カテゴリ:瘋癲老人日記 の記事一覧

| | 古い記事一覧へ≫

2017-04-13 06:03

町会長会議

新年度初の地区の町会長会議に出席した。
町会とは地方自治法でいう、地縁団体の中心であり、地方自治の原単位である。
地区にある地縁自治体の長が集まり、地域の行政担当者と会議を開く。
ここで出て来た議題を、それぞれの自治体に持ち帰り、寄合で話し合い、結論を出す。
その結論を、次の町会長会議で発表し、それにより行政の方向が決まる。
これが大宝律令から続く日本の伝統的な民主主義である。

戦前の寄合の様子は、前に紹介した、以下の通り。

村で取り決めを行なう場合には、みんなの納得のいくまで何日でも話し合う。
はじめに一同があつまって区長からの話を聞くと、
それぞれの地域組でいろいろに話し合って区長のところへその結論を持っていく。
もし折り合いがつかねば自分のグループへ戻ってはなしあう。
用事のあるものは家へ帰ることもある。
ただ区長・総代はきき役・まとめ役としてそこにいなければならない。
とにかくこうして二日も協議がつづけられている。
----------------------------------------------------
宮本常一著 「忘れられた日本人」より

ここで言う区長とは町会長である。
それぞれの地域組みというのは都会では「班」であり、村であれば集落である。

これは戦後の民主主義とは明らかに違う。
しかし、まだ僅かではあるが生き残っている。
これを何とか目に見えるようにしていきたいと思う。
まずは今年度は「寄合」の基本となる3役会議を復活させ、情報を発信していくつもりだ。



スポンサーサイト
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2017-03-17 22:13

未来の記憶  素材屋との対話

最近、素材屋が元気である。
素材屋と言っても木曽路が経営している居酒屋ではございません。

消費財を組立てるメーカーの影で目立たないのが部品屋であるが、
さらに部品屋が仕入れる原材料を生産してるのが素材屋である。

旭化成とか帝人とかがやたらと元気。
さらに部品屋でも、豊田合成とか住友理工とか素材系の調子が宜しい。
帝人さんは昨年、米国の自動車向け複合材料最大手をM&Aで丸ごと買ってしまいました。
この分野の日本の競争力はかなりものなのです、

さて、先日、この業界の方と話していて、面白い話を聞きました。
今はネットの時代であり、紙の媒体は滅ぶであろう。
ビジネスでも紙はやめて、デジタル媒体に保存する。
これが、どんどん進む・・・というか、もう目一杯、進んでいるようなんです。

ところが・・・・CD、DVD、ハードディスクなどの記憶媒体は・・・そんなには持たないのです。
5年前にダビングしたDVDを見ようしたら・・・壊れていたと体験あるでしょう。
パソコンのHDDも10年は持たずに突然死するでしょう。
現在の技術では「開発をやってはいるが、100年持つものは、まだ無い」とのことです。
100年前と言うと2017-100=1917年です。
志賀直哉が「城崎にて」を書いた年ですが・・紙に印刷されているので・・まだ読めます。
ところが、今、クラウドに記憶させても2117年まで持ちません。

ですから・・・このまま紙媒体が廃れると・・、紫式部の源氏物語は残っても、
2000年代の初頭の人類は小説も随筆も何も残さずに「文化果てる時代」であったと、
未来の人類に思われるかも知れませんね。

さて、話はこれだけではないのです。
電子的な記録媒体が壊れる前に、記録させ直したら良いのです。
・・・しかしながら・・・現在、電子媒体に記録されている情報は膨大で、
これを全部、ダビングするだけの新しい記憶媒体は短時間に生産不可能なのです。
未来に膨大な需要が生まれるのですが、現在の生産体制では無理というのですね。

それで・・・長寿命の記録媒体を開発すれば、この問題は解決しますが、
実は、政府のどこも音頭を取って推進してないし、この問題が知られてないので「無理かもね」とのこと。

やはり、2000年代初期に人類は未開の民となった。
平安時代は偉大であった・・・ということになりそうです。







  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2017-03-11 10:27

氷河期の記憶

先日、岡山産のバナナとパパイヤの話を聞いた。
以前にも書いたが、私の友人が大井埠頭の保税地区に勤務しており、バナナを運んでくる船と交信して、
港に着く時間を確かめ、到着した青いバナナを倉庫に運ぶ手配をしていましたので、
バナナについては、ある程度は詳しいのです。
ついでに言うと、この友人は大学なんて出てないです。英会話学校にも言ってないです。
仕事で毎日、英語を使えば、どんどん上達するのです。
今の中学・高校の英語で充分です。

岡山バナナの話はたっぷり聞いたにですが、面倒なので山陽新聞の記事を転載します。
---------------------------------------------------------------------------
バナナといえばフィリピン産などが日本人にはなじみが深いが、そのバナナに感染する「新パナマ病」が東南アジアなどで大流行の兆しを見せている。世界の業界団体が主催する国際バナナ会議では「このまま放置すると東南アジア、南米を含む全世界のバナナの約9割が死滅する」と警告を発している。そこでにわかに注目を集めているのが岡山県内で国産バナナの生産に取り組んでいるヤマモト(新見市)社長の山本耕祐さん(56)。
山本さんはこれまで国内産バナナの栽培の北限が鹿児島県という定説をひっくり返し、
無農薬で糖度が高い国産バナナの試験栽培に成功、今年から東京のデパートや高級果物店に本格出荷する。
岡山県が将来、国産バナナの主産地になる可能性もあり、市場関係者の関心を一手に集めている。(おかやま財界)

―世界で新パナマ病が猛威を振るっている。国内への汚染拡大が心配ですね。

現在、東南アジアで被害に遭っているバナナはキャベンディッシュという品種。
世界のバナナの大部分がこの品種だが、甘くて種がなく収穫量が多いのが特徴。
何より日持ちが良いため輸出向けの最適品種として世界に普及したいきさつがある。
単一品種は病害虫が発生すれば一気に拡大する危険性を絶えずはらんでいる。40~50年前にパナマ病で絶滅寸前に陥ったのはグロスミシェルという品種で、当時は単一品種として世界を席巻していた。
その教訓から品種をキャベンディッシュに転換したわけだが、やはり品種が単一的に集中して今回の結果を招いたのでは。

 ―岡山で生産するバナナは大丈夫?

基本的にはキャベンディッシュではなくグロスミシェルを品種改良した苗を導入している。
従来のバナナ栽培は東南アジア南部や南米など熱帯地方が主産地とされ、日本では沖縄、鹿児島県が北限だと言われていた。それも国内の生産規模はごくわずかなものでしかなかった。
私が導入した苗は台湾と日本の育苗研究機関が共同開発した改良種で、耐寒性があり強風にも対応できる背丈の低い矮性(わいせい)化にも優れている。冬場は加温が必要だが、それまではビニールハウス内での栽培で対応できる。海外から輸入するバナナは完熟前の青い状態で収穫し、追熟させながら送り込まれてくるから、当然に防腐剤を多く使用している。
その点、国内産バナナだと防腐剤を使用する必要もないし、完熟させて糖度が最高にのった時点で出荷できる。


(以下略)
----------------------------------------
この記事は新パナマ病との関係で、国産バナナの可能性について書いてあるが、本当に面白い話を書いてない。
バナナは日本で露地栽培できるんですわ。
植物は氷河期を乗り越えて現在まで生き続けている。
それぞれの個体は寒さで枯れたとしても、種子の内部に生命が宿り、氷河期の終焉とともに芽を出す。
その時の温度は今よりもっと寒い。
寒さに耐える力が植物には遺伝子として残っているのです。
長閑に熱帯で生存中のバナナには、その遺伝子は覚醒されてないのです。
でも、セイラームーンも覚醒するが、バナナの種子も覚醒するのです。
氷河期の気温の中に種子を入れる・・・凍るわね。
それを氷河期が終わる頃の気温を追体験させる。
すると氷河期を乗り越えた力が覚醒するのです。

凄いでしょ。
バナナも露地栽培できる秘密はここにある。



  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2017-03-07 22:47

タイ古式マッサージ

老人なのに睡眠時間4時間で、あと20時間労働の日々が昨年の10月から続いている。
なんで、こんなに働かされるんだ。社長出てこい・・・・・あ、俺だった。

社長には残業規制はありません。
残業代もおまへん。
労災はありません。
死んでも何の保証はありません。

しかし、疲れが溜まり肩が凝りすぎで眠くなるので、ネットで検索して隣の隣町のタイ古式マッサージに行きました。
我が町内にもタイ古式があるのですが、タイのオバサンがやっているのです。
確かに本格的ですが・・・情け無用の容赦なしなのです。
痛くてのたうちまくります。
コミュニケーションに難があるのです。

隣の隣町のタイ式は、タイに修行し、思索を深めた日本人です。
お店のコンセプトが明確で・・・惚れました。
行ってみると素晴らしい女性でした。
タイ式の原理を理解して、それを実戦に生かしております。
やはり日本人は優秀です。
凄まじく痛くないのに今日はかなり楽になりました。
肩をまったく揉まないのに、肩が楽になりました。
これはワット・ポーのマッサージスクールの先生と同じです。素晴らしい。

以前、私はタイへの出張が多かったのです。
大きなホテルに泊まると、スパがあります。
スパに行くと、その隣にタイ式マッサージ店があるのです。
必ず行くのですが、腕は玉石混交です、

そこで取引先のタイ企業の社長に、それを言うと、ホテルのはインチキもある。・
専門店に行かないと駄目よ・・・と言われる。

そこで紹介してもらった伊勢丹近くの専門店に行くと・・・まるで違った。
「ホテルのスパとはまるで違う」というと、私達はワット・ポーで学んだ、ホテルのスパはタイ式ではなく台湾式もある。
背中を踏まれなかったか?と聞かれた
ワット・ポーは涅槃仏だけではなく、タイ式マッサージの総本山でスクールるあるのよ・・と聞かされた。

翌日の午後、ホテルでタクシーを頼んでワットポーに行く。
タクシーはホテルで頼むのが安心というより必須。
ホテルで頼むと信頼あるタクシーで、ワット・ポーに直行。
町中で適当にタクシーを捕まえるとワット・ポーに行く前にトルコに立ち寄るから困る。

ワット・ポーに着くと入口の周辺は日本人のツアー客で大混雑。
そこを突っ切って奥に行くと静かな境内。静謐で豊で美しい。
欧米人の旅行客・・多くは夫婦が、ガイドをつれて散策している。

そして一番奥にマッサージスクールがありました。
そこで学習用に、お客様対応の訓練をやってまして、マッサージを受けました。
混んでました。
「30分で良いなら私がやる」と先生に言われました。
タイ式のスタンダードは120分ですからね。
・・・ですから順番待ちの人が大勢居て、夕方なのでこれ以上は客が取れないのです。
私ががっかりしていると先生が30分コースなら私がやると言ってくれたのです。

素晴らしかったです。
最初に触られた瞬間から実力の差が分りました。
全く痛くないし、力を入れても無いのに的確に壷に当たって居るのです。
30分で2時間分も楽になりました。

この先生の施術・・・20年ぐらい前の話を突然、思いだしました。

リピートの客だけで、少人数で静かに運営しているタイ古式マッサージ。
「タイ式は原理から肩を揉むということはないにですが、日本ではマッサージというと肩を揉む。ほぐす。そうしないと顧客が満足しないので、やっている所が多くなってます」
「確かに、タイで肩を揉まれたことはないです」

