カテゴリ:海流の中の島々 の記事一覧

| |

2015-08-16 11:44

注目講演 「琉球王国450年の嘘」 石井望先生







中華人民共和国の南部はシナではないのでは?と長く思っていたのです。
その理由は、北京語の通訳が「この人たちの言葉分かりません」と通訳を放棄することが多かったからです。
上海までは大丈夫でしたが、揚子江の南に入ると・・・「わからんす」が頻発するのです。
最初の動画に漢字の読みの方言分布図が出てましたけど、非常に数が多い。
おそらくスペインのような多言語世界になっているのではないか。
江南はシナではないのです。
今の中国においてシナの範囲は黄河の流域から山東省、北京周辺の限られた世界ではないでしょうか?

以下の大清帝国統治地域を引継いでいると思われる。
欧州企業は江南に進出している。
日本はシナの統治地区に進出すべきではなかった。


0d360627.gif
スポンサーサイト
  1. 海流の中の島々
  2. TB(0)
  3. CM(6)