-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2012-02-29 13:22

新党なんて知らんちゅうに、亀井に聞いてくれ

スポンサーサイト
  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2012-02-29 01:22

麻生さんの1年前の講演

 

 

 

 

 

 

 

  1. 自由民主党
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2012-02-28 23:49

鯨汁

 

 

鯨の竜田揚げ。

 

 

鯨汁。

 

 

値段もお手頃。

鯨は日本酒と合うんだな、これが。

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2012-02-28 18:54

官僚は信用できないが「民間は信用できる」のではなかったの?

AIJ投資顧問に運用委託していた厚生年金基金はどこでんねん???ワイの知ってるとこじゃなかろうかと調べてるのだが、リストが見付かりません。

 

厚生省の発表したリストはA基金とかY基金。

名前を隠すのやめとくれやす。

業種を見ると石油が多いのですがガソリンスタンドでっか?製造業も多いようですな。

電設・電気工事・・・・ご愁傷様です。

運輸もありまんな。

小売・卸売がなくて一安心。

 

その他・・・というのが気になる。

ここは35%もAIJに委託してまんがな。

マスコミ関係なら良いのですけど。

 

企業年金は、国民年金厚生年金の上に位置する3階建て部分。

 

かなり前に、やりなはれ、やりなはれ・・・と多方面から薦められた制度ですな。

当社はやりませんでしたが、入った会社は「一度、入ると足抜けが難しい」と言ってました。

それで22年度末で1671万人が加入しています。

 

最初に出来た厚生年金基金ですが、これは厚生年金として国に納付する額の一部を、上乗分と合わせて基金の納付する仕組みでした。

基金は、それを運用して儲けて、多目の年金を払ってくれるという話です。

まさか、基金が丁半博打をやる業者に一任するとは、当時は誰も思ってないでしょう。

その後、厚生年金の一部を基金の運用するのでなく、

上乗せ分だけを基金で運用する仕組が2002年からスタート。

この確定給付付企業年金に727万人が加入してます。

これは将来の給付を企業が約束してまんがな。

一時金での払いも可能なので、退職金積立のようなものです。

 

1997年の規制緩和

 

  企業年金の資産運用については、かつては、資産の種類ごとに配分割合の上限を定めた規制があった。

 

・安全性の高い資産(国債地方債等) 50%以上
・株式 30%以下
・外貨建て資産(外国債、外国株式) 30%以下
・不動産 20%以

 

1990年代の日米金融協議を契機とする金融自由化の流れの中で、投資顧問の参入、運用規制の緩和等が行われ、上記の運用規制は撤廃。

現在では、債券、株式等にどの程度投資するか、運用機関の選定は、各企業年金の自己責任となっている。

さらに、投資顧問なるもの許可制ではなく登録制なのだ。

「悪い官僚に許認可権を与えるな」ということ、登録すれば誰でもOKとなった。

 

許可の場合は許可基準があるので、基準に適合しているかを審査できるが、登録の場合はヒアリング程度しかできない。

民間は官僚と違って、イイ人ばかりで信用できるので、これで大丈夫と言うことになっている。

 

今回のAIJ投資顧問も、その信用に応えて丁半博打を頑張ったということだ。

 

規制緩和は自己責任とセット。

規制緩和で日本経済は成長するんじゃなかったの?

その割には成長してないけど。

 

責任は下手を打った企業年金基金の理事連中と言うことよ。

  1. 社会福祉
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2012-02-27 20:19

さえずり

 

刺身の中に鯨が見える。

皮、さえずり、百尋である。

 

さえずりは舌である。

 

こう毛人は牛のタンをシチューにして食べると聞く。おそろしや。

 

 

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2012-02-27 20:10

百尋

百尋(ひゃくひろ)。鯨の小腸である。

ただ油を取るだけのために鯨を虐殺してきた西洋人には、解らない世界である。

 

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(5)

2012-02-27 14:10

朝の挨拶 就寝の挨拶

朝起きて、顔を洗い、歯を磨き、服を着替えてから、

まずは、居間の父上のもとに行き、

両手を前に着いて、御辞儀をしてから、

顔を上げて、「お父様、お早うございます」と挨拶する。

お父様は、優しい目をして「お早う、今日も良い日だね。しっかり勉強して、良く遊ぶんだよ」と声を掛けてくれる。

そこにお母様が食事の準備に入ってくるので、

「お母様、お早うございます」と挨拶する。

そして、母の支度を手伝う。

私の小学校時代の朝は、このようであった。

 

