-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2014-08-31 20:40

鉄人28号はアニメの前に実写版があった

漫画「鉄人28号」が「少年」に連載されたのは1956年である。
テレビアニメの「鉄人28号」が、グリコの提供で始まったのは、1963年である。



しかし、その前に日立製作所の提供で実写版の「鉄人28号」があった。
これを見た記憶が「かすか」にある。
1960年に日本テレビ系列で放送された。全13話でモノクロ。
2月に始まり4月には放送終了していた。
記憶によると、鉄人はドラム缶を被ったような着ぐるみで、敵の着ぐるみロボットと殴りあっていた。
動きも単調で、かなり退屈だった。
実は、その実写版を思いだしたのは、先日、2005年に上映された、実写版の「鉄人28号」を、
DVDを借りて見たからである。
結論として、鉄人の実写版には無理がある。
鉄人は、武器を持たないロボットなので、殴るしかないのだ。
あの、大きな図体で殴るしかないのは、映像が持たないのである。



これは目黒川のような気がするが・・・・。ブラック・オックスの片腕が飛ぶ。



秘密基地を出発する「鉄人28号」。けっこうカッコ良い。



それでも、結局、殴り合う・・・・しかない。

鉄人28号のストーリィはどうも意味不明だ。
グリコ提供のアニメ版の冒頭は、金田正太郎の父が死ぬところから始まる。
傍に敷島博士と署長さんがいて「正太郎を頼む」と言い置いて死ぬ。
敷島博士は金田博士の研究室の同僚だから分かるが、署長さんは何で居るの???
この金田正太郎は少年探偵ということになっていて、署長との関係は明智探偵と荒井注刑事の関係なのである。
半ズボンの少年ながら学校に行かないで大人と面白いことをやっている・・・羨ましい奴なのである。

さて、鉄人28号であるが、太平洋戦争時、日本軍が進めた軍用ロボット開発計画により生まれたものである。
岐阜県乗鞍岳山中の地下に建造された研究所で、敷島博士を中心とした開発陣により研究が進められていた。
最初は人間と等身大のロボットで1号から26号の開発には成功するものの、それらは銃撃に対する装甲防御が不十分な未完成品だった。その後、敷島博士はこれまでの失敗を踏まえて設計を大幅に変更、巨人型ロボット27号の開発を進めた。
27号は一定の成功を収めたものの、実用機とするまでに至らなかった。
27号の成功を活かして建造されたのが28号なのだが、戦時中に建造された機体のスタイルは27号とまったく同じだった。完成した28号の起動実験が行われるが失敗、機体は爆散してしまう。
その後、戦況の悪化に伴い軍は鉄人計画の放棄を決定、敷島博士たち技術者陣は南方の孤島に設けられた、秘密の特攻兵器研究所へ移動することになる。戦争末期、孤島研究所の存在を察知した米海軍による空襲が行われ研究所は全滅、辛うじて生き残った敷島博士は終戦を知らず、長年に亘り助けてくれた原住民のもとで暮らしていた。
戦後10年後にインドへ渡り、そこで終戦と日本を騒がせている鉄人事件を知って帰国した。
敷島博士は小野田さんと同じ境遇であったのだ。

この鉄人事件というのが、突然、東京に鉄人が現れ「ビルの街にガオー」というものなのだが、
犯人は孤島研究所から鉄人27号の設計図を持って逃げた「白覆面の男」で、おそらく研究所員の誰かなのである。
アニメ版では鉄人27号と28号は別の外観にして分かりやすくなっているが、原作の漫画は外観が同じなので、ややこしかった。
その後、敷島博士は乗鞍岳の研究所で鉄人28号を完成させて、27号が暴れるのを防ぐ。続いてオフランスの泥棒が鉄人28号のリモコンを盗み、背中にロケットを積んで空を飛ぶように改造する。これを正太郎と署長と敷島博士と日本のヤクザが協力して取り返すという展開なのである。

2005年の松竹映画「鉄人28号」では、金田正太郎の祖父が兵器として開発した鉄人を、その息子が戦後に完成させた後に事故で死去、その子の正太郎が、ブラック・オックスの攻撃から東京を守るために、鉄人を操縦する・・・・というストーリィになっている。時代が過ぎたので・・・孫にしないと話があわんのである。





・・・それで、さらに思いだしたのは「鉄腕アトム」の実写版である。
何が怖かったのか詳しく覚えてないのだが、
このアトムの実写版を見て、子供の頃に魘された。
なので、もう一度見たい気がする。
覚えているのが・・・・
・空を飛ぶプレート(マンホールの蓋のようなもの)
・殺人犬

この2つに魘されたのだ。なんだろう???

