2010-01-31 10:45

フライドポテトはベルギーが発祥だがや

アメリカではフレンチフライ (French fries)

イギリスなどではチップス (Chips)

 フランスなどではフリット (Frite)

ドイツではポンフリ(Pommes frites) と呼ばれる。

ベルギーではフリッツと呼ぶ。

オランダでは一度粉末にしたジャガイモを成形し揚げたものをラスポテト (Raspatat) と呼ぶ。

 

フレンチフライの名称からフランスが起源と思ってしまうが、実はベルギーが発祥とされている。

これは、アメリカにフライドポテトを持ち込んだのがベルギーからの移民達であり、

また彼らがフランス語を話すことから、フランス人と間違われていたことによる。

 

ベルギーでは料理の付け合わせは(パンの代わりに)フリッツが普通である。

街角にもフリッツスタンドが立ち、ベルギー人にとっては主食のようになっている。

なお、ベルギーではフライドポテトにサムライソース(リ辛マヨネーズ)・マヨネーズをつけて食べるのが一般的である。

 

イギリスでは様々な料理の付け合わせとして好まれる。

衣をつけて揚げた魚とフライドポテトを盛り合わせた「フィッシュ・アンド・チップス」は非常に一般的な料理である。

 

家庭用のフライドポテト用の油と調理器具(ポテトと油を入れて簡単に揚げることができる)なども比較的普及している。

ベルギーの一般家庭は「電気フライヤー」を高い確率で常備している。

 

アメリカでは特に、ハンバーガーのつけあわせとしてフライドポテトを出す。

これはハンバーガーを主な商品とするファーストフード店でも受け継がれており、バーガー類とドリンク、フライドポテトを組み合わせたセットメニューが多く見られる。

------------------------------------------------------------

以上はWikipediaよリ引用。

 

フライドポテトはベルギーなのである。

ベルギーは、フライドポテトを日常、食べる。

 

 

我が家の冷蔵庫に常備されているベルギー産の冷凍フライドポテト。

ベルギー王国からの輸入品である。

日本は生のジャガイモの輸入は禁止されているが冷凍は許可されている。

このベルギーのフライドポテトは、業務用食品を売る店で一袋198円で買って来た。1kgで198円は安い。

 

 

これは、細いシューストリングタイプであるが、

皮の付いた、もう少し太いタイプもある。

 

シューストリングタイプは、揚げるのでななく、フライパンで炒めても料理可能。

 

 

これが、炒めた料理例である。

揚げるよりも、油が少なくて料理できるので、なにかと良ろし。

皮付きのは、揚げると旨い。

 

このベルギー産のフライドポテト、なかなか美味しい。

ハンバーガー・チェーンのよりも、芋の味がする。

業務用なので、レストランなどで、使用されているのと同じだが。

 

スポンサーサイト
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2010-01-30 19:03

今年の美術展

東京都美術館

ラファエロの一角獣がやってきた。

 

http://www.borghese2010.jp/

 

 

 

 上野で見れなかったポンペイ展。

横浜では、必ず見るぞ。

 

http://www.ntv.co.jp/pompei/index.html

 

 

 

このレンビッカというのも興味あり。

 

http://www.bunkamura.co.jp/museum/lineup/shosai_10_lempicka.html

 

 

  1. 絵画
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2010-01-30 17:51

ベビーノ・ガリアルディ Peppino Gagliardi

 

 

 

「ガラスの部屋」の主題歌を歌い、

ヒロシの舞台のバックに意味も無く流れているベビーノ・ガリアルディ の、別の歌ですだ。

  1. 世界の音楽
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2010-01-30 12:21

「ガラスの部屋」の思い出

なぜ、ヒロシが、この曲をバックに使ったのか分らないし、興味もないのだが・・・・

「ガラスの部屋」は1969年に上演されたイタリア映画で、1970年頃に池袋の映画館で見た。
この頃は、映画ばかり見ていた。おそらく月に10本以上は見ていたと思う。

学園紛争をバックにした青春映画で、主演のレイモン・ラブロックと、ところどころ光る綺麗な映像と、この主題歌しか印象に残っていない。
主題歌はベビーノ・ガリアルディのChe Vuole Questa Musica Stasera 


">


 

  1. 泰西映画
  2. TB(0)
  3. CM(1)

2010-01-29 21:54

全世界140万IPから1時間に4億3000万パケットを超える大規模かつ執拗なサービス妨害攻撃

ようやく落ち着いて来ましたが、それにしてもこんな大規模な攻撃を受けねばならないのは?何故に?

