2014-04-27 13:12

財界とは何か?

財界とは何か?
ウィキぺディアによると

財界とは、大企業の経営者や実業家などが構成している社会を指す言葉。経済界もほぼ同義。
日本メディアが、「財界では~」「財界の動向は~」などという形で使われる場合は経団連・日商・経済同友会などを指す場合がほとんどで、一般的には労働界(労働組合)などと対置される


要するに財界は労働界に対置するもので、経済3団体を指すことになっています。

経済三団体とは。


日本経済団体連合会(経団連)
日本商工会議所(日商)
経済同友会

経団連は、政界への働きかけを担ってきた旧経団連と、労働問題を扱う日本経営者団体連盟(日経連)が統合され、02年に発足。
日商は中小企業の利益を代表。
同友会は経営者が個人の資格で参加し、自由な提言をするのが特色。

・・というのが一般的な認識です。

経団連と同友会は大企業と言うのは分かるが
日商が中小企業の利益を代表というのは?????????????????????????

?が無限に付いてしまうのですけど。
確かに中小企業は加入しているが、今の日商会長は新日鉄の元社長で今は相談役。
その前は東芝、その前は旭化成、その前は石川島播磨・・・どこが中小企業ですねん。
中小企業に溜まった不満のガス抜き団体でしょう。

しかし、マスコミは、この3団体しか相手にしないのです。
基本的な誤りは「財界」と「労働界」の二極対立でしか日本経済を見ていないということです。
これは基本的にマルクス主義経済学に汚染された見方であり、
もはや、この2つの対立という話は「時代遅れ」というより、そもそも間違っていたのです。
なにしろ青山繁春によると、連合の会長は「美しい目」をしてるそうですから。

安倍首相がメーデーに参加して話した通り、
給料を上げるのは景気回復しないと駄目なんですよ。
そして景気回復して給料が上昇したら、また景気が良くなるのです。

しかし、この話に一抹の不安があるのは、新自由主義者のトリクルダウン理論です。
鄧小平理論と酷似したこの理論は・・
「富める者が富めば、貧しい者にも自然に富が浸透(トリクルダウン)する」とする経済理論でして、
鄧小平が白でも黒でも鼠を取る猫は良い猫である。雀を取る猫は「よもちゃん」である。
・・・と語り、金持ちになれる者から先に金持ちになれば、やがて貧しい者のも浸透すると語ったが・・・
現実には・・・そのようにはなってないのです。
金持ちはますます富み、貧しい者はますます貧しくなっているのです。

それは「金持ち」の特権を与えたからです。
その剥奪は、もはや革命でもないと不可能です。

日本も同じような路線に進むのではないかと危惧しております。、

そこで日本経済の別の側面について、そろそろ語り始める必要があるのではと思います。

中小企業には「中小企業4団体」というのがある。
この中で日商だけは中小企業の団体として財界の一部に認めてやるが、後は知らん(日本のマスコミ)

日本商工会議所
全国商工会連合会
全国中小企業団体中央会
全国商店街振興組合連合会

・・・ということなんです。
マスコミが知らんふりする理由は・・・これ等の団体は日商以外は守旧派と目されているからです。

この守旧派の世界について、徐々に書いて行こうと思います。
スポンサーサイト
  1. 中小零細企業の実態
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2014-04-24 07:54

小野二郎のお店

すきやばし次郎は銀座の高級寿司店と言うイメージではない。
一応、あそこも銀座なんですが、有楽町駅前の外堀通りを渡った塚本素山ビルの地下一階ですから。
昭和40年頃にあそこに店を出し、それから今まで続けている。
小野二郎氏はもうじき90歳でしょう。

私は懇親会やパーティの企画を長くやってましたので、料亭とか一流ホテルの名店とか有名なレストランとか人が多く入れる会場はほぼ知ってますが・・・

こういう有名店を選ぶ理由は・・・さしあたり老若男女が集まるので無難な味であることが重要ポイント。
パーティの進行に支障を来たさないように、スムーズに出て、スムーズに片付ける
主催者側の意見を入れて料理を微調整してくれる。会長の好み、来賓の好み、外国人の食のタブーへの調整など。
料理は無難なのですから、有名店でないと「ありがたみ」が無いので「あそこは旨い」という広報・宣伝がいきわたっていること。

