2012-03-31 17:40

厄払いに行って来ました

去年は旧正月明けに厄払いをした。
今年は多忙ゆえに今日になった。

 

今年は後厄である。

確かに「役」が沢山来た。

身を清めて、心を清めて役割に取り組まねばならない。

 

参考:平成24年厄年早見表

 

男の厄年

前厄
昭和28年生 60才
昭和47年生 41才
昭和64年生 24才
平成元年生 24才

 

本厄
昭和27年生 61才
昭和46年生 42才
昭和63年生 25才

 

後厄
昭和26年生 62才
昭和45年生 43才
昭和62年生 26才


女の厄年

 

前厄
昭和52年生 36才
昭和56年生 32才
平成7年生 18才

 

本厄
昭和51年生 37才
昭和55年生 33才
平成6年生 19才

 

後厄
昭和50年生 38才
昭和54年生 34才
平成5年生 20才

 

 

スポンサーサイト
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2012-03-31 15:42

民生委員・児童委員候補者個人調書を町会長に提出

4月10日が町会長からの推薦の締切とのことで、調書を町会長宅に持参。

 

町長が言うには「町内にある多くのマンションの住民は町会に入ってないので、誰が住んでいるか町会では把握できていないが、厚生委員は地区全体の面倒を見ないとならない」とのこと。

 

私の調書は5月下旬に東京都の推薦を受け、6月頃に厚生労働省に届くらしいので、宜しく。

 

現在、一年365日24時間働いておりますが、

連絡は携帯電話があり、社長なので時間の融通が利くので、

民生委員活動や諸会合の参加は支障がない・・と書きました。

 

24時間戦えます。

 

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2012-03-31 12:37

Green Eyes

 

緑の目。

ちょっと妖しい。

 

Green Eyes という曲はJAZZのスタンダード・ナンバーですね。

古いナンバーで、トミー・ドーシーの楽団(懐かしや温泉コケシ)で歌っていたヘレン・オコネルのヒット曲ではないかと思う。

 

私はトミー・ドーシーって結構、好きだったんですね。

 

 

 

 男性が歌うとこうなる・・・。 

 

 

  

そして、いつもソツなくまとめるスンリー・ブラックの旦那。

 

私、このブラック師匠の演奏、ソノシートで持ってました。

 

 

 

 

これがソノシートね。

レコードガ買えない時代に中学校時代は、これを買ってました。

 

ドボルザークの「新世界交響曲」など、最初はソノシートで聞いたんです。

 

 

  1. JAZZ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2012-03-30 23:53

Pearl Fishers真珠採りのタンゴ 

 

原曲はビゼーのオペラ。

 

 

 

マランド楽団の「真珠採りのタンゴ」

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2012-03-30 21:39

フラフープのある風景

 

 

1959年の映画である「社長太平記」の1シーン。

 

フラフープは1958年10月に東京都の各デパートで一斉に販売が開始された。価格は大人向けが270円で子供向けが200円。販売される店には行列ができ、日本中で爆発的に売れて一大ブームを起こした。

 

私も買ってもらって遊びました。

 

しかし、1959年11月にフラフープ使用によるとされる胃穿孔で重態になる事件が起きた。

さらに千葉県で少年3人が腸捻転など内臓障害になったことから、千葉県東金市立東金小学校が小学校が11月22日に児童にフラフープ禁止令を出した。

宮城県でも教育委員会が警告を出し、厚生省もフラフープと健康障害への影響を検討することになり、ブームは急速に沈静化。

 

でも、フラフープで腸捻転とは、いかにも嘘のような話。

日、フラフープとは無関係なことが判明した。

  1. 日本映画
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2012-03-30 19:48

ようやく昔に戻ったか

日本が対米戦争に踏み切った理由について、連合国軍総司令部GHQ)最高司令官だったマッカーサーが1951(昭和26)年、「主に自衛(安全保障)のためだった」と述べた米議会での証言が、東京都立高校独自の地理歴史教材の平成24年度版に新たに掲載される。

日本を侵略国家として裁いた東京裁判を、裁判の実質責任者だったマッカーサー自身が否定したものとして知られる同証言を、公教育の教材が取り上げるのは初めて。

 

昭和の戦争での日本を「侵略国家だった」と断罪した東京裁判に沿う歴史観は、「日本国民は…政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意」で始まる憲法前文にも反映され、「軍隊を持たず」という国際社会でも異質な国家体制の前提となってきた。

