2010-10-31 12:13

行政刷新会議に法的な根拠はない 

どうも、そうらしいので調べて見たが・・・・

 

自民党時代の「規制改革委員会」などでも、ホームページに行くと、最初に法的根拠が掲載されていて、次に沿革が掲載されている。

 

設置に至った審議の内容、閣議決定文書、根拠法が並んでいるのだがね。その後に、組織の概要が出てくる。

 

さらに議事録が続く。

 

ところが、行政刷新会議のHPには何も無い。

 

これが組織概要のページ

 

 http://www.cao.go.jp/gyouseisasshin/people.html

 

3人の顔写真だけ

テレビキャスターの紹介じゃないのよ。

 

電通が作ったのか?

それにしては手抜きだな。

 

政策と部局のところをクリックすると

 

http://www.cao.go.jp/01/shiwake.html

 

 

404エラーとなる。

 

恐ろしい程、いい加減な仕事ぶりだ。

 

-------------------------------------------------------------- 

 WIKIによると

 

 行政刷新会議とは内閣府に設置された機関。

現在の設置根拠は、2009年9月18日の閣議決定であるが、内閣府設置法に根拠を持たせるための法案が国会に上程されている。

2010年2月5日に閣議決定され、同日国会に提出された「政府の政策決定過程における政治主導の確立のための内閣法等の一部を改正する法律案」において、内閣府設置法を改正し、2010年4月1日から内閣府に重要政策に関する会議として行政刷新会議を設置することが盛り込まれた。

ただし、法案審議が遅れているため、実施時期は可決成立後となる。

 

(中略)


鳩山由紀夫内閣発足2日後の2009年9月18日に閣議決定を行い、法律上の根拠を持たせるまでの暫定措置として、「国民的な観点から、国の予算、制度その他国の行政全般の在り方を刷新するとともに、国、地方公共団体及び民間の役割の在り方の見直しを行うため、内閣府に行政刷新会議を設置する」と決定した。

 

内閣府設置法を改正して法律上の根拠を持たせるための法案として、「政府の政策決定過程における政治主導の確立のための内閣法等の一部を改正する法律案」を2010年2月5日に閣議決定し、同日国会に提出したが、4月1日現在で実質的な審議に入っていない。


行政刷新会議の事務は内閣府設置法を根拠に内閣府が行うこととされ、2009年9月18日の会議設置にあわせて内閣府に事務局が設置された。

 

(中略)

 

事務局に使われる机は普通の事務机とは異なり、120度の角度がついた「ブーメラン型」の変わった机を使用している。

価格は椅子と机のセットで16万6215円であり、購入時に財務省側は「刷新会議設置の趣旨に反するのではないか、各省庁にも余った机と椅子はある。」という声に対し、行政刷新会議事務局側は「スタッフ同士のコミュニケーションがとりやすい」と反論したため結局、国家戦略室分も含め、計82セット、1362万9630円で購入。

 

-----------------------------------------

その後も、行政刷新会議の設置根拠となる法案は可決されていない。

 

それで、以下の産経の記事によると

--------------------------------------------

政府の行政刷新会議は30日、特別会計特会、18会計)を対象とした事業仕分け第3弾(前半)の最終日の作業を行った。

為替相場の急激な変動に備え米ドルなどの外貨を保有、運用する外国為替資金特会は、「埋蔵金」として注目されていた20兆円超の積立金について「制度を見直す」と判定。ただ、積立金の一般会計繰り入れについては結論が出ず、菅政権が期待した「埋蔵金の発掘」にはいたらなかった。

 

4日間にわたる議論では、貿易再保険、社会資本整備事業、森林保険の3特会を廃止、食料安定供給など3特会を統合などと判定したが、平成23年度予算編成に向けた財政効果は未知数のまま。

 

蓮舫行政刷新担当相は仕分け結果を実現するための法案提出について「最速で25年の通常国会」との認識を示した。

 

法案提出は、行政刷新会議の設置法を通してからと言うことになりますかな。

----------------------------------------

麻生さんのHPより。

 

今国会が始まって1カ月が過ぎようとしているが、現時点で成立した法律は1本のみだ。

口蹄疫に関する議員立法が全会一致で成立しただけで、閣法は1本も通っていない。

まったく考えられない事態だ。

郵政改革法案、労働者派遣法案、政治主導確立法案、国家公務員給与法案など、多くの法案が残っているが、残りの会期1カ月余りで、どうするつもりなのか。

未だ、補正予算案さえ国会に提出されていないが、先ほど述べた法案は補予算正審議後の話だ。

政府与党と公明党との間で話ができているようでもないし、一体何のための臨時国会なのか。

スポンサーサイト
  1. 政局
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2010-10-30 18:56

Berlioz R叩k坦czi March

 

ベルリオーズのラコッツィー行進曲。

 

アンコール曲なんだけど、良く聞きましたな。

ラコッツィーは、ハンガリーの愛国の英雄です。

ベルリオーズがハンガリーに旅した時に作曲したとのこと。

 

 

  1. クラシック音楽
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2010-10-30 12:25

騙されていませんか?