・・・てな話をしましたね。
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(1)

2017-03-04 15:04

今年の3月は社員旅行のシーズンに・・・

期末で忙しいはずの3月に、
今日も来ました「社員旅行で休みます」のお手紙が。
休むのが「土曜日」だというのが泣けてきます。
どうぞ、お休み下さい。

もちろん、去年は「旅行で休みます」のお手紙は来ませんでした。
その前の年も来ませんでした。

そうです。久々なのです。

利益が出ると処置に困って慰安旅行に行くのは悪い癖ですけど、
恐らく来年の3月には無いでしょう。
今年の4月より給与の反映されまうので・・。
給与というのは3月に決めると、そう簡単には替えられません。
「儲かったから給料を上げまひょ」てな分けにはいかんのです。
脱税行為と看做されるからです。

当社は税金は常に適切に払うつもりですので、旅行なんてしません。
ただし、15年間、使い続けた事務所のエアコンを新型に入れ替えました。
節税対策ではおまへんのや。
15年過ぎると部品の供給が無くなるので修理できなくなるからです。

しかし、日本国民が騙されて民主党を選挙で選んだあの日から・・・長い長い奈落への道が続いていたのです。
安部政権になってからも・・空缶の祟り、野田の祟りがまだ続き、消費税率のアップも実行されました。

それでも、ここに来て、ようやく一息つけました。

2a109450d1ca3efe0485e4dc091a4dd9.jpg






  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2017-02-12 12:33

今日は初午である

昨日は建国記念日であるが、今日は初午である。
稲荷社の本社である伏見稲荷神社のご祭神・宇迦御霊神が伊奈利山へ降りた日が
和銅4年2月11日であったとされ、この日が初午であったことから、全国で稲荷社で初午の祭礼がある。
わが町会と隣接する町会には稲荷神社があり、初午に日には招待される。
今日も朝から訪問し、初詣を済ませて、座敷に上がりお酒を戴いてきた。
初詣の時に稲荷講の法被は着せて戴かなかった。
この人は違うと分ってくれているのである。

稲荷神社の隣の会館で茶碗酒。
誰もビールを飲まないのが嬉しい。

さて、私は学者ではないので、先祖から聞いたことを記す。
神社の中で一番多いのは八幡様、続いて多いのがお稲荷さんである。
八幡様は広い境内があるがお稲荷さんは、豊川稲荷など立派なものもあるが、概して小さい社が多い。
しかし、伝統的な稲荷講が継承されているので、いつも綺麗に管理されている。
八幡様にお祈りすれば、ドコデモドアで伊勢神宮と繋がっている。
町内の八幡様にお祈りすれば、伊勢神宮にお祈りするのと同じである。
ところが、お稲荷さんは京都の伏見稲荷に繋がっている。

伏見稲荷は京都市伏見区にある神社。
旧称は稲荷神社。
旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁に属さない単立神社。
稲荷山の麓に本殿があり、稲荷山全体を神域とする。
全国に約3万社あるといわれる稲荷神社の総本社である。

大きな神社に行けば境内に稲荷神社がある。
子供の頃、「ここはお祈りしないでもいいの?」と父に聞いた時、
お稲荷様は別格だから、敬意を払って礼をしてから通れば良いと教えて呉れた。

稲荷神社は渡来系の秦氏の神社である。秦氏のルーツは諸説ある。
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2017-02-09 09:25

2015年新宿戦争:戦後秘話

先日、新宿御苑前のアパホテルで中国人によるデモがあったようですな。
このニュースを聞いて思いだすのは、2015年に書いた以下の記事。

http://yuyuu2013.blog.fc2.com/blog-entry-4262.html

この時期は、「我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律」審議の真っ最中でした。

新宿の夜に民族大移動する異国人の集団。
これは異常でしたね。
全国から掻き集められたデモ要員が、それぞれ隊列を組んで、早足でどこかに移動する。
それも全くの無表情で・・・怖いです。

ホテルは完全にキャパオーバーですので、民泊を利用したと思います。
よくあるのは、古いマンションで「耐震工事はもう無理」というのを中国人が安く購入して民泊として利用しているパターン。
表札が出ていないで部屋番号だけある。ホテルと同じでしょ。
この手の日本式民泊は海外でも情報が流れているようで、
「日本旅行の時、宿泊した。中国人が金を取りに来た」という欧州人の呟き(ツイート)を何回か見た。
やっぱりね。


  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2017-01-19 13:12

いわゆる一つの当て逃げ事件 その2

町内の路上で老女が後ろから来た車に接触して転倒した。
運転していたのは、若い兄ちゃんで、よそ見運転だったらしい。
車は速度は出してなかったのだが、老女は吹っ飛んだ。
運転手は降りて、老女を助け起こして、大丈夫ですか?と聞き、
「死んでない」ことを確認したら、私はこういうものですと名刺を置いて・・・そのまま去る。

老女は高齢で、一人暮らし。
相談する人も居ないので、どうしたら良いのか分らず、まずは役所に電話。
彼女は「見守りお願い」に登録してあるので、役所は彼女担当の見守りボランティア(無料奉仕)に連絡するも、
ところがボランティアの主婦はパートタイマーでの就業中で動けず。
その次に町内会総務部に連絡が来る。
ところが、総務部長の私は運悪く商談中で緊急出動不可能。
結局、役所の女性が病院に連れて行って、最後まで付き添ってくれた。
現状では異常がなかったが、2週間程度、様子を見ないと分らんと言う。
この結果については、私のところにも即座に連絡があった。
その後、ボランティアの主婦から町会総務(私)に連絡ありました。
このあたりの報告・連絡・相談はばっちりで、2週間は「見守り」強化すりことに。
本来、ぶつけた兄ちゃんがやるべきことですけどね。
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2017-01-17 20:41

今日の昼食は一杯2000円のワンタンメン

今日は地方都市よりも物価が安い町内を出て、仕事で山手線の内側へ。
昼時になったので、いつもの中華料理店に入る。
いつもの・・・・と言っても、前に来たのは半年前である。
老人ですからもう冒険はしない。
「食べログ」なども調べない。
この当たりに来れば、この店というように、だいたい決まっている。
この店は昔からある店だということしかわからない。
店の歴史は以前、店員に聞いたが・・・忘れた。
沿革も、経営者の方針も、材料に関する薀蓄も、下手な解説も無し。
ただ、料理に語らせるという潔さが好きだ。

今日はワンタンメンを食す。
町内の中華食堂のワンタンメンは450円。
ここのワンタンメンは2000円。でも、納得の味。

客が納得すれば、それで良い。
納得できなければ二度と行かない。
料金の高い店は本当に厳しいと思う。





  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2017-01-09 12:21

いわゆる一つの「木々は緑だ」の顛末

去年の8月に、よもぎねこさんが以下の記事を掲載していた時期に、
町会では、この問題に悩んでいたのです。

http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-5651.html

>庭木は隣家まではみ出さんばかりの勢いで生い茂っているその家に近づいてみると、
耳元で蚊の羽音が聞こえ、目の前をハチが通り過ぎていく。
住宅街に住みながら庭木の手入れを怠ると、治安や衛生面などで、ご近所とトラブルになりやすいとも聞く。
この家で独り暮らしをするヒデユキさん(45歳、仮名)が肩身の狭そうな様子でこう打ち明ける。
「業者を入れるなりして伐採しなくてはいけないと、わかってはいるんです。でも、経済的な余裕がありません」

亡くなった両親が残してくれた自宅は築50年を超える。
外壁にはひびが入り、風呂場のタイルもところどころ剥がれているが、修繕もままならない。

>それでも、家賃がかからない持ち家に住めるのは恵まれていると言われそうだが、そうとばかりは言えない事情もある。
自宅のかいわいは、ヒデユキさんを含めて何代も前からこの街で暮らしている顔見知りがほとんどで、
冠婚葬祭となれば、それなりの礼を尽くさなければならない。
ヒデユキさんはここ何年も、近所で知人が亡くなると、
早々に自宅を訪ね「お葬式の日は用事があって出席できません」と伝え、
香典だけを置いてくるという。
そうやって喪服をクリーニングする費用を節約しているのだ。
「情けないし、恥ずかしい話です。でも、本当は香典を出すのもきついんです」。

・・・・おお、なんという貧困による悲惨。あまりに可哀想だ。
社会が悪い・・・と「東洋経済」は書くが・・・。

どの町内にも、このような家が何軒かありまして、
当然、町会も、消防も、警察も、行政も、電気会社も電話会社も把握しております。

町会の防犯・防火パトロール。
なつかしい「燐寸一本火事の元」と町内を廻る時、
「発見しました」
「あの家の木の枝が伸びすぎていて、電線に触れています」
「漏電が心配されます」
「それはいかんぞ」
「はい、凧揚げの凧が電線に触れている場合は、
凧を触ってはいけないのでありますが、
木の枝ちゃんは大丈夫でしょうか?」

・・・ううむ。パトロール日誌に書いておこう。
・・・となるわけだが、日誌に書いても問題は改善されないのです。
誰かが乗り込んでいって「木を切ってたも」と言うしかないのですが、近所の遠慮で言いにくい。

他の町会の防犯カメラを視察した時も「あの木が邪魔で視界が遮られるのです。」
・・という話を何箇所かで聞いた。
遠くまで撮影できるはずなのに・・・・。

住宅街に住みながら庭木の手入れを怠ると、治安や衛生面などで、ご近所とトラブルになりやすいとも聞く。
この家で独り暮らしをするヒデユキさん(45歳、仮名)が肩身の狭そうな様子でこう打ち明ける。
「業者を入れるなりして伐採しなくてはいけないと、わかってはいるんです。でも、経済的な余裕がありません」

・・・・おお、なんという貧困による悲惨。あまりに可哀想だ。

さて、わが町内にも一軒、そういう家がありましたが、両親が亡くなった後、
その家を継いだ息子が、近所づきあいも無く、庭木の手入れに無関心というだけでしたので、
誰かが言ってくれたのか、業者を2日入れて自主的に伐採してくれました。
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2017-01-08 15:55

いわゆる一つの当て逃げ事件 その1 後日談です。

まんず、ここから読んでたも。

http://yuyuu2013.blog.fc2.com/blog-entry-4394.html

で・・後日談ですが。

町内に防犯カメラを付ける件で、近所の派出所に相談したところ、
やたらと気乗り薄なんで「なんでかなあ」と思った。
今、考えて見ると「警察が薦めた」と思われるのを恐れて「冷たい態度」をとったのでしょうかね。

「地域住民の承認を取ってくれ」という言葉を何度も言っていた。
「必ずプライバシーの侵害だ」と抗議してくる連中が居るからだ。

そこで回覧板や町内掲示板などで「町内に防犯カメラを付けますねん」と周知して・・・、
念のため説明会を開いて、最終的には町会の総会で決議した。
商店街ではなく、住宅街の町会では、これだけバッチリと装着した例はまだ少ないのではないか?

