-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2006-08-08 22:10

技術大国は狙われる

ミツトヨ不正輸出


副会長、社長ら5人逮捕 無許可輸出で
大手精密測定機器メーカー「ミツトヨ」が、核開発に転用可能な三次元測定機を不正輸出していたとして、警視庁は25日、副会長の高辻乗雄(71)、社長の手塚和作(67)の両容疑者ら幹部ら計5人を外為法違反(無許可輸出)容疑で逮捕した。
また、同社本社や、輸出を仲介したとされる東京都の商社「盛案」を捜索した。
----------------------------------------------------------
日本が米国と戦争していた時代、戦車や軍需用のトラックのギアを削る工作機械は米国製のものでした。当時の日本製では、重機のギアは削れなかったとトラックメーカーの技師に聞いた事があります。
「これでよく、戦争したよな。勝てるわけ無いでしょう」と彼は言ってました。

 

現在は逆になっていて、日本製の工作機械や測定器がないと精密な武器は作れない。
だから、今後もこのような事件は頻発するでしょう。
軍需産業は国家が育て、その見返りとして秘密を保持させ貿易も制限させる。
そのための法的な仕組みが米国などではあると聞いていますが、日本では軍需産業が無いので、民生の技術が諸外国の軍需産業の技術を超えると言う、今まで考えられなかった事態が発生しているのです。
この手の工作機械と測定器は日本とドイツが双璧です。
ドイツでどのような規制が行われているか調べる必要があります。 

スポンサーサイト
  1. 祖国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2006-08-08 01:29

麻生太郎氏の靖国論

麻生太郎氏の靖国論が発表されて、怒っている人も多いみたいですが、
怒っている彼らは宗教と信仰の区別が付いていないようです。

 

麻生氏は戦後、靖国神社が強制的に「宗教法人」させられた事が問題としているのであり、どこにも無信仰(非宗教)の施設にするとは言ってないのです。


宗教法人なら、創価学会も宗教法人だし、オウム真理教も宗教法人だった。

それと同じレベルのところに、天皇や総理大臣が行けば、政教分離の原則に反する。

だから、宗教法人ではなく、より高度な存在に変えねばならない。という意図ですよ。

 

麻生氏のホームページに掲載されている文章には、どこにも「分祀」などと書いてない。
良く読めば、どのような祀り方をするか国民が決めれば良いと書いてある。


宗教法人ではなく、国の機関だから、当然の事。
ただ、そのベースにあるのは、日本人の神社に対する世俗的な信仰に近いもの・・・
と書いてある。

 

世俗的な信仰のレベルは、教義・戒律のある宗教とは違うのです。ということは、御霊信仰はそのまま継続するという意味です。

 

「宗教法人から特殊法人へという変化に実質をもたせるため、祭式を非宗教的・伝統的なものにします。これは実質上、靖国神社が「招魂社」といった本来の姿に回帰することにほかなりません。各地の護国神社は、靖国社の支部として再出発することになります」


ここで言う「非宗教的」というのは、宗教法人としての教義のことです。
教義がないと宗教法人にはなれません。

自分の家の玄関に勝手に賽銭箱を置いても、教義がないと宗教法人にはなれません。

 

そこで、靖国神社も宗教法人になるため教義を決めたはずです。それを、もとの信仰に戻すと言っている。
すなわち伝統的なものにします」と書いているのは、そのことです。
 
「すなわち慰霊対象の特定、再認定に当たり、教義は既に唯一の判断基準ではなくなっています。」

これをどう読むのか?
教義で決められるのでは宗教です。
そうでなく現状の維持を法律で決めるべきという案です。
法で現状維持を決めれば、誰も何もいえない。
外国が言えば明らかな内政干渉です。

「さらに靖国神社付設の遊就館は、その性質などにかんがみ行政府内に、その管理と運営を移すべきだと考えます。その後展示方法をどうすべきかなどの論点は、繰り返しますがこのペーパーで最初に述べた「原点」に立ち戻りつつ、考えられるべきです」

 

ここでも、一言も遊就館の展示を否定していませんよ。
その展示内容に、国家としてお墨付きを与えるべき・・という意味です。

 

この先に見えるのは、
・現状の靖国神社の信仰はそのまま残し国有化する。
・靖国の世俗的な信仰では「分祀」の概念がないので、もちろん、そのままである。
・また、現状を引き継ぐ事は設置法で明確に決めれば、誰も文句は言えない。
・世俗的な信仰なので、天皇の親拝も政教分離原則に抵触せず問題ない。
・もちろん首相も公式参拝できる。

ということですよ。
普通に読めば、そのようにしか読めません。

 
 

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。