スポンサーサイト
  1. 団塊世代の真実
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2014-08-30 17:35

発狂は降る星のごとく

IMG_5174.jpg


__.jpg



IMG_5058.jpg

IMG_5066.jpg


IMG_4647.jpg
  1. 半島
  2. TB(0)
  3. CM(1)

2014-08-30 17:31

伏字のある広告  

IMG_5173.jpg
  1. マスコミの構造
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2014-08-30 17:09

海底軍艦の積極的平和主義

終戦の直前に神宮司大佐とその配下は、帝国海軍の無条件降伏の方針に反してイ号潜水艦を奪い南海へ消えた。
海軍が機密で開発していた「海底軍艦」の設計図を持って。
その後、20年。
1965年に至り海底軍艦は完成した。
いざ、帝国海軍の復活をと志す神宮司に、元の上官は冷たく言い放つ。

houki.jpg

しかし、上官は戦争を放棄したと言うのに、海底軍艦の力を借りたいという。
要するに戦争をやってくれ・・・ということだ。

IMG_4738.jpg

IMG_4741.jpg

しかし、上官は・・・・

IMG_4732.jpg

・・・と意味不明なことを言い。


IMG_4737.jpg

・・・世界の要求に応えた武力行使なら良い・・・と言っているわけである。
これは自民党の「積極的平和主義」ではないか。
1963年の映画「海底軍艦」のみならず、この時代の東宝映画、テレビのウルトラマンシリーズから宇宙戦艦ヤマトまで、
すべては、この原理が貫徹されているのである。

それでも・・・・

IMG_4747.jpg

神宮司大佐は頑固にも「お断りします」。
しかし、その後に娘に日本国憲法の講義を受けて・・・考えを変えたと思われる。
それは映画には出てこないが・・・・
日本国憲法の前文には以下のように書かれている。

われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。
われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

日本国憲法のこの部分は悠久の大義に通じるものであるが、その前の部分と第9条の2だけが、大義の実行の邪魔をする。

前の部分

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。

9条の2
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

まあ、GHQ一夜づけで作った憲法なのだから仕方がないのである。

IMG_4800.jpg

・・・・まあ、変なとこは後から変えれば良いので、まずは「海底軍艦」は発進なのである。


  1. 団塊世代の真実
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2014-08-27 21:05

規制緩和の悪夢 韓国乃巻 背折号の悲劇

産経の西部版というのか、この「大阪から世界を読む」の記事の暗澹たるものを感じた。
昔はもう少しましだったと思う。
日本でもそうだが「規制緩和の悪夢」は「煩いことを言うプロを職場から追い出す」ことにある。
品質に拘るプロを職場より追い出し、人件費の安い派遣労働者に任せれば、コストカットは可能だが・・・その代償は大きい。米国流で竹中指南の規制緩和を推進すれば、日本もこうなってしまう。

記事全文は以下のリンクにて

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140827/waf14082707000001-n1.htm
--------------------------------------------------
多数の死者を出した韓国の旅客船「セウォル号」沈没をめぐる裁判で、救出された京畿道安山市の檀園高校の高校生や、救助活動にあたった関係者らが証言台に立った。
(中略)

救助内容を知らぬ救助隊

 「(沈没現場に)到着直後、何人かの乗客が船の外に出てきたのを見て、当然退船措置が取られたものと考えた」
 「沈没しつつある船で(船員たちが)乗客を脱出させていないとは考えもつかなかった。そのときは脱出した人をヘリに乗せて救助することが最優先だと思った」
 朝鮮日報(電子版)によると、光州地裁で8月13日行われたセウォル号沈没事故の公判で、救助活動にあたったヘリコプター3機の航空救助士たちはこう証言した。
驚くのは、救助する側が、その救助内容も、事態の深刻さも認識していなかったということだ。