実は住宅街は夜間は人通りが少なく、白昼も同じく少なく、商店街より危険なのである。
そんな時に夜道で引ったくり事件が発生したので、今回の対応となったのです。
企画から装着場所の決定、機種の選定、隣接町会のカメラとの連携、行政への申請など
メーカーの協力を得ながら町会総務部が実施した。
それから・・・植木の伐採。
カメラの視覚に入る道路に「木々は緑だ」とばかりに
枝を大幅にはみ出させた家があるのです。
「どうするのかな」と思っていると、稼働日が近いある日、自主的に伐採してくれました。
こうして12月に運営規約を作成し、役員会の承認を取ってから稼動。
「まあ、当分は何もないだろ」と和やかな正月を送ろうと思ったが・・・
稼動して一週間も経たずに事件発生。
夜間の当て逃げ事件でした。
幸い、当て逃げされたのは人間ではなく器物でしたけど、
犯人は間違いなくカメラに映っているはずです(確認は警察の仕事です)。
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-12-31 23:32

年末の光景 2016年

2017年は元旦が日曜日ということもあり、正月休暇が短い。
そのため、28日も午前中で終了という会社も多かった。
商店街も30日で終わり、スーパーマーケットでも3日まで休みで、4日も10時頃から開店。
数年前までは31日まで、ばっちり開店で、そのまま正月元旦も営業という
「これなら、特に正月の準備は要らないわねえ」という時代は過ぎ去った。
原因は人手不足と人件費のアップである。
その結果・・・・以前の状態に戻ったのである。

「全ては秩序に戻る」

3日まで賞味期限の御節料理を購入し、これを摘みに明日から日本酒を飲む。

今日は昼過ぎにお寺に「お札」(3点セット)を貰いに行った。
本日の正午過ぎに、今年のお札が去年のものとなるので、速やかに張りかえる。

あとは正月の3が日に雪が降らないことを祈るばかりである。
町内を暮れの挨拶回りしたら、「足が駄目なのよ」「大腿骨骨折でやんす」と、
「雪が降ったら助けてくれ」と頼まれた。





  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-12-28 23:28

最も静かな時刻

嵐をもたらすものは、もっとも静かな言葉である。
鳩の足で歩んでくる思想が、世界を左右するのだ。

これは、ニーチェの「ツァラトゥストラはかく語りき」の第二部「最も静かな時刻」の最後の部分に出てくる言葉である。
私がこの本を読んだのは1966年であり、15歳の頃である。

1966年から中央公論は「世界の名著」というシリーズをスタートさせた。
この手の全集が出ると、書店の外商部が我が家にやってきて、予約注文を取るのである。
連中にはノルマがあるらしく、必ずやってきては「予約注文書」に印鑑を押すように薦める。
母は断るのが苦手な、お嬢様であるから、殆ど無抵抗に印鑑を押してしまうのだ。
私の記憶では、第一回配本は「ニーチエ」であり、手塚富雄訳であった。

こうして、私は「ツァラトゥストラ」を読んだのであるが、奇妙な本であった。

第二部の最後は弟子達との別離である。
---------------------------------
時は秋だ、澄んだ空、そして午後
弟子たちよ、わたしはこれから独りとなって行く。
君たちも今は去るがよい、しかもおのおのが独りとなって。
そのことをわたしは望むのだ。
--------------------------------

時は秋だ、澄んだ空、そして午後

・・・・このあたりに妙に感動したりした。

時は秋である。午後2時となれば、夕暮れが迫る・・・などと日記に書いたりした。

しかし、何も焦ることは無かったのだ。若い頃は焦りたがるものである。

ただし、今、思うと「嵐をもたらすものは、もっとも静かな言葉である。」は、全くその通りと思う。

そのような例を何回と無く見てきた。

外国での商談で主張をぶつけ合う大論争よりも、静かに事実を示せば流れが変わる。
ディベートの技術がいくら上達して、例え勝ったとしても、それだけである。

.鳩の足で歩んでくる思想が、世界を左右する。

これも、その通りである。
思想とは・・歴史認識と世界の見方である。
これが静かに、喧騒マスコミが気付かない程、ゆっくりと鳩の足で歩んできて世界を変える。


  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-12-04 12:40

秋の音



5年前の動画であるが、今と何も変わっていない。
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-11-29 10:41

とんだ盲点

大學の同級生なんかのフェイスブックを見ると、旅行したり、野菜を育てたりして、余生を楽しんでいるようであるが、
私は何の因果か人生で最も忙しい。
全てはリーマン・ショックが原因である。ドイツ銀行、恨みます。
最悪の年に起業して、仕事がないので、小さな仕事を多く引き受けた。
「もう、なんでもやります」の世界であった。
どうせ、殆どが駄目になるだろうから、最終的に1つ残れば良いと思った。

この認識は3年前までは当たりで、2013年までは全て超低空飛行。
金が入ってこないので、借金もかなり多くなり、妻が怒る。
ところが3年前より上向きかけて、今はすべてが好調である。
その結果、月月火水木金金と24時間働いても処理できない。

問題はそこではないのです。
65歳を超えると厚生年金が払われる。
しかし、会社をやっているので、厚生年金を支払っている。
年金を払いながら年金を貰っているわけだから、妻は扶養家族で当然、第三号なんたらである。

・・・と普通に思っていたのです。

ところが、私が65歳を超えた頃から、妻に、あんたの資格が変わったはずだから自主的に変更届を出せと手紙が来て、さらに怪しい業者から電話も。これは詐欺であると妻は確信。
だって、まだ離婚してないもの。

ところが・・・。いくら言っても自主的に変更届を出さないなら・・・判決。あんたは1号なんたらである。
その結果、国民年金を払いなさいとなったのだ。
詐欺だと思い、無視していた時期の未納金を含めるとえらい多額である。
詐欺師だと思っていたのは年金機構の委託業者であった。
カタカナの意味不明な社名であったので、詐欺師と確認したのである。やめれ。

会社の契約している社労士に聞いて見ると。
やはり旦那が65歳を過ぎると奥さんは3号なんたらをはずれるようです。
でも、旦那が65歳で、奥さんが63歳ならこの問題は起きない。奥さんが61歳でも許される。
原因は、旦那と奥さんの年の差が大きいのがいけません。まだ50代の奥さんは60歳になるまで国民年金を払わないと駄目ね。

そんな馬鹿な。それに、えらく高いです。
月給20万円程度貰ってる人の厚生年金の金額並だぞ。
どうすれば、良いのか?
それは奥さんが専業主婦をやめて、就職すれば解決します。

・・ということで妻はハローワークに言って就職先が決まった。
そして、「もう、いらん」と言って返却されたのは、健康保険被保険者証 家族(被扶養者)

複雑な心境ではある。



  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2016-11-23 12:46

我が区役所の顧客対応が民間を超えた感じなんだが

昨日は融資の件で区役所をうろうろと彷徨う・・・はずが、彷徨わせてくれなかった。
金を借りるとなると、色々と書類というか証明書を揃えねばならないのです。
これは、憂鬱になる作業。

ところがエレベーターを降りてキョロキョロしていると、
遠くの席から職員が飛んできて要件を聞いて呉れ、窓口の位置を案内してくれる。
近くに座る職員は来客中で対応できなくても、手の空いている職員が直ぐに出てきて対応。
確かに案内板は出ていますよ。
でも、その案内板に書いてある部署と自分の要件が合っているのか、わからないじゃないですか。
「この要件だけど、窓口は何処?」と聞きたいところ、ちょうど都合よく出てきて案内してくれるので助かったです。
区役所の対応は、ここ数年で徐々に良くなったけれど、今年はさらに一段と良くなった。
それから窓口の対応も、質問に対して分かりやすく説明してくれるようになった。
以前は「これは、これなんです」と質問無用の世界。
実は全ての措置には理由がある。
ですから説明できるはずなんですが、窓口が理解が足らないと返事が出来ない。
従来の対応は勉強不足だったのですね。

あと、助かったのは、窓口に置き忘れた携帯電話を、別の窓口に書類を提出している時に届けて呉れた事。
食堂の珈琲も旨くなった・・・これも最近の改善でしょうか。ちょっと時間が掛かりますが丁寧に抽出しております。
既に区役所より対応の悪い民間企業は多々あるように思えました。


  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2016-11-22 23:29

23区内の秋

自宅より出て、少し歩けば、東京23区内であっても、静かで美しい秋を味わえる。

95123657d068.jpg

0rrrrre60.jpg

贅沢な秋の散歩である。



  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-11-12 23:57

トランプが勝つと・・

ヒラリーが勝つと株が上がり、金は下がる。
トランプが勝つと株が下がり、金は上がる

---というのが金融業界の博徒の予想であった。
トランプが勝つと経済が不安定になる。
保護主義が市場を縮小させる。
だから株は下がるが、危機回避のための安全資産である金は暴騰する。

まあ、こんな風に言ってたんですけどね。

ところが・・・トランプが勝ったのに

asdfghj002.jpeg

株は暴騰

qwertyuiop003.jpeg

金は、らいくあ・ろーりんぐ・すとーん。

経済が発展し、景気が回復し、安定が訪れると・・・いうことですたい。




  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2016-11-12 12:44

高級料理店の店主との対話

今年は厳しい年でした。
特に前半がいけません。
特に5月、6月、余りの暇で笑いが出る程。
しかし、秋口からは平年どおりに戻りつつあります。
・・・・・ということで・・・景気を付ける意味で、今年は高級料理店で豪華に忘年会をやる気でおります。
英国のEU離脱とトランプ大統領へのお祝いを兼ねて。

さて、忘年会のために高級店の店主と話したら、色々、面白かったです。
○高級店は10%のサービス料を取る・・・やめなはれ。
◎あれは料理に掛けるコストを落さないためです。
サービスに係わる経費は実際に掛かっているのですから、
これを戴かないと料理のコストを落すことになる。
味がそんなに変わらないなら・・顧客が分らないから良いという理由でコストを下げる手段はいくらでもある。
しかし、それをやってしまったら、高級店でなくても良いわけです。
一部の高級店でまがい物を使っているのがバレて大騒ぎしていますが、
あれはサービス料を戴く店舗ではやってはいけないことです。
○コストは常に変化するし、コスト削減の努力が必要ではないのか?
◎食材の価格が下がれば、その食材の中での上級品。最上級品に替える。
味をグレードアップを図るのが、我々には求められているのです。
◎しかし、サービス料が10%プラスされた上に、勝栄二郎により8%の消費税が掛かるようになったのですから。これはキツイです。
○実は19%もプラスになるのです。5%から8%の消費税アップといえども、この影響は深刻です。
ですので、多くの店ではポッキリ価格の特別メニューを導入しております。
消費税・サ-ビス料込みで飲み放題付きでボッキリ8000円とか10000万円とか。
居酒屋の真似ですけど、これをやらないと潰れてしまいそうなので、恐怖に駆られてやるのです、
しかし、消費税・サ-ビス料込みで飲み放題付きでボッキリ8000円なら、料理に使えるのは4000円ですからね。
◎消費税10%になったら?
○欧州では高級店しか残らなかった。中間の「まあまあ」店は壊滅です。
大量の失業者が出るでしょうが、この業界から出た失業者は行くところがないです。



パガニーニのヴァイオリン協奏曲第二番の第3楽章なんだが、協奏曲として全曲演奏されることは少ないようで・・・、


  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-10-30 11:59

脱退手当金:ある無年金婦人との対話

「ある日、突然」はトワ・江・モアの歌ではなく、私の日常なのである。
ある日、突然、知らない女性から電話があり、直ぐ来てくれと・・・。
話を聞くと、私が定期訪問している80代候後半の老女の妹であった。
結婚して姓が変わっているので、分らなかった。
用件は、姉がボケて来ているので、なんとかせい・・ということらしい。
私は遠方に住んでいるので、お願いしますということであった。

