2015-01-30 09:39

2014年8月18日のエントリー再録 

IMG_4949[1]

IMG_4948[1]




IMG_4947[1]

------------------------------------------------------
その後、以下のプログを発見。

http://kosuke.cc/column/rui-yasue-isis/


本当にバカな後輩ですが、バカなりに想定外の出来事だった、とのことです。
僕は火消しするつもりも火に油を注ぐつもりもありませんが、今はとりあえず湯川さんの無事を祈るばかりです。

最後の言葉があまりにも空しい。

スポンサーサイト
  1. マスコミの構造
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015-01-26 10:09

日本の同志(マスコミ)のニーズに応えて作りました。



  1. マスコミの構造
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2015-01-22 20:52

今、本当に大変なのは昭和3年から大正12年あたり

日本の少子高齢化が大変だと騒いでいる人達は、何を企んでいるのでしょうね。
厚生労働省は予算が欲しいのでしょう。
日本人口激減幻想を振りまいて、今度の国勢調査はどうするの?
調査件数の間引きだけは已めましょうね。

団塊の世代が高齢化するから大変だという人達。怪しいですね。
団塊の世代というのは戦争に出かけていた男衆が日本に帰って、結婚して子供が生まれたという話。
だから昭和20年の終戦の年ではなく、昭和22年頃から昭和25年頃までの生まれです。

これらの人達は、現役世代より元気で「ピンピンしてるわよ」の状態です。

年を取れば足が痛いとか目が悪くなったとかの老齢化現象が出てきますが、それは年取ったちゅうもんです。
だからどうした。という話です。

本当に介護が必要なのは85歳ぐらいから。さらに言うと87歳ぐらいからがレッドゾーンです。
87歳から92歳ぐらいが危険ゾーンですから、今、大変なのは昭和3年から大正12年あたりです。

この時期を超えると人口が急激に減るので、それほど大変ではない。
皆で長寿をお祝いいたしませう。

現在は危険ゾーンに昭和初期の方が掛かりはじめたところ。
昭和2ケタ世代になるのはあと数年は掛かる。
団塊世代など先の先の話。
団塊世代が大変になるのは、まだ20年弱は掛かるのです。

今から消費税を上げて景気を悪くする必要はありません。
  1. 社会福祉
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2015-01-19 23:47

Danielle Darrieux



ダニエル・ダリュー
1917年5月1日ボルドー生まれのフランス女優。
現在まで110以上の映画に出演しているフランス古典派美人女優の代表格。

 

  1. フランス
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2015-01-18 22:52

「東京キッド」と川田晴久



「東京キッド」は美空ひばりの2番目の映画である。
最初の映画は「悲しき口笛」で、こちらの方が遥かに有名だ。
しかし、東京キッドは、ひばりが唯一、師匠と呼んでいる川田晴久と共演している。
川田がギターを弾き、ひばりが歌うスタイルは、その後も暫く続いたが、
やがて、ひばりが有名になるにつれて過去の話となってしまった。

しかし、ひばりの歌はすでに子供の歌ではない。
  1. 日本の音楽
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015-01-18 12:11

魅惑のワルツ




「魅惑のワルツ」はビリー・ワイルダー監督の映画「昼下がりの情事」の挿入曲で、このドラマでは重要な役割を果たす。
オードリィ・ヘップバーンの映画では初期のモノクロ時代の映画である。
1953年 ローマの休日
1954年 麗しのサブリナ
1956年 戦争と平和
1957年 昼下りの情事

昼下がりの情事というと人妻の浮気の映画を思わせるが「午後の恋愛」「午後の初恋」が正確であろう。でも、これでは観客が入らないと悩んで、思わせぶりな標題になった。
最初から最後まで情事はないのです。
なぜ、午後かといえば、午前中は音楽学校でチエロの勉強をしており、
夜は父親に食事を作らねばならないからである。



こ映画でオードリィが演じる私立探偵の娘が練習しているのはハイドンの交響曲第88番「V字(回復)」。
ゲーリー・クーパー演じる大富豪のプレイボーイがミュージカルと間違えて切符を取ったのが「トリスタンとイゾルデ」。
「トリスタンとイゾルデの物語は大変な悲劇だ。もっと早く私立探偵を雇うべきあった」というのがモーリス・シュヴァリエ演じるお父さんの私立探偵。

安心して見れるお洒落な喜劇というのが、まだあった時代の映画である。


  1. ワルツ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2015-01-16 18:55

続・切れ切れの感想 

昨日は雪国の出かけて居た。
社長さん達は除雪で疲れ果てていた。
中小企業は社長が一番働く。
従業員が出社する前の事務所と工場の除雪は、社長とその一族の仕事である。

さて、私は寒さを防ぐために、ラクダの股引などの準備に忙しく、
スマホの充電道具を忘れてしまったので、なんと一日、音信不通男になってしまった。

本日の午後に東京に帰り、スマホを充填。

すると「スイスフランがああああ」という悲鳴が聞こえてきた。
その前には「なんのこっちゃああ」という呟きも。
昨日、届いたメールでした。
欧州の嫌われ者であるスイスがやってくれました。

スイス国立銀行は2011年9月に設定した1ユーロ=1.2スイスフランの上限を、突然撤廃。
さらに、銀行がスイス国立銀行の当座預金にお金を預けた際の金利を、マイナス0.25%からマイナス0.75%に引き下げ。

