ると全員が心配した。
貧困者は「俺が貧困であると一族の恥になつと思ってるのだろう」
「生活に困って犯罪を犯すと一族の恥になるからだろう」とイジケル。
それで自由な生活を阻害する大家族制度と言うような本が出て、
エンゲルスの「家族・私有財産・国家の起源」なる本が、この手の人々に受けたわけである。
家族で面倒が見れない場合は共同体が登場する。
共同体は何故に貧困の撲滅に熱心なのか?
共同体の安全のためである。
貧すれば犯罪に走る可能性が高くなるからだ。
共同体の中で自立支援を行う。
これは大都会ではなくなっているが、地方に行けば、その伝統が残っている地域がある。
共同体で自立支援が不可能の場合は公的に自立支援を行う。
東京都内にもこうした施設はあちこちにあり、家族がない、天涯孤独な路上生活者だった人達が多い。
自立と行っても老人なので仕事は、ビルの清掃ぐらいしかなく、その時給は極めて安い・・というか法的な最低給料ぎりぎりだ。

共同体は域内の貧困者を減らすために努力し、防犯パトロールを強化する。
熱心な共同体は年間を通じて住民が交代でパトロールをする。
すると犯罪者は住みにくくなり、中央から離れた場所に移転する。それが場末なのである。
やがて場末にピンクな繁華街が出来て、そこにエロ親父が遊びに行くようになる。
そうなると怪しい商売、怪しい業者が集まるようになる。
こうなると共同体も黙っていない。
場末とはいえ共同体に内部であるからだ。
場末のパトロールが強化されると、怪しい商売の関係者はそこから出て行く。
出て行くが消え去るわけではない。
そして、あらゆる共同体から出てきた者が集まる地域が出来る。
それは、どこであるのかは当然のことながら、どこにも書いてない。

これは海外の都市でも同様である。
一つの巨大都市であっても、安全な場所と危険な場所があり、危険な場所にも「やや危険」「危険」「やばい場所」がある。
旅行者はまず、このような情報を集めないと、命がいくらあっても足りないのである。
日本もグローバル化しており、同様な状態になっている。
  1. 社会福祉
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015-08-20 13:55

進撃の巨人




鍛冶俊樹の軍事ジャーナル
第201号(8月20日)進撃の巨人

より一部を転載します。

 「進撃の巨人」は原作は漫画で、未来が舞台のSFホラーである。容貌魁偉な巨人たちが押し寄せては人間を食い散らす。人間たちは城壁を築いて侵入を食い止めていたが、ある日突然城壁が壊され巨人たちが町に乗り込んでくるという物語である。
 この原作が香港の学生たちの間で大人気となった。押し寄せる巨人は中国共産党幹部で、喰われる人間たちはまさに香港の住民そのものに、彼らの目に映ったのだ。香港民主活動のバイブルとまで言われるに至った。
 これを裏書することになったのが6月に開かれた上海国際映画祭だ。「進撃の巨人」アニメ版が上演されることになっていたのだが、中国側は直前になって一方的に中止を通告した。しかも理由を明らかにしない。これでは「中国共産党幹部が進撃の巨人だ」と認めたようなものである。




  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015-08-18 10:05

東京温泉 ロンドン油田 沖合ガス田

英石油探査会社UKオイル・アンド・ガス・インベストメンツ(UKOG)はロンドン近郊のガトウィック空港近くで最大で1000億バレルの埋蔵量をもつ油田が見つかったと発表した。
この埋蔵量は、北海油田で過去40年間に採掘された石油の量の2倍以上にあたる。このうち、UKOGの取り分は90億バレル近くになるという。同社のスティーブン・サンダーソン最高経営責任者(CEO)はこの油田について「世界クラスになる可能性のある資源」だと述べている。
UKOGは一方で、米国やシベリアの類似の油田のデータをもとに、実際に採掘できるのは全埋蔵量の3~15%にとどまるだろうとしている。専門家によると、技術的・経済的な理由から採掘可能な割合が少ないことはよく見られるという。
----------------------------------------------
本年の4月に発表されたロンドン油田のニュースであるが、その後、埋蔵量の概算に誤りがあったとのニュースも流れた。
しかし、油田があることは事実のようである。
パレスチナに油田が発見された時に、まあ、あそこは中東なので、ありかな・・・でも、掘れないだろう?と思ったのだが、ロンドン油田には驚いた。スコットランドへの牽制でしょうかね。