マンションを訪問すると「こんな風になるとは、思っていなかった」と老女は泣いている。
良くある話なんです。どんなに優秀な人間でも、自分がボケてしまうのは、なかなか受け入れられないのです。

介護保険料は支払っているので、介護の認定をしてもらいたいのだが、分らんから手伝えということらしい。
これは主治医からも言われており、先生はいつでも協力すると言っている。
・・・・・それなら、話は簡単なのであるが、思わぬ伏兵があったのだ。
介護でヘルパーさんに来てもらうにしても、タダというわけにはいきません。
介護保険はあくまでサポートであり、自分で何割かは負担しないといけない。
「年金はどれぐらい貰っているのか?」
「貰っていないのです」
「・・・ということは無年金?」
「年金は貰って、使ってしまったの」
「ほえええ」

かつて短期間で会社を辞める女性社員が、厚生年金の脱退手当金を受け取るケースが多かった。
脱退手当金は、昭和60年改正によって廃止された。

彼女は、それ以前に会社を辞めて、溜めた年金は「手当金」で貰い、使ってしまったので、今は無いという。
当時は結婚したら会社を辞める。
そして、旦那の年金の3号なんたらとなるので、あとは心配ないという時代だったのだ。

ところが彼女は結婚しないで再び働きはじめた。
働いたのが個人商店。
ですから厚生年金はなし。
国民年金に入らないといけなかったんですが、なぜか入らずに現在に至る。
過去のことは言ってもどうにもならないので、貯金から出すしかない。
・・がそこまでは我々の係わる部分ではないのです。

数日後、夜の新宿歌舞伎町での会議に行く途中に担当医者から電話あり。
先生も忙しいので、午後7時過ぎに電話かかってくるのでごんす。

その後、先日、町内散歩中のばったり彼女に合ったら、週1回ヘルパーさんが来て呉れることになったと喜んでいた。




ルロイ・アンダーソン作曲の「ブルー・タンゴ」。
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-10-28 09:09

敬礼中止令?

町会長と副会長2名で防災訓練の準備。
倉庫から町会旗を出す。
防災服の準備をする。
訓練ではあるが靴は安全靴を履いていくようにと・・・。
「硬くて重いんですけど」
「駄目」
「わかりました」
それから物資を運ぶ台車を引き出す。
本当は防災部長と副部長に役割なんだが、連中は現役の勤め人ですから忙しくて出来ないと。

ここから町会長がぼそり。
「今回、なんか変なんだよ。ここに・・敬礼はしないで下さい・・と書かれている」
「ええ、なんでだろう」
「どうして、こうなったの」
「会議は防災部長が出ているので、わからん」
戦後、校庭で何人もバタバタとぶっ倒れるまで集団訓練を受けた団塊の世代なら、点呼、敬礼は当然ではあるが、今の学校では、そんなことをやってませんから、若い連中が中心になって決めると点呼も敬礼も無しになるのでしょう。
点呼などはとっくの昔に無くなっているので、集合場所に集まった町会員を誘導係が1人1人数えて記録。
訓練場所に移動している途中も数えて、最後に訓練場所に着いたら、また誘導係が1人1人数えて、防災部長に報告。
防災部長は本部に報告。そのとき、敬礼。これは「しないで下さい」。

ところが数えるのが大変なんですよ。
一列に並んでいる分けではないので、皆さん勝手に動くでしょ。
「ああら、元気だった」とか行って、遅れてきた人がどんどん入って来るでしょ。
そうすると、また数えなおしなんです。
昔のように「一列整列、点呼」とやれば一瞬で終わりなんですけどね。
敬礼も、いつ何かが落ちてくるか分らない状態で、頭を下げて視覚を狭めるのは危険ですから。
相手の顔を見ながら、かつ周囲の不測の事態にも気を配る礼の方法ですから。

しかし、時代が変わりましたから、
国防教育が残っていた戦後に教育を受けた団塊世代の老人は去るしかないのかも知れません。

小学校、中学校の集団訓練でバタバタと人が倒れる音を、私は今でも覚えております。

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-10-27 09:23

7年目の多忙

2009年、リーマン・ショック後の大不況時に起業して7年目である。
今年はあらゆる事業が花開く最後の詰めの状態で、超絶的に多忙。
ふつうは5年でなんとかなるものだが、2009年と2011年がロスタイムですから。
更新が少ないのは全て多忙のためですので、誰も心配してないと思いますは・・・



  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-10-16 11:44

東京ゲートブリッジ

夢の島といえば「ゴミの島」という悪いイメージが残っているのは老人だけで良い。
1965年(昭和40年)7月16日、夢の島で発生したハエの大群が強い南風にのって、
江東区南西部を中心とした広い地域に拡散し、大きな被害をもたらした。

恐ろしいことじゃ。

東京都と江東区による懸命な消毒作業が行われるが、抜本的な解決にはならず、
警察、消防、自衛隊らの協力を得て焼き払う「夢の島焦土作戦」が実行される。

この夢の島も、いまや美しい「夢の島公園」になっておる。
夢の島マリーナがあり、熱帯植物園まである。

その後、ゴミの埋立地は中央防波堤内側埋立地となり、これも埋め立て終了して今や海の森公園となっている。
その後、中央防波堤外処理場となり、今や最後の処理場といわれる新海面処理場が使われている。

東京ゲートブリッジは、中央防波堤外側埋立地と江東区若洲を結ぶ橋梁である。
中央防波堤外側埋立地は江東区とは橋で繋がり、大田区とは海底トンネルで繋がっている。
ここは大田区なのか江東区なのか?という領土紛争が発生しており、東京都知事に裁定が依頼されている。

東京ゲートブリッジの完成は2012年である。
全長2,618m(陸上部アプローチ橋を含む)のトラス橋。
海上を跨ぐ区間の長さが1,618mで横浜ベイブリッジやレインボーブリッジの約2倍。

05696.jpg


  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2016-10-15 09:47

湾岸地域

東京都の湾岸地域の住む老人達は、やはり海の見える風景が好きである。
私の祖父が、この地に家を建てたのは「窓から海を見下ろす」場所に住みたいと思ったからである。
津波の心配のないように海岸近くの段丘の上の土地を手に入れた。
駅前ではないので敗戦占領時代に朝鮮人には取られなかった。
近所の老人達は天気の良い日は湾岸サイクリングに出かける。
五反田・大崎から一路、新橋、銀座へ。
これは新橋の会社に勤務していた時代、自転車で通った道である。
そして、銀座から築地を抜けて、勝鬨橋を渡り月島埠頭へ、さらに運河を越えて晴海埠頭へ。
この道も懐かしい。
晴海埠頭でモーターショーをやっていた時代は、バスがえらく混むので、
晴海の会場から勝鬨橋を渡り築地まで歩いた。
他にも歩いて銀座まで帰る人は多かった。
晴海埠頭をさらに直進し長い橋を渡ると、そこは豊洲埠頭である。
豊洲埠頭の隣は有明である。
有明テニスの森、東京ビッグサイト、お台場海浜公園と自転車を走らせる。
青島幸男が都市博覧会を中止した時はどうなるかと思ったが、
今やお台場は東京ディズニーランドより観光客が多い。
ここで一休みしてから、レインボーブリッジを渡れば芝浦埠頭に帰ってくる。
レインボーブリッジは自転車では渡れませんので、自転車を引いて徒歩で渡る。
そして、芝浦埠頭。
35年から40年ぐらい前、このあたりを徘徊すれば、
喉が痛くなるほど、空気悪かった。
空の色がくすんだ小豆色で・・・青空は無かった。
今は美しい青空と群青の海である。

021.jpg

豊洲市場遠景
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-10-11 23:02

今日は市場へ

064.jpg

江戸時代の5大市場で江戸にあったのは日本橋の魚河岸と神田の青物市場である。
日本橋の魚河岸は、現在の日本橋三越の東側・・・日本橋の川岸にありました。
ここが関東大震災で壊滅したので、築地にあった海軍の所有地を借り市場を移転させたのである。
神田の青物市場は須田町にあったが、ここも関東大震災で壊滅。秋葉原に移転した。
これが平成元年となり大田市場に移転した。
大田市場は五反田の目黒川の畔にあった荏原市場も吸収。
さらに蒲田市場も吸収。
東京9市場の扱う青物の半分は大田市場扱いである。
敷地面積は築地市場より広いが、青物の取扱いは年間2890億円程度。
この他、花が年間512億円、水産が103億円。

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-09-16 00:37

祭の圧力??

東京の村祭は9月である。
先週の土日がわが町内の祭。
先先週の土日が、隣の町内の祭である。
そして、今週も・・・昨日、芝大門あたりの某社を訪問したが、
町は祭の準備をやっていた。今週の土日がそうだろう。

わが町内の祭は何時頃からやっているのかと、町内の古老に聞くと。
自分の子供時代の話しか思い出せない。
「2600年にやっていたことは、間違いないです。紀元は2600年と歌つてましたから」
「その前は?」
「知らん」
おそらく、起源はそうとう古いと思われるの。
おいおい神主さんにでも聞いておこう。

さて、今年は事件が起きた。
今までに無い事件である。
ここ数年、年々、祭の人出が多くなっている。
それから「見る祭から参加する祭」を方針に、様々な仕掛けを造ったので、ますます祭は賑わう。
ところが、祭の輪の中に入れない人達が「ウルサイ、ヤメロ」と突発的に怒りながら乱入する事件が発生した。

杉並区で、祭の隊列に火炎瓶を投げる騒ぎがあり・・・「まあ、杉並区だから、シャーネエのとちゃう」と思っていたが甘かった。
火炎瓶こそ飛ばなかったが、怒り狂うという事態は同じでした。
地域共同体の復活に圧力を感じている人が逆襲に出始めたようである。

なお、杉並区の火炎瓶事件は以下の動画を参照。


  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2016-08-30 11:16

反対です

自民党の宮沢洋一税調会長は29日、日本経済新聞のインタビューで、2017年度税制改正で専業主婦世帯を優遇する所得税の配偶者控除の見直しを検討すると表明した。
同控除を廃止し、共働き夫婦にも適用する新しい控除を18年1月にも作る案が有力だ。
伝統的な家族観や社会構造の変化にあわせ、女性の社会進出を阻む壁をなくしつつ、結婚を税制面で後押しする狙いだが、与党内には慎重論もある。
----------------------------------
税務当局は旧民主党をそそのかして、愚かな国民を「子供手当て」で釣って、扶養者控除をはずした。
その結果が「子供の貧困」なんですよ。
自治体が子育て世代への補助金を導入したのは、子供手当て導入からですから。

これは、以前指摘しておりますので前のエントリーを見てね。

子供手当て導入で、若年層の扶養者控除がなくなり、主婦層が働かざるを得なくなる。
その結果、今度は配偶者控除の廃止ですか。
今度は「主婦手当て」ですか?
扶養控除、配偶者控除を無くせば税収は何もしないでも増えます。
税務当局が周到に準備して来た、予定の行動でしょう。
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2016-08-21 16:15

子供の貧困?