夜は、子供達は子供部屋で就寝する。

寝る前は、父上の部屋に行き、

両手を前に着いて、御辞儀をしてから、

顔を上げて、「お父様、お休みなさいませ」と挨拶する。

お父様は、優しい目をして「お休み、今日はどうだった。しっかり勉強して、良く遊だか」と声を掛けてくれる。

「もし、勉強で判らないことがあれば、遠慮なくお父さんに聞くんだよ」

と付け加える。

その後に、母様を探して「お母様、お休みなさいませ」と挨拶する。お母様は「明日、寝坊しないよう早く寝なさい」と声を掛ける。

それから子供部屋に引き上げ、布団を敷き、少し読書してから寝る。

 

本家の祖父の家に行くと、挨拶が大変になる、

まずは、お爺様、お婆様、お父様、お母様の順序になるからだ。

それから、叔父様、叔母様に挨拶してから就寝する。

 

友人の家に泊まりに行った時も、同様だったので、

昔は、どこも、このような挨拶をしていたと思う。

おそらく江戸時代からの伝統であろう。

 

 

さて我が家の子供達であるが、さすがに手を付いての挨拶はしていない。

しかし、朝の挨拶、就寝に挨拶は習慣となっている。

 

母親=妻が特に力を入れたのは、感謝の言葉だ。

本当に「ありがとう」が良く言える子供に育っている。

 

「ありがとう」が言える人間は実に気持ちが良い。

これは生きる力になるだろう。

  1. 団塊世代の真実
  2. TB(0)
  3. CM(8)

2012-02-26 16:06

こんなやり方で再建が出きるわけがない

大阪市交通局は、民間バス会社より高額と指摘されている市営バス運転手の年収(平均739万円)について、来年度から4割程度削減する方針を固めた。

「民間並みに合わせる」との橋下徹市長の方針に基づき、在阪の大手私鉄系バス会社の最低水準に引き下げる。交通局は週明けにも橋下市長の了承を得て労働組合に削減案を提示するが、労組の反発は必至とみられる。

交通局によると、市営バス運転手は計約700人。平均年収(49.7歳)は、在阪大手5社(阪急、南海、京阪近鉄、阪神)の平均(44.5歳、544万円)より195万円高い。しかし、バス事業は28年間、赤字決算が続いており、累積赤字は10年度で604億円に上っている。

 

運賃収入に見合った給与体系とするよう橋下市長から指示を受けた交通局は1月下旬、民間の平均をやや上回る2割強の削減案を橋下市長に提案。

「これまでにないすさまじい削減」(交通局幹部)としたが、橋下市長は「民間は赤字を出さないよう必死なのに、赤字だらけの交通局が民間平均なのはおかしい」と突き返した。

このため、交通局は削減案を練り直し、在阪大手5社のうち最低水準の近鉄(447万円)、南海(441万円)程度まで引き下げる方針を決めた。

給与カットには条例改正が必要。市交通局側は労使交渉での妥結を経て、今月28日~3月27日に開かれる2月議会で可決させ、4月1日からの実施を目指したい考え。実現すれば20億円以上の人件費削減となるという。

市役所全職員の給与は来年度から平均7.2%削減される。

交通局の現業職員約5400人の給与は更に引き下げることとしており、バス運転手の下げ幅が最大になる見通し。

---------------------------------------

平均年収は、超過勤務手当てを含む。

基本給が安くても残業が多ければ年収は増える。

基本給が高くても、残業が無ければ年収は低くなる。

 

一般的に基本給与体系をある部門だけ高くすることはできない。直ぐに不満が出るからだ。

基本給与の体系は同一企業なら同じとなるはず。

当然、関連企業、同業者の給与も参考にされる。

それで年収に差が出るのは特別の理由があるはず。

 

特に長く赤字が続く場合は、新人が入らないので従業員は老齢化する。

そのため、基本給の平均は高くなる。

基本給の平均が高いのに人手不足で残業が増えれば平均年収は高くなるだろう。基本給をベースにした割増だからである。

 

市営バス運転手の平均年収は49.7歳。

在阪大手5社の平均は44.5歳。

 

すでに平均で5.2歳の差が有る。

もし、新人が入って来ているのなら平均年齢は若くなるはずだ。

大都市部のバスの運転手は、交通環境が厳しい上に、

車掌を廃してワンマン化したことにより負担が増えている。給料は有る程度、高くても当然と思う。

現職の運転手が辞めたら、もは後継者は少ないだろう。

 

それから赤字であるが、儲かる路線に市営でバスを走らせれば民業圧迫になる。

民間が採算が合わないので、走らせない路線にバスを走らせるのが公共交通である市営バスの役割だ。

儲けるための市営バス経営なら止めてしまって結構。

 

突然、給料を4割減とするような乱暴なやり方では一夜にして組織は崩壊する。

  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2012-02-25 12:41

うれちい

今日は娘達が、私の誕生日のお祝いをしてくれるらしい。

 

Henri Matisse. Harmony in Red. 1908

 

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(21)

2012-02-25 12:30

 

ドビッシーが28歳の時に作曲した商品。

  1. ピアノフォルテ
  2. TB(0)
  3. CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。