-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2009-03-31 20:33

テレビ各社の世論調査の実態が分かる投書を発見

BPOの視聴者の意見を読んでいたら、驚くべき投書を見つけた。

-------------------------------------------------------

電話によるテレビ局各社の世論調査を数回受けた経験があるが、NHK以外の調査は非常に回答しずらい。

テープに録音した女性の声で質問があり、賛成か反対かを電話番号を押して答える方法だが、民放の調査は女性の声が小さく、話すスピードも速すぎる。

また、調査に対する説明も足りない。

日常的に携帯でメールを使っている世代の人達は答えられると思うが、我々のような高齢者には無理な調査方法である。

その結果、60歳以上の有効回収率が低くなっていることは当然のことである。調査方法を再考するべきである。

-----------------------------------------------------------------------------

テレビ局の世論調査の電話を受けた人は、私の周囲に全く居ない。無作為抽出の1000人程度の調査なので、「そりゃ、なかなか当たらないわなあ」と思っていたのだが・・・・。

 

電話によるテレビ局各社の世論調査を数回受けた経験がある。

 

これは統計学上、奇跡の中の奇跡に近い「大当たり」である。

 

「昼間、自宅の固定電話に出るのは、高齢者が中心である」と思っていたが、やはり60歳以上の高齢者であった。

サラリーマンは勤務中。

・主婦もパート

・子供は学校

・家でテレビを見ているのは高齢者

 

しかし、数回は多いだろう。この奇跡が起きる理由として考えられるのは。一つは、無作為抽出と言うのは嘘で、いつも同じ人に電話している。

 

もう1つは、最近は、振り込め詐欺対策で、怪しい電話に出ない人が増えている。また、警察も、そのように指導している中で、掛かってくる電話に出る人は限られる。

 

 

このどちらかであろう。

 

 

さらに、驚いたのは、

 

テープに録音した女性の声で質問があり、賛成か反対かを電話番号を押して答える方法

 

これは手抜きではないか。

担当者が直接電話して、協力をお願いするのではなく、

テープに録音した声で質問し、プッシュホンのボタンで答えさせるとは。あまりに酷いやり方だ。昔、世論調査のアルバイトをしていた人間として許せない。

 

 http://yuyuu.iza.ne.jp/blog/day/20070223/

 

 http://yuyuu.iza.ne.jp/blog/entry/122915/

 

10000以上のサンプルを集める世論調査でも、調査目的の詳細な説明により回収率の向上が義務つけられていた。

それは「是非、回答したい」という人だけの意見だけになると、意見が政治的に偏るからである。

無作為で抽出したら、その全ての人に回答してもらわないと無作為にならないのだ。

無作為で選んだ人の中から、何らかの「意見を言いたい人だけを選んだ調査」になってしまうからだ。

 

無作為抽出の訪問調査でも、特にサラリーマンの方からの回収は難しく、日中、家に居るお婆ちゃんとか、中小零細の鉄工所とか印刷所の社長とか、蕎麦やとか花屋の店員などが中心になる。無作為に調査しても、回答者はどうしても偏ってしまうのだ。
 

それを500、1000程度のサンプルで、このような手抜きを行えば、その結果は目に見えている。マスコミとは、かくも、仕事の品質にイイカゲンな連中の集積なのか?驚くばかりである。

スポンサーサイト
  1. マスコミの構造
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2009-03-31 10:38

BPOに寄せられた視聴者からの意見を読む(2009年1月分)

 放送倫理・番組向上機構(BPO)は放送事業の公共性と社会的影響の重大性を踏まえて、正確な放送と放送倫理の高揚に寄与することを目的とした非営利・非政府の団体。

この団体に、テレビ視聴者の苦情が多数寄せられており、発表された資料を読むと「誰もが同じように感じているのだなあ」と思う。

この中から、麻生首相に関係する意見をピックアップしてみた(2009年1月分)。

 

なお、ネットでは、BPOにバシバシ苦情を通告する日本の「田植え祭り」の開催中である。

 

http://www25.atwiki.jp/tauesai/

 

--------------------------------------------------------------------------------------