 「旅客船が沈没中ということしか聞かされておらず、船内に数百人がいたことなど、何の情報も知らされていなかった」
 航空救助士たちはそう話したという。これでは助かる命も救えないのは当然だろう。
 沈没中という事実は知らされていても、そもそもセウォル号の乗客数という基本事項さえ知らなかった。「もし状況を知っていたら、何としてでも船内への進入を試みただろう」と述べる航空救助士もいた。

公判から浮かび上がるのは、現場の状況を正確に把握できないまま行われている救助活動の実態だ。今回の沈没だけでなく、あらゆる現場で同様のことが行われているのではないか。

命を救ってくれたのは友人…

7月28日に水原地裁で行われた公判では、救助された高校生たちが、当時の様子を証言している。
その証言から分かるのは、本来救助活動にあたるべき船員や海洋警察が“何もしなかった”ということだ。
朝鮮日報や中央日報(電子版)によると、生徒たちはこう証言している。
 「手を伸ばせば届く距離に海洋警察がいた。海洋警察は出てこいとも言わず船に上がることもなかった」
 「(海洋警察は)非常口から落ちた人たちを引き上げるだけだった。非常口の内側に生徒がたくさん残っていると話したが、眺めているだけだった」
 「助けてくれた大人たちはいなかった。友人同士で助け合って脱出できた」
救助現場に行くまでに情報を得ず、現場に到着して悲惨な状況を見ても、なお救助の打開策を見いだせなかった。
現場に到着した人も、指示を与えていた人も、「救助のプロ」ではなかったということだろう。
 高校生の証言によると、沈没している際に船員から状況説明はなく、「檀園高校の生徒はその場で動かずにじっとしていろ」という内容の船内放送が繰り返されたという。
 セウォル号の内にも、外にもプロはいなかったのだ。



この映像を見る限り、充分救助は出来たと思われる。なんで??????


  1. 半島
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2014-08-24 23:14

焼鳥の考現学

現在、日本の酒場で供される「焼き鳥」の多くは中国産である。
国産の肉に比べて輸入肉はだいたい半額なのであるが、肉の価格だけが原因ではない。
加工に係る人件費の部分が大きいのである。
焼き鳥の串刺しは、機械ではできない。
肉の繊維の方向というものがあり、かつ正肉の場合は皮の処理があり、かつ見栄えが良くなくては売り物にならない。
造形されたサイコロステーキを串に刺すのとは違うのである。
切り分けられた肉を串に刺すだけでも1串に1分以上は掛る。
平均して1時間40本ぐらいだが、時給1000円の方が刺せば1本25円となる。
これには肉の価格は含まれないし、串に刺すまでの状態にする肉の切り分け工賃は含まれない。
さらに、これを店舗に販売するわけだが、冷凍費、梱包費、運送費が掛る。
そして、店ではたれを付けて焼く費用、燃料費、人件費、水道光熱費、家賃などが掛る。
これだけ費用が掛るのに、1本を100円程度で販売している。
昔は1本160円程度であったが、小泉構造改革で価格破壊が続き、1本50円の店も登場し、
価格で負けるのが怖いので、1本100円程度に収めようとする。
すると・・・刺すだけで25円も掛る日本では無理ということになる。

それでは・・・誰にさ刺せしむか?
鶏肉輸出では世界トップのブラジル。
でも刺すのは苦手のようである。
指先に微妙に力を入れて刺すということができないで、力任せに刺すので、全部、抜けてしまうのだ。
次の輸出大国の米国。彼らは肉の部位を分けるのも嫌がるぐらいだから串刺しなんてやるわけがない。
鈍感言語の英語と同様に「微妙という」感覚がないのである。
鶏肉輸出の大手であるタイ。しかし、この国の人件費は中国よりも高いので無理。
他のインドシナの諸国及びインドは、人ではあるが輸出できるだけの鶏が居ない。
今後は可能性があるし、すでにプロダクトはスタートしているが・・・現在は中国しかない。

それでは日本の焼鳥の全てが輸入肉かというと、そうでもない。
個人経営の零細店舗で「売切御免」の店は日本肉を仕入れ自分で串にさしている。
ある程度の規模になると外注する「串刺し屋」もある。
こうした店は個人営業の、あまり儲けを気にしない生業店であるため可能なのである。

日本の焼き鳥の市場価格が1本200円になれば国産肉を使うのは難しくない。
160円程度であれば、養鶏業者と国内の串刺し屋と焼き鳥やが異業種提携の協同組合を作れば対応が可能かも知れない。今後は、そういう方向を考えるべきである。