昨日は生命保険会社のライフプランナーなるものと話をした。

この連中は、研修をばっちり受けているので、話はうまい。でも、教えられたことしか知らない。

 

彼が言うことには「人口が逆ピラミッドになっているので、どのように対策しても年金は破綻する。だから準備が必要なんです」とのこと。

個人年金や貯蓄型の生命保険を売りたいのは分かる。

 

でも、本当に逆ピラミッドになってるの?

調べてみれば、直ぐに分かること。

これが年齢層別の人口をグラフにしたもの。

 

 

一番、多いのは50代の1766万人。

次いで60代の1700万人。

その次が40代の1619万人である。

確かに10代や30代は少ないが、20代は1474万人居る。

70代、80代、90代は少なくなる。

これは、どうみても逆ピラミッドではない。

 

人口は逆ピラミッドになる訳が無い。

老人になれば、人は死ぬからである。

これは60代の出生数と現存率の比較。

すでに17%が減少している。

70代になれば、さらに減少する。

でも、データの比較が出来ない。

70代の方が生まれた戦争末期の数年間は出生率の統計が無いからだ。

 

「若年労働者が何人もの老人を支えることになる」との話があるが、これはどうか?

 

労働人口である20歳から59歳までの人口は6124万人。

60歳以上の人口は3718万人である。

 

これだと1人当たり0.6人である。

しかし、現実には65歳までは働いているし、

さらに70歳まで働く人もいる。

 

65歳で比較すると、どうなるか?

20歳から65歳までは7786万人

65歳以上は2651万人である。

一人当たり0.3人と半分になる。

わずか5年で、この差が出る。

なぜなら、年を取れば人は死ぬからである。

悲しい話であるが。

 

それで、この支えるの内容であるが、

年金の場合は自分が掛金を払っている。

自分で払った分で10年程度の支給額となる。

60歳から貰えば70歳までは自分の掛けた金を受け取るだけである。

問題は健康保険料である。

これは若年労働者の負担になっている。

彼らの払う保険料の40%が老人の医療になっている。

 

 

年金問題で多くの国民の不安となったのは、保険会社の営業が自社の商品を売るため煽ったのが原因と私は思っている。

  1. 社会福祉
  2. TB(0)
  3. CM(1)

2010-10-29 21:02

Introduction and Rondo' Capriccioso

 

サン・サーンスとサラ・サーテは仲が良かったらしい。

 

この曲は、サン・サーンスがサラ・サーテに捧げた曲。

 

序奏とロンド・カプリチオーソ

  1. クラシック音楽
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2010-10-29 19:43

地球温暖化課税

地球温暖化詐欺は儲かる。

経済産業省国土交通省環境省の3省が、

地球温暖化のための税を来年度の税制改正に盛り込んだ。

嘘であろうと、税収が増えればなんでもOKのようだ。

 

異常気象は地球温暖化が原因では無い。

全体が温暖化しているのであれば、異常気象にはならず変化の少ない亜熱帯気候になるはず。

 

熱い地区と寒い地区の差が激しいと、異常気象が起きる。エルニーニョ現象が、良い例だ。

 

差が激しいのは氷期への過渡期であるからだ。

 

昨日、タイヤショップに行ったが、今年は冬タイヤの出が早いとのこと。

 

売り切れる可能性があるからね。

 

消費者は本能で分かるのだ。

  1. 政局
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2010-10-29 15:21

彼らは何を恐れているのか?

