-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2013-09-29 10:15

遊戯王でわかる輸出戻し税

スポンサーサイト
  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-09-29 00:02

消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正

「消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法」ちゅうのを作ったから大丈夫です。

・・・・と思ってるから怖いわ。

 

確かに「常習犯」の名前は書いてある。

 

特定益税業者・・・じゃなくて特定業者というのは大規模小売店と書いてあるのだから、正直だわ。

 

特定供給業者・・・・・特定消費税還元セール原資提供業者とは、「特定業者に納入している業者」である。

 

しかし、消費税の転嫁を疎外する行為は駄目とか、価格表示だとか・・・・発想が古いわ。

もう、とっくの昔に外税で請求書は流れている。

 

消費税の転嫁の疎外は駄目としても、

自主的な値下げまで禁止できないだろう。

コストが下がったので値下げしたのと、区別が付かない。

 

 

今まで本体価格100円で仕入れていた。

外税なので請求額は105円であった。

これが今度は108円になる。

 

8%の消費税の転嫁は、もう外税で動いているのだから0.05をエクセルの数式を0.08に変えるだけで何の準備もいらない。

 

しかし、このタイミングに、たまたま製造コスト削減が可能になり、自主的に本体価格を下げるというのは・・・・これは止められないでしょう。

本体価格を97円にして、消費税8%を転嫁すると105円になる。

 

無理やり97円にさせられたんでしょう?

いや、自主的に下げたのです。

 

怪しいなあ。

 

強制的に・・・自主的に下げさせられたのです。

そうしたら、他の業者も自主的に下げましてね。

そうしないと競争に負けてしまいますから。

従業員の給与を3%下げれば済むことです。

 

そうですか?

 

圧倒的に優越的な地位にある人達には逆らえません。

  1. 消費税は悪魔の税制
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-09-28 13:33

消費税は悪魔の税制

 

 

 

 

 

 

  1. 消費税は悪魔の税制
  2. TB(0)
  3. CM(5)

2013-09-27 22:46

凸者「景気は減速しますよ」財務省「...はい」

  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-09-27 01:03

日本企業は未だ苦戦中

「調子はどうですか?」

「悪いねえ」

「アベノミクスで良くなったのでは?」

「円高が止まったことと、株が上がったことで気分的に楽にはなったが、根本部分は解決されていないので、実は深刻なんです」

「根本部分とは?」

グローバリズムですよ」

「なるほど竹中」

「国内の生産は落ちたままでしょう。正確に言うと回復の兆しはゼロ。ますます縮小傾向にある」

「なるほど大前、ガラガラポン」

「運送業界に聞いてみれば分かる。生産に係わる部品や原材料に輸送は縮小している。動いてるのは消費財の輸送のみ。その多くが輸入品の輸送だ」

「鉱工業生産指数を見ても停滞状態ですね」

「国内で作らず海外で作る・・・そういう流れになっており、これを変えるのは・・・まだ時間が掛かる。そもそも可能かという問題もある」

「変えるとしても3年以上は掛かる」

「消費税は?」

「国内市場は生産が駄目で、復興需要も動いてない。これで消費市場に冷や水を掛けたら終わるでしょう。日本経済は奈落に落ちる」

「丁寧に実態経済の指数を見れば分かること」

 

本日の一部上場企業(メーカー)の実務レベルの管理職との対話。

その後、運送業の社長とも話したが・・・・実は実体経済は厳しく、政府が国内経済活性化のための施策を邪魔する勢力が強くて、このままではヤバイと認識は一致した。

  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2013-09-26 12:12

消費税の衝撃:9月には運転資金が足りなくなる

前の会社でも9月になると運転資金が足りなくなり、銀行から借り入れるのが常態化していた。

だから9月にはあまり良い思い出が無い。

 

どうして、そうなるかと言えば3月末が決算。

それから法人税等などの申告書類を作成し、

株主総会で承認。

それで5月に・・法人税は赤字なので払わないがドーンと消費税を払う。

つづいて6月にボーナスを払う。

もともと利益から払うのだが、ドーンと消費税を払った後なので、現金が消えて、もはやドーンとは払えない。

それでも、ボーナスでローンを払う社員もいるので、できるだけ現状維持で払う。

すると・・・7月、8月と営業して・・・・9月には運転資金が足りなくなる。

 