という選択肢で決めるのです。

ですから自分のお金で食べに行くのは、こういう高級店には行かない。

店主の腕で勝負している小さな店で、基本的にはメニュー無しの100%お任せ。
小野二郎氏の店も、そういう店であり、お任せコースは3万円。
店主が握り、30分~40分の間に終わる。
それで良いなら予約して下さい・・・という店である。

実は探して見ると、このような腕の良い職人が仕切っている店は都内に点在しているのです。
そういう店には、私は一番大切な人達、そう家族と行きたいですね。
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2014-04-24 00:07

幸せな愛はない  Georges Brassens

ジョルジュ・ブラッサンスは1921年に生まれ、1981年に没したフランスで最も愛されたシャンソン歌手である。
フランスでは超有名な歌手で、パリにはジョルジュ・ブラッサンス公園まであるが、世界的な知名度は低い。

ギリシャで生まれ、パリで活躍したムスタキは世界でも売れるが、南仏の港町生まれのブラッサンスの旦那は、余りにフランス臭くて、世界では売れない。
フランスの北島三郎か、三波春夫のような存在なのだろう。

この旦那の音楽の伴奏は自分で弾くギターと、奇妙な手ラッパのみ。手ラッパというのは、手をラッパのように丸めて口に当てて吹く、子供のやるプップクプーである。

そして、音楽は単調で曲よりも歌詞にこだわっている。

しかし、聞きなれると味が出てきて、病み付きになる。

以下は代表作の「幸せな愛はない」である。




  1. フランス
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2014-04-23 20:29

ティーノ・ハイブリッドの思い出

2000年の4月に日産自動車はティーノのハイブリッド車を限定100台、インターネットで販売した。
トヨタ、ホンダに続くハイブリッド車投入であった。
ガソリン・エンジン(1.8リットル)と電気モーターをCVTを介して接続するシステム。
大人5人がゆったり乗ることができ、充分な荷室スペースも確保するということが、プリウス、インサイトの先発ハイブリッド車とは異なる特長である。
私の友人がこのインターネットの限定100台販売にチャレンジして購入した。
まだ世の中に「日産ファン」なるものが存在していた時代であった。
この限定100台で評判が良ければ増産する計画であったが、
1999年に社長に就任したカルロス・ゴーンはハイブリッドの開発を中止させた。
ハイブリッド・チームは解散となり、一緒に開発していた日立の技術者も「さよなら」と帰って行った。
後続のハイブリッド車が出ないので、私の友人は2010年頃までこの車に乗っていた。
10年も乗るとバッテリーが駄目になりそうだが、全くそいういうこともなかった。
2011年に至り、ようやく日産はフーガハイブリッドを市場投入したが、
すでに日産ファンでなくなっていた彼は三菱のアイミーブに乗り換えた。

この限定100台の1台に何回か乗ったが、特別の良いわけではないが、悪くは無く、満足いくものであった。
熟成を図ればかなり良い車になったと思う。

ゴーンはハイブリッドはエンジンとモーターの両方を積むので、コストが掛かり、普及しないと言っていた。
そして電気自動車が将来のエコカーの本命であるとして、リーフを開発させた。
しかし、リーフがプリウスを越えるはずもなく、彼の予想は(考えれば誰でもわかることだが)当たらなかった。

米国でゼロエミッション規制が始まった頃、GMが電気自動車を出した。
1997年頃・・・この時代にトヨタはRAV4EVを米国市場に投入している。
当時、私は米国視察ツアーを企画していたが、電気自動車を必ず入れていた。
RAV4は一部の熱烈なファンが付いてはいたが、しょせんは近所周りの車であり
トヨタは限界を感じてハイブリッドの開発に移行して行った。
しかし、このRAV4EVの性能は電気自動車としては最先端で、
遙か後に開発された三菱のアイミーブと走行距離は変わらなかった。
しかし、こうしたことは人の話を聞かないゴーンは知る由も無いのである。


  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2014-04-22 14:33

崩壊する都市





  1. 半島
  2. TB(0)
  3. CM(1)

2014-04-21 19:09

今夜はアグスティン・ララ

 

ララの旦那はメキシコの偉大なる大衆音楽作曲家兼歌手。




  1. メキシコ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2014-04-20 17:02

とうとう、ここまで来ましたか

三橋貴明の代理人である弁護士チームが、「増税と政局・暗闘50年史」を刊行した倉山満氏、および出版社イーストプレス社に対し、本日付で以下の「内容証明」を送付したとのこと。