このところ「子供の貧困」と「6人に1人」を流行らせようと、ある種の人々が動いているようですな。
最近も、NHKの番組が問題になっているようで、ネット上で大騒ぎとなっております。
しかし、これは相対的貧困という概念が導入されてから出て来た話。
絶対的貧困は減らすことができるが、相対的な貧困は減ることがない。
相対的な問題ですから。
貧困ビジネスにとっては「無敵の数字」だからですね。
厚生労働省様が、国民生活基礎調査において、この数字を出しておりますので、
貧困学者達は「この数字が目に入らぬか」「厚生労働省様の数字なるぞよ」「へへええ」という具合になってます。

以下が、最初の「へへええ」です。

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2009/10/h1020-3.html

そうです。これが発表されたのは、あの偉大なる鳩山由紀夫内閣の時代ですな。
その後、この件に関する教育も実に熱心でして、やたらとセミナーがある。
2年前までは何とか行かないで済ませましたが、去年は「サボるな」との厳命が出て、2回もセミナーに出席しましたよ。
分厚い資料も戴いたのですが、どこかに入ってしまって出てきません。興味が無いもので・・。

セミナーの最初はビデオを見せられました。
それはNHKの番組でして、テーマは「子供の貧困」。
今回のうららちゃんのではなく、もう少し前の番組です。
最初はその番組を見てグループ・ディスカッションをせよという。
グループは、知人だと同じ方向に話がまとまるので、初めて合う人ばかりの集団。これは、いつもの事。
「どう、思った?」
・・・困ったな、つっこみ所ありすぎじゃない・・・と何と言おうかと躊躇っていると・・・・
私の向かいに座った、ごく普通の老年のおばさんが、「NNKでしょ。また捏造じゃないの?」とぼそり。
すると「あまりにも不自然よね」と、皆が言い始めた。
本物の貧困家庭を日々訪問している人達に、NHKの番組を見せて、意見を求めたらいけません。
ボロが出捲くりまんがな。
母子家庭だから貧困というだけで、行政にも相談しないし、補助も申請しない。何故なの?

グループ・ディスカッションの後に、それぞれのグループの結論を発表するのが普通ですが、
何故か突然中止に・・・。
やはり主催者も危険を感じたのでしょう。

そこで、貧困学者が登場。
現場に近いところでは、机上の空論は即座に撃沈されるが、
現場から遠くなると、相変わらず学者の机上の空論が罷り通る。
こうした学者の珍説に、現場から遠い行政は、ころりと騙されてしまう。

皆が驚いたのは、この学者はマンションに長く住んでいて、
隣の部屋の人間と「一度も話したことが無い」とのこと。
一般人なら、それも分るが、貧困問題や福祉を研究テーマとする学者がそれでは話になりません。
それで、どうやって実態を把握するのでしょうか?

さて、そもそも貧困の概念は同じ基準によるものしかないはずだと思います。、
絶対的貧困というのは、これ。
2008年、世界銀行は、貧困線を「2005年の購買力平価(PPP)が1.25$以下の層」と設定。
これが使われている。
1ドル120円とすると、1.25ドルは150円。
1日150円×365日=年間の可処分所得が5万4750円。
これが絶対的貧困のラインである。
以下のホームページに貧困線の地図が出ているので参照。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%A7%E5%9B%B0%E7%B7%9A

極めて分かりやすい。
まず、解決すべきは、この貧困でしょ。

しかし、この絶対的貧困だけでは、日本では貧困ビジネスが成立しない。
そこで出てきたのが、相対的貧困という概念。
他人より相対的に貧困であれば、それは貧困なのだと認定してしまう。
この貧困をほっとくと、差別に繋がり、貧困の連鎖を生み、苛めの原因にもなる・・というのが、日本の貧困学者の主張。
さて、この相対的貧困率 というのは、先進諸国の貧困学者の手により、以下のようにOECDで決めている。
OECDでは等価可処分所得(世帯の可処分所得を世帯人数の平方根で割って算出)が全人口の中央値の半分未満の世帯員を相対的貧困者としている。
ここで中央値を使っているのは正しい・・というより、日本の厚生労働省様が平均値ばかりを使うのがおかしいのだ。
日本の平均所得が450万円とか言われても、まるで実感が無い数字なのである。
日本人の所得を高い順に並べて、一番高い人と一番低い人との中間はいくらになるのか?
これが中央点であり最新調査では年収244万円となる。
この中央点の半分未満が相対的貧困者というのだから、年収122万円以下ということになる。
この相対的貧困者は人口の16%で、日本の貧困率はメキシコ、トルコ、米国に次いで世界第四位で、年々、悪化していると貧困学者は煽る。国民の6人に1人は貧困層であるという。

しかし、気になるのが、平方根で割っていること。
なんで、割るんでしょうね。私なんかも、下の分析のような疑問を持ってしまいますけど。

http://walking-elephant.blogspot.jp/2009/11/blog-post_15.html

現実の生活は繋がっているのです。
しかし、生活者なら自分の周囲を見渡してみれば、分かるでしょう。
最近は老人だけの世帯と老人一人暮らしの世帯が実に多いという現実を。
あの老人達は引退しているわけですから、もう会社から給料はもらえない。
多くの老人の収入は年金しかない。
そして、国民年金を受給している老人は平均が1人5万円程度。
年間で60万円ですから、相対的貧困ということになる。
せめて、障害でも持っていれば、あと1万5000円程度は増えますけど、それで78万円。
厚生年金なら、もう少しは良いが、少ない人は7万円、多くても12万円程度、
12万円なら年間144万円で、相対的貧困ではないということになりますが、10万円以下なら相対的貧困です。

私の母は、父が死去した後は、月額7万円の遺族厚生年金を受け取っている。
年間84万円なので、明らかに相対的貧困。
子供と同居していて、年間84万円も入れば、使い道もなく、要領の良い孫達に「お婆ちゃん、あれ買って」と強請られて使う程度。
このように同居していても、子供が老人扶養として申告していなければ、単身世帯ということになる。

今は子供は結婚すると家を出るのです、
老夫婦だけの家族となり、たいてい夫が先に逝くと老妻の単身世帯となる。
その単身世帯のはずの老婆が、いつの間にか娘の家に近くに引っ越す。
こういうパターンが多いのです。
どれだけ近所に住んでいるかで・・・私らは訪問するか、家族に任せるか決めますから。
6人に1人というのは、老人も入れた数字です。
だから6人の1人が貧困と言われても、何事の不思議なけれどもと思うわけです。

老人の数字は良くわかりますが、子供の数字は不思議ですけど、厚生労働省様の発表ですからへへえ・・・と疑ってはならないのでしょう。ね。「こんな社会の誰がした」と怒り狂う人たちを刺激してはいけませんから。

でも、最近は内閣府はこんな文書出しているのですよ。

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/soshiki/toukei/dl/tp151218-01_1.pdf

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2016-08-13 00:05

海外企業との契約の件

今日は朝の10時から米国の地方都市に本社を置き、世界的のビジネスを展開している、あまり有名ではない会社の日本支社で打ち合わせ。あまり有名では無いのは日本企業の裏方だからで、やってる仕事は「ああ、あれか」と誰でも知っている。
この会社が、新しい仕事をするので、私の関係する零細企業と業務委託契約を締結することになった。
日本の会社の裏方としてある特定専門分野の仕事をするが、実際の業務は、本当に仕事の出来る国内企業に委託する。
今や日本で仕事が出来るのは中小零細企業ですから、そうなるのだが、もう一つは真面目な正直者であること。
最近は、これが決め手になるようです。
・・・・というのは、個人及び企業のマイナンバー制度導入の背景となっているのが、反社会的な勢力と関係を持つ個人、企業の排除だから。
これを徹底的に調べていくと・・・・ブラック企業はいくら安くても排除。
グレー企業、社員はホワイトでも、社長がグレーな連中と付き合いあれば、いくら仕事できても駄目。
そうすると、儲けるのは不器用であるが仕事が出来る正直者の会社が・・・躊躇無く選ばれるのだ。

時代が変わってきているようです。

しかし・・・連中の分厚い契約書なんとかならんのか?


  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-08-06 21:53

町会の役員会

毎月、やってることなので、あえて書くこともないのだが・・・・
月に1回、地域における自治体の長
(地方自治法で規定されている地方地縁による団体であって、地域コミュニティの中心になって活動しているものの長・ぶっちゃけ町会長)
は区の行政側の各担当者と会議を行なっている。
そこで協議されたことは、町会長の胸の内に仕舞い込んでいるわけではなく、翌日か、翌々日かには役員会を開いて、
配布された資料を説明し、協議内容を説明した上で、役員の意見を求めて、そこで協議して、町会よしての意見をまとめる。
さらに、そのポイントをペーパーにして町会員に回覧する。

大抵の問題は行政と自治体側の協議で決まるのであるが、
自治体と行政の話し合いだけでなんでも出来るわけではない。
行政の施策は法により規制されているからである。
こういう時は、区議に入ってもらい、さらに深く話し合うことになる。
一般にマスコミは「住民は要望を議員を通して行政に訴える」というように解釈しているようだが、そうではない。
行政は法に則り動いているのであって、法を作る役目の議員が、法を無視して、無理を通せるわけが無いし、
そのような事があれば住民側が黙っていないのである。
議員に協力して戴くのは、法の精神と、その精神にそった解釈である。
「遂条解釈」の部分が、行政側と住民側と異なる部分がある場合、そもそも、何のためにこの法律を作り、どのように協議したかが問われるのである。
・・・であるから、議員がどの政党に属するかはそもそもどうでも良い話である。
重要なのは現場で発生している問題の本質を分っているのか?
現実的の問題解決に「使える頭脳」を持っているか?である。
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-07-03 08:31

「防犯カメラ」雑感

わが町内には防犯カメラが設置されてない。
5年ほど前に設置を試みたが、費用掛かり、設置後の管理も大変ということで見送った。
ところが近隣の町会は設置しており、これでは、痴漢は近隣町会を避けて、わが町会に来るであろうと心配された。
娘からヒアリングすると、やはり痴漢はやってきていた。
最近の痴漢は若い男の子も狙うので、友人から情報を集めてもらい、出没箇所を何箇所か特定した。
何と、我が家からさほど離れていない場所にも出没箇所があった。
「これは対策しないとイカンちゃ」と思っていたら・・・その場所で引ったくり事件が発生。
どうも、事件多発箇所のようで、行政が町会長の承認を取って防犯カメラを設置してしまった。
・・・これが去年の秋。

そこで、今期の町会の予算で町内の他の箇所にもカメラを取り付けようと、
先月は警察に行ったり、区役所に言ったり、カメラ業者に見積もりを取ったり、
既に設置してある近隣の町会にヒアリングに行ったりした。
多くは機密情報であるが、ちょっと驚いた事があるので紹介する。
町会の取付けるカメラは「ここに付けてるぞ」と明示してある犯罪抑止カメラである。
でも、安いダミーカメラではなく、ちゃんと録画している。
録画は町会本部にある大容量記録媒体にケーブルで送付され、
警察の要請があれば捜査協力ということで提出する。
これが商店街などで導入されている本格タイプ。
管理が大変と聞いたのですが・・・・
「捜査協力なんて、めったに無いでしょ?」
「うんにゃ」
「あったとしても1年で数回程度?」
「そんなに少ないもんじゃおまへん」
「ほえええ、もっと多い?」
「月に数回?」
「もっと多いです。ですから管理が大変なの」

その後、住宅街に設置した町会本部も訪問したが・・・やはり多かった。

本当かしらね。
我が町内に設置して見れば分かりますので、その感想は後日。
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-06-23 04:48

鳶口の美学

消防操法審査会は出ないとまずいのだ。
これは操法の競技大会のようなもので、
消防団の諸君は毎日、仕事を終えてから審査会が近づくと小学校の校庭を借りて練習しているのだから。

