-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2011-10-31 14:32

働いてるのは半分だけ 2011.9編

お勤めご苦労様です。

今年も「働いてるのは半分だけ」のコーナーが参りました。

今年も見事に半分だけでした。

全人口における失業率(求職中)は2%となりました。

 

 

これは去年の9月との比較であります。

 

 

上のグラフの単位は万人でおます。

働いている人が減っております。

失業者も減っております。

15歳以上で働いてない人が増えております。

 

提供は「働いているのは半分だけ」財団でした。

 

 

スポンサーサイト
  1. 社会福祉
  2. TB(0)
  3. CM(13)

2011-10-30 22:49

お茶の芸術  cocoro-ol1203 さんに捧げる

 

Michael Franksの最初のアルバムは1973年だったが、

実質的なデビューアルバムは1975年の「ART OF TEA」であった。

 

19755年、私はもう就職していたが、この曲が銀座の山野楽器で流れていたのを聞き、さっそく購入した。

 

この「かったるさ」が・・・たまらんぞい。

 

Michael Franksの代表作である「アントニオの歌」。

これも、かったるい。

 

 

 

 

  1. 素敵なヒットソング
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2011-10-30 22:09

就職が無い理由

娘が就職した時「早く役員になる秘訣は?」と聞くので(役員になるつもりらしい)。

 

・入社後、1年間は早めに会社に行く(遅刻厳禁)

・与えられた仕事は、自分の頭で考えて、自力で解決する意欲を見せる(アルバイトじゃないんだから、どうやるんですか等と聞かないこと。相手も人材育成のために簡単にやり方を教えてくれない)。

・自分でやってみると色々と疑問が出てくるので問題を整理して早めに上司に相談する。

・社長を常に意識する。

・人事・総務部門と仲良くする。

・掃除のオバサンと世間話をする。

 

以上のアドバイスをしたら、さっそく人事と仲良くなり、四大卒でまだ就職が決まらない友人を紹介したらしい(娘は高卒)。

 

しかし、その友人は会社訪問には来たが、自分に合う会社かどうかを考え込んでしまって、面接は受けていないらしい。

「4月に卒業して、まだ就職が決まらない」というので、骨を折ったけど駄目そう・・・とのこと。

 

「就職が無い」というのは、自分のやりたいと思っている仕事が無いという意味であり、求人が無いのではない。

ところが、自分のやりたい仕事についても、はっきりイメージできているわけでもない。

「やってみて、駄目なら、その時、考えればいいじゃん」とは思わないらしい。 

 

 

 

 3月~8月までは宮城、岩手、福島の3県は調査できないので除外。9月より全国調査に復帰。

  1. 社会福祉
  2. TB(0)
  3. CM(9)

2011-10-30 11:41

町内の焼き鳥屋で

夕方から長女と町内の焼き鳥屋で飲む。

店に入ると、そこに長女の後輩の青年がバイト中。

「ここでバイトしてたの?」

「まだ始めたばかりです」

「がんばってるか?」

「ははあ」

バンドの後輩らしい。

バンドの世界も体育会系である。

そして、バイトの後輩だという。

 

この男、注文の取り方が非常に良い。

酒のお替わりを受注する絶妙なタイミングも外さない

「私が教えたとおりにやっている」と元渋谷のカリスマ・ウエイトレスと呼ばれた長女(どこの世界にもカリスマは居る)。

 

酒のお替わりの提案は、早すぎると売り込みが激しいと思われる。

遅いとサービスが悪いと思われる。

ほぼ100%空気のように自然に受注できるタイミングがあるという。

それを外さないためには常に真剣勝負で、顧客をそれとなく観察する必要がある。

それも、ほぼ一人で全店の全テーブルを把握するのだからスキルが必要。

 

 この後輩が商売上手なので、焼き鳥1本100円からの店なのに2人で6300円も飲み食いしてしまったぞ。

 

葱間

つくね

レバ

しそ巻き

ぼんち

鶏なかおち(旨かあ)

こにく(首の肉・・・旨かああ)

 

ご馳走様。

 

 

縄暖簾の焼き鳥屋は、焼き場前のカウンターがベスト。

 

 

こにく・・・は実に旨い。

 

 

マグロの中落ち。

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2011-10-29 23:04

欧州主要国の実質GDP

[世] ドイツの実質GDPの推移(2001~2010年)

 

 

[世] フランスの実質GDPの推移(2001~2010年)

 

 

[世] イタリアの実質GDPの推移(2001~2010年)

 

 

[世] スペインの実質GDPの推移(2001~2010年)

 

 

[世] ギリシャの実質GDPの推移(2001~2010年)

 

 

 

1985年のプラザ合意により、円がどんどん、どこどこ高くなり、日本はたちまち大富豪。

 

米国は、日本のアホな評論家に騙されて、日本は輸出立国なので、これで暫くは経済が停滞するわ・・・と踏んでいたのかも知れない。

 

あの国は政権交代すると、政府関係者も一斉に交代するので、意外と間違った情報を掴みやすい。

また、国務省は正しく分析していても、USTRがお馬鹿で、外交戦略はUSTRに引きづられるということもある。

  