 

 

民主党本部周辺地域が10月23日よりデモ禁止に。

 

理由は以下の通りと推察される。

 

安心して居眠りが出来ない。

 

国民の声を聞く気など、鼻から無いわ

 

煩い黙れ

  1. 政局
  2. TB(0)
  3. CM(7)

2010-10-29 09:27

キリギリス達の議論

短足おじさんのエントリーで引用されていた以下の記事が消えていて、読めない。

 

<以下FNNニュースより引用>

 

事業仕分け第3弾 政府備蓄米事業をめぐっては身内から政策の矛盾を指摘される場面も

 

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1865288/

 

あちこちのブログを見ると、以下の低脳な議論がされていたようだ。

-------------------------------------------

仕分け人の民主党・長島一由衆院議員は「10年前から、コメの消費が78%落ちているんですね。消費量が減った分、(備蓄量を)減らせば、大体78億円減るんじゃないか」とただすと、

 

筒井信隆農水副大臣は「備蓄米は、食料安全保障を目的に設置されている制度です」と反論した。

 

紛糾したのは、備蓄米についてだった。

 

埼玉・日高市にある倉庫の中には、6メートル以上の高さにまで政府米が積み上げられていて、全体で5,800トンにもなる。

 

特別会計の「米管理勘定」から支出される備蓄米の管理費は、1万トンあたりおよそ1億円かかり、仕分け人は、現在の備蓄量100万トンを引き下げることで、経費削減できないかと探った。

 

しかし、筒井農水副大臣は「100万トンじゃ少ない! 安全保障としては、300万トンにすべきだという提起をして、インデックスにそう記載をしておりました」と反論した。

 

実は、民主党の「政策インデックス2009」には、「300万トンの備蓄体制を確立する」と明記されており、身内から政策の矛盾を指摘された形となった。

 

筒井農水副大臣は「財源の点だけから考えたら、(備蓄量を)ゼロにすればいいんですよ! だけど、そんなことしていいのかと。国民の...」と述べると、

 

蓮舫行政刷新担当相は「あの、すみません。1点いいですか? どれくらいの頻度で回転されていって、さばかれているのであれば、備蓄の部分の経費節減効果というのは出てくるのではないか。

その100(トン)の是非というのは、これ、もう1回議論した方がいいと」と述べた。

 

筒井農水副大臣が「5年程度たったときには、放出をしております」と反論すると、仕分け人の長島衆院議員が「国産米の備蓄と外国産米の備蓄で、両方で赤字を垂れ流しているのであれば、いっそのことですね、外国産米、MA(ミニマム・アクセス)米について、備蓄に組み込むと」と述べた...

------------------------------------------

この後の記録がないの。

備蓄米仕分け関係の記事が消されているもので

 

それで、結論は・・

 

米の政府倉庫を早期売却すべき。

 

 

だったようです。

 

http://www.shiwake.go.jp/data/pdfs/224.pdf

 

 

議事録が無いので、議論の詳細はわからんが、結論は政府のHPに出ていた。

 

早く議事録を発表してもらいたい。

 

 

他の記事では、こうなってるが・・

 

その結果、コメの備蓄事業については継続するものの、備蓄量などを見直し、全体で国庫負担を1~2割削減すべきだと判定された。

 

なお、1993年時の大凶作の時に、緊急輸入した米の量は260万トン。

 

現在の備蓄量の100万トンを2割削減すると80万トンで、180万トン足りません。

1993年の時も、輸入できたのは海外の古米、古古米、屑米のみ。

それでも、輸入できたから良いが「世界的な大凶作なら、あきらめてね」と言うことですか?蓮舫行政刷新担当相。

 

「日本人がどうなろうと知ったことか」と言うことでしょうか?

  1. 政局
  2. TB(0)
  3. CM(5)

2010-10-29 00:33

caprice basqueバスク奇想曲

 

バスク生まれのサラ・サーテの小品。

カプリスは、自由で、気まぐれな曲。奇想曲。

  1. クラシック音楽
  2. TB(0)
  3. CM(1)

2010-10-27 10:52

蟻とキリギリス:特別会計と仕分人

 

 

政府の行政刷新会議(議長・菅直人首相)は27日午前、特別会計特会)を対象にした「事業仕分け第3弾」をスタートさせた。

無駄の温床とされてきた特会に対しては制度の廃止も含めて抜本的な見直しを図る方針だが、どこまで財源を捻出(ねんしゅつ)できるかは未知数だ。


開会式に出席した蓮舫行政刷新担当相は「制度そのものに切り込んでいきたい。

政官業の癒着が特会制度の裏にあったかもしれない」と述べ、無駄の洗い出しに強い意欲を示した。

 

