-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2014-04-06 16:53

ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃

ゴジラシリーズは
<昭和ゴジラ>
①ゴジラ(1954)
②ゴジラの逆襲
③キングコング対ゴジラ
④モスラ対ゴジラ
⑤三大怪獣 地球最大の決戦
⑥怪獣大戦争
⑦ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘
⑧怪獣島の決戦 ゴジラの息子
⑨怪獣総進撃 
⑩ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃
⑪ゴジラ対ヘドラ
⑫地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン
⑬ゴジラ対メガロ
⑭ゴジラ対メカゴジラ
⑮メカゴジラの逆襲

<平成ゴジラシリーズ>
16 ゴジラ
17 ゴジラvsビオランテ
18 ゴジラvsキングギドラ
19 ゴジラvsモスラ

20 ゴジラvsメカゴジラ

21 ゴジラvsスペースゴジラ
22 ゴジラvsデストロイア

<ミレニアムシリーズ>
23 ゴジラ2000ミレニアム
24 ゴジラ×メガギラス G消滅作戦
25 ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃
26 ゴジラ×メカゴジラ
27 ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS
28 ゴジラ ファイナル ウォーズ (2004)


・・・と今まで28作が公開された。
そして、その間にハリウッドにゴジラの版権を売る騒動があり、最初は二度と日本ではゴジラが造れないはずであったが、交渉の結果、ゴジラは出演料を戴いてハリウッド映画に主役で出るだけとなった。

ハリウッド版の第一作は1998年公開のイグアノドンゴジラであり、日本では「ジラ」と呼ばれる蜥蜴の化物である。
そして、2014年7月に第二作が公開されるようだが、予告編で見るとやはりイグアノドンにしか見えない。
------------------------------------------------------
「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」は、2001年12月に公開されたゴジラシリーズの第25作である。
登場怪獣はゴジラ、バラゴン(婆羅護吽)、モスラ(最珠羅)、キングギドラ(魏怒羅)。

観客動員数は240万人で第3期ゴジラシリーズの中で最高の動員数を記録
興行収入も2002年度邦画映画興行収入第3位の27億1,000万円。

この映画の背景であるが、防衛省の中に防衛軍があることになっており、憲法9条の戦争の放棄は継承されているが、第2項は陸海空軍を保持しないと言う第二項は削除されている。
映画の中で第二項が削除されている表現は無いが、映画の中で日米安全保障条約ではなく「日米平和条約」が台詞として出てくることから、米軍が守ってくれる、国連軍が守ってくれる・・ではなく、自分の国は自分で守る時代になっているのが前提。対ゴジラ用の新型兵器も登場、自国で武器を開発している。

映画の中に出てくる潜水艦や戦闘機のデザインがなぜか旧ソ連のものに近いのは、ロシアと軍事同盟を結んでいるとの前提ではなく米国の武器だけを一方的に購入してきた戦後体制との決別を描きたかったのであろう。
ロシアのデザイン、米国製武器、日本独自の武器という構成だ。

冒頭、宇崎竜童演じる立花准将が、戦後、平和憲法の中で設立された防衛軍が戦った相手は1954年にわが国を襲ったゴジラだけである。そのゴジラは防衛軍が殲滅したと語る。その後、米国をゴジラに似た怪獣が襲うが、米国ではゴジラと言っているが日本の専門家はゴジラと認めていない。これはイグアノドン・ゴジラへのジョークである。

この映画では1954年以来、日本はゴジラもモスラもラドンも襲ってない事になっている。
ゴジラの殲滅が防衛軍の戦果であると広報し、軍事予算を確保してきたが、
実際にはある科学者の発明した武器がゴジラを殲滅し、その科学者は、この武器が軍事に利用されるのを恐れて自殺したので、防衛軍には対ゴジラ兵器が無い。
新開発した防衛軍の対ゴジラ兵器により、ゴジラに勝つことが防衛軍存続のため必要。
・・・ということで、宇崎のゴジラ体内討入りにて、最終的にゴジラに勝つのである。

今までのゴジラ映画は「自衛隊の攻撃は効かない、それをモスラなど他の怪獣が戦い、日本を救う」となっていたが、
この映画では「他の怪獣の援護を受けながら、最終的には防衛軍が日本を救う」となっている。
左翼が嫌がる「軍靴の響き」そのものの映画なのである。

防衛軍を助ける怪獣とは何か?

古代王朝の時代には狛犬や鳳凰、ヤマタノオロチの伝説の基になった3頭の怪獣、バラゴン(婆羅護吽)、モスラ(最珠羅)、ギドラ(魏怒羅)が存在した。
彼らは退治された後、その霊を慰めるために神として祭られると同時に、それぞれ妙高山・池田湖・富士樹海へ封印され「護国聖獣」と呼ばれるようになった。

・・・・・ということで、今回のモスラはインファント島からやってこない。
小美人も居ないし、モスラの歌も無い。
ギドラも、今回はヤマトの味方で、ギドラからキングギドラへと進化する。

この護国聖獣はゴジラに負けて霊となり消える。

それではゴジラとは何か?