しかし、いつも思うのだが、鳶口が出てくるのが良い。
消防団は江戸時代には鳶職だったから、そのシンボルが残っているのである。
形式ばかりで実践的ではないと批判する人も居るが、鳶口が嫌いのようである。

以前は商店主が多かった消防団も、今はサラリーマンが主体である。
弁護士、会計士などの専門職も多い。
------------------------------------------------
江戸時代中期の町奉行である大岡忠相は、木造家屋の過密地域である町人域の防火体制再編のため、1718年(享保3年)には町火消組合を創設して防火負担の軽減を図り、1720年(享保5年)にはさらに町火消組織を「いろは四十八組」(初期は四十七組)の小組に再編成した。
町火消は主に、鳶職を中心に形成された。 延焼止めの破壊消火(除去消火法)が主流だったため消火道具も鳶口や掛矢、鋸と呼ばれるものが主力であった。
この町火消を祖型とし、1870年(明治3年)、東京府に消防局が設置されるとともに町火消が廃止され、消防組が新設された。
火消は消防夫として半官半民の身分で採用された。
1875年(明治8年)、警視庁に常設の消防隊ができると、消防組は消防隊とともに、東京府内の消防業務を担った。
地方では、地方独特の消防制度が形成され、消防組はあくまで東京府内の機構に留まった。
---------------------------------------------------
これが、消防団のルーツである。



  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2016-06-18 20:54

まるで別の世界のようである

わが町内には、大きなマンションは15棟ぐらいある。
その中で半分は町会に加盟している。
加盟しているマンションは管理人が常駐して、自治会があり、
町会の防災訓練等のイベントには自治会の防災担当が住民部隊を連れて出てくる。
住民と町会とのコミュニケーションも良好だし、住民間のコミュニケーションも良好。
ですから・・・郵便受けには名前が出ているし、部屋にも名前が出ている。
「○○号室の○○さん、今朝、エレベーターで一緒になったので、挨拶したんだが、返事がない」
「へえ」
「いつも、世間話するんだが、どうしちゃつたのかねえ」
「ご機嫌がわるかった?」
「それなら良いけど、ボケちゃったんでないかと心配なんだ」
「確かに、85歳過ぎて一人暮らしだから心配はしてるんだ」
「あんた、民生委員だろ。部屋に行って確かめて欲しいんだ。心配なんで・・」
「ほえええええ」
「頼んだよ」
・・・・・というような、高層マンションでも下町そのものの世界が展開しているのです。
老人を対象にした詐欺の被害に会わないように、定期的な勉強会をやっているし、
「変な電話が掛かってくるので、部屋に来てくれ・・」と町会にも連絡がある。
町会は関係機関に連絡を取り対処するので、営業電話は減少している。

ところが、問題なのは大家不在、管理人不在の放置マンションでは、まるで別の世界である。
・・この手のアパート・マンションの住民は郵便受けに自分の名前を書かないのである。
部屋番号だけで名前が出ていない。このようなポストがえんえんと続いている。
表札も同様に番号だけ。
2階に行っても、3階に行っても・・・・・10階に行ってもこの状態。
これでは部屋に人が住んでいるのか、空いているのも分からない。

最近、このマンションの住人と話しことができたが・・・ちょっと驚いた。

住民との対話は以下の通り。
「このマンションには表札が出てないので、誰が住んでいるか分かりませんな」
「個人情報保護法ができてから、皆さん、氏名を隠すようになったので、誰が住んでいるか全くわかりません」
「隣の部屋の人もですか?」
「はい。話したこともありません」
「ほええええ」
「このマンションも古いですから、老人の孤独死などあると思います。それに、また貸しが多いようです」
「また貸しの相手は外国人が多いのでは?」
「他の部屋とは没交渉なので、わかりません」
「そうですか?」
「ウチは子供が居ますので、特に注意して個人情報を出さないようにしています。子供が狙われたら大変ですから」
「外部との連絡手段?」
「電話は1日に20回以上も怪しい電話が掛かって来ますので、出ないようにしています。」
「自治会はないのですか」
「あるのですが、機能してないです」
「震災への対策は?」
「エレベーターが1基しかないし、外部の非常階段は大丈夫か?というほど、貧弱ですから、とても怖いです」

同じ町内のマンションでもまるで違う・・・別の世界に生きているようである。
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(4)

2016-05-22 20:57

マイナス金利、銀行員を走らす・・というより走ったふりする。

マイナス金利になってから銀行員がやたらと来る。
地元の銀行は来ないが隣町の銀行から新規開拓ということで、飛び込み営業の嵐である。
過去50年、一度も来た事がない銀行ばかりである。

で・・・名詞を見ると・・・特別融資推進課・・・・これ、なんじゃと聞くと。
支店は、あいかわらず「やる気のないコアラ」の状態で、
本部にマイナス金利対応の特別部隊を作り、各支店に1週間あたり短期出向。
この精鋭部隊と、コアラ一族より地区の融資課員が同行する。
この同行者は、宇奈月部隊で、本部精鋭社員の後ろでうなづくだけ。

しかし、本部からやってきても、やはり同じである事は最初からわかっているのである。
金融監査マニュアルが存在して、これを無視した融資が出来ないのですから駄目に決まってます。
ようするに「我々は努力した」という証拠が残れば、それで良いのです。
銀行は本来の融資の仕事を熱心にやってないではないかと批判する人がおりますから。

大昔は融資は支店の営業マンが経営者から話を聞いて、経営者の人物を確認してから
支店の稟議に掛けて決定していたのです。
その後、金融危機というのがありました。
この原因は大蔵省の役人が書いた不動産取引の総量規制という1枚の通達だったのですが、
悪いのは、融資を判断した現場の営業マンということになり、
銀行の融資担当が二度とミスを犯さないようにと大蔵省が金融監査マニュアルを作り厳しく査定。
その結果、赤字会社は融資できず、黒字会社でもバランスシートが悪いと融資できずとなり、
融資できるバランスシートが優良な黒字会社は、十分な資金があるので、融資を必要とせず、
その結果として「我々は金を貸すところがないんですよ」となっているわけですから。
銀行の支店には融資先を評価する権限もないし、実力もないのです。
本部は、優良企業に融資する権限はあるが、そうでない会社は保証会社がOKなら融資ということで、完全に丸投げです。
そして、保証会社は優良企業でないと保証しませんので、結論は同じことなんです。

ですので、マイナス金利対応儀式とパフォーマンスが終われば、元に戻るでしょう。

それにマイナス金利と言っても、日本銀行の当座に預金している金額が全てマイナス金利になるのではなく、
今までのは、ちゃんと金利を払いますが、新たに追加して預金したらマイナスですよ・・・
もう、持ってこないでね・・・というだけなんですから。
預けておけば利子で儲かる世界は何も変わってないのです。
マイナス金利だから・・・という話はネタに過ぎないのです。

イメージ389_edited-2



http://www.boj.or.jp/statistics/boj/other/cabs/

この数字は是非、見ておいてくださいね。


  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2016-05-16 20:15

東京は二重行政なのは、これ常識

何回か書いているが東京は二重行政なのである。
これは普通に都内に生活していれば分かる。

中小企業向けの融資でも区の融資制度の他に都の融資制度があり、それぞれ勝手にやっている。

都のやつね。

http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/chushou/kinyu/yuushi/

区のやつね。

http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000019400/hpg000019324.htm

申し訳ないが、区で話が済んでしまうので、都の制度はいらない。
それに、区の方が条件が良い。
ただし、貧乏区や貧乏市の場合は、都の方が条件が良いかもしれないが、私のとこは財政優良区ですので、しらぬ。

研修制度なども区の研修だけでも大変なのに、都の研修がある。
区の研修は現場に近いのか講師も実践的だが、都の研修は、役に立たない学者先生の原則論ばかりである。

この他、様々な場面で、無駄な二重行政が見受けられる。

しかし、東京は、伊豆諸島と小笠原を持っているので、東京都は必要と思う。
この、とてつもなく広大な領土を守るために、東京都という二重行政組織があっても良いだろう。
区民の税金を小笠原や沖ノ鳥島の保全に使って欲しい。
それが帝都を守るために必要だと思うから。
一方で、大阪にはこのような海洋領土がないし、都構想で二重行政にする必要があるとは思えない。

tokyo01.png

・・・と思っていたのだが、小笠原の赤珊瑚が中国人に略奪されてしまった。
韓国を越えるGDPを持つ東京都がなんとも情けない。

石原知事なら、こんな無残なことにはならなかっただろうが、
2014年の選挙で舛添知事が就任したら、この有様。
自衛隊の出動を求めずに見殺しにした。




  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-05-07 01:19

あれから1年、特養の入所者募集中

以前、以下の記事を書いた。
2014年4月である。

http://yuyuu2013.blog.fc2.com/blog-entry-4006.html

それでは問題はどこにあるか?
動けなくなった老人の施設が圧倒的に少ないと言うことだ。
動ける間は受け入れ可能施設がいくらでもあるが、動けなくなると行くところがない。
老人ホームも動けなくなったら自宅に戻される。
病院も治療の可能性が無ければ追い出される。
数少ない施設は順番待ちである。
今、社会福祉の本丸はこれである。
この問題の解決を急ぐべきである。
---------------------------------------
この記事を書いた翌年、介護保険法が改正されて2015年4月より、
特別養護老人ホームの入所条件が変わり、要介護3以上の方のみしか入所出来なくなったのです。

特別介護老人ホームは、人生の終着駅であり、自宅では介護できない重介護者の入所施設であったのです。
そして、普通の老人ホームに入ると、動けなくなった時のため「特養」を予約しておくようにと薦められるのでした。
「動けなくなったら、ここには居られません」と念を押されて。
そして、特養は順番待ちなので、複数の特養に申し込むようにとアドバイスされてしまうのである。

こうした話を聞いていたから、私はこの記事を書いたのであったが,去年の4月以降、情勢は変わったようなのだ。
特に順番待ちであったことが確認される地方都市で・・・受付に「入居者募集」という文字を発見し、唖然とした。
今まで重介護でない老人も入所していたので、重介護の人が順番待ちというような変なことになっていたのだ。
一方で、老人の多い大都市部では混雑が緩和される気配はない。
法律で全国一律に縛ると不合理な面も出てくるだろう。
しかし、法律を変えるだけで、こんなに変わるのなら・・・高齢化は・・・金が掛かる・・・消費税がああ必要じゃあああ・・は違うのではないか?
以上のことを考えると、やはり自分の所属する地方自治体の実体を把握してから考えていくことが必要ということだ。
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(10)

2016-04-24 10:15

認可外保育園

三月末の話であるが、桜が満開なので長女が夜桜見学を兼ねて隣町に寿司を食いに行こうという。
我が家の周辺には都内の住宅街でありながらあちことに桜並木がある。
別の桜の名所の公園などに行って、酔っ払いの馬鹿騒ぎを見ないでも、散歩のついでに夜桜が見えるのだ、
隣町まで歩いて15分ほどであるが、桜を見ながら大回りして30分の散歩が楽しむ。