・各局で放送されている国政に関するテレビ討論は、「全て行政が悪い」という結論ありきの番組が多いが、もっと本質を話し合う討論番組は出来ないのか。
また、街頭インタビューの世論調査の結果を放送する時には、実施した日時や場所、総数、インタビューに応じた男女の比率や年齢等も明確に伝えるべきである。
同時に今年5月から始まる裁判員制度に考慮し、ニュース報道では現在のような事件をセンセーショナルに伝える報道姿勢は改めるべきである。
特にワイドショーでは殺人罪、傷害致死罪、強盗致死傷罪、身代金目的誘拐罪等に該当するような事件はセンセーショナルに取上げるべきではない。


•昼前のニュース番組で「株価下落は政府のせい」という荒唐無稽な野党の主張を紹介し、視聴者に対する印象操作を行っていた。
株価下落の原因は金融危機であるのは言うまでもない。
その直後のニュースで株価の下落を伝えたが、1月30日の下落に関してもアメリカの株価が大幅に下がったのが原因だ。
【麻生首相が辞任するのが一番の景気対策】とテロップを出しただけではなく、【一番】を黄色の文字で強調をしていた。ニュースでは、こういった悪質な印象操作をやるべきではない。

 

•政治に関する各局の偏向報道がひど過ぎる。同様の意見が他からも届いているだろうが、麻生内閣に対する報道には悪意を感じる。
「不偏不党」「公正・公平・中立」「事実を伝える」・・・これが報道ではないのか。政府案と野党案を両方とも正確に報道する。これは当り前のことだ。
例えば、各局は「2兆円の定額給付金」だけしか報道していないが、これではまるで政府の景気対策は定額給付金だけで、他には何もないように思ってしまう。
私の知り合いが「定額給付金は雇用対策に回すべきだ」と言うのを聞いて私は驚いた。政府案では雇用対策として数兆円もの金が使われるのに、彼女はその事実を知らないのだ。
国民をミスリードするのが報道なのか。過去の椿事件を忘れたのか。最近は政治関連のニュースが始まると「どうせ、また総理バッシングか」と思ってチャンネルを変えることも多い。このような事が続くのならテレビはいらない。インターネットで十分である。

 

•麻生総理がオバマ米大統領の就任演説について「世界で第1・第2の経済大国が一緒に手を組んでやっていけることが改めて確信できた」と、経済危機克服に向けてオバマ新政権と緊密に連携する考えを強調した。
これに対して、関西のラジオ局の司会者は、「おっさん」「頭の中が蜂の巣」「支持率が低い状態でそんな事を言っている立場ではないだろう」等と、非礼極まりない不適切な発言をしていた。
表現の自由は日本国憲法で保障されているが、メディア、特にテレビ・ラジオには世論を誘導するほどの力があることを自覚すべきである。
局に意見を伝えたが「放送上問題はないと思っている」と回答があった。公共の電波で放送しているという認識が見られなかった。

 

•麻生総理を擁護するつもりはないが、一国の総理大臣に対して非礼な発言があった。
この番組で水曜日のコメンテーターを務めている女性作家が、「オバマは格好いいけど、うちのは口の曲がったあの人だからネ、情けない」と麻生総理を誹謗中傷するコメントをした。
この番組はニュース報道番組でありバラエティー番組ではない。さすがに番組の後半でアンカーマンが「不適切な発言がありました」と謝罪したが、何故、このような倫理感のない人を出演させているのか。テレビは出版物とは違い公共の電波を使って放送していることをこの作家に認識させるべきである。


•司会者の1人である女性アナが、彼女に出題された「麻生さんは自民党の総裁、小沢さんは民主党の代表、それでは志位さんは共産党の・・・なに?」というクイズの問題に「番長」と答えた。
呆れちゃったよ。彼女は毎回、自分に出されるクイズにトンチンカンな回答をして笑いをとっているようだが、情報番組にこんな非常識でバカなアナウンサーは出すべきではない。
政治・経済・社会のニュースなども取り上げる情報ワイドショーはバラエティー番組とは違うんだ。彼女のような"おバカ・キャラ"は必要ないんだ。

 

•年末年始のテレビを見て「テレビもとうとう、ここまで堕ちたか」という感を持ちました。NHKの番組の民放化、民放各局の長時間痴呆的番組の連続、ニュース番組の軽視等など目に余るものがありました。もう「見なければいいじゃないか」では済まされない問題だと思います。NHKおよび民放各局には「発想の転換」を強く望みます。
 