それは「護国聖獣伝記」の著者の宮下と言う老人が語っている。

「ゴジラは大東亜戦争で祖国を守る為に散った英霊の意識の集合体である」
「何故、祖国を守る為に散った英霊が日本を襲うのか?」
「それは皆が昔の事を忘れてしまったからだ」

ゴジラは米軍に占領された状態で戦後の繁栄を貪り、日本は悪い国だと子孫に教える教育を続ける現在に日本への英霊の怒りが終結したものである。これは長くゴジラ映画を見てくれば分かる世界観である。

日本は一歩一歩、この状態から抜け出すために、歩き続けるしかないのである。

PDVD_023.jpg

「軍靴の響」の批判を意識しあえて入れ込んだ映像、横浜市内を行く防衛軍歩兵部隊
歩道から「兵隊さん頑張って」と声が飛ぶが・・日本語ではなく中国語。
中華街の住民の声であった。
まだ、日本人から「兵隊さん頑張って」の声は無理との判断か?
スポンサーサイト
  1. モスラ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2013-04-30 17:52

ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘1966

ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』は、1966年(昭和41年)12月17日に公開された日本映画で、「ゴジラシリーズ」の第7作である。

観客動員数は421万人。

キングコング対ゴジラ」で1000万人を越える観客を動員したのと比較すると、半分以下に減っているが、この手抜きの映画で400万人は立派。

 

ゴジラは前作の「怪獣大戦争」から、完全に主役を降りて、3枚目俳優となっている。顔はクッキーモンスターであり、まるで怖くない。

おまけに南海の孤島しか出てこないので、ビルの町を壊すこともなく、経費は大幅削減だ。

 

もともとキングコングに8000万円を払った出演料を回収するために、キングコング主役の映画であったのが、コングがヤーヨと言った(米国側が台本を拒否)ので、代わりにゴジラが出演となった。

キングコング用の台本をコジラが演じる妙な映画である。

 

で・・・主役は。

 

 

主役女優が出られなくなって、急遽、水野久美がインファンと島から連れてこられた娘を演じる。

 

 

インファント島はモスラの島である。

モスラよ助けてたも・・・と祈る。

 

 

モスラの原作は「広場の孤独」の作者と「廃市」の作者等の合作なのだ。

 

 

 

ザ・ピーナッツに続く2代目小美人。

 

 

  1. モスラ
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2013-04-15 22:51

三大怪獣 地球最大の決戦 1964年

 

この映画は、私にとって最期の怪獣映画である。

1964年の上演時に、町内の映画館に見に行った。

13歳、中学二年生である。

 

ゴジラ、バラン、ラドン、モスラと律儀に見てきたのであるが、この映画を見て「怪獣映画はもういいや」と思ったのは、余りに馬鹿馬鹿しいストーリィの故である。

 

それまで人類対怪獣であったのが、この映画では怪獣が人間の味方をして、さらに協力して、宇宙怪獣と対決するなど「子供だまし」にも程がある。

しかし、その後の怪獣映画に比べると、この映画はまだマシだったのだが・・・。

 

最近、子供時代に見た記憶のある映画を見直している。

今日は、この映画を見たのだが、娯楽映画として気楽に見れる作品ではある。

 

この主題歌は懐かしい。 

 

 

この映画で王女様を演じる若林映子は、007シリーズにも登場。

  1. モスラ
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2013-04-15 22:42

奇妙な卵 1964 

 

 

 

 

「モスラ対ゴジラ」は1964年(昭和39年)に公開されたゴジラシリーズの第4作。

 

「広場の孤独」の作者が原作の「モスラ」の続編でもある。

観客動員数は720万人。

キングコング対ゴジラの1000万人越えには至らないが立派な成績だ。

 

本作でのゴジラはモスラに対する悪役として描かれており、ゴジラにとって怪獣同士の闘いにおける初の黒星(昭和シリーズでは唯一)を喫した作品である。

 

この映画で、東宝の怪獣映画で初めて、自衛隊の61式戦車のミニチュアが登場した。「ゴジラ雷撃作戦」で特車部隊として登場する。

 

 

  1. モスラ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2010-03-17 01:27

「モスラ」で女カメラマンを演じた香川京子

「モスラ」の原作は、中村真一郎と福永武彦、堀田善衛というのだから豪華というか・・・・

「廃市」というか・・・・

「広場の孤独」なのである。

 

 

・・・・そして、これがモスラの卵。

 

 

 

 

  1. モスラ
  2. TB(0)
  3. CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。