今回の仕分けでは、全18特会に対して無駄を精査し、資産の活用や事業主体の変更などを検討する。

積立金や余剰金などの「埋蔵金」を発掘し財源捻出につなげたい考えだ。

また、特に無駄な経費が多いと思われる8特会の計48事業に対しては歳出内容を徹底的にチェックして無駄をなくす。

初日の午前には「貿易再保険特会」と「漁船再保険および漁業共済保険特会」の仕分けを行う。

午後には「労働保険特会」や「農業共済再保険特会」「食料安定供給特会」を見直す。

----------------------------------------
政府の予算というのは、一年限りのものなんですな。

キリギリスも一年で死んでしまう。

3月になると道路工事が増えるのも、予算の消化ですな。

 

一方、長期的に取り組む必要のあるものは、継続性のある特別会計にする。

年金もそうだし、食料安定供給も、石油の備蓄も、自賠責などの保険の関係もそうです。

蟻は、将来に備えてせっせと溜め込んでいる。

 

民主党とキリギリスは、それを見て笑っている。

遊んで暮らしていて、消費するだけ。

でも、大丈夫だよ、埋蔵金が眠っているから。

 

冬が来て、食料が無くなると、仕分けと称して蟻の集めた埋蔵金を狙う。

でも、その金は税金ではなく、国民が支払った保険料等 が巨額に溜まっているだけで勝手に使われては困るものばかり。

 

仕分けが可能なのは、破綻した特別会計巨額に溜まった借金だけ。中には、ドジな蟻もおりまして・・・。

--------------------------------

貿易保険とは・・・WIKIより

 

海外との取引においては、一般の海上保険でカバーされる航海危険(沈没、座礁、水濡れ、毀損、強盗、火災、不着など)のみならず、

戦争、革命、内乱、テロ、相手国の輸入制限・輸入禁止・債務繰り延べ、為替取引の制限・禁止などの非常危険や、相手方の破産等による代金回収不能、相手方が外国政府である場合の一方的契約破棄等の信用危険をともなう

 

非常危険、信用危険はいったん発生すると支払い保険料が多額に上るため、民間の保険会社は引き受けることが困難である。

 

このため、各国においては、貿易・投資促進政策の一環として、政府または政府機関が貿易保険制度を運営している。

 

日本においては、1950年以降通商産業省が直接運営してきたが、2001年の中央省庁再編に伴い、独立行政法人日本貿易保険が元受を行い、国(経済産業省)が再保険を実施している。

 

(例) 海外投資保険


日本企業が海外投資に関して保有する資産(株式、不動産等)が政府による収用・権利侵害、戦争や天災による破壊などの非常危険による損害を受ける場合のリスクを填補する保険。

保険期間は最低3年以上、最長15年以内の範囲で設定でき、すでに保有している資産についても付保できる。

 

 海外事業資金貸付保険
日本の企業が外国法人・外国政府に対して行う事業資金に関して、非常危険・信用危険により貸付金元本・利子が償還できなくなった場合、または保証債務を履行したことによる損失を填補する保険。

---------------------------------

中国に進出した企業は、これに入っていると思うのだがねえ。掛金を払って。

 

で、本日、民主党が仕分けた再保険とは・・・災害などによる巨額の支払いに備えて、保険会社が加入する保険。

 

保険会社は通常は保険料を徴収することによって有事の際に保険金を支払う。

しかし、案件が大きい場合やテロ・自然災害などにより巨額の保険金を支払う可能性がある場合などには、1つの保険会社で負担するにはリスクが大きすぎる。

このようなケースでは当該保険会社が引き受けた保険金額の一部を国内外の他の保険会社に負担させることによりリスクを分散・均一化させるのである。

 

このように保険金支払い額を分担する再保険により、保険金の支払いが集中した保険会社が破綻する事態を防止することができる。

 

 

貿易保険の場合は額が大きすぎて民間では無理。

そこで、政府が再保険をやっていたのだが、

これを政府が行うのを止めるということです。
では、誰がやるの?

民間の保険会社がやることになるが、

民間がやれないハイリスクの保険を政府がやっていたのであるから民間がやれば条件は悪くなると思うのだが、どうでしょうね。

利用者の負担は増えるのではないの?

 

それとも、北朝鮮中国が暴発しそうだから、早々と仕分けしたの? 

  1. 政局
  2. TB(0)
  3. CM(11)

2010-10-26 22:51

怒りの日

Requiem K.626; Dies iare  Mozart 

 

怒りの日とはキリスト教の「最後の審判」の日。

 

モーツアルトのレクイエムより「怒りの日」、

指揮はカール・ベーム博士。

 

 

  1. クラシック音楽
  2. TB(0)
  3. CM(2)