2009-11-29 23:13

今日のツッチー、さらに冴える

東京都議会議員(民主党

土屋たかゆき氏のHPより

------------------------------------------------------

 私が秘書時代、総理官邸の脇で、サヨクが抗議行動をしていた。

テレビの報道は「市民グループ」が抗議行動。
市民が、マイクを持っているか。

横断幕の字がセクトの字か?

これがマスコミの実態だ。

先日の憲政記念館の集会も会場の外にあふれんばかりの人が集まった。

それもネットで知ったのか若い人が中心だ。

昨日の渋谷駅前の集会も同じ。

ところが、テレビも来ない。

新聞社も、東京が来ただけ。

一体、マスコミの感覚はどうなっているのか。
外国人参政権と言う重要な政策を隠して選挙をし、勝ったところでその法案を提出すると言い出しただけでも重要問題であるのに、ひいきのひきたおしか、余程、この国を革命したいのか知らないが、数千人が集まっているのに報道もしない。

国賊とはこの類を言う。

公正な報道をし、判断は市民がする。

それが民主主義だろう。

いんちきの選挙をやって、姑息な手段で「革命法案」を用意している反民主的行為に何故、異議を唱えないのか。

 

それにしても、朝日など国有地の払下げをしてもらって、社屋を建て反祖国でもないだろう。

それとも、革命政権の人民日報を目指しているのか。

自民党政権下、商品券、金券をもらい、大臣にたかって、したい放題をして来た事など「誰も知らない」と思っているから「私は清潔」と言う顔をしている。
官房機密費でどれだけ「馳走」になったか、忘れたのか。

私は、その商品券を記者に秘書として郵送した。

その実態を知っているからそう言えるのだ。

詳細は秘書の秘守義務に属するので言えないが、「体たらくとはそのことだ」

 

●●テレビの●●さんは、●●●●●●●で私と3時まで飲んでいた。

最後はラーメンが定番。
自分だけ、身奇麗だとよくもまあ言えたものだ。

公共放送の●●さんは、●●を●●●●●●。

人間社会だから、そう身奇麗には行かないことは承知だが、それなら、報道くらい「公平」にしたらどうか。
それが出来ないのなら、新聞綱領など止めてしまえ。

 

--------------------------------

土屋たかゆき氏は、塩爺が内閣官房副長官をやっていた時代の秘書だったのだ。

 

 

スポンサーサイト
  1. マスコミの構造
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2009-11-29 22:09

人形町「キラク」

 

 

 

芳味亭、小春軒、来福亭など人形町には古い洋食屋が多い。

「キラク」は、人形町の地下鉄出口の隣りの隣ですから、兎に角、目立つ。

 

しかし、今まで一度も入った事が無かった。

その理由は「混んでいる」から。

 

昼食時、並んでまで入ろうという雰囲気ではない。

「空いている時があれば、入ろう」と思い、今日まで来てしまった。

 

ところが人形町2時の待ち合わせのデザイナーの友人が、時間を間違えて、3時になるというので、ついに「キラク」に入ることが出来た。

 

ところが・・・

ビーフカツの1800円は高いがな・・・・

ポークソテーの1750円。ううむ。

ポークカツの1600円。ううむ、ううむ。

 

店の外観と価格がアンマッチですがな。

店名ともアンマッチでおます。

 

しかし、芳味亭よりは「キラク」である。

 

この選択肢だと、どうしてもビーフカツにするしかない。

ポークとビーフの差が50円なのだから。

 

その下は、ハンバーグの1150円。

ハヤシライスは1350円である。

 

料理の味は悪くないが、店の雰囲気はカウンターの店としての、あるべき緊張感に欠ける。

客の少ない時間に従業員が雑談していたのでは大衆料理と同じである。

 

昭和21年創業というのは人形町の洋食屋では新しいほうである。

先代は、良い材料と味で勝負したのであろう。

その伝統は、わずかに残っている感じである。

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(1)

2009-11-29 22:07

人形町の来福亭にて

人形町には古い洋食屋が多く残っている。

中に入ると・・・・

 

 

オムライスを頼むと、匙とお茶がでてくる。

このテーブル、年季が入っています。

そして・・・

 

 

席の横に小さな手洗い場が付いている。

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2009-11-29 13:01

何のこっちゃの「立体花博」に100万人

 

 

 

浜松市のフラワーパークでは「浜名湖立体花博」なるものをやっていた。

「浜松モザイクカルチャー世界博2009」というのが正式名称。

写真のように、箱庭の立体版で、この手のオブジェを造る人々が世界的に存在するらしい。

モントリオールで最初の世界博覧会が開催され、その後、上海を経て、浜松に来たらしい。

 

会期は9月19日から11月23日。

 

「こんなもん、見にくる暇人、どんだけ居るだがや???」

と疑問に思って入場したら・・・・「混んでまんがな」

計画では80万人の来客を見込んでいたのだが、事務局に飛び込んで聞くと「予定は完全にクリアして100万人」とのことだ。

 