因みにパレスチナ油田は以下の記事参照。
-------------------------------------------------------
イスラエル中部ロシュ・ハアイン町で油田が発見されたのは1990年代のことである。以来、ドリル抗をあける度に番号が割り当てられてきた。
ドバイの衛星TV局アル・ジャジーラによると、昨年まで「メゲブ5」と呼ばれる油田の原油埋蔵量は15億バレルとされてきたが、今回報告されたのはその2倍以上もあるというのだ。
 この推定量が本当であるならば、世界でも屈指の埋蔵量ということになる。原油ビジネスの世界では、埋蔵量が5000万バレル規模であっても大油田と呼ばれる。
 5億バレルであれば巨大油田というカテゴリーに入る。仮に30億バレルだとすると、日本ではすぐに全国の原子力発電所を廃炉決定してもいいほどの埋蔵量だ。
 現在、掘削をしているのはイスラエルのギボット・オラン社で、1992年以来、原油・天然ガスを採掘している。ただ「メゲブ5」が和平交渉の火種と言われるのは、その場所がイスラエルとパレスチナとの国境沿いにあるためだ。
 ロシュ・ハアイン町は本来、パレスチナ自治政府の居住区とされ、今は隔離壁で完全に封鎖されている。そこにイスラエル人が食い込むように入植してきた歴史がある
--------------------------------------------------------------
パレスチナ紛争は資源紛争でもあったのだ。
エジプト・カイロ沖合の巨大海底ガス田の開発に続き、イスラエルも沖合のガス田を開発する。
-------------------------------------
イスラエル政府はこのほど、同国沖合のリバイアサン天然ガス田の開発に関連し、米ノーブル・エナジーとイスラエルのデレク・グループに独占開発を認可することを決めた。
政府側には、昨年以降、着工が遅れていた同ガス田の開発事業を早期に開始したいとの意向が働いたようだ。
リバイアサン天然ガス田は2010年に発見された。このガス田は、地中海沿岸に位置する都市ハイファから47キロメートル離れた、海底1,645メートルに位置する。当初、天然ガス埋蔵量が17兆立方フィートと推定され、イスラエルが必要とする100年分に相当する天然ガスの供給が可能とされ、国内外の注目を一気に集めた。
その後、探査を重ねる度に埋蔵量が増加。リバイアサン天然ガス田で実施した最新の調査では、ここのガス埋蔵量が21兆9,300億立方フィートとなり、前回調査の18兆9,100億立方フィートから約16%増加したと、米コンサルティング会社のネザーランド・セウォール&アソシエーツ(NSAI)が発表済みだ。
他方、タマル天然ガス田は2009年にイスラエル沖合で発見された。ハイファから約130キロメートル離れた海底約1,500メートルに位置する。天然ガス埋蔵量は10兆立方フィートで、イスラエルの国内消費の数10年分に相当するとされる。2013年3月末、約4年間の開発工事が完了した。
 米エネルギー情報局(EIA)などのデータによると、リバイアサンを含むイスラエル全体の2014年の天然ガス埋蔵量は35兆立方フィート。約10年後、イスラエルは世界第7位の天然ガス産出国に躍り出ると予測されている。
------------------------------------------------------
英BP、エジプト巨大ガス田開発に1.4兆円投資 2015/3

英石油大手BPは、エジプトのナイル川デルタ地帯で巨大ガス田の開発に乗り出す。
5兆立方フィートの天然ガスの資源量が見込まれ、事業パートナーと組み総額120億ドル(約1兆4500億円)を投じる。
エジプトでの外国の直接投資では最大になるという。同国は政情不安で原油・天然ガス生産が停滞していたが、BPは有望鉱区で攻めの投資に出る。
対象鉱区はBPが65%の権益を持ち、2017年に生産を始める予定。ピーク時に現在のエジプト全体の天然ガス生産量の25%に当たる日量12億立方フィートの生産量を見込む。コンデンセート(超軽質原油)も生産する。
BPは生産したガスを国内のパイプラインに送り、増え続けるエネルギーの内需に応える。10年以内に同国でのガス供給量を倍増する計画だ。
------------------------------
日本も早く日本海沖のメタンハイドレードの実用化した方が良いのでは?

東京温泉、ロンドン油田、沖合ガス田の時代なのだ・



  1. ピークオイルと新エネルギー
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015-08-16 11:44

注目講演 「琉球王国450年の嘘」 石井望先生







中華人民共和国の南部はシナではないのでは?と長く思っていたのです。
その理由は、北京語の通訳が「この人たちの言葉分かりません」と通訳を放棄することが多かったからです。
上海までは大丈夫でしたが、揚子江の南に入ると・・・「わからんす」が頻発するのです。
最初の動画に漢字の読みの方言分布図が出てましたけど、非常に数が多い。
おそらくスペインのような多言語世界になっているのではないか。
江南はシナではないのです。
今の中国においてシナの範囲は黄河の流域から山東省、北京周辺の限られた世界ではないでしょうか?

以下の大清帝国統治地域を引継いでいると思われる。
欧州企業は江南に進出している。
日本はシナの統治地区に進出すべきではなかった。


0d360627.gif
  1. 海流の中の島々
  2. TB(0)
  3. CM(6)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。