でも、実態は資産が大きくなれば投資が出来るんです。

 

それで1985年から1990年までの5年間で日本のGDPは、イタリアのGDPと同じぐらい伸びた。

 

この時期の日本のGDPはドイツフランス英国を足した額より大きかった。

 

そこで「敗戦国のくせに許せないある」と、諸外国から様々な工作が行われ、金権政治だ、業界との癒着だと、工作者がマスコミを炊きつけ、政権交代したのが1992年である。

そこから日本解体計画がスタートし、現在に至る。

 

日本の政権交代は政権党が替わるのではない。

日本経済を成長させ国民を幸福にする勢力と

日本経済を破壊させ国民を「生かさぬように殺さぬように」しながら、徐々に外国勢力に売り渡す勢力。

 

この2つの争いである。

 

1992年以降は、後者が日本の政治を担当している。

それは日本新党の細川政権からスタートし、

第一次橋本内閣は、自・社・さきがけ政権。

 

その後も小渕政権、麻生政権以外は、皆、後者の政権です。

 

さて、日本経済が後者の政権により金縛りになっている間に、米国と欧州の経済はバブルのように膨らんだ。

リーマン・ショックで一時的に落ち込むも、ドイツなどは見事なV字回復だ。

フランスは、ゆるいV字回復。

イタリアは、一挙に奈落に落ちてから回復。

回復しないのがギリシャ。

スペインもあきまへん。

僕だって回復したずら・・・とスロバキア

(上記グラフはユーロ圏のみ、英国、デンマークなど独自通貨の国は、ややこしいので載せていない)

 

日本の報道では欧州経済はかなり悪いように描かれるが、悪いのは一部の国だけなのだ。

 

日本も早く「日本経済を成長させ国民を幸福にする勢力」と政権交代して、成長路線を歩みましょう。

 

[世] スロバキアの実質GDPの推移(2001~2010年)

  1. 欧州
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2011-10-29 10:16

やはり、この程度の認識であった

TPP:政府のTPPに関する内部文書(要旨)

▽11月のAPEC(アジア太平洋経済協力会議)で交渉参加表明すべき理由

 

・米国がAPECで政権浮揚につながる大きな成果を表明するのは難しい。日本が参加表明できれば、米国が最も評価するタイミング。これを逃すと米国が歓迎するタイミングがなくなる

 

・交渉参加時期を延ばせば、日本は原加盟国になれず、ルールづくりに参加できない。出来上がった協定に参加すると、原加盟国から徹底的な市場開放を要求される

 

・11月までに交渉参加を表明できなければ、交渉参加に関心なしとみなされ、重要情報の入手が困難になる

 

韓国が近々TPP交渉に参加する可能性。先に交渉メンバーとなった韓国は日本の参加を認めない可能性すらある

 

▽11月に交渉参加を決断できない場合

 

・マスメディア、経済界はTPP交渉参加を提案。実現できなければ新聞の見出しは「新政権、やはり何も決断できず」という言葉が躍る可能性が極めて大きい。経済界の政権への失望感が高くなる

 

・政府の「食と農林漁業の再生実現会議」は事実上、TPP交渉参加を前提としている。見送れば外務、経済産業両省は農業再生に非協力になる

 

EU欧州連合)から足元を見られ、注文ばかり付けられる。中国にも高いレベルの自由化を要求できず、中韓FTA自由貿易協定)だけ進む可能性もある

 

▽選挙との関係

・衆院解散がなければ13年夏まで国政選挙はない。

大きな選挙がないタイミングで参加を表明できれば、交渉に参加しても劇的な影響は発生しない。

交渉参加を延期すればするほど選挙が近づき、決断は下しにくくなる

 

▽落としどころ

・実際の交渉参加は12年3月以降。

「交渉参加すべきでない」との結論に至れば、参加を取り消せば良い。(取り消しは民主)党が提言し、政府は「重く受け止める」とすべきだ

 

・参加表明の際には「TPP交渉の最大の受益者は農業」としっかり言うべきだ。交渉参加は農業強化策に政府が明確にコミットすることの表明。予算も付けていくことになる

--------------------------------------

毎日新聞 2011年10月28日 東京朝刊

 

 

  1. 政局
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2011-10-29 09:53

今度は世田谷にゲハラが出たらしい。

ラドンに続き、次に出たのは何だろう。

------------------------------------

東京都世田谷区は28日、同区八幡山のスーパー周辺で同日午後、地表で最大毎時約110マイクロシーベルトの放射線量を測定したと発表した。

文部科学省は「アスファルトの下に何らかの放射性物質が埋まっているのではないか」とし、原発事故による放射性物質の可能性は低いとの見方を示した。

 

世田谷区によると、同日、区民から「高い放射線量が検出された」と情報提供があり、文科省が測定。

放射線量が高い地点が2カ所あり、1カ所の地表面が毎時約110マイクロシーベルト、もう1カ所は毎時約30~40マイクロシーベルトだった。

周辺で高い数値は検出されていない。文科省が詳しく調べている。 

 

 

 

 

  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2011-10-28 19:55

動き出すのは来年から?東北復興

5月頃のエントリーで「東北復興で荷物が動き出すのは、空缶が辞める約束の9月以降」という物流業界の見方を書いた。

政府が「東北復興計画を立てるのに時間が掛かるから」との理由であった。

 

しかし、9月になっても動きは無いとのこと。

 

計画は出来たけど、行政が判断できないとのこと。

どのような計画なのか?