------------------------------------------

2010年1月27日12時55分頃より、全世界140万IPから1時間に4億3000万パケットを超える大規模かつ執拗なサービス妨害攻撃(DDoS攻撃)を受けました。


その結果、長時間かつ複数回にわたりネットワーク(ファイアウォール)が通信障害に陥り、

本サービスをご利用中の約40,000アカウントのお客さまに、ウェブサイトへのアクセス不可、メールの送受信不可といった多大なご迷惑をおかけいたしました。

-----------------------------------------

わが社のホームページは4万アカウントの一つ。

会社のメールアドレスも、これを使っているので、送受信不可能になりました。


※DDoS攻撃とは、複数のネットワークに分散する大量のコンピュータが一斉に特定のサーバーへパケットを送出し、通信路をあふれさせて機能を停止させてしまう攻撃のことです。

「お客さま情報の漏洩や、データの破損はございませんのでご安心ください」

 

これは犯罪なので、今後、どのような対応になるのか報告を待つ。

 

  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2010-01-29 20:43

ジリオラ・チンクエッティをご存知ですよね?

「薔薇のタンゴ」は、様々な歌手が歌っているのですが、

このジリオラ・チンクエッティのが、私の好み思うわけです。

 

 

ジリオラ・チンクエッティと言えば、

1964年に 16歳にしてサンレモ音楽祭に優勝した少女ですね。

「夢見る思い」という曲です。

本人はまさか優勝するとは思っていなかったので、

「眠いので帰りたい」

「終わりまで駄目よ」

との問答をしながら楽屋でトランプをしていたらしい。

 

 

 

 

 その後、アップテンポの「雨」もヒットしました。

 

 

 

なお、伊東ゆかり姉さんが、サンレモ音楽祭に日本人として初出場し、「恋する瞳」で入賞したのは1965年である。

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2010-01-29 10:37

Tango delle rose

 

「この歌はターキーが歌って、凄い人気であった」

と大正13年生まれの母の証言です。

 

ターキーとは水の江 瀧子ですね。

 

 

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2010-01-28 22:37

薔薇のタンゴ

1928年にイタリアで作曲されたタンゴである。

とても可愛らしく、聞きやすい。

 

 

  1. タンゴ
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2010-01-28 12:05

海外からのサービス妨害攻撃・小沢日本地区人民解放軍司令官を救え?

昨日の日中よりメールもホームページも使えません。

業務が妨害されています。

ようやく、サーバーにアクセスできたので、

以下の報告を読むことができました。

---------------------------------------------------------

〇〇〇〇のサービス不具合について(20時30分現在)

平素よりサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。
本日1月27日12時55分より海外からのサービス妨害攻撃を受け、サービスでサイト閲覧とメールの送受信が困難となる障害が発生いたしました。


19時30分現在、緊急対応により復旧しておりますが、

サービスをご利用のお客様には長時間に渡り多大なるご迷惑をお掛けし、誠に申し訳なく心よりお詫び申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・

そして、本日も同様の事態になっている。

 

海外とは、どこなのだ?

 

金さんかや?

 

あるいは、小沢日本地区人民解放軍総司令官(本人が中国でそう発言してますな)を救えということか?

 

原因は不明なれど、悪意は明らかである。

  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(7)

2010-01-28 06:18

付け焼き

 

焼いて、醤油を付けて、また焼く。

たまりません。

醤油の焦げた匂いが、何とも美味しい。

これを上等な海苔に巻いて食べる。

 

正月は、まだまだ続く。

 

今日も夕方から賀詞交換会があった。

人数が多くおそらく200人規模。

これだけ集まると、凄まじい情報量である。

忘れない内にメモしておかねば、

もったいない話が、いくつも拾えた。

 

1月も終わり。

もう、賀詞交換でもないでしょう。

・・・・という雰囲気ながら、来月の初旬までは続くのである。

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(7)