散歩の途中に小さな新しい保育園があった。
さらに歩くと、また新しい小さな保育園があった。
「お父さん、こんなところに保育園があるね」
「ああ」
「前からあったっけ」
「いや、最近出来たんだ」
「お父さん知ってるの」
「一応、児童委員だからね」
「でも、とても狭い感じで、庭もないじゃない」
「屋内で遊ぶか、天気の良い日は近くの公園で遊ぶのだね」
「学童保育みたいだね」
「小さな子供だから、チーム分けして、そうとう注意して連れて行ってるのだと思うよ」
「こんな小さな保育園、許可されるの?」
「ここは認可外保育園だよ。国の基準を満たせないので認可外となる」
「そうなんだ」
「都内は土地が確保できないので国の基準を満たせるような敷地のある保育園は、行政も動いて、もはや可能なところは全て言えるぐらいに作ってしまったと区の課長さんが話していた。区の保有する土地も提供して。
「認可外保育園ができれば待機児童数が減少する?」
「国の基準にあった保育園に入れない児童が待機児童>いことでしょう。だから待機児童の統計上の数は減らない。
認可外保育園は行政の補助金を受けられないので、保育料は高くなる。
一方で認可保育園は補助金があるので、保育料が安いが、当然、申し込みが殺到するので、収入の高い家庭の子は保育園落ちた日本死ね・・となるね・・・収入が低くて認可外保育園に行けない児童を優先するからね」
「認可外保育園への行政の補助は無いの?」
「今度、調べておくけど、全く無いわけではないでしょう。安全性の面でも行政が大きく係わる必要はあると思う」
----------------------------------------------------
その後、以前に研修を受けた資料を確認しました。

認可保育所(国基準)

認可保育所とは、児童福祉法に基づく児童福祉施設で、国が定めた設置基準(施設の広さ、保育士等の職員数、給食設備、防災管理、衛生管理等)をクリアして都道府県知事に認可された施設。
保護者が仕事や病気などの理由で、0歳~小学校就学前の子どもの保育ができない場合に、子どもを預かって保育。
区市町村が運営する公立保育所と社会福祉法人などが運営する民間保育所(私立)がある。
認可保育所は公費により運営されています。

認証保育所(都独自基準)

東京都独自の制度。
国の基準による従来の認可保育所は、設置基準などから大都市では設置が困難で、また0歳児保育を行わない保育所があるなど、都民の保育ニーズに必ずしも応えられていなかった。
A型(駅前基本型)
B型(小規模、家庭的保育所)の2種類がある。

東京都では認可外保育園に対して独自の基準を定めている。
また、補助制度は区により多少の差があるが、
わが区では、申請により認可保育園との保育料金の差額を補助している。
ただし、保護者の前年分所得税の合計が402,400円以上の場合は補助が無い。



  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(3)

2016-04-12 22:53

TPP実務講座

本日は税関の課長からTPPについて説明を受ける。
まだ、国会では審議中だし、米国の大統領選挙では候補者が反対してます。
マスコミではTPPというと暗い話ばかりですな。
基本的には2年以内に日米の両国で批准しないかぎり、この話はおじゃんになる取り決めになっております。
米国が、やばさに気がついてどのような選択をするか?
最終的には「降りた」となるかも知れません。
どうなるかは分からないが、準備はしないといけませんからね。

TPPが中小企業にとって有利なのは原産地証明書の扱いです。
昔は日本のものを日本で加工して日本でパッケージに詰めて輸出する。
別にどうということも・・・・だったのですが、今時はややこしくてたまりません。
国産と言っても100%国産というのは実は余り無いのです。
これは人件費の問題で、国産の材料をベトナムあたりに送って、そこで加工するとか、
そこにマレーシアで印刷した袋に詰めるとかして、
パッケージになったのを日本に輸入して、日本で売る。
一部をインドネシアとタイでも売る。
これは日本製品じゃろか?
原産地証明がなければ税関は通りません・・・・関税の掛けようがないので・・・・中小企業ではとても無理。
貿易関係の記事には「むずかしいぞおお、自分でやるなよ、商社に頼め」と書いてある。

ところが今回のTPPだと原産地証明は自己申告制なんです。
第三者の証明は要らない。
「TPP域内製でんがな」と申告すれば良い。必要書類を添付して。
そして、TPPでは「累積原産地規則」ちゅうのがある。
工業製品の生産に使用される部品・素材はTPPの12カ国で生産された物品のみ国産(域内産)と認められるようになる。

TPP加盟国が工業製品の関税を原則無税にする場合、
部品や素材の原産国が、TPP加盟国であることを前提にしている。
TPP加盟12カ国の中で、分業するなら良いのですが、
中国や韓国など、TPP未加盟国での部品・素材を使ったり、一部の加工を依頼したりでは、
「累積原産地規則」のメリットが受けられない。
だから、お付き合いは疎遠になるしかない。
中韓FTAのような2国間FTAでは今時の工業製品の製造及び販売には対応できないし、2国の中で強い国が宗主国になるだけの話。

この他、小売業やサービス業の海外進出も簡単になる。
さしあたり、コンビニの海外展開がフライング気味に進んでますが・・。


  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2016-04-10 15:11

隣町の寿司屋の親子との対話

祖母は客人が来ると駅前の寿司屋より、寿司を取っていた。
松竹梅、特、特上の選択であるが、普通は竹にするか、特と助六を組み合わせて単価を下げたりしていた。
祖父、祖母、から親子3代の付き合いであった寿司屋であるが、
息子が継がないで、大学に入学したので、数年前に店主夫婦は諦めて閉店した。
駅前の寿司屋がなくなったので、仕方が無いので電車に乗って、隣の駅の駅前にある寿司屋に行っている。

ここは息子が大学など行かずに、親父の隣で寿司を握っている。
入るやいなや「らっしゃい」と、江戸前の寿司屋の雰囲気そのままで、えらく元気が良い息子である。
「できるだけ早く現場に出ることが重要だと思ったので、専門学校にも行かなかったですね。現場ほど勉強になる場所はありませんから」と息子。

「最近は、肉屋、八百屋だけでなく、植木屋、大工、鳶職、左官屋、すべて人手不足ですね」
「殆どが老人だけでやっていて、老人が力尽きると閉店です」
「商店街の肉屋も閉店した。あそこは良い肉を売っていると評判だったし、2階にトンカツ屋まであった」
「地域でも有名な店でした。残念です」
「店の跡には全国チエーン店が入った」
「さあ、どうなるか?」
「一時、私らの業界も回転寿司がブームになって、大変でしたが、商店街に進出した回転寿司は全て撤退しました。こういう古くからの商店街では無理なんですよ。郊外の新しい町なら良いでしょうけど」
「確かに、どこも閉店しましたな」
「回転寿司が出て来たので、当店でもネタに価格を表示するようにしました。時価をやめて、本日はうにが300円とかね」

申し訳ないが、回転寿司ではやはりネタが限定される。
こういう店では、お客が食いたいものを予約をとってから仕入れるので、旬のものが楽しめる。
味も昔ながらの江戸前であり、お父さんの天麩羅、お母さんの潮汁や煮物が絶品なので、とても離れられないのである。

今度は娘達が「連れて行け」と五月蝿いが、「らっしゃい」の元気に触れるのも良いだろうと思い、
「しんこ」の季節には行くつもりだ。



  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2016-04-09 17:11

地域と学校と父兄

春の交通安全運動が始まりましたね。
私は今回は小学校前を担当します。
区内の人口増加により、今年の小学1年生は去年の150%まで増加しました。

今回、小学校前担当でわかったこと。
通学路は朝の7時30分から8.時30分まで車両進入禁止となっているが、
確かに、続々と子供達が通るので、進入禁止は効果があると思うが、
初日は私の目の前を2台が無視して進入。
律儀に8時半まで待っている車がある中で、
やはり、ルールを無視する連中は、わずかながら居るのです。

1年生は先生に言われた通りに、横断歩道を渡る時に、しっかり手を上げて渡ります。
可愛いですねえ。
これが、いつから可愛くなくなるのか?

1年生は、先生に言われた通りに、地域の人達(交通安全の襷を掛けた町会の会員)に挨拶します。
ところが、子供を送って来た親達は「なんだ、こいつら?」という顔をして無視。

授業は始まった後に、校長先生が出てこられて、地域の皆さんに御礼の挨拶。
授業に教室に行かないでよいのは校長先生ぐらいですから挨拶に回っても不思議ではあリません。

地域と学校の関係は緊密なのですが、父兄と地域の関係は余り緊密ではない。
これは、親達の世代が地域共同体に係わらないからです。

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2016-03-25 01:51

桑の実、あけび、サルナシ

今日は寒かったので、家族でタラチリを食べた。
「タラがチリチリとちじむ音がするんだよ」と娘が言う。
確かに鍋の底から猫の鳴き声が聞こえる。

娘は母親の方針で豊なる田舎で育てたいと小学校から山村留学した。

山の畑の、桑(くわ)の実を
小籠( こかご)に摘んだは、まぼろしか

・・・幻ではなく、しっかり覚えているという。
桑の実は美味しい。
桑は低木で、どこにでもあるので、桑の実は女の子でも採れる。
学校帰りの道でも、桑の実を食べながら通った。

でも、あけび・・・とか、サルナシは高いところにあるので、男の子が一緒だと、するすると木に登って取ってくれた。
男の子が居ないと、諦めるしかなかった。

あけび・・・・は、熟れてパッと開いた時が美味しい。
都会の果物屋にあるものは、熟れる前に取っていつので、美味しくない。
あけび・・は鳥と競争で食べる。
人間が食べなければ、鳥が食べてしまう。

一方、サルナシは鳥は食べないが、熊の大好物である。
熊と競争というのは怖いけど、美味しいのだから仕方ない。

あどけない、田舎の里の果実の話である。

これが、桑の実です。



  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2016-03-23 02:59

事業報告の前文の最初の部分

去年の・・・・

平成26年度の我が国経済は、予想を上回る円安の進行の影響等により過去最高益となった大手グローバル企業が続出する中で、国内の景気は4月からの消費税の増税の影響もあり、低調に推移しました。平成26年(暦年)の国内総生産(GDP)の実質成長率は前年比0.03%減で、マイナス成長は東日本大震災の発生した平成23年以来3年ぶりとなりました。
日経平均株価は2008年のリーマン・ショック前の水準を超えるまでに回復しましたが、勤労者の実質賃金指数(現金給与総額に消費者物価の変動を加味したもの)は年間を通してマイナスで推移しました(厚生労働省「毎月勤労統計調査」)。

今年は・・・・今から書くの。

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-03-23 02:17

バランスシートを作りながら聞く曲

 

今日は朝から決算書類を作成していた。

財産目録が完成し、今は貸借対照表、

そして今晩中に損益計算書に入りたい。

 

バッハの平均律クラヴィーア曲集を聞きながら。

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2016-03-05 13:36

自分で消すしかありません

先週は消防署で自主消火活動の講習会
消防署が作っている延焼シミュレーションを始めて見せてもらった。
いやあ、素晴らしいソフトです。
出火場所を地図上に入れて、日時、天気、風速等条件をインプットすれば、
10分後、30分後、1時間後から5時間後までの延焼の状態が予測できる。
燃えやすい家、難燃家屋、消防車の入る道路、入らない道路までデータ化されている。
我が家はマンションに囲まれているので遠くからやってくる延焼からは守られる可能性が高いが、
自分で火を出したら、終わりだが・・・と良くわかる。

さて、その後、話を聞いたのだが、現在の消防体制は平常時をもとにしたもので、一度に管内で火事が多発することは計算に入れていない。
同時期に3箇所も火事になれば、もう消防車の数は足りなくなる。
(人の命より財政再建が大事・・財務省)
ですから、震災時には火事を出さないようにお願いします。
人手も施設も足りません・・・・これが実態なのである。
結局は自分で消すしかないのです。
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(6)