ただ、ホームぺージは87万人の所で止っているので、どちらが本当か分からんちゃ。

 

とはいえ、87万人でも凄い。

会場周辺のホテルは大繁盛である。

 

コンパニオンのネエチャンに聞いても「今年は景気が良い」とのことだ。

 

やっぱり、何かやらねば金は入ってこんのよ。

 

  1. 国内出張・忙中閑有
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2009-11-28 10:15

君よ知るや南の国

 

 

富士花鳥園から、東海道を下り、浜松フラワーパークへ。 

 

 

歌劇「ミニョン」より「君よ知るや南の国」 

 

 

  1. クラシック音楽
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2009-11-28 06:56

歌の翼に

 

 

 

 

「歌の翼に」

ドイツロマン派の作曲家メンデルスゾーンの「六つの歌」作品34の第2曲。

歌詞は、ドイツの詩人ハインリッヒ・ハイネによる詩から採られたもの。
歌の翼に乗って、恋人と遥か遠い常夏の国に飛んで行きたいという歌である。

  1. クラシック音楽
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2009-11-27 22:26

水の上にて歌える

 

 

  

 

水の上を、すべる小舟のように

私の心は揺れている。

遠くの空の向こうから、赤い夕日が舞い落ちる

西の杜の梢には、空を染める茜雲

東の杜の小枝には、赤い花が揺れている

 

きらめくような翼に乗って、舟のように時は過ぎ行く

鳥のように飛べたなら、私も空の彼方に消え去るだろう。

  1. 国内出張・忙中閑有
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2009-11-26 21:27

花に囲まれて

 

 

 

 

 

歌の翼に、君を乗せて

遥か遠くまで、飛で行けるなら。

青い月が昇る、丘の彼方に

様々な花が咲き乱れる。

それは、素晴らしい、常夏の国。

 

  1. クラシック音楽
  2. TB(0)
  3. CM(7)

2009-11-26 09:17

これで、私も救済される

消えた年金、「空白2年以内」条件付きで救済へ
 

長妻厚生労働相直属の「年金記録回復委員会」(委員長=磯村元史・函館大客員教授)は25日、年金記録問題の新たな被害者救済策を決定した。

救済基準の緩和により、被害者が総務省の年金記録確認第三者委員会に申し立てなくても済むケースを増やす。

これを受けて長妻厚労相は、近く正式決定したい考えだ。

 

新救済策によると、「消えた年金」では、国民年金加入期間の空白が1年以内の場合、

〈1〉空白は1回だけ

〈2〉その前後は国民年金保険料を納付済み

〈3〉他に未納期間がない――を条件に、証拠がなくても納付していたと認める。

 

空白が1年超~2年以内は、これらの条件に加え、配偶者がその期間に保険料を納めていれば納付したこととする。(読売新聞)

---------------------------------------------------

 

嬉しいですね。

私には「空白の2年間」があります。

 

最初の会社を辞めてから、

次の会社に入るまでの2年間。

「奇妙な事務所の午後」の時期です。

 

この2年間は年金記録が無い。でも・・・・

〈1〉空白は1回だけ

〈2〉その前後は国民年金保険料を納付済み

〈3〉他に未納期間がない

 

全ての条件をクリアしています。

奇妙な事務所に勤務していましたが、その事務所はもはや存在しない。

だから、証明が出来ないのです。

これで空白が埋められる。長妻先生、ありがとう。

 

でも、何故に空白が生じたか?

それは、この怪しい事務所には、健康保険も年金制度も無かったからですよ。

払ってないから、記録がある訳ありません。

 

でも、3つの条件は完全にクリアしているので、払った事にしておきます。

これで大丈夫ですよね。

 

めでたし、めでたし、度し難し。

  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(7)

2009-11-25 23:53

花鳥園なるものは2000年以降に出来たらしい

熱川バナナワニ園は、バナナとワニを展示している。

なぜ、バナナとワニなのか?

なんとなく「熱帯」という気分で選んだ組み合わせなのか?

 

http://www.i-younet.ne.jp/~wanien/index1.htm

 

これは八丈島のキョンを見た人にしか分からない永遠の謎なのだ。

 

 

 

↑ 八丈島のキョン

 

 

花鳥園は、なぜにフクロウとベゴニアなのか?

加茂氏の好みなのか?

 

この花鳥園は、鳥類愛好家の加茂氏が、掛川に作った「掛川花鳥園」が最初である。

開園は2003年頃である。

掛川とは、静岡県の掛川市である。

 

その後、加茂氏は神戸、松江に花鳥園を開設している。

 

 

この写真は、全て「富士花鳥園」で撮影したものだ。

富士花鳥園は、1990年に「富士国際花園」としてオープンしたものだ。

 

 

なお、加茂氏はかなり怪しい男のようである。

  1. 国内出張・忙中閑有
  2. TB(0)
  3. CM(4)