•この日の早朝のワイド番組は非常に不快だ。放送の中で中川財務大臣が漢字を読み間違えたことをネタにして笑い飛ばしていた。その他にも「常用漢字に新しい字が追加された」ことを伝える際に、あからさまに「麻生さん聞いてますか?」などと馬鹿にしたことを言っている。子どもが見る時間帯である。漢字が読めなかったことを取り上げて馬鹿にすることが、いじめの助長につながることを全く考慮していないようだ。だいたい、この司会者自身が「乱高下」を「らんこうか」と読んだり、「汚名挽回」などという言葉を使っても全く訂正もしない人物である。この番組は洋菓子メーカーの不祥事の捏造など、過去にも問題が多い番組だ。どういうつもりでこのような放送をしているのかを説明するように言ってほしい。
 

•BPOのHPに掲載されている視聴者からの意見を毎月読んでいる。これほどまでに番組内容や編成についての批判が殺到している中で、実際のテレビ番組の内容に変化が見られないのは何故なのか?最近は逆に低俗番組が増え、まともな報道番組が減少の一途を辿っているように思う。BPOは各局の共同出資によってできた自浄組織だそうだが、これ以上番組の低俗化が進むのであれば完全な第三者機関に任せたほうがよろしいのではないか?BPOが今のままなら結局は各局の問題点を改善できず、各局は視聴率至上主義を突き進むのではないか。
 

 

  1. マスコミの構造
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2009-03-30 10:37

BPOに寄せられた視聴者からの意見を読む(2008年12月分)

放送倫理・番組向上機構(BPO)は放送事業の公共性と社会的影響の重大性を踏まえて、正確な放送と放送倫理の高揚に寄与することを目的とした非営利・非政府の団体。

この団体に、テレビ視聴者の苦情が多数寄せられており、発表された資料を読むと「誰もが同じように感じているのだなあ」と思う。

この中から、麻生首相に関係する意見をピックアップしてみた(2008年12月分のみ)。

 

なお、ネットでは、BPOにバシバシ苦情を通告する「田植え祭り」の開催中である。

---------------------------------------------------
•麻生総理がハローワークを視察した際の映像で、番組内で使用されたビデオの編集の仕方に疑問を感じた。
ハローワークへ仕事を探しにきた若者と総理が話をする場面なのだが、実際の会話では総理が若者に「どんな職を探しているのか」と聞き、若者が「六本木や青山みたいなオシャレなところで働きたい」と答えた。
それに対して総理が「何かありませんかねでは仕事は見つからない。目的意識がないと雇う方もその気にならないよ」と発言している。
しかし、この番組では若者の声は一切入れず、総理のその言葉の部分だけを使用していた。
番組のコメンテーター達は「今は仕事を選んで働ける状況じゃないでしょ」と総理を批判していたが、そもそも、その若者の「オシャレなところで働きたい」という言葉が入っていたらそんな批判にはならなかった筈である。
若者のその言葉は、間違いなく「働き先を選んでいる」「現実を分かっていない」発言だ。
最近、テレビでは麻生総理の失言を多く取り上げているが、ニュースは事実を歪曲させることなく伝える事が前提の筈だ。
東京の放送局のこのニュース番組は不必要に総理批判を生ませるような編集をしていないかどうかを報道現場は慎重に考えるべきだと思う。
 

•麻生総理の失言に関する過剰な報道が続いているが、これらの発言が本来の文脈や意味を大きく逸脱した形で用いられ、明らかな印象操作が行われていて非常に不快だ。
「何もしない人の医療費を何故私が払う」という発言も、経済財政諮問会議の議事録を読めば、その直後の「だからこそ真面目に努力して健康を保っている人への保険料の見返り」などの提案に関する発言に繋げないと意味が通らないものだった。
不摂生や不注意で病気になったり怪我をした人に何もペナルティーを課すことなく、普段から気をつけていたのに病気になったり怪我をしてしまった人と全く同じ給付を行うという現行の保険システムに対する至極真っ当な批判意見なのに、各マスコミは、さも総理が「不摂生で不健康になった人間の保険料を私が払うのはおかしい」という趣旨で発言したように視聴者に思わせる報道だった。
「医師は一般常識に欠ける人が云々」の報道も、元々は医師会側から出た「医者の人数を減らしてくれ」という要請を受けて行ったことで、現状のような医師不足になっているのは医師自体の責任でもあるとするものだ。
マスコミのこのような事実を捻じ曲げた偏向報道に対し、BPOから厳重注意して欲しいと思う。
 