 

復興庁の設置も、まだ先のようである。

 

ということで、動き出すのは来年からで、下々までその影響が出てくるのは来年の夏とのことだ。

 

無残なるかな政権交代。

 

---------------------------------

復興庁設置法案(仮称)の基本的な考え方

平成23年10月7日 復興庁設置準備室

1 所掌事務
復興庁は、復興基本法・三党合意に基づき、内閣府と同様に、内閣を補助する総合調整事務と個別の実施事務を行う。


① 復興に関する国の施策の企画、調整

基本的な方針などの企画立案、各省の復興施策の総合調整・勧告、復興関係予算要求等に関する調整など

② 地方公共団体への一元的な窓口と支援
被災自治体の復興計画策定への助言、復興特別区域の認定、復興交付金と復興調整費の配分、国の事業の実施や県・市町村の事業への支援に関する調整・推進など


2 組織と機能
① 三党合意に基づき、内閣総理大臣を長とし、事務を統括する復興大臣を置く。各省より一段高い位置づけ。
出先機関(復興局)を岩手県、宮城県、福島県に置き、国と地方の協議会も活用し、現地で被災自治体の要望を受けてワンストップで対応。
③ 閣僚級会議を設置。
④ 復興構想会議は、構想が策定済のため、役割、名称等を変更。


3 設置期限・施行期日

① 設置期限は、復興基本方針に定める復興期間と合わせて、震災発生年から10年間(平成23年度から32年度までの間)

 

 

② 施行日は、設立の準備期間を考慮し、公布の日(12月想定)から4月以内(24年1月~4月めど)

  1. 祖国
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2011-10-28 01:39

日本人の不景気の基準は何なのか?

海外で「日本の景気はどうだ?」と聞かれると、

いつも「極めて良好」と答えている。

1975年以降のビジネス経験で、不景気だなと思ったのは橋本内閣の消費税値上の影響を受けた1998年前後しかない。それ以外は「絶好調」か「極めて良好」か「まあ良好」である。

 

私が「極めて良好」と言うと、相手は喜ぶ。

 

「今まで私が会った日本人は、皆、自分の国は不況だとか、一人で立っていられない情況だとか、破綻しそうだと言うのだが、我々が経済指標を分析してみると、羨ましいほど良好だ。少なくても、我が国より遥かに良い。

貴方が日本の景気は良好と言ったので、我々の分析が誤りで無いと安心した。それにしても、不景気だと言う日本人の不景気の基準は何のなのか?」

 

日本人は、なぜか自国を小さな国だと思い込みたがる。

それゆえ、世界は日本国に興味が無いと思いたがる。

しかし、実質的に現在も世界第二の経済大国である日本に興味の無いビジネスマンは居ない。

彼らは日本のことは充分に研究している。

各種のデータも分析している

それゆえ、我々が外国に行く時は、自国の状態を把握してないと、恥をかくことになる。

 

さて、日本が不景気という日本人の不景気の基準は何なのか?と問われても困るのだが、「マスコミが不況だと書くので、そう思い込んでいる」と言えば「日本人は殆どがアホか?」と思われる。

 

そこで・・・

「その日本が不景気だと言う日本人は、最近、株式投資で大損したのだ」とか「保有していた土地の価格がたまたま下がったのだ」とか言って煙に巻くしかない。

 

それでは、貴方の不況の基準は何か?

 

「実業の世界のビジネスマンとしては、民間最終消費支出の実質値が長期にわたりマイナスとなると不況だと思う。

我々は政治家ではないので、名目値ではなく実質値が重要。GDPは民間最終消費支出に政府最終支出がプラスされるが、政府支出は政策的なものなので、景気判断は民間最終消費の動向を見る必要がある。」

 

 

 

日本の最終民間消費支出は、順調に伸びている。

米国のように人口が急増しているわけではないので、

国民一人当たりの消費支出は増えている。

この環境下で成長できない企業は経営に問題がある。

それだけの話なのだ。

 

1985年から1990年に株も土地の価格も上昇する資産インフレがあった。

これを無理やり政策的に壊したのがバブル崩壊。

米国からブラック・マンディもやってきた。

それでも1990年代前半は好景気が続いた。

 

1992年の日本新党による政権交代から財政再建病が始まった。

わが国の政府最終消費のGDPにおける比率は、欧米諸国に比べても小さいのに、建設投資が削減された。

 

その結果、デフレと地方経済の弱体化が進んだが、それでも民間最終消費はゆるやかに増加しているのである。

 

これを力強い成長にするのは簡単である。

普通の政策運営をするだけで諸外国以上の成長が実現するだろう。

日本には巨大な内需があるから、これを効果的に刺激すれば良い。

麻生内閣がやりかけたように。

  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(18)

2011-10-27 12:56

中野先生テレビで怒る 

  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(12)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。