2016-03-03 10:49

超強力江戸川式A型インフルエンザの魔の手から逃れつつある 

ようやく、少し元気になりました。
完全ではありませんが。
年度末の多忙な時期に、えらいものに取り付かれました。
やはり、渋谷はゴモラでした。
江戸川区のA型がうつると・・。

元気になったら、頭の中で「水の上にて歌える」のメロディーが鳴りました。

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(1)

2016-02-21 20:38

インフルエンザに倒れる

先週の水曜日に会議があったのだが、当然、インフルエンザに罹っている人は・・断じて出席は許されないのだ。
会議への出席禁止は守られた。
ところが・・・・その後の懇親会に「寂しいよう」とインフルエンザで自宅監禁されていた男が、超えてはいけない柵を乗り越えて出てきたのだ。
確かに彼は1週間休んでおり、明日から出社なので、良いではないか・・・と言う。
多くのインフルエンザ患者は3日を過ぎたあたりから、熱は下がり、元気になる。
それでも、人にうつしてはイケナイという理由で自宅監禁なのである。
「暇じゃああ」
「寂しかあああ」とメールは来るが・・・絶対に出社は許されないのである。

掟破りの登場であるが、確かに出社ではない。
出宴会というべきか。
「ま、大丈夫でしょ」とは思ったが・・・大丈夫ではなかった。
私がうつされてしまったのである。
翌朝、強烈な寒気。38度を越す熱。
「これは普通の風邪じゃあない」
医者に行く。
「どうしましたか?」
「渋谷に行きました」
「それはいかん。あそこは魔都ではないですか。調べてみましょう」
鼻の穴に麺棒を入れる。
インフルエンザは粘膜を採取し調べれば直ぐにわかるのだ。
「やはりインフルエンザA型でした」と先生。
そして、薬を処方してくれました。
「下熱剤は出しません。熱が出るのは病気に対して体が対抗しているのです。これを抑えてはいけないのです。漢方薬を出しますので、これを飲んで頑張るように。抗インフルエンザウイルス剤というのは吸引してください。これは効きます。2、3日で元気になりますが、一週間は家から出てはいけません。人にうつしてしまうからです」
その後、2日間は死んだように眠ってました。
そして土曜日当たりから元気に。今日はさらに元気になりました。
明日から会社に言っても何の問題もないように元気になりました。

どうしようかな。
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-02-09 18:58

裏山鹿 0.1%の金利

企業の当座預金ちゅうのは、事務所に金を置いておいても危ないので、まずは今日の仕事が終わったら「銭」は銀行へ預けましょうというもので、金利は付かないのですわ。
ところが「銀行」が「日本銀行」に預金する場合、「日銀当座預金」には金利が付いたんですわ。

日銀への当座預金は、2008年10月までは、無利子であった。
しかし、補完当座預金制度が2008年10月に導入されたことにより、
法定準備預金額を超える準備預金の保有(いわゆる超過準備額)に対して、日銀が利息を払うことになった。
2008年10月・・・・リーマン・ショックでんがな。
当初この制度は、2008年11月16日から2009年4月15日までの臨時の措置であったが、その後延長され・・・。
先日の黒田さんのマイナス金利の発表まで・・・まだやっていたのです。

法定準備預金ちゅうのは、銀行が取付騒ぎなんかで潰れると困るので、・・一部の銭を日銀に預けるよろし・・・という倒産予防のための保証金・・・これは前からゼロ金利。そして、今後もゼロ金利。

法定の準備金だけで普通は良いのです。
なんで、法定準備金以上の金を日銀に積むように利子まで付けたのか?
それは・・・・リーマン・ショックだ、恐ろしや。ということでしょう。

そして、その金利は0.1%なんです。
我々の普通預金の金利・・・0.02%ですよ。
三菱東京UFJだと0.02%、他の都市銀行でも同じ。
裏山に鹿が一杯、発生致します。

それで・・・法定準備金以外の超過分なんてたいした額ではないだろう
・・・と思って、あまり気にしなかったのですが、
日本銀行のホームページ見て驚愕しました。
準備預金制度適用先合計 2,305,690 億円・・・・・・・230兆5690億円・・・大金じゃ。
この中で法定の準備金は87,960億円・・・・・・・・8兆7960億円

それで・・・超過準備額は2217,730億円・・・・・・221兆7730億円の超過なのです。
普通に「超過し過ぎだろう」と思いませんか?
そして・・・この221兆7730億円には年率0.1%の利息が付くのです。

もはや裏山鹿なんて、言ってはおれませんが、どうすることもできない。
渡邊氏の動画の説明では、今まで預けた金額に対しては今後も変えず、
今後、超過分を積増した場合マイナス金利となるとのこと。
なんという銀行への優遇でしょうか?
勝栄二郎に関係あるかはわからないが、取り合えず勝を恨むしかありません。
そもそも日銀当座預金の年率0.1%の金利は高すぎる。
我々の普通預金の金利・・・年率0.02%ですよ。

参考までに読んでけろ




  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2016-01-29 09:11

既得権益者ではなかった土下座社長

今日は町内会の団体旅行の打ち合わせ。
地元の旅行会社の社長に来てもらい、説明を受ける。
(地元の中小企業を支援する方針で、いつも地元の会社に依頼)
委員からの質問はやはり碓氷峠の事故。
「あの旧道はカーブが多くて緊張の連続で怖い。高速が出来たら絶対、通りたくない道だ」
「なんで、あのバスは、あんな道を通ったのか?」
・・・普通に考えれば、高速代を浮かせたかった・・・ということでは・・。
あの会社は24万円規制より安く・・19万円で受注していますから・・・。
・・・・それにバス協会にも加入してなかったので、行政の情報は通りにくいにです。
「協会に入っていれば、情報は通るのか?」
「それは、もう完全に通りまして・・・」
「安全管理の情報とかも」
「もちろんです」
「価格の問題も」
「もちろんです」
「それに、業界団体は自主的に安全性向上のための活動をしております。過剰な価格競争で安全が疎かにならないように申し合わせているわけです。ですのでバス協会会員会社に依頼すると、どうしてもお高くなります」
「まずは安全、次が価格だから、多少y、高くなっても問題ないわ」
---------------------------------------------
NHKの報道で・・・・

日本バス協会は、利用者の参考にしてもらおうと、5年前、各社の安全への取り組みを3段階で評価する独自の制度を導入していますが、今回、バスを運行していた「イーエス」は、事業許可から2年に満たない新しい会社のため、評価の対象にはなっていませんでした。

・・・とあったのは、そもそもイーエスピーはバス協会に加入してなかったので評価制度に関係ない会社だったのだ。
------------------------------------------------------------
さて、バス協会のような業界団体というのは既得権益団体ということで、小泉内閣時代に散々、非難され、脱退者が相次いで、現状では多くがまともな活動が出来ないでいる。

業界団体は、必ず所属しなければならない規定には、最初からなっていなかった。
入会したいと希望する業者を排除しない規制はあるが、必ず入る必要も無く、自由に退会できるものである。

行政からの情報については、行政はまずマスコミ発表をして、事業者及び国民にも周知させている。
しかし、マスコミは「報道しない自由」を駆使して、記事にすることはない。

新人記者「これは、安全に係わる重要な情報なので、記事にしたいのですが」
上司「こんな記事を書いたら、安全が保たれてしまうではないか。それでは記事になる事故が減ってしまうではないか」
カメラマン「僕らも土下座写真が撮れなくなるから困る」

行政はホームページに発表資料を掲載する。
業界で見る人はホンの僅かである。

ところが行政が業界団体に案内すると、団体は事務局があり、案内を会員に郵送する。
さらに会報などで特集する。
地区で説明会を開催する。
それでも見ない、読まない、参加しない会員が居るので、事務局が定期的に会員を訪問する時に知らせる。
「業界団体に入っていれば、しっかり伝わる」と評価されている団体は、ここまでやっているのである。

・・・ところが、護送船団方式だ、既得権益の安住だ、価格カルテルの疑いがあると、小泉改革は業界団体を徹底的に潰した。

その結果が・・・

e72.jpg

この土下座の人達は業界団体に加入しない自主独立業者。
既得権益の打破を目指した青山繁治氏推薦の人達なのである。
日本が戦争に負けたのは既得権益のせいで、こういう経営者が日本の未来を築くというのだが・・・どう考えても、そうは思えないのである。
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

2016-01-22 10:19

町内のクリーニング屋の主人との対話、あるいは質素な暮らし

クリーニング屋は、衣料のクリーニングに施設を店内に持ち、地域住民より持ち込まれる衣料をドライクリーニングする店と、
受付だけをやっている取次店、さらに、ホテル、外食産業及び風俗産業で使用されるシーツ、おしぼりなどを洗濯する業務用の専門店などがある。

東京は取次店の数は多いが、施設を持った施設店は2014年のデータで3923軒弱しかない。
これが10年前の2004年のデータでは5794軒であり、10年で32%も減ってしまった。

ドライクリーニングは、衣類を傷めない洗濯方法として、1830年頃にフランスで開発された洗浄方法。
水で洗うことによって起きる型崩れや縮み、色落ちなどが発生する衣類を水の変わりに有機溶剤を使うことによって衣類への影響を抑える。
クリーニング法による規制対象であるため都道府県に届出が必要で、軒数の推移が分かる。

先日、町内の老舗のクリーニング店の主人と、ある会合であったので、話をしたのであるが、
やはり原因は、高級衣料が減ったということ。
その原因は「お洒落をする人が減った」ということである。
高価なドレス、高価な背広、ミンクやカシミヤのコートを止めて、
スエット、綿パン、Tシャツ、Gパン、フリースになった。
今や日本一の大富豪になったユニクロの社長。
一方で庶民の衣料は安い中国衣料ばかりになり、家庭で洗濯可能でドライクリーニングにする必要がない。
さらに、ワイシャツとネクタイが減った。
クール・ビズで、一年の半分はネクタイ無し。ワイシャツの襟も汚れないからクリーニングが減っている。

「わしらは滅び行く業界としか言いようが無い。寂しいが仕方が無い」とクリーニング屋の主人は自嘲気味に笑った。


  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

2016-01-16 02:02

八幡様へ

遅くなってしまったが、本日、ようやく八幡様に初詣に出かけた。
元旦は神社は混雑していたので、旧別当寺に詣でた。
別当寺とは江戸時代以前に神社を管理するために置かれた寺のこと。
神社は寺であり、寺は神社であり、、神社の境内に寺があり、
神社で最も権力があったのは別当で、宮司はその下に置かれた。
これが日本のスタイルであり、無理やり廃仏毀釈を行った明治維新に対して、
大宝律令からの共同体を継承するものは、若干の違和感を感じている。

さて、本日、八幡様の境内に入ると警察車両が数台あり、警察官が多数居た。
この数年間、全国の神社は放火されたり脅迫されたりしている。
別に狙われるのは靖国神社だけの話ではないのだ。

https://samurai20.jp/2015/01/tenbatsu/


IMG_9146.jpg


日本の神社は平和な神の領域であるが、これを執拗に攻撃されれば覚醒していく。
参拝に訪れる人の数は年々増えて、祭礼に参加する人の数は一昔前と比べ物にならいくらい増えている。
攻撃されているので守ろうとする心理が働くのである。
そして、ついに東京の神社は憲法改正運動を推進するようになったのである。
数年前なら、こういうことはあり得なかった。
彼らの執拗な攻撃が、神社を取り巻く共同体の意識を変えたのだ。

  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)