なお、ナゲットや唐揚げは機械化が可能である。
まずは、この部分の国産化を図るべきである。
  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2014-08-24 13:21

中国への邦人定住者は2835人です

イメージ034

海外在留邦人数調査で中国への在留邦人数が15万人もいる。
中国人が逃げ出しているのに馬鹿ではないか。
家族だけでも返すべきだ。お前らが死んでも自己責任だ。
・・・てな話を書いている人が多々ありました。

五月蠅い、余計なお世話だ。
しかしね、15万人はいないだろう、これは瞬間的な延人数だ・・・・とコメント返ししたことがある。
今年も外務省の調査が8月15日に発表されたが、15万人が10%ダウンで13万人になっていたが、
その13万人の内実は3ケ月以上の長期出張である。

海外在留邦人調査の在留邦人は、定住者と長期滞在者と分かれている。
この長期滞在者は日帰り程度の出張者まで数えたら「きりがない」ので、
3ケ月以上のところで線を引いているのである。

それで上のグラフを見てもらえば中国は定住者が極めて少なく最新調査で2835人である。
これだけ長期滞在者の比較しれ定住者の少ない国はないわけで、誰も住みたくないのである。
在留邦人は世界第三位のオーストラリアと比べてみればわかる。
定住者が少なければ、それだけ他の社員が交代で日本から出張することになる。
それで13万人になるのだが、内実は出たり入ったりの延人数である。
在中国日本企業の数も実は良くわからないのであるが、
1社当たりの日本人の数は2人、多くて3人程度である。
基本は現地のオペレーションでやっている。
こういう状態なので、時々、日本からの3ケ月程度の出張でサポートすることになる。
安いホテルに長期宿泊し「シーツを洗え」「水が貴重なので洗えない」「シャワーが出ない」「上階なので揚がらない」とホテル側と不毛な交渉をしながら過ごすのである。

仕事ですからね。
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2014-08-22 22:26

欧州僻地の単純言語

今年は6月から英語の資料集を作っていた。
2000年ぐらいまでは、この手の仕事をやっており、様々な報告書も書いた。
もはや2014年である。
14年間、日本の仕事をしていれば英語力は急激に退化する。
読めなくなるし、聞けなくなるし、書けなくなる。
英会話の能力など使わなければどんどん落ちて・・・覚えて居るのはミーチューだけになる。
2000年頃には現地にヒアリングに行きレポートを書いていたのに。

ミーチュー


しかし、仕事であれば、やらねばならない。
一週間もやれば感覚が戻り、数週間でスペルの間違いもすぐ見つけて修正できる。
仕事というのは、そういうものなのだ。

秋田のどっかの大学のように全部英語で教育を受けたり、
どっかの、お馬鹿な会社のように社内会議を英語でやっても、何の意味もないどころか有害である。
何故、有害かと言えば「欧州僻地の語彙もニュアンスも少ない単純言語:英語」で勉強したり思考すれば、米国人のようになってしまうということです。
本来、深い思索を究めればならない時期を無駄に過ごすことになる。

私が大学に入る時の父の忠告。
「泰西の言葉を学ぶには、ラテン語をやりなさい。そうすれば他の言語も自然に分かるようになる」
ラテン語はバチカンの公用語である。
英語などはガリアの先にある島の方言ではないか。
あまりにも僻地で未開なので単純で語彙も少ない。
スペインの無敵艦隊を撃破したので世界に散らばっただけである。
植民地主義の言語であり、心を伝える言葉ではない。

私は父の忠告には従わず、ラテン語も勉強しなかったし、英語も勉強しなかった。
でも、仕事で使っていれば、半年もあれば十分に使えるようになるものなのだ。
馬鹿げた英語教育よりも、歴史と伝統ある日本語での思索の積み重ねが重要である。

英語教育とか経済特区とか、日本は発展途上国と間違えているのではないのか?
  1. 欧州
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2014-08-21 09:25

奇妙なオブジェ

IMG_4962[1]

拉致被害者全員奪還はヘイトスピーチという認識らしい。

IMG_4963[1]

幼児の頃から日本人は敵だと教育され。

IMG_4934[1]

日本軍銃殺パフォーマンスに熱中し。

IMG_4935[1]