歴史教育は「贖罪史観」一辺倒となり、子供たちの愛国心を育んでこなかった。

その歴史観が絶対ではないことを示すマッカーサー証言の公教育での教材化は、戦後日本の在り方に一石を投じそうだ。

-----------------------------------------

マッカーサーの、この証言については、中学か高校の授業で聞いた記憶がある。1965年か1966年ですね。

 

別に副読本などに書かれていたわけではない。

当時の先生は自分の研究分野を持っており、教科書を離れて、様々な雑談を授業中にやっていたが、別に問題にならなかった。

この話をしてくれたのは剣道部顧問の怖い先生だったが、他の先生も自虐史観の人は誰もいなかったな。

日教組が紛れ込んでも、図書館で先生方の私刑に合い、早々と転勤して行った。

  1. 祖国
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2012-03-30 01:11

待合

 

「社長太平記」で待合の女将を演じるのは藤間紫・・・・私生活では大変なお方ではあるが、ここでは単なる女将。

 

 

お酌する女将。されているのはデパートの仕入課長。

 

 

「もう、待合は駄目なのよ。旅館に転職するから、金貸してよ」と森繁社長に迫る女将。

---------------------------------

1960年代までは「待合」は残っていた。

待合は、待ち合わせのための場所を提供する貸席業。

企業の接待や、秘密の会合にも使われる。

谷垣・野田会談(というより怪談)も、昔なら待合で行われたのかも知れぬ。

 

で・・・普通は野田などと待ち合わせはしたくない。

誰と待ち合わせるかと言えば、贔屓の芸者さんである。

 

料亭での宴会で、芸者さんを呼ぶ。

何回か呼ぶ内に親しくなるんだな自然に。

芸者さんはプライドがあるから自由恋愛というやつで、やがて待ち合わせを約束する。小夏ちゃん、お元気ですか。

 

宴会が終わり、二次会まで元気に繰り出し、お客様の面倒を見終わってから、密かに待合へ。

待合というのは密会の場所なのです。

 

待合、料亭、置屋は三業と呼ばれる風俗営業であり、一定の指定区域以外には営業が認められなかった。

 

置屋から芸者を料亭に呼び、最期は待合で密会するのである。

 

待合にも座敷があり、飲食も可能。

芸者さんを呼んで宴会も出きる。

しかし、待合には料理場が無い。

料理は仕出し屋から取り寄せる。

そこが料亭との違いである。

料亭も待合も風呂があり、まず風呂に入り浴衣に着替えてから酒を飲む。

待合には何に使うのか寝具が備えてあり、そのまま宿泊もできた。

大きな料亭は宿泊施設もがあり、そこは待合と似ている。・・・が料亭に宿泊すると、ごつい請求来よりますねん・・・という問題がある。

料亭は一流の料理人を揃えているのでハイコストで敷居が高い。財界人や政治家の世界。

待合はサラリーマン重役でも使える低コストな社交場である。

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(12)

2012-03-28 20:58

社長太平記の海軍キャバレー

「社長太平記」は1959年の東宝映画。

社長シリーズの第六作である。

 

映画の冒頭は戦艦マーチが鳴り響く。

 

 

そして、戦闘シーン。

長が加藤大作、小林桂樹が兵曹、森繁久彌が二等兵。

 

これが戦後、会社の中での地位が逆転し、森繁が社長、小林が専務、加藤が庶務課長。

 

この妙に捩れた関係が喜劇的に描かれるのだが、

この映画の中に、当時の風俗である海軍キャバレーが出てくる。

 

 

海軍キャバレー「大和」

 

 

入口には水兵が・・。

 

 

コートを預かるのも水兵。

 

 

楽団も水兵。

 

 

ダンスは女性水兵。

 

 

新人時代の水野久美がホステス役で出ている。マタンゴ。

 

この時代はもちろん、1965年頃までは戦前を引きずっていた戦後であったと思う。

  1. 日本映画
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2012-03-28 16:00

許された曲

 

この動画は2年前にアップしただ。

でも、音が出なかった。

著作権の絡みで、音が消されていたのである。

曲はレオン・ラッセルA Song for You

わが青春時代に良く聞いた曲である。

 

ところが、最近、突然、音が出たのである。

それで「許された曲」

  1. ロック
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2012-03-28 12:08

TangoBlauerHimmel

 

タンゴ「碧空」である。

戦前からある古いタンゴであるが、

戦後はマランド楽団、ハウゼ楽団の演奏がスタンダード。

 

私は、この曲はマランドの方が好き。

真央ちゃんも同じか?な。

 

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(2)