•夜のニュース番組のキャスターの発言は問題ではないかと思う。「政治不信のせいで不況が・・・」という発言を番組内でしていたが、現在の不況の元凶が何であるかは周知の事実であり、決して「政治不信」などでないことは明らかである。
そこまでして政府不信を煽るのは問題ではないか。
彼はどんなことでも大げさに煽った発言をする。
そもそも過去に「椿事件」を起こした局だから、この局の報道を信用するつもりはないが、彼らにはその自覚もなく、まだ堂々と印象操作を続けているようだ。
彼らにとって、放送法や放送倫理基本綱領というものは形だけなのか。こういう報道が一向に減らないことは非常に問題ではないかと思う。
 

•夕刊紙からの内容を紹介するコーナーで、自民党機関誌に掲載された麻生総理夫人のインタビューを紹介していたが、司会者及びコメンテーターの発言が下品すぎる。
もともと最近のテレビ番組では麻生総理の漢字の読み間違いなどに対する失礼な発言が多い。
ある別の番組では総理のことを「ばーか」などと言っていたが、自民党の機関誌まで取り上げての失礼な発言には品位を疑う。
そもそも総理夫人は公人ではないのではないか?
子供も見ている時間帯なのに、公共の電波を使ってあからさまに人を侮辱するような発言は控えていただきたい。
これではまるで集団イジメを助長しているかの印象を受ける。
子供が国や政治に対して誇りを持てなくなるような内容を積極的に発信する放送局は本当に視聴者のために番組づくりをしているのか疑問に思う。
 

 

 

  1. マスコミの構造
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2009-03-29 22:38

フィリップス的な小宇宙

やはり、私はブラウンではなく、フィリップスなのである。

長年、使っていたフィリップスの電気髭剃器が、数日前に動かなくなった。

刃も、モーターも元気だが、スイッチが故障らしい。

洗える防水タイプにした時、以前のスライド式のスイッチをプッシュ式に変えた。

プッシュ式は毎日、指の圧力を受けるので、何年も使うと壊れる。

「長い間、お勤め、ご苦労さんでした」と言うことで、定年退職となった。

 

そこで、後継器を買いにでかけたのだが・・・・お店に「ぬあい(無い)」。

かつて、ブラウンと互角に勝負していたのだが、もう、完全にブラウンが勝利したようだ。

圧倒的なブラウンの品揃えの影に、パナソニックが少々。さらに廉価品として日立・・・・という売場構成比になっている。

そこで、ネットを利用しアマゾンで購入した。

 

フィリップスの良さは、肌に優しい点である。

私は最初はフィリップス。次にかなり長期にブラウンを使い、それからフィリップスに戻った。

特に、リフト&カットのHQ8の歯は実に良い(写真)。

 

 

 

 

 

 同じ回転式でも、下のような歯の場合は、肌に優しくない。

これだと、ローションが滲みるのである。

 

 

 フィリップスのHQ8は、やたらに丈夫で、寿命は2年間となっているが、それ以上、十分に持つ。切れ味も落ちない。

ただし、手入れが面倒と言われている。

月に一回は分解掃除が必要になるからだ。

この精巧は小宇宙を分解し、内刃と外刃をお湯に浸して、油と鬚屑を除去してから、乾燥させ、クリーニングして、再び組み立てないとならない。

 

この作業に喜びを感じないと、とてもフィリップスのユーザーにはなれないのである。

 

金井美恵子の小説「愛の生活」の中に、「皿を洗うのは、一瞬の休息の時である」という一節があった。

フィリップス・シェーバーの回転刃の分解掃除も、男の休息の時なのだ。

 

 

 

 

 

 

  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2009-03-29 00:56

初給料の支払いと健康保険証についての雑感

25日は、社員に最初の給料を払う日である。

しかし、社長兼社員しか居ない当社では、支払うのを忘れてました。

 

「えらいこっちゃ、設立、早々、給料遅配でんがな・・・」と26日午前中に銀行に急ぐ。

そこで、会社名義の普通預金にある資本金から、社長の給料(役員報酬)を引き出し、社長個人の貯金通帳に移す。

先月、社長個人の貯金通帳から、会社名義の貯金通帳に資本金を移したばかりなのだが、一部を元に戻したということだ。

 

何故に、こんな面倒な事をするか?