最後は燃やして殺す。

  1. 半島
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2014-08-20 15:05

賄賂の殿堂にて

デンソー、自動車部品取引で中国独禁法違反…制裁金約25億円
デンソーは8月20日、中国での一部自動車部品の取引に関して、独占禁止法に違反したとして、中国国家発展改革委員会から1億5056万人民元(約25億円)の制裁金が課せられたと発表した。
今回の案件は、同社を含めた複数の事業者に関して中国独占禁止法に違反した疑いがあるとして、中国国家発展改革委員会から調査を受けていたもの。
同社では、独占禁止法順守の強化策を継続的に実行し、再発防止に万全を期していくとしている。
なお、制裁金については、2015年3月期第2四半期決算において、特別損失として計上する予定で、業績への重要な影響はない見通し。
-------------------------------------------------
日本の12社、独禁法違反=自動車部品、罰金200億円―中国
時事通信 8月20日(水)

中国国家発展改革委員会(発改委)は20日、日本の自動車部品メーカー12社が独占禁止法に違反したと認定し、計12億3540万元(約200億円)の罰金を科すと発表した。
中国中央テレビは、同国の独禁法違反事案では過去最大の罰金と伝えた。
2000年から10年以上にわたって価格カルテルを結ぶなどしたことが、完成車価格の押し上げにつながり、消費者の利益を損なったと判断した。
12社は、日本精工(罰金額1億7492万元)やNTN(同1億1916万元)などベアリングメーカー4社と、デンソー(同1億5056万元)、矢崎総業(同2億4108万元)、古河電気工業(同3456万元)など8社。
密接に連絡を取り合った上で、値上げを決めるなどしたという。
発改委は日立製作所子会社の日立オートモティブシステムズと、不二越については、違反を認定しながらも、自発的に関連状況を報告し、重要な証拠を提供したとして、罰金を免除した。
-------------------------------------------------- 
日本精工は、中国での軸受の取引に関して、独占禁止法に違反する行為をあったとして、中国国家発展改革委員会から1億7492万人民元(約29億円)の制裁金の支払いを命じられたと発表した。
同社は、社内調査により判明した事実を受け、中国での軸受の取引に関して、同委員会による調査に協力してきたとしている。
また、同社では「このような事態になりましたことについて、厳粛に受け止め、外部専門家等の指導を仰ぎながら、一層の法令遵守の徹底に努めるとともに、信頼回復に向け全力を傾注する」としている。
制裁金の支払いに伴って、2015年3月期の業績予想の修正が必要となった場合は、速やかに開示するとしている。
------------------------------------------
中国国家発展改革委が日本の自動車部品メーカー12社に独占禁止法違反で罰金を科すと明らかにした問題で、住友電気工業は20日、同委から行政処罰決定書を受領したと発表した。
課徴金は2億9040万元(約48億円)。業績予想の修正はないとしている。
また、ジェイテクトも1億0936万元(約18億円)の制裁金支払い命令を受けたと発表した。
業績予想への影響は精査中という。(2014/08/20-11:54
----------------------------------------------------
ベンツ、独禁法違反の疑い=補修部品価格を操作-中国
新華社電によると、中国江蘇省で独占禁止法違反の調査を担当する当局者は17日、ドイツ自動車大手ダイムラーの高級車ブランド「メルセデス・ベンツ」の現地販売店などを調べたところ、不正に補修部品の価格をつり上げている証拠が見つかったと明らかにした。
補修部品をめぐっては、日系を含む多くの自動車関連メーカーが調査されている。
同省の独禁当局は国家発展改革委員会(発改委)の指示を受け、7月下旬から販売店を立ち入り検査するなどした。
同当局者は「ベンツは主導的な地位を利用し、アフターサービス市場で補修部品価格を操作している」と指摘。
完成車メーカーが販売店での部品価格つり上げに深く関与しているとの認識を示した。
-------------------------------------------------------------
補修部品についてはディラーでもB部品と呼ばれるイミテーションが使われており、
さらに各地にある部品城(巨大部品市場)では、C部品もD部品も
・・・禁断のZ部品に至るまで何でもありなんですけどねえ。
そういう部品が世界の流通してトラブルを起こしているのですけど。

「山の魔王の宮殿にて」を聞くしかないです。


  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。