通知人は貴殿に対して、
①「増税と政局・暗闘50年史」の回収、増版禁止、
②謝罪広告、及び③損害賠償(詳細は前記記載のとおり)を要請いたします。
 なお、本通知の受領日より1週間以内に、貴殿より誠意ある行動ないしご回答なき場合には、法的手段をとることを申し添えます。
-------------------------
この文書が発送されたのは4月15日ですから、週明けには一週間です。
通知書を弁護士名で出された・・弁護士を代理人とした以上は、
何のアクションもなければ法的手続きとなるでしょう。


この通知書で水島社長は可哀相に本の中で名前まで間違って記載されていたのを知りました。


倉山氏が上記「増税と政局・暗闘50年史」に記載した三橋、藤井聡氏、中野剛志氏、そしてチャンネル桜の水島社長に関する記述は、「名前以外は全て嘘」と言っても過言ではないほど、事実無根で満ち溢れています。要するに「嘘っぱち」ばかりなのです。
水島社長に至っては、名前まで間違っています(水島聡ではなく、水島総です)。

水島社長が60代の団塊世代であることがいけなかったのでしょうか?
  1. マスコミの構造
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2014-04-18 19:36

福祉行政は果敢に本丸を攻撃すべし

3年に1回の70歳以上の町内高齢者訪問調査をやっているのだが、思うことが多い。
まずは高齢者は死ぬと言うこと。
3年前には元気だったのに。
ああ、この人も。この人もという感じ。
高齢化社会で高齢者ばかり増える大変だ、どうする。移民だ。という論調は同感できない。
高齢者はどんどん死んで減っているのが実感。
70歳以上と言うことで、新たに70歳を越えた人が増える。
確かにそうだが・・・こういう人達は元気である。
88歳を越えると衰えるが70代はピンピンしている。
老人の概念を80歳以上に変えるべきである。
そうすれば老人は増えていないことになるだろう。
65歳以上を老人とするから増えるが
65歳から75歳までは元気なので手が掛からない。
何の問題も無いのである。

高齢者の一人暮らしの問題。
一人暮らしになってる人は80代が多い。
連れ合いが亡くなって一人暮らしである。
しかし、一人暮らしの方が、やがて二人暮らしになっているケースが多い。
一人では何かと不便であると気の合う人と共同生活を始めたらしい。
ポスト、表札を見ればわかる。

80代で一人暮らしの老人は、やはり心配であるが要支援以上の認定があれば定期訪問がある。
要支援でなくても、ボランティアで無料定期訪問を受けることができる。
そのようなシステムを作ってしまえば「無料でお手伝いしたい」という人は居るものである。
現状では人手不足と言う声も聞かない。
誰でも出来る仕事なら、人手はいくらでもある。
国民の半分しか働いてないのだから。
高齢化社会だから大変だという感じではないのですけど。

それでは問題はどこにあるか?
動けなくなった老人の施設が圧倒的に少ないと言うことだ。
動ける間は受け入れ可能施設がいくらでもあるが、動けなくなると行くところがない。
老人ホームも動けなくなったら自宅に戻される。
病院も治療の可能性が無ければ追い出される。
数少ない施設は順番待ちである。
今、社会福祉の本丸はこれである。
この問題の解決を急ぐべきである。
寝たきり老人の治療法
寝た切り老人を減らすための研究
それを実現するプログラム。
これはプロの領域である。
移民ではどうにもならない話である。
  1. 社会福祉
  2. TB(0)
  3. CM(7)

2014-04-18 10:57

これだけ暇だと・・・

製造では1月が忙しく、流通では3月が忙しかったが、4月は嘘のように暇。
消費税率が上がった影響は顕著に出ている。
一方で円安で原材料が上昇した影響で、メーカーからの値上要請が来ている。
電気代などは上昇したままである。

「消費税転嫁特別措置法」は昨年の今頃には国会に提出されていた。
その後、あまりニュースにもならずに可決され、
安倍首相は増税を決めたとされる10月には施行されている。
それから直ぐにマニュアルが届き、説明会が開催された。
とにかく手回しが良いのである。

現在、外税表示が許されているのは、次に10%の増税への対策が終わった後、
平成29年3月31日までの時限立法である。

  1. 消費税は悪魔の税制
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2014-04-16 10:38

晩年のバーデン・パウエル

晩年のバーデン・パウエルの演奏 

 

O Astronauta

 

 

  1. ブラジル
  2. TB(0)
  3. CM(1)