給料を支払った記録を残し、さらに預金出納帳に記載しないといけないからです。

---------------------------------------------------

 そして、26日には全国健康保険協会から健康保険証が届く。これで、政府管掌の健康保険に正式に加入したことになる。

 

中小企業等で働く従業員やその家族が加入する健康保険(政府管掌健康保険)は、従来、国(社会保険庁)で運営していた。

しかし、昨年10月1日に、新たに全国健康保険協会が設立され、協会が運営することとなった。

 

社会保険庁のHPによると。

 

・ 協会は、非公務員型の法人として新たに設立される保険者であり、職員は公務員ではなく民間職員です

・協会の理事長や各都道府県の支部長はすべて民間出身者を登用する等民間からの採用を進め、民間のノウハウを積極的に採り入れていきます。

・ 民間のノウハウやIT・システムを活用し、被保険者や事業主の皆様の視点からサービスの向上を図っていきます。

・ 都道府県ごとに支部を設け、地域の身近な保険者として地域の被保険者や事業主の皆様のご意見に基づき、生活習慣病の予防など地域の実情に応じた事業を展開しています。

・民間の法人として職員の意識改革を図り、能力と実績に基づく人事制度の徹底を図るとともに、業務改革を進め、運営の効率化を図っていきます。

 

 

国の仕事だから、ちゃんとやってくれるだろう」と思っていたら、年金については実はイイカゲンであった。

そこで「民間」を強調しているのだが「民間は良いところもあれば、悪いところもある」。

逆に、国の仕事でも、現場が頑張っていて、しっかりやっている部門もある。

 

民間ノウハウなるものも、優れたノウハウを持つと威張れるのはほんの一部であり、非能率的、非効率的な事業所の方が多い。

 

実は、国だから駄目なのではなく、その組織が左翼の巣窟になったから駄目なのだ。民間でも、左翼の巣窟になった企業は沈むしかない。

 

加入者としては、国でも民間でも、ドーでも良い事である。

ただし、現在の国民健康保険のようになったら困る。

「民間のノウ生ハウで運営したら、保険料は高くなりました」では困るのだ。この点がとても心配である。

 

社長兼従業員兼株主・・・約1名の当社でも、株式会社にしたのは、政府管掌健康保険に入りたいからである。

地方自治体が運用している国民健康保険は高すぎる。

 そのために、この年になってからも、簿記を勉強し、パソコン経理をやろうとしているのだから。

---------------------------------------------------------

今回、当社は社長の報酬を大幅に減額した。

そこで、社長の健康保険料は、自己負担が月1万6000円弱で良いことになった。これで家族4人が被保険者となるので、1人4000円と夢のような安さである。

 

社長、曰く「やはり、給料は安いに限る。高くても年収600万円あれば十分だ。900万円、1000万円、1200万円は社会保険料の負担が死ぬほど重く、さらに所得税・住民税の負担も大きく圧し掛かり、メリットが無いので止めた方が良い」とのことだ。

 

 

なお、会社負担は半額。これも1万6000円弱で、本人負担と合計すれば、月3万2000円、年間では38万4000円になる。

 

国民健康保険だと、東京都の場合、1人2万8800円+昨年度に支払った住民税の90%となる。

11万5200円に昨年の住民税の90%をプラスすれば、おそらく月々5万円以上になっていただろう。

  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2009-03-28 00:57

再び「永代橋の夜景」印象派風

昨日も永代橋周辺を歩く。

東京の桜は3月20日に咲いたが、それから花冷えが続き、未だに二分咲きである。

永代橋周辺の桜も同様であった。

 

今日は永代橋の西詰めの公園から、永代橋と、その向こうの「リバーシティー21」の高層マンション群を狙った。

黄昏時、妙に印象派風の写真になった。

 

 

手前の船と永代橋のバランス。ううむ、絵になっておる。

 

 

 IBMビルに通じる豊海橋。

 

 

IBMビルの前の公園から永代橋を望む。背後にマンション群が見える。

 

 

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(1)

2009-03-27 01:08

高層マンションが立つ石川島造船所の現在 

1853年(嘉永6年)、江戸幕府は隅田川河口の 石川島に造船所を設立する。

永代橋の上から正面に見える島である。

明治になり、幕府の造船所は民間に払い下げられる。

こうして、明治10年、 民間造船所として日本初の蒸気船「通運丸」を建造する。

明治26年、 東京石川島造船所株式會社に改組・商号変更。

 大正7年、 第一次世界大戦での船舶特需により莫大な利益を得て、これを自動車分野に投資する。

英国ウーズレー自動車と提携し、「スミダ号」を製造、その後、自動車部門は独立して、現在のいすゞ自動車、日野自動車へと至る。

大正13年には 石川島飛行機製作所を設立。のちに立川飛行機となる。

 