そこで銀行から借入するのだが、基本的に赤字会社には貸してくれない。そこを何とか頼みこむのだが、その間にも資金がショートする恐れがあるので・・・・

 

「あんた、いくらか会社に金子を入れられないか?」

「ええ・・・もう、貯金はありません」

「去年も入れたでしょう、まだ返してもらってません」

「ショートしそうなんじゃ」

「会社が倒産したら、わしらの責任は重大だ」

 

・・・・てな感じで役員会議が開催される。

 

こうして役員からの短期借入金と銀行からの少額融資で、この危機を乗り越えると、来年の3月決算までは持つ。

 

しかし、少額といえども借金は毎年多くなる。

 

この悪循環が始まったのは1997年の消費税率のアップである。

あの2%のアップが辛かった。

 

3%の時代は黒字で消費税も払い、法人税も払えた。

ボーナスも運転資金まで手を付けることなく払えたし、黒字なので銀行も金を貸して呉れたので、新規事業に投資が出来た。

 

全てがおかしくなったのは1997年の3%から5%の消費税率のアップである。

これは当社だけの話ではない。

多くの中小企業はまだ1997年の痛手から回復していない。

それなのに、5%を8%に上げると、もはや耐えられる会社は少ないだろう。

 

前にも書いたが消費税はデフレを促進する仕組が組み込まれている悪魔の税制である。

 

http://yuyuu.iza.ne.jp/blog/entry/3190123/

 

 

デフレ下では買い叩きが激化して、価格に転嫁できるのは大手だけである。

  1. 消費税は悪魔の税制
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-09-24 07:49

眠ったままの日本人へ~中川昭一氏が残したもの

  1. マスコミの構造
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-09-23 19:40

財務省人事とアベノミクス偏向報道

  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-09-23 12:04

ウェブリブログからのメール

ウェブリブログに登録してから、あと2日で5周年になります。
ウェブリブログ事務局のまーさです。
ご利用いただき、ありがとうございます!

 気分は友遊
      http://yuyuudouga.at.webry.info/

この5年間にあなたのブログで生み出された訪問回数は・・・

 2257 件 になります。

過去のブログを振り返ると、昔の自分が考えたり感じていたことから新たな気づきが生まれたりするものです。

  最初に書いた記事は "夏から秋へ" でしたね
   http://yuyuudouga.at.webry.info/200809/article_2.html
 

 2年目は "伊東ゆかり 姉さん顔が好きだった" でした
   http://yuyuudouga.at.webry.info/200910/article_1.html
 

5年目は "星を見ないで  伊東ゆかり" でした
   http://yuyuudouga.at.webry.info/201211/article_1.html

ブログを始めてから、あなたのライフスタイルは変わりましたか?
ぜひ、今の思いをブログに記録しておいてください。

後で見直すと非常に貴重な記録になります。

 

-----------------------------------------------------------

 

5年間で 2257 件・・・・・・

 

IZAブログで1日の訪問者数ですけど。

 

以前のライブドアブログの時代も5年で3000件程度でした。

アメーバーは禁止用語が多くて・・・それも何が禁止用語かわからんので、1語ずつ消して確認と言う手間が大変で・・やめました。

 

私は「コレ」でアメーバーを辞めました。

 

 



 

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-09-22 17:47

普通に考えれば源泉所得税の減税でしょう

消費税の増税を容認する人達は、

増税のショックを誤魔化すために法人税の減税とか、低所得者に1万円配るとか・・・・何を考えているのやら。

 

消費税は、一応建前は「消費に対する税」でしょう。

何故、法人税を減税するの?

法人も確かに消費税を負担しているが、メインは消費者でしょう。

それなら、毎日、一生懸命働き、消費のメインになっているサラリーマンへの減税が必要と普通は考えるでしょう。

素直に考えれば源泉所得税の減税となるはず。

 

低所得者については米国流のフゥード・スタンプに切り替えれば現在の予算内に収まるはず。

 

源泉所得税を減税すれば、これは喜ばれるでしょう。

法人税よりも源泉所得税の方が大きいのだから。

 

ドイツ在住のマルコ師匠の報告によると、

ドイツでは消費税率アップにあわせて所得税を減税しているとのこと。これなら消費市場への影響を大幅に軽減できる。

 

源泉所得税をドーンと50%程度の減税をお願いしたい。

  1. 消費税は悪魔の税制
  2. TB(0)
  3. CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。