EUが金融緩和するとい噂が出ていて、もっていても安くなるのだから、もう上限は必要無いっちゃと撤廃。
そしたらスイスフランが暴騰、スイスの株式が暴落。
しばし、パニック。
パニックが起きれば一番信用されている国の通貨が買われる。
その国はどこでしょう?
そうです、日本ですね。
・・・ということで円が116円台に・・・・円高でんがな。

ここまでは以前と同じ。

でも、ちょっと雰囲気が違うのは、円高になって日本株が下がることは下がったのではありますが暴落ではないのです。
円と日本株が雪崩になるのを止めている感じがするのです。

  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2015-01-10 16:45

パリ週刊誌襲撃事件










1月8日 AFP(一部更新)仏パリ(Paris)で起きた風刺週刊紙シャルリー・エブド(Charlie Hebdo)本社襲撃事件で、殺害された12人の中には著名な漫画家4人が含まれていたことが分かった。フランスの検察当局が明らかにした。
4人は、「シャルブ(Charb)」のペンネームで知られていた同紙編集長でもあるステファヌ・シャルボニエ(Stephane Charbonnier)氏(47)、フランス国内では「カビュー(Cabu)」のペンネームで広く知られていたジャン・カビュ(Jean Cabut)氏(76)、ジョルジュ・ウォランスキ(Georges Wolinski)氏(80)、「ティニュー(Tignous)」のペンネームで知られるベルナール・ベラク(Bernard Verlhac)氏(57)。

数十年にわたり、時事問題を風刺する絵で国民の想像力をかき立ててきた漫画家たちが今回の事件の犠牲者に含まれていることは、フランス国内にさらに大きな衝撃を与えている。

 4人のほかには、同紙の論説やコメンテーターとして全国放送のラジオ番組に出演していたことなどで広く知られるエコノミスト、ベルナール・マリス(Bernard Maris)氏(68)も事件に巻き込まれて死亡した。

 シャルボニエ氏は1992年にシャルリー・エブド紙に入社。2009年に同紙の編集長に就任した。政治家などの風刺画を同紙に掲載していたが、シャルボニエ氏の風刺画は他にも数多くの左派系メディアや漫画雑誌に登場した。

 シャルリー・エブド紙が2011年、イスラム教の預言者ムハンマド(Mohammed)の風刺画を掲載したことを受けて、シャルボニエ氏らには殺害を予告する脅迫状が複数送り付けられていた。そのため同氏は、警察の保護下にあった。

 またムハンマドの風刺画が原因となり、同紙本社建物には火炎瓶が投げ込まれたり、ホームページがハッカー攻撃を受けるなどの被害に遭っていた。

 一方、カビュ氏は約60年のキャリアで大統領も軍も、宗教も誰も容赦しない姿勢でその時々の社会を風刺してきた。最も根強い人気を維持しているのは、フランスの批判的な人物や人種差別的な人物、やみくもな愛国主義者を風刺した「ブーフ(Beaufs)」。

 しかし、カビュ氏の作品の中でも特に痛烈なものとして知られているのが、イスラム教の預言者ムハンマドを風刺した作品。この風刺画をきっかけに、同紙関係者やカビュ氏は絶えず、殺害脅迫を受けていた。(c)AFP
  1. 欧州
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2015-01-10 01:55

芸術家の生涯 



この曲はヨハン・シュトラウスⅡの傑作ということで評価が高い。
原題からの直訳では「芸術家の生活」ということになるが、日本では「芸術家の生涯」と訳されて来た。
私が中学校時代から擦り切れるほど聞いたLPでも「芸術家の生涯」であった。
擦り切れる程、聞いて、やはり、この曲はⅡの作品では印象に残る名曲だと思う。





  1. ワルツ
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2015-01-05 23:17

なんだドイツが離脱するんじゃなかったのか?

今日、携帯に「ドイツがEU離脱を考えているが、出来るわけない」と電話があったので「ギリシャの行く末を考えて、自ら離脱するとは、あっぱれよのう」と返事をしておいた。

今年は春より縁起が良いわ。

・・・・と思ったのだが・・。

ドイツ有力誌シュピーゲル(電子版)は3日、債務危機に陥り政治的混乱が続くギリシャについて、必要な場合はユーロ圏からの離脱をドイツ政府が容認する方針だと報じた。ドイツ政府筋の話として伝えた。
 ギリシャは欧州連合(EU)主導の緊縮策継続の可否を争点にした総選挙を25日に行う。世論調査では、緊縮路線の見直しを唱える最大野党の急進左派連合(SYRIZA)が首位に立ち、欧州市場への影響が懸念されている。ドイツはギリシャの有力支援国。
 報道によると、同党が勝利して緊縮路線を見直した場合、ドイツ政府はギリシャのユーロ圏からの離脱は避けられないとの立場。ギリシャの離脱によるユーロ圏への影響については、メルケル首相とショイブレ財務相が限定的との見方で一致しているという。
 ギリシャに端を発した欧州債務危機に揺れたポルトガル、アイルランドに対する懸念が和らいだことや金融安全網「欧州安定メカニズム(ESM)」が発足し、財政危機に陥った国への緊急融資などを実施する態勢が整ったことが背景にある。
----------------------------------
なんだ、ギリシャの離脱に理解を示しただけではないか。つまらん。

まだ、EU監獄固めを続けるつもりなのか?

EU離脱はドイツから始めるしかないのですよ。

  1. 欧州
  2. TB(0)
  3. CM(1)