戦後、石川島重工業は、兵庫県の播磨重工業の合併し、石川島播磨重工業になる。

そして、2007年に株式会社IHIに社名変更した。

 

 石川島にあった工場は1979年に閉鎖され、現在は高層マンション群「リバーシティ21」となっている。

永代橋の上から、その巨大な高層マンション群が目の前に見える。

 

 

永代橋の西側よりリバーシティ21を望む。

 

 

永代橋の上から見た「リバーシティ21」

 

 

屋形船と高層マンション

 

 

高層マンションの影が隅田川河口に映る。

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(1)

2009-03-26 10:27

江戸前屋形船のある風景「いよいよ桜の季節です」

永代橋の下を次々と屋形船が通る。

この屋形船は、江戸時代から続いている、水都「江戸」の船遊びである。

 

以下の鈴木屋のホームページの地図が分かりやすい。

 

http://www.suzuki-ya.co.jp/siki.html

 

隅田川の橋の紹介ページもある。

 

http://www.suzuki-ya.co.jp/hasizukusi.html

 

この屋形船の上から、江戸前の天麩羅などをを食しながら、隅田川の夜桜を見物する。

今年も、季節が巡って来た。

 

 

 

 

 

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2009-03-26 00:11

永代橋の夜景 

「縁」なのだろうか、私のお得意先は日本橋、人形町、茅場町、門前仲町と、その周辺に多い。

この周辺は、古くからの江戸の下町で、実に情緒のある地域だ。

銀座、新宿、渋谷の派手な雰囲気はないが、運河と河川、そして橋と船がある。

そして、粋な店主の居る、安くて旨い居酒屋がある。

 

このところ毎週、永代橋の周辺に出かけている。

この橋は、元禄11年(1698)に、日本橋と対岸の深川を結ぶ橋として架けられた。

隅田川の出口に当たる場所に架かるため、当時としても大きな橋であった。

この橋は、赤穂浪士が討ち入りの帰りに渡った橋である。

また文化4年(1807)には富岡八幡の祭礼で多くの見物人が殺到し橋が落ち、1500人の死者を出した。

現在の橋は、関東大震災の後に架け換えられ重量感あふれるシンプルなアーチ型。夜間はブルーにライトアップされる。

 

 

橋の中央は車道、左右に歩道がある。 

 

 

ビルの上から見た永代橋。交通量は多い。

 

 

深川側より永代橋を望む。

 

 

水天宮、人形町、茅場町も歩いて行ける範囲だ。

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(5)

2009-03-25 15:59

ヤットデタマン  定額給付金

ヤッターマンの親戚にヤットデタマンがいる。

1981年頃にタイムボカンシリーズの一つとしてテレビ放映されていた。

 

 

最後まで、なかなか出ないヒーローなのである。

 

子供がデジタルカメラを買う資金にすると待っていたが、

成人式に間に合わず、卒業式にも間に合わなかった。

でも、昨日、定額給付金請求書が区から届いた。

 

これが、その封筒の雄姿である。

 

 

なお、封筒の横にあるローラーは、顔面マッサージ用に最近、使っているのである。皺を減らし、脂肪を溶かすために。

 

給付金の額は4人家族で5万6000円である。

次女のみが2万円で、後は1万2000円である。

家族に配布するが、一瞬にして消費されるであろう。

会社を作ったの良いが、給料は半減しているので、家族への配布金も減っているからだ。

 

私の1万2000円は、ほぼ用途が決まっている。

・珈琲豆・・・・町内に珈琲焙煎屋を開業した珈琲好きがいる。

彼に私の好みの豆と、好みの煎り方を伝えてある。

煎りすぎると苦くなるので、酸味を残して、豆の味も残るようにケニアを煎って欲しいのだ。

ところが、会社を辞めてからインスタント珈琲で我慢しているので、彼の店の売上に貢献していない。まず、これに使いたい。

・ベーコン・・・・町内の肉屋が自家製のベーコンを売っている。旨いが高い。最近はスーパーので我慢している。

 

それで残ればチーズとワインを買う予定。

この定額給付金は消費されれば、その役割を果たせるのだ。さっさと使ってしまいましょう。

  1. 自由民主党
  2. TB(0)
  3. CM(4)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。